Can I talk to people from all countries in the world

Can I talk to people from all countries? You can help me too. Contact me if you uploaded a video or a podcast episode talking with people from these places. You can send me a message by becoming a member of this site or let me know on twitter (here).

Country
Afghanistan 
Albania 
Algeria 
American Samoa 
Andorra 
Angola 
Anguilla 
Antigua & Barbuda 
Argentina 
Armenia 
Aruba 
Australia 
Austria 
Azerbaijan 
Bahamas, The 
Bahrain 
Bangladesh 
Barbados 
Belarus 
Belgium 
Belize 
Benin 
Bermuda 
Bhutan 
Bolivia 
Bosnia & Herzegovina 
Botswana 
Brazil 
British Virgin Is. 
Brunei 
Bulgaria 
Burkina Faso 
Burma 
Burundi 
Cambodia 
Cameroon 
Canada 
Cape Verde 
Cayman Islands 
Central African Rep. 
Chad 
Chile 
China 
Colombia 
Comoros 
Congo, Dem. Rep. 
Congo, Repub. of the 
Cook Islands 
Costa Rica 
Cote d’Ivoire 
Croatia 
Cuba 
Cyprus 
Czech Republic 
Denmark 
Djibouti 
Dominica 
Dominican Republic 
East Timor 
Ecuador 
Egypt 
El Salvador 
Equatorial Guinea 
Eritrea 
Estonia 
Ethiopia 
Faroe Islands 
Fiji 
Finland 
France 
French Guiana 
French Polynesia 
Gabon 
Gambia, The 
Gaza Strip 
Georgia 
Germany 
Ghana 
Gibraltar 
Greece 
Greenland 
Grenada 
Guadeloupe 
Guam 
Guatemala 
Guernsey 
Guinea 
Guinea-Bissau 
Guyana 
Haiti 
Honduras 
Hong Kong 
Hungary 
Iceland 
India 
Indonesia 
Iran 
Iraq 
Ireland 
Isle of Man 
Israel 
Italy 
Jamaica 
Japan 
Jersey 
Jordan 
Kazakhstan 
Kenya 
Kiribati 
Korea, North 
Korea, South 
Kuwait 
Kyrgyzstan 
Laos 
Latvia 
Lebanon 
Lesotho 
Liberia 
Libya 
Liechtenstein 
Lithuania 
Luxembourg 
Macau 
Macedonia 
Madagascar 
Malawi 
Malaysia 
Maldives 
Mali 
Malta 
Marshall Islands 
Martinique 
Mauritania 
Mauritius 
Mayotte 
Mexico 
Micronesia, Fed. St. 
Moldova 
Monaco 
Mongolia 
Montserrat 
Morocco 
Mozambique 
Namibia 
Nauru 
Nepal 
Netherlands 
Netherlands Antilles 
New Caledonia 
New Zealand 
Nicaragua 
Niger 
Nigeria 
N. Mariana Islands 
Norway 
Oman 
Pakistan 
Palau 
Panama 
Papua New Guinea 
Paraguay 
Peru 
Philippines 
Poland 
Portugal 
Puerto Rico 
Qatar 
Reunion 
Romania 
Russia 
Rwanda 
Saint Helena 
Saint Kitts & Nevis 
Saint Lucia 
St Pierre & Miquelon 
Saint Vincent and the Grenadines 
Samoa 
San Marino 
Sao Tome & Principe 
Saudi Arabia 
Senegal 
Serbia 
Seychelles 
Sierra Leone 
Singapore 
Slovakia 
Slovenia 
Solomon Islands 
Somalia 
South Africa 
Spain 
Sri Lanka 
Sudan 
Suriname 
Swaziland 
Sweden 
Switzerland 
Syria 
Taiwan 
Tajikistan 
Tanzania 
Thailand 
Togo 
Tonga 
Trinidad & Tobago 
Tunisia 
Turkey 
Turkmenistan 
Turks & Caicos Is 
Tuvalu 
Uganda 
Ukraine 
United Arab Emirates 
United Kingdom  https://www.voicy.jp/channel/834/57051
United States  https://www.voicy.jp/channel/834/58009
Uruguay 
Uzbekistan 
Vanuatu 
Venezuela 
Vietnam 
Virgin Islands 
Wallis and Futuna 
West Bank 
Western Sahara 
Yemen 
Zambia 
Zimbabwe 

Related Articles

PALINってどう発音するのだろう…..共和党の副大統領候補

さっきニュースを聞いていたら、映画の宣伝の声を何十年も努めてきた声優さんがなくなったそうだ。どんなアメリカ映画でもものすごい喉声のオッサンがタイトルを読むが、あの人だ。一人でやっていたらしい。  http://www.cnn.com/2008/SHOWBIZ/Movies/09/02/obit.lafontaine/index.html  最近、共和党の副大統領候補がアラスカ州のガバナーであるPALINさんという人が女性ということもあり騒がれている。PALINってどう発音するのだろう、、、と共著者に聞いたら、私の好きなロックバンド、VAN HALENのHALENと同じと言った。PとHが違うだけだって。  一つの音だけが違う単語のペアをミニマルペアと呼ぶが(例PENとHEN)、PALINとHALENはミニマルペアなのだ。  二つのことが私には驚きだった。つづりがPALINはIでHALENではEなのに、どちらもi_だ。i_といえば、SITとかKISSのIであり、首の底(ゲップエリア)でイと発音する。SHEEPとSHIPでいえばSHIPのイだ。  実際、そう発音してみると、ネイティブと同じ発音になる。ネイティブメソッド発音記号で書いておく。  P – eI – l / l – i_ – N (副大統領候補の名前)  H – eI -l / l -i_…

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

知識の考古学 (テイク2)

10月27日に書いたエッセイ知識の考古学(http://nippondream.com/estatus/wordpress/?p=29 )をUPDATEしました。色々メールをいただき、誤解があったことが分かりましたので、もっと正確に思うところを表現してみました。 *** 一体、いつ、英語では単語によって強く読む場所があるという「言説」が誕生したのだろう。私は、この今世紀に誕生したのではないかという仮説を持っている。  確かに、昔から試験では問われていた問題である。会話文をあたえられ、ある文に線が引かれる。そして、どの単語が強調されるかが問われる。 受験生は、そういう問題は、姿を変えた読解問題だということを体験的に知っていた。実際、そういう問題を解くさいは、前後(というか前)の意味を理解したうえで、どの単語が、その文で一番大切かを考える。すると答えがでる。だが、まさか、本当に、英会話において、その単語を強く読むという発想は受験生でもなかったと思う。  今一度、仮説をたててみる。厳密に。 1)       単語によって強く読む場所がある、、、という言い方は確かに昔から存在した(現状確認)。 2)       ところが、実際の会話で、特定の単語を強く読むとよい(そうすると通じやすい)という言説は今世紀に現れたものである(仮説1) 3)       実際の聞き取りで、強く読まれた単語を特に注意深く聞くと、聞き取りがしやすい、、、という言説は今世紀に現れたものである(仮説2)                 実際は、発音が悪いままで、特定の単語を強く読んだところで、悪い発音が良い発音にはならない。また、聞き取りにおいて、どの単語が強く読まれたかな、、、なんて考えている余裕はないはずだ。発音が悪いままで英語を録音をしておき、あとて、人工的に単語ごとのボリュームを変えたら、少し聞きやすくなった、、、ということにはならない。特定の単語を強くよめば、英語がうまくなる、、、という説は正しくない。              少し、寄り道をする。特定の単語を強く読むという発想は、同じ従来の言説空間において、矛盾を起こしている。受験英語、例えば、センター試験においては、「どの単語を強調するか」は、実は、内容把握問題である。意味的に大切な単語が強調される、、、とされている。ところが、従来のアプローチである音声学のテキストにおいては、強勢は単語の役割によって決まるとされる。例えば主語だと強く読むとか。この二つの言説は矛盾しているが、なぜか問題視されていない。                 さて、本筋にもどる。この発想は90年代、あるいは今世紀に入って、形成された言説ではなかろうか。日本に住んでいないので、昔の英語発音の教材を調べることができない。 歴史のある時点で突然新しいことが言われだすことは起こりうる。                ちょうど、日本人が子供の名前をつけるときに、あるときまではXX子とか、そういう古典的な名前が普通だったのに、あるときを境に、西洋人の名前と間違われそうな名前をつけ始めることがあるが、その突然さと同じであろう。   言説の起源はなんだったのか、社会的要因は何か? 90年代は、普通の日本人が東京で下宿をして大学に通うのと同じぐらいの値段で、留学ができるようになった時代だ。私自身の世代である。留学をして、海外生活を長い期間したのだから、当然、発音や聞き取りが私達の世代からは、抜群によくなっていなければいけない。 ところが、そうはならなかった。海外に住んで帰ってきても、私達の世代の発音と聞き取りはそれほど向上しなかった。 この苦悩こそが、英語にまつわる言説をより複雑化させたのではないだろうか。何かがものすごく難しいときに、言説は複雑化し、発達する。  最後に、英語喉・ネイティブメソッドの観点から、ひとつ。上で紹介した言説の背後には、単語を一つ一つみていこうという意思がある。これは、いわゆるASSUMPTIONである。あまりにも、ファンダメンタルなASSUMPTIONであるために、その存在さえ忘れてしまうようなものである。 これには害がある。単語、単語のレベルで考えていると、発音がCHOPPYになってしまう。英語は文全体を一つの単語として読んではじめて、英語らしくなるのだ。例えば、HOW ARE…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar