日本人が英語ができないことはすでにバレテイル、が喉革命でこのイメージを一掃しよう!

今日は2本めですが、テーマ性の強いエントリーいってみよう(1本目は連絡事項的だったので)

昨日だったか、ギリシャの同僚が、「姉ちゃんがヨーロッパに住んでるんだけど、今度、日本人の研究者がくるってことで、グループが国際的になるんだけど(ギリシャ人、日本人、その他)、その日本人が英語ができるかなあ、、と話をしたとのこと。

日本人が知らなくて世界の人が知っていることがある。世界のといっても、まあ先進国とかそういう国々か。日本人が英語が苦手、、、というのをすでに知っているのだ。

このことを日本人は知らない。海外に行って、外国人と喋って通じないときに、その外国人はあまり日本人の英語については知らないと思っている。初めて日本人の英語を聞いたぐらいに思っているだろう。さらに、世界の他の外国人も英語が苦手に違いないと思い込んでいる(だから、日本人には日本人の英語があってよいというようなことを言う人がいるし、国際英語をつくってしまおうという考えもある、、、実はそういう英語はいらないのに)。

すでに有名なのである。日本人の英語は。それは、実際に日本人の英語を聞いたことがあったりとか、映画で出てきたりとかするからだ。常に日本語英語はからかわれるかたちで英語に登場する、、、LOST IN TRANSLATION見た?。

http://jp.youtube.com/watch?v=yYAS92XPvIM

(馬鹿にされていると思わないで読んでいただきたい。小学校のときの担任の先生が、「人を批判するときに、それを改善する助言を加えない場合は、悪口」と、「終わりの会」でおっしゃったが、そのとおり。喉と3ビートで直ってしまうことなのだから。)

つまり、私のギリシャの同僚の姉ちゃんや、その姉ちゃんの連れのヨーロッパ人は、日本人が英語が不得意だということを知っている。だからこそ、、、

*喉を実践して、HI、HOW ARE YOU?と言っただけで、うわー英語がうまいですねえと言われるのである(HIROさんだったかな、この報告)。日本人なのに、すごーいという意味も含まれる。

今、テレビのアニマルプラネットというチャンネルで、WHALE WARというのをやっている。オーストラリア近海で操業する日本の捕鯨船に対して、攻撃?をするグリーンピースから枝分かれしたような集団がいて、それが、日本の船を追っかける。で、たまに、無線で日本の船に英語で喋るのだが、視聴者(アメリカ人)としてはすでに分かっているようだ。日本人に対して英語で話しかけても通じないということを(なぜ日本人側は返事をしないのだろうと思って見ていないのだ)。

http://jp.youtube.com/watch?v=UbROlabBfUU

アメリカのドラマでは常に日本人は英語が苦手な人として登場する。例えば私も毎週見ているHEROSではHIROさんという人が登場して、カタカナ英語で喋る。

これは前にも書いたことがある。MAD TVというコメディー番組にはBOBBY LEEという韓国系のアメリカ人のコメディアンが登場するのだが、アジア人の役をするときに、韓国なまりじゃなくて、日本語なまりで英語を喋るのだ。ナレーションはアメリカ人が口発音と2ビートで英語を喋っているが、これは日本語英語を真似ているのだ。北朝鮮でのスキットということになっているのに。

http://jp.youtube.com/watch?v=sBaPI2AKu2g

これは日本語なまりの英語がすでに有名だからだ。何を言っているか分からない英語として有名なのだ。

日本語なまりの英語が本当に通じないのだということを日本に住んでいるとわかりにくい。日本に住んでいるネイティブは慣れているから分かるのだ。

いや、自分は通じるという人がいるかもしれない。口発音でも。それは相手のネイティブがわかったふりをして、ハイハイと言っているだけなのである。

私は近くにある日本食屋の主人が片言の日本語を猛烈に喋ってくるときに、そのことを理解した。おっしゃっていることの半分が分からないのだが、あんまり熱心に喋ってこられるので、ハイハイとしか言いようがないのである。

NHK WORLDは暴走が激しすぎると思う。フィールドリポーターさんがカタカナで英語を読んでいる。むちゃではないだろうか。

さて、この通じない英語が喉と3ビートで一挙に通じる英語になるのだ。聞いて音として100%聞けるようになる。

日本人の英語を変え、世界の人々とコミュニケートできるようになることでこそ、日本の品格が上がる。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。

喉発音万歳!24年ぶりの会話にて

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。 先日、数週間前に英語喉指導をして、そのときには、発音は、ネイティブ化したものの(定着は別問題として)、聞き取りは前からある程度聞けていたので、革命的に変わったかどうか分からないと言っておられたかたが、

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.