喉の旅

喉革命でアメリカ人が異常なほどフレンドリーになったのはすでに述べた、、、。ところが困ったことが起こっている。職場などで「人間関係に気をつかわなくないといけない」ということに遅ればせながら気づいた。
 

馬鹿ですね、、、本当。
 

これまでアメリカ社会に生きていながら、あんまり考えたことがなかった。でも喉発音を始め、職場を変わり、日本人としてでなく、単なる人として人々が私を取り扱い出し、良い意味でも悪い意味でも、気をつかわないといけなくなった。
 

色んな立場の人がおり、色んな性格の人がおり、そういう話をがんがん人がしてくるようになった。
 

これは気をつかわねば、、、
 

日本とアメリカが同じになった。大学院に来たのは1994年だったが、14年たって、初めてアメリカの人間関係が日本のそれとそんなに違わない、、、という現実にぶつかった、、、。
 

馬鹿ですね、、、本当。
 

 

喉の旅である。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.