Skip to toolbar

日本人が英語ができないことはすでにバレテイル、が喉革命でこのイメージを一掃しよう!

今日は2本めですが、テーマ性の強いエントリーいってみよう(1本目は連絡事項的だったので)

昨日だったか、ギリシャの同僚が、「姉ちゃんがヨーロッパに住んでるんだけど、今度、日本人の研究者がくるってことで、グループが国際的になるんだけど(ギリシャ人、日本人、その他)、その日本人が英語ができるかなあ、、と話をしたとのこと。

日本人が知らなくて世界の人が知っていることがある。世界のといっても、まあ先進国とかそういう国々か。日本人が英語が苦手、、、というのをすでに知っているのだ。

このことを日本人は知らない。海外に行って、外国人と喋って通じないときに、その外国人はあまり日本人の英語については知らないと思っている。初めて日本人の英語を聞いたぐらいに思っているだろう。さらに、世界の他の外国人も英語が苦手に違いないと思い込んでいる(だから、日本人には日本人の英語があってよいというようなことを言う人がいるし、国際英語をつくってしまおうという考えもある、、、実はそういう英語はいらないのに)。

すでに有名なのである。日本人の英語は。それは、実際に日本人の英語を聞いたことがあったりとか、映画で出てきたりとかするからだ。常に日本語英語はからかわれるかたちで英語に登場する、、、LOST IN TRANSLATION見た?。

http://jp.youtube.com/watch?v=yYAS92XPvIM

(馬鹿にされていると思わないで読んでいただきたい。小学校のときの担任の先生が、「人を批判するときに、それを改善する助言を加えない場合は、悪口」と、「終わりの会」でおっしゃったが、そのとおり。喉と3ビートで直ってしまうことなのだから。)

つまり、私のギリシャの同僚の姉ちゃんや、その姉ちゃんの連れのヨーロッパ人は、日本人が英語が不得意だということを知っている。だからこそ、、、

*喉を実践して、HI、HOW ARE YOU?と言っただけで、うわー英語がうまいですねえと言われるのである(HIROさんだったかな、この報告)。日本人なのに、すごーいという意味も含まれる。

今、テレビのアニマルプラネットというチャンネルで、WHALE WARというのをやっている。オーストラリア近海で操業する日本の捕鯨船に対して、攻撃?をするグリーンピースから枝分かれしたような集団がいて、それが、日本の船を追っかける。で、たまに、無線で日本の船に英語で喋るのだが、視聴者(アメリカ人)としてはすでに分かっているようだ。日本人に対して英語で話しかけても通じないということを(なぜ日本人側は返事をしないのだろうと思って見ていないのだ)。

http://jp.youtube.com/watch?v=UbROlabBfUU

アメリカのドラマでは常に日本人は英語が苦手な人として登場する。例えば私も毎週見ているHEROSではHIROさんという人が登場して、カタカナ英語で喋る。

これは前にも書いたことがある。MAD TVというコメディー番組にはBOBBY LEEという韓国系のアメリカ人のコメディアンが登場するのだが、アジア人の役をするときに、韓国なまりじゃなくて、日本語なまりで英語を喋るのだ。ナレーションはアメリカ人が口発音と2ビートで英語を喋っているが、これは日本語英語を真似ているのだ。北朝鮮でのスキットということになっているのに。

http://jp.youtube.com/watch?v=sBaPI2AKu2g

これは日本語なまりの英語がすでに有名だからだ。何を言っているか分からない英語として有名なのだ。

日本語なまりの英語が本当に通じないのだということを日本に住んでいるとわかりにくい。日本に住んでいるネイティブは慣れているから分かるのだ。

いや、自分は通じるという人がいるかもしれない。口発音でも。それは相手のネイティブがわかったふりをして、ハイハイと言っているだけなのである。

私は近くにある日本食屋の主人が片言の日本語を猛烈に喋ってくるときに、そのことを理解した。おっしゃっていることの半分が分からないのだが、あんまり熱心に喋ってこられるので、ハイハイとしか言いようがないのである。

