Skip to toolbar

どのような勉強をしたか 今出川の思い出と行元さん

喉以前でもアメリカ英語なら100%聞き取れる状態まで行ったといったが、それは大学時代に留学をしていたことも理由だ。が、それ以上に、日本の大学(同志社)で毎日のように英語を喋っていたということがある。

不思議だ。学部で留学していたときは、授業は英語なので聞き取りということでは英語はいつもなのだが、あまり喋ったことがない。ところが同志社大学の今出川キャンパスにいると、毎日のように英語を喋る機会があった。留学生がたくさんいたのと、国際課ラウンジというのがあって、日本人学生と留学生がダベル、ツルム、、、という場があった。コーヒーが飲めたこともある。

だから不思議と学部留学中よりも、日本にいたほうが英語を何倍も多く喋った。色々と理由があるが、日本に来ている留学生が日本のことを学びにきているわけだから、話題が合いやすいということがある。

でももう一つ理由がある。留学生とつるんでいたのは80年代、90年代のハザマにあった私の大学時代、私とあと少数だけだったように思う。他の学生は恥ずかしがっていたのか、そういう機会を求めていなかった。私と私の友人たちは当たり前のように留学生と遊んでいた。

国際課の所長のTさんが、合宿だったかを企画してくれて、ますます国際交流に拍車がかかった。あとAKPというプログラムがあるのだが、アメリカからの留学生と同志社生を交流させようということで、がんがんと企画があった。

留学生といっても、当たり前だが、アメリカ人だけじゃなくて、台湾人とか韓国人とかと当たり前のように遊んでいた(そういえば、「一見さん」という小説を書いたスイスからの留学生もいた。すごいじゃん。映画化されたなんて、、、!小説のなかに、英文科の学生が出てくるのだが、それが誰や?というような話しになった。)

とにかく、ものすごい盛り上がっていたような気がする。

さて、そこに登場するのが、京都の行元さんだ。ちょっと行元さんの話をしたい。英語喉を一番読んでもらいたい人が行元さんだ。当時40(?)ぐらいのオジサンであったが、なぜか、同志社大学でINTERNATIONAL DISCUSSION GROUPという団体を仕切っていた。正確にいうと、私がGちゃんから引き継いだのだが、行元さんの登場でIDGは彼の指揮の元に結構発展をつげた。

確か週1か何かだったと思うが、行元さんがあらゆる国籍のゲストスピーカーを呼んでくるのである。一体どこからつれてくるんや、、、という感じだった。

行元さんは日本にいるだけで英語をマスターしたい、、、という夢を持っていた。だから英語喉をすぐにでも届けたいのである。

上川君、はよう日本に帰っておいで。IDGは続いているからね、、、と電話で喋ったことを覚えている。

 

Related Articles

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

英語が伝わる!100のつぼ 変

英語が伝わる100のつぼというのをYOUTUBEで見たのだが、とても変だ。 http://www.youtube.com/watch?v=I2Vdvr3fWOk&feature=related 全てが変だ。 テーマになるのが、いつも日本語の決まり文句。そんな会話したい?そんなんではなく、心の言いたいことを、日本語の社交辞令後にいちいち直さずに、英語にするのが良い。 1分39秒でI HOPE YOU LIKEで悩む幸太郎。ちょっと設定に無理がある。えらそうに聞こえるそうです。I HOPE YOU LIKE ITが。 そして、先生が、KOTAROがそう思うのも当然ねといっているけど、そんなんありえるかな??? 皆さん、日本語と英語の表現なんて無視して、心が訴えることを英語にしよう。 こんな日本語にない英語の表現、英語にない日本語の表現などに注目して英語を勉強していたら、逆に英語が喋れるようになりません。 そんなに日本人って馬鹿じゃないと叫びたくなる。 それぞれの登場人物に役割があるようだ。 コータローさん  とぼけ役日本代表 一生懸命やっているという点が認められる。 サラさん とぼけ役アメリカ代表 本当は日本人の女の子のリアクションをマネしているのだけど、なぜか、それがアメリカの女の子のリアクションと間違われているけど、それをしないと、OKがでないので、やるっきゃない。 まじめなバングラデッシュ人 世界には色々ななまりがある、日本人にもなまりがあってよい、、、ということを引き出すための人物。 いつも元気でおしゃべり好きの中国人 上の人と同じ役割。 フランス人のピエール KOTAROという名前がうまく発音できないという設定(ROのところ) でも実はできるのだけど、日本人に、ほら、日本語にも難しい発音があるんだ、、、だから英語が発音できなくても大丈夫だよ、、、と思わせる役割を持つ人物。 若手の女性 ナオミさん 完全なるコテコテのヒラガナ発音をこなすことで、となりの日本人の先生の英語の典型的な日本語発音が目立たないようにする役割。 帽子をかぶったアメリカ人のお兄さん ナオミさんや先生が発音ができてなくても、GOODととか言わなきゃいけないという微妙な立場だけど、GOODと言わないと前にすすまない。 日本人の先生 全然英語しゃべらんからわからないけど、典型的な日本語発音だと思う。でも、ナオミさんの英語を直しているのが不思議である。 5分46秒あたりで、日本の英語教育の真の問題があると思った。 STRAWBERRYの発音だ。 アメリカ人、とぼけ役の女性、先生、全員の発音が間違っている。 アメリカ人でさえ、日本人におおげさに教えようとして、 STRAWのAWのところをOWと発音している。 直前のスキットでサラさんは正しく発音していた。あの部分はAWだ。 そしてとぼけ役の若手女性が、日本語こてこての発音をしたら、それをアメリカ人が間違った発音で直し、日本人の先生も、典型的なる日本語発音で発音し、問題は「アクセントです」みたいなことを言って、それに対してアメリカ人が「そうです」というような対応をしている。YES VERY GOODって、何がVERY GOODなのだろうか????…

