今日の続き ノンバーバルコミュニケーションのクラスで面白かったこと OBAMA氏に関して

昨日は、ノンバーバルコミュニケーションについての勉強会があって、先生が来て、色々と教えてくれたんだが、最初の質問がこれだった。スクリーンに映し出されたのは、OBAMA大統領。で、質問は、

OBAMA氏の印象は(ノンバーバルコミュニケーション的にね)?

会場には5つぐらいテーブルがあり、それぞれに4人づつ座っていた。グループごとにまず議論、そして、テーブルごとに報告。

これがびっくりした。誰もが最初に浮かぶ印象が、、、

OBAMA氏はリラックスしている、、、ということだった。

リラックスしているから、親しみがわく、、、ということらしい。

ええええええ

日本人にOBAMA氏の印象を聞いて、リラックスしているという表現でてくるかなあ???

で、先生いわく、やはりリラックスしているーー>親しみやすいーー>自分達の仲間、、、とアメリカ人は感じると。だからOBAMA氏が勝利したことは不思議ではない、、ということをコメント。

リラックスってそのくらい西洋文化においては大切なんですねえ。

これ喉発音の基本ですよ。リラックス。また会話においても、日本人の姿勢は硬いと思われがちなので、相手まで固くなってしまう(喉の最初のほう参照)。

で、不思議ですね。一度、OBAMAさんがリラックスしている、、、とそこにいたアメリカ人の全員に言われると、やはり自分にもOBAMAさんがリラックスして見えてくる。

不思議だけど本当。

皆さんどうですか?

OBAMAさんが、スピーチをしているところを見て、声が喉から豊かに出てきているということを知り、喉の音に集中する、、、

すると不思議や不思議。音が鮮明に聞こえてくる、、、だけでなく、西洋文化におけるコミュニケーション、いやノンバーバルコミュニケーションの基本中の基本である「リラックス」が見え出す、聞こえ出す。

それを理解したうえで、自分自身、あるいは日本人を客観的にみると、少し固めであることがわかる。いや、人によって違うけど、例えば年齢によってそのカタさが変わってくるとかが見えてくる。

英語喉のやや変わった点は他の教材と一緒に使いにくいという点です。他の教材は、きちんと発音しよう、しっかり発音しよう、息を激しくとか、Sは鋭くとか、発音は筋肉の訓練だとか、そういうリラックスとは逆の方向に向かってしまう。だから、相容れない。他の教材をやればやるほど、発音が通じなくなるわけです。

PS 天満さんが、今度、OBAMAさんのスピーチを元に講義されるそうですよ。

http://processeigo.seesaa.net/article/113732882.html

関西の皆さんはGO!ですね。というか、もしそれで喉のきっかけが作れるなら北海道からでも駆けつけてもいいぐらいじゃないかな。(ワシントンDCで春休み、夏休みとかに週末講義とかやったらいらっしゃいますか?でも2日だと急だからDIGESTしにくいかもしれんですね。)

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく:

恥とは何か?

最近、仕事が忙しく、書こうと思っていても、書けなかったりするので、書きたいことがややたまっている。 昨日は、SHINさんと、英語ネイティブさんに音声アドバイスをさせてもらった。 英語ネイティブさんはここ http://eigonative.seesaa.net/article/161608623.html 私の音声アドバイスはここ www.estat.us/blog/eigonative2.mp3

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. ワシントンDCでの週末集中講義面白そうですね。

    時間があったら是非参加し、かずさんに直接指導願いたいと思います。

    この前、リラックス喉の状態の時に日本人に「ちょっとだらしない」と言われました。
    口がポカーンと開いていたからだと思います。

    ある意味、喉の観点から言ったら褒め言葉ですかね(笑)