英語聞き取りの練習

1.英語じゃなくて、フランス語など、自分の知らない言語で聞き取りを練習してみる。意味が分からないのがデフォなので、音がクリアに聞こえているかどうかが分かる。
2.日本語を英語風・外国人風にえんえんと言い続けてみる(30分ぐらいやり続けたら、聞き取りができるようになった人が過去にいました。)
3.ア~~と喉の奥を鳴らしながら、それに言葉を載せる、、、首の奥あたりで全部言うつもりで(ゲップエリア音もあくびエリア音も両方ゲップエリアにしておく)
4.単語を見たときに、それを3ビートでどう言うかを考えてみる。例、「天満橋」という駅名をみたら、TEN-MAB-BASH-SHIYとつぶやいてみる。
5.シラブルの中の音色の変化に気を付ける。自分でも言ってみる。さて、想像ですが、聞こえない原因はおそらく、ゲップエリア音の音が聞こえていない可能性あり。例えばSHE ISと聞いたときに、SHIY-YIZとなり、Yの部分を脳が雑音として処理しているかも。
6.動物の声をコピーしてみる。 まじめにやってみてください。

7.ぶつぶつと、独り言を英語で言ってみる。首の根元を鳴らしながら(すでにあげた3と同じように)。

7.短波放送のように、わざと雑音が混じったような音声で英語放送を聞いてみる。喉の音に集中せざるをえないようになります。YOUTUBE上にもおそらくそういうのはあると思います。管制塔の会話とか。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。

英語を喋るのが速いのはよいことではない

英語が聞こえない人には、英語が速く喋られているように聞こえるかもしれません。 でも、実際はそんなに速く喋っていません。よく、ニュースの英語はましだけど、普通の一般会話は分からないという人がいますが、スピードでは一般会話のほうが遅いはずですし、実際は、喋りが速すぎて理解が難しい人は存在しません。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.