Skip to toolbar

喉実践者よ!緊急指令(?)!とりあえずオッサン軍のみ

えらい騒々しいタイトルで始まりましたが、実は、非常に面白く、また効果のある方法を開発しましたので報告します。とりあえずはオッサン(男性)軍に試していただきたい。

これまで私の問題は、どうしても緊張すると口発音の要素が入ってしまうことでした。こないだ、テレビのインタビューを受けたんですが(喉とは全然無関係、おおげさなものではない)、なんかカメラの前で緊張すると、口発音の要素が入ってしまう。自分なりに分析した結果、一つ一つのシラブルを大切に出すという大切なことを忘れてしまい、早く喋ってしまう結果、口発音の要素が増える?ということ。

で、喋る前に「喉」で行くぞ、と思い出せばいいんだけど、それを忘れてしまう。普通の会話は全然問題ないんですが、緊張する場面だと、忘れてしまうんです。

そこで試行錯誤した結果、以下のメソッドを開発しました。

自分のモデルとなる俳優、女優を設定し、それになりきったつもりで喋る。

これ効きますよ。

で、とりあえず色々試したのですが、元POISONで現在、リアリティーTVで活躍中のブレット マイケルズ氏になりきることが最大の効果を出すということを発見するにいたりました。

人によって、色々あっていい、、、ということはいえます。

ですが、私の試行錯誤の調査の結果、ブレット マイケルズ氏になりきることが、日本人、いや特に日本人男性にとっては、最高であることが分かりました。その理由は、氏がかっこいいという点につきます。ぜひ、この記事の最後にある参考のYOUTUBEで氏を見てみてください。

というわけで喉実践者、特にオッサン軍に緊急指令(?)です。

ブレット マイケルズ氏になりきって英語を喋ってみよう。

かっこよさの度合いでいうと、100点満点のマイケル氏の真似をすると、絶対に口発音になりません。緊張しても。マイケルズ氏が口発音で喋ることは考えられないからです(あのかっこよい落合信行氏が納豆を食っている姿を想像できないのと同じです)。

あと、マイケルズ氏の真似をするからといって、自分らしさがなくなるということはありません。これは私が実証済み(シミュレーション*により効果を証明済み)。正確なメカニズムはわかりませんが、マイケル氏のかっこよさ、そしてそのかっこよく深く、渋く、男らしい英語は、我々日本人男児の喉に的確に、PATCHのごとくフィットします。PATCHというのは、サロンパスのようにピタッと貼るもんです。

*注 シミュレーションとは。メカニズムが分かりにくい場合、仮定を厳密に、明らかに設定しつつ、シミュレートする(やってみる、、、多くの場合コンピュータ上でだが)。結果をみて、そのメカニズムが妥当かどうかを検討する。科学的手続きのひとつ。

このメソッドは、意識をそんなにしなくてもできるという点が特徴です。結構、忘れません。

その逆が最近、ネットで見たある人の英語発音の教科書です。GOOGLEで殆どのページが見れるという形式にあっていたのですが、それぞれの母音のときに、口をしっかり横に張るとか、そういうことがたくさん書いてあったんですが(つーか、それが従来の方法)、そういうのは、そういう行為を意識していないと実践できない、、、だから事実上、実践不可能なんです。その音だけを練習するというのは可能ですが、、、でも実際には使えないし、そんなに顔の表情をくるくる変えて喋っているネイティブはいない。

これをオッサンがやると確実に気持ち悪がられます。

マイケルズ氏になりきって喋るというのは、結構、無意識でできる。

無意識でできないやり方というのは、使えないわけです。

冗談ではありませんよ。これまでの従来のやりかたでイントネーションとかアクセントが大切だと思っていれば思っているほど、喉発音、3ビートが困難です。どうしても、音程が、あがり気味になるー>口発音になるーー>3ビートになりにくい(英語に流動性がなくなるため)。

