Skip to toolbar

個々の音がどうしてつながるのか

英語の個々の音にはライフサイクルがある。

そしてこれらの音が子音ー母音ー子音とスムーズにつながることで一つの塊になる。そしてその塊と塊がスムーズにつながっていくことで今度は単語になったり、フレーズになったり、文になったりしていく。そのスムーズさの秘密が3ビート理論に出てくる概念であるスウィングとフォロースルーである。しかし、このスウィングとフォロースルーは喉発音し、ボンボン(3ビート)のリズムに合わせて読んでいれば、自然と起こること。

これまでどのように個々の音が、流れるようなつながりになるのかが、解明されていなかった。しかし、喉+3ビートで誰でも、個々の音を再現しながらも、流れるようなつながりを再現できるようになった。

大きな発見は、色々あるが、個々の音にライフサイクルがある、、、ということの発見だったと思う。これはネイティブの共著者が発見したわけだが、自分で、独力で発見できたかどうか、、、絶対的に自信がない。

発音記号というのは、字なので(例えばリガチャーA)、印象的に一瞬をとらえているような感じがする。だから、音の全体のライフサイクルを伝えることができない。ただし、ヨーロッパ人が発音記号を読むときには、問題がない。例えばフランス人は、1字をみせられて、これが発音記号ですよ、、、と説明を受けても、その字をフルのライフサイクルを持って読む。というのは、ロボットのように、一瞬的に短く読む理由がないのである。だから、発音記号は、ヨーロッパ系の人たちにとっては、便利が悪いということはなかった。

個々の音にライフサイクルがある、、、という発見が、次の発見、つまり、音の半分だけが読まれる、、、という発見につながった。

従来のアプローチはどう説明していただろうか。例をあげたい。従来はLの発音にもダークLとそうでないLがあると言われていた。例えば、HILLのLはLIKEのLと比べてなんとなく暗い感じがする。だから、従来は、少なくとも2種類のLがありますよ、、、と説明していた。

実は、そうではなくて、HILLとLIKEではLの現れる位置が違うため、他の音との関係上、Lのライフサイクルの現れ方が違ってくるのだ。HILLであれば、シラブルのなかでスウィング(音の前半)として現れる(強調のためフルに読んでも間違いではない)。LIKEでは、Lがフォロースルー(音の後半)として現れる。

つまりLのフルサイクルでも、シラブルのどこで現れるかによって、その音の前半が読まれるのか、後半が読まれるのかが、違った、、、ということなのだ。

従来のアプローチはこれらの音を異音となずけ、分類し、学術的に納得してしまっていた。ところがこの知識を実践に使うとなると、なかなか難しい。暗記しておかなければならないからだ。暗記したものを実践に使うのは、事実上、不可能で、それにこだわっていると喋れない。

 

だから、逆に、そういう知識に頼ることなく、音を耳で覚えるアプローチが喉革命以前は、最も効果的だったわけだ。実際、本当に英語が喋れる人は、殆どの場合、実地で喋って覚えた、、、という人が多い。あえていえば、私の経験では、洋楽を聴いていた人が英語がうまいケースが多いと思う。シラブルということを無意識のうちに体得していったのだろう。

逆に喉のやりかたは、喉をリラックスしておいて、3ビートをすれば、ほっておいても、かってに起こる現象、、、それがスウィングとフォロースルーである。

ただ、従来の分類がまちがっていた、、とはいえない。実際、ダークに聞こえるLならば、それをダークLと呼んでもよいと思う。ただ、なぜダークLと呼ばれる現象が起こるのか、、、に一歩踏み込むべきだっただろう。語の最後にくるとそうなる、、、という説明はあったが、実は語だけではなく音節の最後でもそうなる、、、というあたりも踏み込んで考えると、発見にいたったかもしれない。

また、この現象はLだけでなく、他の音の全てにおおかれすくなかれ起こることだ。ただLが一番気がつきやすいということだったのだろう。例えばSでも起こっている現象なのだ。ただし、Sは最初から最後まで均一の音がつづきがちな感じがするので(印象的に)、このスウィングーフォロースルー現象について、人々が気づなかった。

Lだったらこうなる、Rだったらこうなる、、、と分類化?に分類化がすすんだ結果、その複雑きわまる現象の背後にあるシンプルなメカニズムに関心がいかなかった。

また日本文化には、「奥が深い」とか、「学問に王道はない」、「地道に努力するしかない」、「こつこつやっていくしかない」という感じの謙虚な態度がある。だから、王道ともいうべき3ビートの存在を認めてはいけない、、、という感じの無意識の態度があったのではないだろうか。これは私自身のことなのだが、まさかリスニングを上達させてくれるようなメカニズムがあるなんて、想像もしていなかった。

脳のイメージだと思う。脳は、何かをマスターするとき、スポンジのようになにかを学んでいく、、、ってかんじのメカニズムがある。やって、やって、やりつづければ、なにかミラクル的なことが脳に起こり、マスターしていく、、、というイメージを持っていたから、まさか3ビートのような理論的な枠組みがあるとは思ってもみなかった。

