茂木さんの考え方どうなん?

茂木さんが、英語警察など無視してどんどん英語を話そうという意見を述べておられます。その記事へのリンクについては、最後のほうに置きましたので読んでみてください。

以前、茂木さんに私はTWITTER上で、英語喉関連の指摘をしたことがあります。直接は返事がありませんでしたが、茂木さんはご自身の本の中で、英語喉っていう変なのがいるみたいなことをおっしゃっていました、、ので、もしかしたら、私も英語警察と考えておられるかもしれません。巡査ぐらいでしょうか。

日本人が英語をガンガン話さないのは、間違いを恐れているからだ、、という考え方だと思います、、、、が、じゃなくて、話せないからではないでしょうか?

さらに、「通じれば大丈夫」とおっしゃるけど、日本人の英語が通用するのは日本だけです。私はシカゴ大学で博士号を取得して、その後、米国の民間会社で就職しましたが、英語ができても、ネイティブとの会議で、「透明人間の思い」をしました。つまり、日本人の英語では、そもそも、ネイティブは、現場においては、こちらを見てもくれません。そのあたりは、「喉の旅」小説をごらんください。

https://amzn.to/2n3St9a

私はフランス語では、がんがん話しません。それは大学で3年間も勉強したものの、フランス語が出てこないからです。人が悪口を言うとかいうのは関係ありません。

日本人が英語を話そうとしないのは、他人が間違いを指摘するからではなくて、英語ができないからではないでしょうか?

茂木さんは以下のようにおっしゃっています。引用します。

「 もちろん、発音とか、リズムとか、うまい方とかそれほどでもない方もいらっしゃるけれども、そこがポイントなんじゃなくて、要するに意味が通じればいいのであって、この、英語は意味が通じればいい、その場である役割を果たせればいいという感覚がもっと日本の社会に広まっていったらいいと思う。 」

通じたらいいといいますが、通じないから困るのです。さらに、言えても、日本人の多くは聞き取りが苦手です。英語喉を無視続けた結果ではないでしょうか。何か言えたとしても、相手の言っていることが聞き取れなければ、話が続きません。

さらに通じるレベルであっても、英語喉をしていなければ、こちらを見てさえくれません。

「 日本人の中には、時々なぞの「英語警察」のような人がいて、発音がどうのこうの、文法がどうのこうのと言うけれども、そういうやくたたずの人たちは無視して、とにかく使っちまえばいい。 」

英語を話そうとしない人達のことを、他人のせいにしているようにしか思えません。

茂木さんは、おそらく英語喉の私も英語警察の巡査ぐらいには思ってられるのかもしれませんが、英語喉は、12年、13年の歴史の中で、多くの人の役に立っています。

話を元に戻しますが、英語を話そうとしない人たちは、話せないから話せないのではないでしょうか?特に、普通の日本人は英語を話そうとするときに、日本語を訳そうとします。それは難し過ぎです。じゃなくて、英語の勘2で指摘しているように、見た通りに言う、、つまり、人の動作からなる目に映る光景を英語にするのです。日本語を英語にするのは、かなり難しいです。