NHK WORLDは暴走が激しすぎると思う。フィールドリポーターさんがカタカナで英語を読んでいる。むちゃではないだろうか。

さて、この通じない英語が喉と3ビートで一挙に通じる英語になるのだ。聞いて音として100%聞けるようになる。

日本人の英語を変え、世界の人々とコミュニケートできるようになることでこそ、日本の品格が上がる。

ブログの人気投票です。 http://blog.with2.net/link.php?709532       

 

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

喉発音万歳!24年ぶりの会話にて

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。 先日、数週間前に英語喉指導をして、そのときには、発音は、ネイティブ化したものの(定着は別問題として)、聞き取りは前からある程度聞けていたので、革命的に変わったかどうか分からないと言っておられたかたが、 「ある映画を見ていたら(ま、何回も見たものだけど)、全て聞き取れた」 とおっしゃった。すばらしい展開である。 聞き取りの効果が数週間遅れたということだけど、これが来るか来ないかで、大きな差が出てくる。 皆さんのなかで、この効果をまだ経験しておられないとしたら、基本に戻り、ゆっくりと喉発音と3ビートに忠実に英語を実際に使ってほしい。 あれ、聞ける!という原始的な体験がないとなかなかつらい。これがないということは、英語を日本語のように聞いているということだ。 さて、久しぶりに話をした知人だが、彼は日本の外に住んでいるのだけど、英語をそんなに喋ったわけじゃないのに、私の頭の中で、「彼は英語ができる」と決め付けてしまっている自分がいた。というのは、彼は、日本人なのに、リラックスしているのだ。日本語を喋っていても、リラックスして喋っているので、それだけで、「この人は分かってくれる」と私は思い込んでいる。 これは、前述の日本人(Aさんとしよう)が、最近、挨拶しただけで、「英語できますね」と言われるという経験と同じだ。本来は、英語上手ですねと言われた時点で、終わっているのだけど(本当にできたら言われないため)、Aさんの場合は、日本人を多く知っているアメリカ人に言われるという特殊なコンテクストにあるので、「日本人なのに、あなたは英語ができますね」という意味だろう。 つまり、英語をそんなに喋っていないのに、相手が、「この人は(英語が、、、いや英語文化が?、、いやグローバル文化が)分かる」と決め付けてしまうのである。 2週間前にカリフォルニアで会った日本人は、私があった中で一番英語がうまい女性であった。彼女の場合は、フランス語を勉強したときに、喉の深くで発音することを学び、その調子で英語を喋ったら上達した、、、とおっしゃった。 奇跡だ。 しかし、私が20年以上ぶりに、さっきSKYPEでしゃべった彼の場合は、なんと、「笑いながら喋るのがくせ」だそうだ。私は、 日本語は本来笑いながら喋れない、、、と指摘した。 つまり彼はもともと喉がゆるかったのだろう。だから、英語が上達しただろうし、外国人の友人がものすごく多かったそうだ。 もっと聞いてみると、海外に出たときに、当時はやっていたコメディアンの物まねをすると、ガイジンに大うけしたそうだ。そして、そのコメディアンは、まさに笑いながら喋るのが特徴だったのだ。 そして外国人の友達がたくさんできたそうです。 な~~~るほど、彼は、元々喉がゆるかったのもあるだろうが、その物まねを通じて喉発音を実践していたのじゃなかろうか? 私自身は、広島の方言はもともと喉がゆるめで喋るので、英語にすんなり入っていけたのだと思う。そういえば、小林克也氏だって広島出身である。 じゃ*けん*のお~ のリズムは、中国語とか英語に似ている。 さらに剣道をやっていたので、喉から声を出して気合を入れていた。 高校時代に、あまりに授業などが退屈だったので、休憩時間は、物まね合戦をしていたが、私は郷ひろみとか田原俊彦をやっていたが、そのときは、確実に喉の奥から声を出していた。 私は、これまでに2人の聾者のかたに接したわけだが(参考文献はここ)、二人とも、笑いの声は、非常に明瞭であった。次のレッスンがあれば、私は、笑いの明瞭さを発声に生かすような方向に持って生きたい。 私は20年ぶりに喋った知人と、また話したいなという気持ちになった。お互い喉発音だからだと思うのだが、なんか、親近感が沸く。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.