でも、これらの項目の全てをばらばらと意識して直すのは難しい。でも、マイケルズ氏を意識すると、これら全てのことがいっぺんに直ります(喉の50レッスンをやった後にお願いします、、、50レッスンをせずに、やっても結果は出ないです)。

上で、納豆を食っている落合氏を想像できないといいました。私の友人(アメリカ人)がハワイに新婚旅行に行ったとき、ハワイには日本人が多いので、朝のメニューに日本食朝ごはんと西洋風のチョイスがあったそうです。自分が落合信彦だと思っていると、そういう選択があったとき、考えなくてもも(意識しなくても)、納豆には手を伸ばさないでしょう。これと同じメカニズムです。自分がマイケルズ氏だと意識して喋ると、しっかりと深い音を出すことができます。マイケルズ氏が口発音で喋ることは不可能だからです。

さて、マイケルズ氏になりきるというのはオッサン用です。女性用は誰がいいですかね?

マイケルズ氏を初代「喉仏」と認定します。

オッサンたちよ、立ち上がれ!夜明けは近い!

参考文献

喋る現在のマイケルズ氏(これを参考に その他もたくさんありますが、YOUTUBEで探してください!)

http://jp.youtube.com/watch?v=EgbqTYjmKts

歌う若き日のマイケルズ氏 (ひまな人はどうぞ)

