Skip to toolbar

今朝もNHKのニュースを見ながら思った

今朝もNHKのニュースを見ながら思った。バイリンガルのアナウンサーさんは、英語喉をいつやってくれるかなあ、、、と。
 

ものすごく英語のうまい人が集まっているのだけど、やっぱり鼻でごまかしてるなあ、、、と今朝も思った。ネイティブっぽさを鼻にかけることで、それっぽくしている(喉革命前は自分もやってましたけど、、、参考 カズの英語 革命前革命後 http://www.estat.us/kaz/id12.html の音声はここ、、、と書いてあるところをクリック。)。
 

それはそれでいい、、とはならない。というのは、一生懸命聞かないといけなくなるからだ。80%はネイティブっぽいが、20%は鼻でそれっぽくしている場合、ものすごくうまいんだけど、聞く側としては、20%を逃してはいけない、、、ということで、集中してニュースを聞かないといけなくなる。
 

ところが、本当にネイティブの人が出てくると、「集会のときの休め」って感じで、急にリラックスした状態でも頭に入ってくる英語に変わる。
 

うーん、早く英語喉読んでくれー、やってくださーい、、、と心から願う毎日、毎朝である。NHKのバイリンガル放送を見ながら。
 

バイリンガル放送のアナウンサーさんが鼻にかけたようなしゃべり方をしなくなる瞬間が来ると思うので(喉革命)、毎日モニターしたいと思います。
 

今日、書きたいと思ったテーマはずばりこれ。IPAについて。IPAは音声学の国際的組織なんだけど、こんな口の図を発表している。で、これって母音と舌の位置の関係を示している。
http://www.arts.gla.ac.uk/IPA/vowels.html
 

あくまでも舌の位置なんだけど、日本人がこれを理解するとき、口のなかで音を響かせる位置だ、、、と勘違いしてない?
 

私自身は勘違いしてましたよ。皆さんはどうですか?
 

西洋人がよって集まってこの図を作ったとき、これは単に舌の位置であって、音を響かせる位置という意味はなかったと思います、、、が。
 

ま、とにかく、母音と舌の位置は暗記する必要はありません。舌をあっかんべーと口の外に出したかたちでも、すべての母音を正しく発音できますよ。
 

舌の位置 は 音を響かす位置、、、というわけではない、、、ということを言っておきたかっただけです。
 

口のなかの音を響かす位置(そんなに細かくコントロールすること自体、魔術師でないと無理でしょうが)が大切でないことは、まあ明らか、、、ですよね。食べ物を口でもぐもぐやりながらでも、すべての母音は出せるし、しゃべれますからね。

Related Articles

HOTELの発音の仕方 従来の説明のしかたと喉パラダイムの比較

たこ焼き村先生が、スペイン語発音講座において、HOTELの発音のしかた、スペイン語のと、英語のを比べていらっしゃる。この機会を使わせてもらい、英語喉パラダイムと従来の指導法の違いを比較してみたい。 たこ焼き村先生のサイト http://www5d.biglobe.ne.jp/~ktakuya/pronun01.htm の 番外編:英語の hotel とスペイン語の hotel とあるところ。音声ファイルを置いてらっしゃいます。 従来の方法は新しいものではない。私が同志社の英文科だったときに、音声学のクラスで似たことを勉強したとは思う。   先生が説明されているのは、HOTELという単語で、スペイン語のHOTELと英語のそれを比較されているが、私は英語の説明のほうに注目。   先生は、HOTELのO(英語のほう)はオウだとおっしゃっているが、これは、日本の辞書にもそう書いてあるし、私も以前はそう思っていた。しかし、ONLINEのウェブスター辞書には、単にOとされている。 実際には、このOは、オウではなくて、O(オ)だけなのだ。英語喉的には、。喉でOと響かせていうと、日本人が聞くと何となくウっぽい残響感が残る。そのウは、わざと言うウではない。   つまり、オウという二重母音は英語に存在しないということだ。 IPAのパラダイムでは、音を瞬間的にとらえる感覚がある。だからOにちょっと残響感があるならば、それをUだとして表現するのだろう。   次はTの発音。口のなかで、はげしく破裂させる感じは、従来の方法が教えるところである。実際のネイティブはそういう風にしていない。日本人が口の中で激しく破裂っぽくしないとTにならないのは、喉のほうが緊張しているために、首のパイプを楽器として、生かせないからだ。首のパイプを充分響かせておけば、舌のほうは、単にはずすという感じで充分、アメリカ英語のTが出る。   そして、Lの発音だが、先生は、HOTELのLは、舌が上につかないことがあり、舌のおくのほうが盛り上がる、、、と説明しているのだけど、それは事実と違う。それをするとホテウという感じになるが、やはり、実際の音とは違う。Lはウではない。   確かに喉をあけたまま、リラックスさせて、Lを発音すると、日本人が聞くとウっぽい音が聞こえるように思えるかもしれない(暗い感じがするかもしれない)。しかし、それはウといっているわけではない。   実際、文のなかでHOTELを言うとする。THE HOTEL ISとするならば、HOT-TEL-LIZという感じになるのが、その場合、全然、Lが暗い感じがしない。HOTELというと、Lが暗く感じても、HOTEL ISだとそう感じない。…

