Skip to toolbar

空手馬鹿一代(いや1日?) 

会社の空手クラブに入門した。というか、入門コースで4回あり、よかったらクラブ員として残るという感じである。空手馬鹿一代というが、一日になる可能性が大である。

というのは、先生、いやセンセイが、以下の発言をして、かなり退いてしまった(精神的に)。

日本では一つのカタに3年は費やすべしといわれている、、、。

ちなみに、白人のアメリカ人の先生である。

NHK WORLDに出てくる精神論と同一のものがこのアメリカの空手クラブにあった。NHKの精神論というのは、茂木さんの番組のプロフェッショナルというやつで、最初はただ働きでがんばって会社(動物園)に入れてもらったとか、家にかえらずがんばったとか、そういうネタだ。誰がでてきても、一生懸命がんばった、がんばれというネタに終結する番組である。がんばっても成功しない人がたくさんいるのに。この景気の悪い時代に、職業的成功を個人の努力のみに還元するのは、迷惑な話だと思う。もちろんがんばるのはすばらしいが、「ただ働き」を美化するべきではない。

あ、ちょっと大げさになりすぎた。もちろん、まじめにやるけれども、このクラブでは楽しむことを大きな目的とするとセンセイは宣言した。

と言ってみたが、実際、なぜ一日で終わりそうかというと、痛いからだ。練習に慣れても、痛さになれるとは思えない。センセイが胸をこんなに打っても痛くないでしょ?という例で打ってきた一撃が3分ぐらい痛くて痛くてたまらなかった。また、こうやったら簡単に相手の手をかわせるでしょ?という練習が10回分、涙が出そうになるほど痛かった。

道場の前方には米国と日本の国旗がかざってある。

黒帯の先輩達(全員、当然アメリカ人)は、日本語を叫びながら練習している。

きをつけ!

なおれ!

おっス!

なんとなく、発音が日本語ネイティブっぽい。

なんと、アメリカ人がこれらの日本語を2ビートで絶叫しているのだ。完全な口発音とはいえないが、喉をやや緊張させたような絶叫で、2ビート発音をしている(口30%喉60%ぐらいだろうか)。

これはすごい、、、

掛け声も日本語だ。

いち、にー、さん、、、、

見事な2ビート発音だ。

ところがですよ。我々新入り(私以外はアメリカ人)に指導するとき、突然同じ言葉を3ビートで発音しだした、、、なんだあああああこれはあああ

例えばだが、カタという言葉を

KAT-TAH

みたいに発音している。 

あと、いろんな専門用語を3ビートで発音している。同じ言葉を道場生に対してハッスルときは、突然2ビートになっていた。

正座をするときに、黒帯組に対しては

SEI-ZA

と叫ぶが、我々新入りに対しては

SEIZ-ZA#

と説明する。(あ、相手によって変えるんじゃなくて、掛け声として使うときと、説明の用語として使うときで使いわけてるのかなあ、、もうちょっと観察がいるな)

これ面白い。一つには3ビートの人は2ビートができる、つまり両方できるということの例だ。

また教科書音声学派がナイーブに信じていること、ネイティブでも日本語を学ぶときに、なまりがとれない、、、ということの否定になる。アメリカ人の黒帯たちの掛け声には、いわゆる外人なまりがなかった。

空手教室での喉の旅は続く。我々新入りに対して、先生は3ビートで日本語を浴びせかけた。例えば、アリガトというのを、

AR-RIG-GAT-TO

というのだが最後のTOのところの母音がu_になっていた。OBAMA最後のAと同じだ。ネイティブは喉の定位置がゲップエリアなので、単語の最後の音をゲップエリアのu_で終わるのが非常に楽なのである。だからTO(ト)と終わるよりT-u_と終わるように発音してしまうのである。

センセイが私が日本人だと知って、発音間違ってたら指摘してくれと言ったが、先輩同士で日本語をさけんでいるときは、ほとんど完璧だ。アメリカ人の初心者を相手にするとナマリが登場する。(教科書音声学派よ。この点を理解してくれ。ナマリというのは、FIXEDされたものではないのだ。喉で喋るネイティブはどんなナマリでもまねできる、というかできるのである。)

センセイは礼の仕方や意味を教えてくれたが、ここまできて、アメリカ人に日本の伝統を教わるとはおもわんかった。

正座というのは難しいようだ。一人の新入りの人は正座ができなかった。正座ができない人がいるというのを知らなかった。

あとショックだったこと。ストレッチ運動をするときに、センセイが筋肉をリラックスさせよと指導した。

えええええ

知らなかった。

ストレッチってリラックスしてやるもんなん?