感情を込めるとは?まだ言説的に安定しないが、とりあえず書いてみる

日本の音声学者の勘違いは、 破裂音を、破裂を強くして発音する音 と言う風に理解してしまったことだろう。実際には、口で音を調整するときに、プロセスとして、「破裂」と称すると、まあうまく描写できるものがありますよということだ。決して、破裂を強くするということではない。 破裂という漢字につられてしまったということもあるだろうが、日本語で破裂音は英語でも破裂音なので、破裂音と読んだところで、英語発音指導上、全く意味をもたない、、、という難題がある。 全く意味がないものを分類しているということは、それを分類するものをむなしくさせるだろう。意味がないからである。だから、英語のほうが、破裂が大きいと言ってしまうことで、意味を作り出す、、、人間は意味をつくる存在である、、、ということだろう。 破裂が大きいと言った時点で、データ分析をし、仮説を証明すればよいのだが、そうしてしまったらしまったで、その仮説がサポートされない。だって、強く発音する弱く発音する、破裂的な要素を強める、弱めるは、音の弁別的要素ではないからである。 さて、昨日のエントリーで感情を喉で表してみようと言った。これは、感情的になれということではない。そう理解すると、うえで説明した音声学者のおかした間違いを我々もおかしてしまうだろう。 そうではない。感情というのは、人間は誰でも持っている。いつもそれは存在する。その感情は、静けさだったり、悲しさだったり、楽しさだったり。そのときどきに、感じているものを喉の音色に託すということである。 私は昨日あたりからそれを実践しはじめた。 最初に敏感に反応したのは、うちの犬だ。うちの犬は、来いと言っても来ない犬だ。しかし、来て欲しいという気持ちを、心にうかんだとおりに、喉発音の音色に託すと、なんと愛犬が、面白いように来るのだ。 次にジーナも私の話をよく聞いているように感じた。話がはずむ。いや、それ以上に、私が彼女の声に、感情の流れを読めるようになったと言っても良い。 今朝、味噌汁とご飯を食ったのだが、それに魚肉のふりかけみたいなのをかけた。すると、その匂いが「くさい」と言っていたのだが、その喉撥音にこめられた気持ちが私には読み取れて、いやみに思えなかった。全然。 英語では、命令形をPLEASEなしによく使う。日本語に訳していると、軍隊で命令されたように思えるかもしれない。しかし、喉声で伝わってくる言葉、そしてそれを運ぶ音色を聴いていると、全然、命令に聞こえない。 これは私にとっては英語喉の2次革命である。 そして、仕事場に行く。すると、同僚の言葉に、喉発音を伝わって、感情が伝わってくる。だからこちらも、喉発音に感情を乗せて喋る(感情的になるというかんじではない、、、そのときの気分を大切にしながら、言葉をゆっくりゆっくり語る)。 すると、同僚が、去らない、、、。話が長くなる。 え?これって偶然???? 電話がかかってくる。すると相手の喉発音の音色を聞いていると相手の感情、思いやり、などがびんびんと伝わってくる。どういうことかというと、何かエラーがあったとする。すると、アメリカ人は話相手のせいだと聞こえないように、それはそれは、丁寧に、喉発音の音に思いやりを乗せて喋ってくる。 これだ!日本人が、日本人にしか以心伝心がないとか、日本人しか気を使わない、外人はざっくばらんで、おおざっぱだ、、、と思い込んで何百年。 私は、今、喉発音に、感情、思いやり、気持ちが聞けるようになったように思う。それをまず察知したのが、うちの愛犬だった。 色んなことを思い出す。今は忙しいので集中してかけないが、同じテーマを繰り返すことだろう。言説的に安定するまで。 そういえば、小学校のとき、妹を泣かしたとき、低学年だった妹(二人)は、「おか~ちゃ~ん」とか、「おば~ちゃ~ん」と言いながら同時に泣いていた。おばあちゃんが、「かもうな」と注意していたのを思い出す。 大人となると、泣くとき、全然喋れない。口発音が完成しているからだろうか? DCにはヒスパニックの人が多い。スペイン語の放送を聴いていると、番組の最初から最後まで泣きながら、視聴者のお便りを紹介している番組が少なくとも3年ぐらい前にあった。スペイン語は喉発音なので、泣きながらでも喋れるのだ! さて、感情を喉声に込めるといったが、これは、決して音程を上下させることではない。日本人が、感情を込めてセリフを読むとすると、全て音程と音の強さに還元してしまう(これ大切なところ。何回か繰り返して読んで、考えてみてほしい)。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.