http://jp.youtube.com/watch?v=Eu2DA4I4TGw

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532      

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

つまり、先生としては基本を強調すればするほど、勝てるわけ、、、生徒としては、基本を信じれば信じるほど負けるわけです。

皆さん、よいお年をお迎えになりましたか。ニュースを見ていると、日本の経済が大変なことがわかります。アメリカの経済も大変なので。知っている人の会社(アメリカ)が、なくなるんですけど、その人はたまたまそれを知っているんだけど、その他の人は知らないんですって。その金曜日に全員が突然知らされる、、、という話を、2週間ほど前に聞きました。  喉が今年は、多くの人の人的資本を増やすことを祈っています。さらに、喉によって得られる英語力によって社会的資本も増えることを祈っています。そして、人的資本と社会的資本のからまりあいで、個人レベルだけでなく、社会全体の活力が大きくなることを願っています。  学校制度に生かされるとよいとは思いますが、私は、子供の教育だけに絞るというのは、ある意味で責任転換だと思っています。私たちが、今、ここで、自分たちの頭のなかや体にある資本(スキル、技術、経験など)を伸ばすことが大切だと思います。というのは、我々の世代(前後を含む)が、この経済のなか一体、退職ができるのかというのは保証がありません。 ですから、子供のせいにせず、自分たちを含めて考えましょう。国家の品格などの議論で、子供に分かいころから無理強いしてでも本を読ませろという議論がでてきますが、そういうフウに、子供にやってもらおうという時代じゃないと思うんです。 もし、本を無理してでも読ますことが効くのであれば、20代でも30代も40代でも、50代でも、60代でも、効かないといけない。逆にいうと、大人が、無駄だと感じるものは、子供だって嫌だと思います。 まずは大人として、教育投資をして、実際に効くもの、、、そういうものを子供にやらすのはよいですが。  (いや、子供時代にしかできないことがある。子供は頭が柔軟だ、、、と思われるかもしれませんが、喉革命を経験された人は、いかに人間の脳が、大人になってもFLEXIBLEであるか、ということをご存知だと思います。)大人として、自分はこういうのが得意というのが誰にでもあると思います。たとえば、指導力のある人というのはいる。計画力とかね。 私は計画力に欠けているのです。例えば、MIXIのコミュニティで、今度、スカイプで会議をやりましょう、、、と提案しましたが、そのときに、きちっと、この日にちにやりましょう、、、という感覚がないので、だらだらと計画にならないんです。  これは大学院の文化だと思います。締め切りがないもんだから、計画をがんがんできない。 ところが、計画などが非常にうまい人がいる。うちの親父、兼、喉応援団長などは、そういうのができるようです。地元の祭りなども、計画実行してしまいます。 そういう風に、「できるもの」を誰もが持っている。そのできることをどうやったらできるのか、、、というメソッドを開発しましょう。で、みんなでそれをSHAREするわけです。 私はいつも思うことがあります。それは「喉もとすぎれば暑さ忘れる」という諺にちょっと似ている状態です。  面倒ですが、例から始めます。 プログラミングをやっていて、いつもやるプロシージャがあるんだけど、それをいつも、SAVEしておくのを忘れるんです。だから次にそれをしたいときに、また最初からやらないといけない。 それは、あ、できたと思ったときに、それをちゃんと保管しておくことが面倒になるんです。 喉もとすぎれば熱さを忘れる、、、というのと少しだけ違いますが似ています。  大変だった作業もやり終えてしまうと、その作業のやり方を書いておくのを忘れてしまう。 で、これは自分だけのことですが、社会でみたらどうでしょうか? 誰もが得意なことが一つぐらいあるはずですが、どうしてそのことが得意になったのか?どうやったら得意になれるのか、、、ってのを人に説明するのが面倒なので、やらない。 社会的にみるととても無駄ですよね。  で、たまに、説明する人がいますが、全然、自分がやっていない方法をメソッドとして発表してしまう人もでてきます。例えばですが、英語を覚えるのに、何かをやたらと繰り返すというメソッドを提唱している人がいるとします。その人はとても英語が得意かもしれません。でも結構、本人自体は、そういうメソッドをやったから、うまくなったわけじゃなかったりします。 でも、後輩たちは、ああ、あの先生がそういっているなら効くはずだと思うでしょう。 私にも経験があります。社会学の統計をする人たちがあつまって、社会統計手法の本を書きました。何年か前、社会学の一つの資格として、社会調査師というのを確立されたのですが、その一つの教科書となれば、、、という思いで書かれた本です。 ところがですよ、私のようにすでに社会調査のやりかた、データ分析のやり方を知っている人は、そういう制度をつかったから、分かるようになったんではないんです。どちらかというと、プロジェクトを通じて身につけていきました。  もし、私自身が、資格制度というのによって、社会調査を学ぶなら、嫌になってしまうでしょう。あまりにも多い項目、必ずしも、使うわけではない項目をカバーしないといけないからです。 現代社会は、そして特に日本社会は、試験とか資格という発想が強いように思います。実は試験とかせんでも、できるような分野でも、試験をつくり、何年も修行させるような制度が作られます。なんででしょうねえ。 今、この景気が悪いときに大切なのは、何かができる人が、そのメソッドを開発し、それを多くの人とシェアすることだと思います。 そういう意味で、私もやってみようと思うのは、もちろん英語の分野もありますが、あと二つあって、一つは数学やら統計を一体どうやって使ったら経済活動に役立つかということ、二つめは音楽理論・実践です。  皆さんはどうですか。 私は、どうしても、理論とか学問とかそういう方向に行きがちなので、指導力の分野などよく分かりません。運動などもよく分かりません。 音楽理論、実践というのは、私がこの5年ぐらいで貢献できそうな分野です。私は例えば、ピアノはそんなにできないんですけど、なぜか聞いただけで(もちろんメロディーを覚えないとやりにくいですが)、伴奏ができるんです。適当に。 全然、日ごろ弾いていません。が、あるメソッドを使っています。使っているメソッドはギターでも使っています。  ピアノよりもまず先にギターでやってみるかもしれませんが、音楽のシステムというのは以外と単純なのですが、音楽のせいでというより、楽器の物質的な特徴が音楽のシステムをわかりにくくしています。 物質的な特徴というのは、ピアノでいえば、黒鍵の並び方とかです。ギターでいうと、4弦から5弦に行くところで、音程の合わせ方がちょっと変わってくることです。 そういうのは、なんらかの形で、そうセットアップしておくと、弾き易いということだと思うんですが、自然に存在する音楽のシステムを隠蔽してしまっています。 だから、そのあたりを直したい。黒鍵を配列を現在のやりかたでやると確かにハ長調は弾き易いが、他のキーだとめちゃくちゃ分かりずらくなる、、、とかそういうことです。  で、そういう記号の体系が分かる人だけが、ピアノがうまくなるというのが現在の言説状況です。言説とは言われているもの、実践されているものの総体をさしてつかいます。 きまって、がんばれとか、最後までやれとか、できないんならやめろとか、そういうドラマチックな言説的なるアーティキュレーションを伴います。 でもね、音楽も英語喉的な世界と同じで、実は結構シンプルな世界がある。しかし、それが非常に複雑なものになっているし、また、師弟関係、教師と生徒の関係があって、わざと?複雑なものになっている。 そういうのを開放したい。これは新年の抱負としたいです。  知識、スキル、技術、のメソッド開発によって、誰でも短期間でできるようになる世界を構築する。これこそが、経済が悪化した世界で求められていることだと思います。 クリスマスあたりに、ギターの譜面みたいなのをみていたんですが、そのとおりに弾いていたら手が痛くて弾けない。コードを教科書どうりに弾くとね。 アコースティックギターでFを弾くと指が痛いんです。 でもね、MIXIなどのギターのフォーラムを読んでいると英語の世界と全く同じ。  毎日の練習が大切ですね、、、がんばります、、と。 そういうことではないんです。それを実証するためにも、ギターの弾き方というのを示してみたいです。 実際、ギターとかができる人って、そんなに苦労してできるようになった人はおらんと思うんですがどうでしょうか。私も、中学のあたりで、すでに今のレベルに達していました。 そのきっかけは、喉応援団長が、2時間もかかる広島市にあるキサダ楽器に行って、ギター教室に3,4回ぐらい行くようにセットアップしてくれたんですが、たまたまその先生がジャズの教科書を使っておったんです。で、その教科書全部が役にやったということではないだけど、ギターのどこからでも、ドレミが弾けるようにという練習があったんです。  結局、ギターはスケールなんです。意味はわからんかもしれませんが、それ以上でもそれ以下でもない。C#がどうのとか、考えて弾く必要なありません。 このあたりは具体的にしめします。 でね、できる人はできない人に分かるように、できるようになるように教える方法を開発すること。開発したら、その先生がいい先生だとか、恐いとか、全然関係ないと思うんです。それから、できない人は、できる人に、「聞くこと」が大切だと思います。見て盗めというのは結構、限界がある。素直に聞いてみよう。 先生、わからんわい。もうちょっとよー説明してーやあ、、、と。  長くなりますが、基本が大切だとかいう言い方は今年から廃止しましょう!基本が大切だという言い方は、結局、先生が権力を保つための方法にしかすぎないんじゃなかろうか。 こないだNHKで剣道を紹介してたんですが、本当に面白かった。格闘技の専門家のアメリカ人のホスト(こないだまでは、日本のファストフードを紹介しとったんですが)、が初めて剣道に挑戦しとった。 で60歳をこえとる先生は、基本が大切、基本が大切というんだけど、本人は、こすいんじゃあ。面を狙うふりして小手とかね。そのアメリカ人はこてんぱんにやられとった。  つまり、基本が大切だというと、初心者はまっすぐとかしかうってこんし、声を大きくだす。そうやらせといて、自分は、ややコスイことをやって勝つ、、、というように見えました。 つまり、先生としては基本を強調すればするほど、勝てるわけ、、、生徒としては、基本を信じれば信じるほど負けるわけです。 これはカラクリだと思いましたよ。  ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 改行をきちんとしてください。
    非常に読みにくいです。

  2. あれれ、私のPCで見るとちゃんと改行されているんですが、、、、改行されていないですか。

    ワードで書いて貼るときと、そのまま書き込むときがあり、それで結果が違う?ちなみに上はそのまま書いたんです。