アキさんからのご質問 第2弾

アキです、いつもお世話になります。   英単語のアクセント発音などにつき、以下3点、新たに質問させてください。     1.「英語喉発音50のメソッド」および上川先生のブログを拝見し、また自分でも喉発音の練習を続けて、英単語のアクセント位置については特に意識する必要ないことがよく分かります。ブログ上のご説明では、R,W,D,er などのゲップエリア発音する前のアクビエリア発音の母音の位置が、いわゆるアクセントである場合が多いというご説明だったと思います。   KAZ その通りです。ただし、決定論的にそうだ、、、という感じではなくて、色々な個性が3ビートという縛りのなかでからまりあって、英語の自然な感じが生まれるという感じです。プロソディとかいう表現を聞いたりしますが、なぜそのような専門用語を作り出さねばならぬかは私には分かりません。   結局、アクビエリア発音の母音の方が、相対的に高い音程に聞こえるからアクセント位置になり、強い音というわけではない、と上川先生は主張していらっしゃると思います。   KAZ 近いと思いますが、あくまでも3ビートという制約のなかで、音の個性がぶつかり合う、、、という感じですので、決定論的な予測モデルではないと感じます。いずれにせよ、考える必要はない、、、というのが結論です。    私は昔、英語の教師から、日本語の単語のアクセントは高低であり、英語は強弱であると教わりました。これは、間違っていたのでしょうか? そもそも、「アクセント」という用語そのものが、いいかげんで良くないのでしょうか。昔の発音教本などを見ると、ストレス(強勢)と混同して使われているような気がしておりました。    日本語の母音は口発音であり(英語など他言語と比べて)高音なので、英語でもアクビエリア発音の母音は日本語の音域に近く、そのため日本人の耳には低音のゲップエリア発音する母音よりも聞き取りやすくて、強く言っているように感じるということだったのでしょうか?    KAZ どの音が聞こえやすい、、、ということがあるのかどうかよくわかりません。が、アクビエリアの音でHOTのアの音は、従来の説明で、喉の奥で言う、、、とされているのが面白いところです(そして他の母音は口の中、、、と)。これは、ちょうどアマゾンレビューの一人のかたが、喉をけちょんけちょんに評するなかで、このアの音だけは口の奥のほうである、、、、と言い切ってらっしゃいますが、これがまさに勘違いですね。全ての音は喉の奥なんだけど、このHOTのアだけは、なぜか、口の奥のほうだ(まあアクビエリアに近いところ)、、、とされてきていました。まあそれは正しいわけですが、偶然正しかったわけです。ただ、ちょっとオを混ぜると上品になる、、、みたいなことを英語耳の松澤さんが言っていますが、これも勘違いで、実は単に日本語のアをアクビエリアで言えばというということです。   2.従来は曖昧母音(シュワ)と言われていた u_ (従来のIPA発音記号では e を反転させた形)は、ゲップエリアの最も深い部分を響かせる母音なので低音ですが、ここにアクセント(ストレス?)がある単語(cut,…

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. >ま、とにかく、母音と舌の位置は暗記する必要はありません。舌をあっかんべーと口の外に出したかたちでも、すべての母音を正しく発音できますよ。

    もうかけ声は十分ですので、出し惜しみせず動画で実地にやって見せてくれませんか。
    上川さんは英語喉のページに顔写真も出しておられるのだし、今更顔を出して困ることもないでしょう。