痛いから、思わず、力が入っていた。体育の先生からそんな指導を受けたことがない。

これって喉発音に似ている。誰もリラックスして発声するなんて指導を喉革命以前はしていなかった。

日本では見て学ぶという習慣があるが、リラックスしているかどうかというのは、外から見て分からないよねえ。だから見て学ぶ、見て盗むというのは、限界があるなあと思った。

またしても茂木さんのNHK番組のプロフェッショナルってので、お医者さんがでてきてたんだけど、そのセンセイがアメリカに何回も来て、血管にファイバーみたいなのを通すのを学んだんだって。で、それも見て盗んだと。説明じゃなくて。

え、それって英語が分からんかったってことじゃないのか、、、とつっこみを入れたくなった。

で、そのセンセイが日本のお医者さんを指導するんだけど、実践のテストがある。患者さんの心臓が、とまったんだけど、そのとき、先生は、口を出さずに、新米のお医者さんにまかせたわけ。もう少しで助け舟を出しそうになったけど、患者さんが持ち直した。

こわーーーと思った。でもNHKのプロフェッショナルは精神論の番組(がんばって、苦難を乗り越えたらプロになれるという毎回同じテーマ、、、「怠け者」は登場しないぞ、、、で他の番組と同じように女性のアシスタントさんが、茂木さんの横でうなずく、うなずきまくる、、、という構成)なので、そのこと(言葉をつかわず先生が見守ったこと)がものすごくすばらしいことのように描かれていたぞ。

こわああああ。人が死にかけとるのに。

目でみて盗むというのは限界がある。というのは、動いている動作だけ学べるということだから。喉発音というのは、喉のどこが動いているとかそういうことではないので。喉を閉めないということはいえるけど。

ところで、道着の首のあたりのソデ?みたいなとこをつかんで、相手の首を絞めることで、空気道や血管を閉鎖するという、かけているほうも気をうしなってしまうようなワザの練習をしたのだが、道着のことをセンセイはギーと発音していた。ギー?なんのこと?と思ったが、道着の「ぎ」をとって、服という意味で使っているわけだ。アメリカでは巻き寿司のことをMAKI(MAK-KIY)と呼ぶのだけど、それと同じ要領。日本人には分かりにくい。

空手クラブは一応入門編4回はやろうと思う。喉の旅の一貫として。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

喉動画を一箇所に集めてみました

おことわり。SIGHTSPEEDというサイトにUPした動画が見れなくなっています。問い合わせたらデータ修復中とか。たぶん、ビジネスにいきづまり、ほっっていているのではないかという気がします。とりあえずは、四郎二郎さんが、編集してくれているのでそちらをごらんください。 http://www.youtube.com/user/Sampa4626  ****以下は動画が見れない***** これまで散乱ぎみだったので、一箇所に集めてみました。新しいのも少しあります(NEWと書いてあるもの)。  英語喉の宣伝的説明(BLOGのプロフィールとして用意したもの NEW! ) http://app.sightspeed.com/vm/k5ulzghrvmhipxtfeb1e21axqhmazsrf/i1kb/ja_JP/1/   外人声矯正(強制?)ギブス 一挙に喉声を手に入れる方法 (ボイトレは要りません、以上。解散。あ、パクリは禁止です。) http://app.sightspeed.com/vm/bwg99ztjwbun5bdyqx49p7ksgi75skrv/xk7y/ja_JP/1/    レッスン1 声を出す(なぜ西洋人の声は違うのかが分かりますよ) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=n5bnphiweadvu9rxmwl2m71t9tvjisu8&refid=1&locale=ja_JP   アマゾンで見れるレッスン1 http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4384054629/ref=sib_dp_ptu#reader-link   レッスン2 声のコントロール (喉にも2箇所あります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=wylx8vhtqrrw4mfiqcezv23yjdg3c9zw&refid=1&locale=ja_JP   レッスン3 声をみがく(英語の音にはライフサイクルがあります) http://app.sightspeed.com/current/viewmedia.php?uid=121136&mid=fls9cyqpe2wki9d74kg8jcillgjeyxgl&refid=1&locale=ja_JP   レッスン6から11まで(母音のほとんど) http://app.sightspeed.com/vm/l3xlz56gi7×2zqgma5tzs36z4s27t1b9/jj6b/ja_JP/1/  レッスン16 Fの発音 (Fの発音で表情が変わったらだめです) NEW! http://app.sightspeed.com/vm/skgehmwcnrekcfpkanghfup2xg1cpd7c/s2kb/ja_JP/1/…