私は、フランス語をペラペラと話しませんが、それは話せないから話さないんです。

英語だけは、できない理由が人のせいにするというのは、いさぎよくありません。

英語ができるようになりたいかたは、ぜひ英語喉から始めてください。

英語喉から始めないと、ずっと聞き取りができず、語学は一生勉強だ、、みたいに開き直ることになります。

以下、茂木さんの記事です。

https://lineblog.me/mogikenichiro/archives/8425103.html

Related Articles

「あいづち」を我慢、我慢

まずは、BLOG人気投票のほう、ぽちっとお願いします。 数日前に、KENJI@NY,MASA、KAZY、と私で英語と日本語のちゃんぽんでSKYPE合同会議を行ったのだけど、うなづき的「あいづち」を必死でこらえて、英会話をしていたのでした。 これって大変ですよ。どうしても、YEAHとか、ア~ハ~とか言いたくなってきますからね。 英語ってのは、結構、そういうのを言わないことをやっと気づいてきました。 これまで、そういうのが大切だと思い込んでいたのは、もちろん、日本語では、それをしないと、相手に失礼だということもあります。それに加えて、あいづち表現というのは、言ってりゃいいといことがあり簡単なので、使いやすいということがあるのでないでしょうか? また英語教材ではつねにスキットがあり、常に、Aさんが何か言う、Bさんが何か言う、、、という感じですから、その感じで、どうしても、いつも相手に反応しないといけないと思ってしまいます。 MASAラジオや英語喉ライブを見ると分かりますが、ネイティブは、うんうん言っていないのです。 (でも、言わないというより、タイミング、頻度の問題です。だから、もちろん、大切ではあるのですが、、、私もスペイン語で楽しんでいますが、いい、気の利いた「あいづち表現」って確かにあるとは思います。) テレビなどを見ていると、うんうん言わないかわりに、ネイティブは、結構、無言でうなづいてはいます(いつもではないです、、、同意しているときなのかな~~~)。 ただし、日本人のうなづき(頭を動かすタイプのもの)は文節の終わりだと思うのですが、ネイティブは、結構、文を聞いているときに動いているように思います(いつもではないけど、同意を表しているのかな?)。 さて、昨日の英語喉ライブで収穫物がありました。昨日のUSTREAMライブを見ていただきたいのですが、日本人的なうなづき、あいづちを英会話でもしていまうと言ったところ、アンドレアさんとベンさんがおっしゃるには、それは英語では、「皮肉な感じに聞こえるかも」と指摘しました(というようなことだった思う)。 はい、はい、よかったね、で、なんやねん?みたいなニュアンスになるのでしょうか(昨日の放送をみなおさないで書いているので記憶が不確かです) つまり、意図が間違ってつながる可能性があるということです。 日本人は、誠意や興味をしめすために、うん、うん、はい、はいと、相槌をうっているわけですが、英語では誤解される可能性がある??? 皆さん、お時間のあるかたは、ぜひ昨日の放送をお聞きになり、どこの部分で、その議論が出てきたか教えてください!後で、私も探してみます。 やっぱり聞いてみるもんですね。疑問に思ったことは。だって、こんな解釈があるなんて、思ってもみなかったです(そういわれれば!と思いますけどね)。 えんえんと英語表現について話す、、、てのもひとつのテーマですね。 MASAつながりの友人たちに本当にためになる話を聴きました。KENJI@NYさんもありがとう!!!MASAさん、どうも! ところで英語喉ライブのテーマとして、中国事情や、世界のいろんな国におられる英語喉実践者+その土地のネイティブで、その国の事情などを紹介してもらうショーをやりたいのですが、ボランティアを募りたいです。ぜひお知らせください。 面白かったですか?BLOG人気投票のほう、ぽちっとお願いします。