Related Articles

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀

今日のトピックの一部を読みながら、即興英語で言ってみました。 http://www.nippondream.com/file/kaz_08_03_2011.mp3 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_03_2011.mp3|titles=kaz_08_03_2011] 実は、数ヶ月前から書いて見たいトピックがあった。それは「ちょっとだけ難しいほうを選ぶ」ということについて。 その前に、新しいコーナー、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」です。米国コンサルタント会社勤務の日本人サラリーマンのuさんが、昨日、通勤のため電車に乗ったところ、目の前の黒人青年の左腕に以下の刺青をしているところを発見しました。 「恐い」 なぬ~~??「恐い」と書いてあるのです。おもわず、じ~~~と見てしまいました。 アメリカ人が漢字で刺青を入れているのは普通ですが、普通は、漢字だけです。例は新活とか、わけのわからない組み合わせですが、uさんは、普段だと「日本語だと意味を成さないけど、たぶん中国語であるのかも」と納得するのですが、今回は 「恐い」 と、どう考えても日本語の「い」が書いてあります。 「すみません、その(恐い)という言葉の意味をあなたはご存知なのですか?もしかして、あなた、俺は恐ろしいぞ~という意味でそれ彫りました?じゃなくて、恐いは、scaredと言う意味ですよ。あなた、もし日本に行ったら、周りに大笑いされますよ。それでもいいのですか?あなたは、恥をさらすことになるんですよ」 とuさんは、心のなかで言う練習をしましたが、その青年がちょっとだけ恐い感じがしたので、実際には言いませんでした。 uさんが、よく見る漢字の刺青に「力」があります。しかし、uさんには、まず、それはカタカナの「カ」に見えてしまうのです。「ちから」じゃなくて。でも、この場合は、中国語とすれば、「力」以外の何者でもないですから、納得が来ます。 以上、「アメリカで見た漢字の刺青(いれずみ)を報告する」コーナーでした。 さて、ちょっとだけ難しいほうを選ぶという流儀ですが、何かをするときに、二つ選択があるとすると、ちょっとだけ難しいほうを選ぶとうまくいくのではないかということです。 私は、これを実践しているのです。というのは、人生を振り返ったときに、楽なほうばかり選んだのではないかなという思いがあります。ただし、楽なほうは、世間的には、大変だと思われていることが多い。 例えばですが、「暗記」というのは、世間的には、楽じゃないと思われている。でも、実際は楽です。考えなくてもいいから。逆に難しいことというのは、例えば、英語だと、ネイティブと喋りながら頭のなかで文法や語彙を自分のものにしていくことです。 これは、ちょっとだけ難しいでしょう。勇気がいりますし、本当に使える表現を自分で選ぶ必要があります。 中学校のときに、級友にたたかれていたことがあります。小学校のときから、いきなりたたいてきたりする人がいたので、その延長でした。 しかし、それは、小学校のときからよく知っている級友です。中学校で、他の地域の知らない生徒がたくさん集まったわけですけど、やはり叩いてくる奴がいるのですが、その場合は、「なんでお前にやられる筋合いがあるのか?」と思いますから、まず叩いてきた段階で徹底的に反抗が起こります。 いじめっ子達は、たたいたときに、反抗するかをチェックしているのです。 大学の1年生のとき、知り合ったばかりの級友が、会うたびに「巨人の桑田に似ている」と言ってくるのです。からかう感じで。そのときは、彼の胸倉をつかんで、ぶち切れてしまいましたが、それで、彼はそれを言うのをやめました。お前のことあまり知らないのに、なんで、そんなに大きく出てるの?という疑問だったのです。結構、楽でした。全然、勇気がいらなかった。一発でカラカイが止まりました。全然勇気がいらなかった。しかし、これが正しい行動だったのかな~~。疑問が残ります。 小学校のときからたたかれている場合ですが、これは反抗しないほうが、楽だったのです。その人には、家などの位置も知られているから、まちぶせなどされたら終わりです。だから、その場をしのぐために、がまんする。 がまんするというのは世間的には難しいと思われているけど、実は楽なのです。短期的にはね。 しかし、知らない奴がたたいてくると、これはその場で反抗するほうが、楽です。ほっておくと、大変なことになるでしょう。…

「機関銃英語」増刷決定

お陰さまで、機関銃英語のほうが増刷になるとの連絡をいただきました。英語喉のときよりもペースが速いです。機関銃英語が全国にいきわたることで、英語が少なくとも、音として聴き取れるという状態に、国家全体がなると思いますが、このことの国益は非常に大きいと思います。 口ベースの英語学習に未練がある人もいるでしょう。そりゃ、口を大きく開けたら、母音の発音ができるようになったら、楽でしょう。唇をとがらせてRやWを言ったら、正しい発音ができるのなら、誰も今のように苦労しません。しかし、実際のネイティブの喋っているところを映画で見てください。(外から見た)口はそんなに、規則的に動かしてはいません(感情のせいで、大きく開くことがあるだけです)。口発音を推進されている先生たちでさえ、実践をしてみせてはくれません。だって、口を大きく開けたら音がこんなに変わる、、、なんてことは、物理的に不可能だから、実演ができないのです。 とりあえずは、口の練習は置いておいて、機関銃英語で練習してみてください! さて、 イランでの混乱のなか、イランの若い人達は、当たり前のように英語でメッセージを発信しています。実は、英語にしろ、その他の外国語にしろ、6年もやっていれば、喋れるようになる、使えるようになるのは、当たり前のことなのです。日本人でも、音が言えて、聞ければ、当たり前のように英語ができるようになるでしょう。音が言えて、聞けないから、単語を2万語覚えようとか、イントネーションが大切だとか、そういう発想が出てくるわけです。というのは、そういうことは、音が聞こえなくて発音できなくても、事実上、実践可能なことだからです。 いや、中東は、欧米に支配されてきたから、その影響で英語を喋れるのだ、、、というのは、やはり違うのです。逆に、日本は長い間、独立を守ってきたから英語ができないのだということを聞いたことがありますが、それもやや違うのだと思います。 特にESL関係の勉強をしているかたに、今、この新しいパラダイム運動に参加してほしいです。ESLでは、どうやったら英語がうまくなるだろうという研究をしますが、それは、日本人にとって英語があまりに難しすぎたから、必要だとされてきた研究だと思います。例えば、アメリカの語学学校へ行ってみると、1年中、英語の勉強をしているのは、日本人と韓国人だけです。他のヨーロッパ人などは、語学学校には1学期行くけれども、その後は、普通の大学で授業をとります。 つまり、音が聞こえて、言えて、実際に使っておれば、誰でも英語ができるようになるのです。喉と3ビートをベースにしたうえで、どんなやり方をしたら、英語がうまく教えられるか、、、などという点でいろんな研究が起こるならば、非常に有意義なものになるのではないかと思います。 いや、研究の前に、自分が英語が聞けて喋れるようになってほしい。すると新しい地平が見えてきます。自分ができないのに、それを教える分野を研究するのは、不可能だと思います。勇気がいりますが、ぜひ機関銃と英語喉で、まずはできるようになってください! (ただし、文法構造が日本語・韓国語 VS ヨーロッパ言語でかなり違いますので、この点については、もう少しお待ちください。ダビンチコードではないですが、基本的な秘密はすでに解明しました。私は、すでに使っております。) 日本では英語ができなくても生きていける、、、という考えはもちろん分かりますが、やはり英語で、情報をしいれたり、議論をしたりすることが絶対に大切です。例えばですが、このあいだテレビで、世界でもものすごい珍しい病気をもった赤ちゃんのお母さんたちが、ネットで終結して、解決法を議論している、、、というようなのを見ました。全員が英語でやりとりします。医学の情報で、アメリカではWEBMDというのがあるんですが、これが非常に質量ともよいと言われています。そういうアメリカ人がお金をつかって作り上げたものを、横から拝借することもできますね。 また、色々、大切な歴史の議論とかを、海外の人も含めてするべきだと思います。 さて、このあいだ、スポーツバーで食事をしていたら、アメフトとか野球のテレビがついていたのだけど、それに加えて、日本人の番組が写っているんです。サスケという番組で、日本人が、綱渡りをしたり、障害物を乗り越えたりする番組です。それをアメリカ人が、ハンバーガーを食べながら、見ている。 最近では、「私は日本のゲームショーで生き残った」という番組が、アメリカでやっていますが、同じような内容です。ただ、アメリカ人がやると全然面白くないのです。 日本人がやるからこそ、面白いのです。 このようなユニークな文化は、世界のどこを探してもないように思います。 ただし、私の感じでは、日本人は、まだいかに我々の文化がユニークであるのかに気づいていないような気がします。上のサスケの番組ですが、なぜ、世界の人が、楽しんで日本の番組を見ているのか、その根本的なものに気がついていません。 来週、客人があり、スウェーデンとスペインの人が来ますが、まだ話していなくても、子供のころから日本の漫画、アニメをみて育ったと言うでしょう。文化的には、非常にユニークなものを日本は作り出してきました。 喉パラダイムは言語の根本を問うことが一つの戦略ですが、言語の根本を見つめることは、文化の根本を見つめることです。 喉パラダイムをやっていると、日本文化のユニークさが根本的な部分で見えてくる。それを知った上で、英語で世界と語るならば、世界のほうも、自分たちの文化を客観視することができるでしょう。 日本人が口発音だと気づき、初めて、世界の人々が喉発音だと気づいたわけです。似たことが、文化的な他の分野でも起こることでしょう。 特に、日本が貢献できる分野は環境問題だと思います。がんばりましょう!!!!  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.