英語喉の発音記号でないとシラブルは学習不可能である

辞書に書いてあるシラブル分割を持ってきて、それを勉強するというアプローチがあるが、それでは学習が不可能である。3ビート的な流動性がそれでは、表現しきれないというのもがるが、実際的に考えて、覚えきれないからというがある。 例を見てみよう、、、と思って、手元のジニアス辞書を見てみた。INTERESTINGは IN TER EST ING と分けてある。 そもそも無理があるのは、スペルをそのまま分割している時点で、そのスペルに信頼をあまりにおいている点だ。英語のスペルは日本語と違い、そもそもむちゃくちゃなのだ。音を表現しようと、なんとか努力はしたが、まあ、近似値的な表記にしかすぎない。 そのスペルをまともにとって、それを分割するのは無理があるのだ。 英語には、たくさんの外来語が入ってきているのだし、その場合、またしてもスペルと発音の関係がむちゃくちゃになる。むちゃくちゃなスペルに含まれるアルファベットの間に隙間をいれて、はい、これがシラブルです、、と言われても、それは信頼性がおけない。 スペルが、いや文字が発明されたのは、人類の長い歴史でいうと、最近のことだ。字が発明される前から、ネイティブは3ビートで英語を喋っているのである。 つまり3ビートが先なのである。そしてその流動性に満ちた英語音(あるいはヨーロッパ言語、、、というか東アジア以外の言語)を、歴史のほんの最近になって、アルファベットで表し始めただけなのだ。 だから3ビートが先なのだ。 だから、またしても、歴的に日の浅い辞書を100%信じ込み、それに載っているシラブル分けを暗記してしまおうというのは、むちゃなことなのだ。 辞書を編纂したのは、科学者ではない。人文系の人ががんばって編纂したのである。   それから、ネイティブにとっては、例えばJAPANという単語のシラブルわけが、辞書に JA – PANとあろうと JAP-ANとあろうと JAP-PANとあろうと 全部、見事に同じに発音してしまうのである。 あるいは、日本語を勉強して日が浅い英語ネイティブは、見事に3ビートで日本語を読むのだ。ARIGATOがAR-RIG-GAT-TOとなる。これは、辞書のそう読めと書いてあったわけでは絶対にない。そもそも、英語の辞書にそんなもん、載っていないし、日本語の辞書にそう読めと書いてない。ネイティブは、そもそも原則的に、根本的に、絶対的に3ビートで発音するのだ。 寝言でも3ビートなのだし、ローラーコースターで逆さ走行中、絶叫していても3ビートだ。 うちの犬でさえ3ビートでほえている。WOOF WOOF。人類、いや爬虫類?いや、生物に共通する発音が3ビートなのである。なぜか?それは生物の基本的な発音法が喉発音だからだろう。喉発音だと、勝手に3ビートになる。 犬には、個々の音を短く止める理由がない。ところが日本語話者にはある。音の長さを喉を緊張させることで、調整しないと、間延びしたような変な日本語になる(外国人が喋るような日本語になってしまう)。それどころか、単語の意味が変わってしまうのだ。王子さん、おじさん、おじーさん、オージーさん、、と。音の長さが意味に影響するのである。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. この道場、私も体験できますか?大学時代ずっと空手をやっていまして、またはじめてみたいと思っていたところでした。流派は何流といっていましたか?Shotokan, Gouju, Wadoのどれかかと思いますが。

    喉と関係なくてすみません。

  2. KIYOSHIさん、どうも、お久しぶりです。

    Shin Ki Tai Doという流派です。参加可能か聞いてみますね。66WESTのEXIT60付近です。DCからだと自動車で20分ぐらいです。