納得の行く方向 仲間作り

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。   KAZYさんのSKYPEでの英語会話(プラス日本語会話)は、ネイティブの参加者さんが多く、日本人の数が少ないので、ぜひ参加してみてください! 詳しくはこのBLOGエントリーを読んでください。 http://nippondream.com/eigonodo/archives/1288   昨日は、日本人の聾のかたをボランティア指導させていただき、よい結果を得ることができた。経験を積んでいきたいと思う。なんとなく、どのように、英語喉と既存の方法がからめば、いい方向に行くのかが少し見えてくる(いや、ぼんやりとした方向であり、実際に現場を見ないとわからないのだろう、、、そんなことも、経験を通じ気づかせていただいている、、、)。 もちろん、英語喉は、すでに聾のかたが受けられたトレーニング、努力、経験にのっかった形で、作用している。だから、既存の方法とうまくからむ必要がある、、、と悟る。 それにしても英語喉は、イントネーションが自然になるのがすごすぎる。耳が聞こえるか、聞こえないかに関係なく、英語のメロディーが「自然」と「自然」になる。当たり前かもしれないけど、すごい。げっぷエリアの音は自然と下に行きがちで、ほっておいても、それが英語のイントネーションをつくっていく。 しかし、よく考えると、言語がそんなに難しかったら、誰も喋れないですよね。 さらに、これまで二人しか指導経験がないけれども、聾のかたのほうが普通の日本人初心者よりも喉発音が上手で、u_   i_   y_ など、その音を出すのが初めてであっても、ほとんど瞬間的にできる。 さらに耳の聞こえる日本人初心者の場合は、u_ がCUTとUPでできてもof でOVと間違ってしまう。 最初に教えたマケイラさんが、最初にi_ の音を出したとき、お母さんが、「そんなクリアな音がでているのは聞いたことがない」とおっしゃったのを思い出した。 そもそもなぜu_ (cut, up, of) が瞬間的にできるのか、理解しがたい。耳が聞こえる日本人だったら、アをげっぷエリアで言うの?ウを言うの?とややこしく考えるだろう。たぶん、ウだろうがアだろうが、がくんと発音位置をおろして、そのげっぷエリアのエコロジーというか、地形に素直に響かすと、正しくなるのだろう。 きっと最初の言葉を発した原始の人間、「はじめ人間ギャートルズ」を想像すると、、、何世紀も字はなかったわけだが、最初は、アだとかイだとか考えていなかったはずだ。ただ単に、喉の奥で、出しやすい位置で出し、そして出しやすい音が複数あることに気づき、そしてそれらが弁別的に異なる場合に、アとなりイとなっていったのだろう。出しやすいかどうかは、喉の奥の地形・エコロジーによった決定されたはずだ。…

意味の意味

今日は意味の意味と称して、抽象的な話をします。学者のかたがた、感動しても、ぱくらないでくださいね(笑)。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 NASHITAROさんの書いてらっしゃることに膝をうちました。 http://blog.livedoor.jp/nashitarou/archives/6794459.html NASHITAROさんいわく、昔、帰国子女のかたが、日本語を英語に訳してと頼まれて少し時間がかかる理由は 英語をまず、意味にして、意味を日本語にするから、時間がかかるとおっしゃそうです。 これは、非常に有意義な点です。 NASHITAROさんは、以下のようにおっしゃっています。 「英語と日本語は一対一ではないのです。 英語と日本語は本来つながりません。 もしつなげるなら、間に意味が必要です。」 これは本当に正しい。まず具体的に言うと、私が教えるとき、最後にいつもYOUTUBEなどから音声を聞いてもらい、「意味は考えないでください」とお願いします。気が散るからです。さらに、知っている単語だったら、どうせあちらから意味がやってくる感じになるからです。 厳密に言うと、日本語に訳そうとしないでください、、、というと、NASHITAROさんの書いたことと同じになります。 でも、そういう意味とややこしいので、意味を考えないでください、、、どうせあちらから勝手にやってきます、、、と言っています。 意味というのは、人間として、あたり前のように、脳が判断してしまいます。 例えば、背後で、ご~~~とトラックの近づく音がしたら、人間として、「危険だ」と日本語に訳さなくても、直感的に、その「ご~~~」という音の意味を脳が理解してしまうでしょう。 もちろん、ぼ~としていたら、その音も聞こえないこともありますから、脳はスイッチがONだったりOFFだったりですが。 皆さんのなかには、英語がぺらぺらと出てこなくて、困っておられるかたがおられるかもしれません。 思うに、私の頭のなかでは、日本語を英語にしていないのです。 日本語を英語にしていない世界というのは、意味でつながっているんです。 例えば、あ、時間がない、行かないとと感じるのが意味ですが、その意味は、 I gotta go I…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar