登録者数1万4千人

YOUTUBE動画チャンネルのほうですが、お蔭様で1万4千人に達することができました。今後もよろしくお願いします。

英語喉動画がきっかけて実際に英語が聞けて、理解できて、そして話せるという人が増えてくれるとうれしいです。以下が一番人気のある動画だと思います。

Related Articles

新YOUTUBE動画チャンネル発足 「拝啓文科省さま 英語喉効果の証明です」

まずは、人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 DC地域において、英語喉ボランティアセミナーを週1で開催し、一ヶ月に10人の英語喉革命を経験してもらい、1年で120人の 英語が聞けて、発音できる、、、そして、それがきっかけに英語運用能力がついていく日本人 を生み出したいという企画を始めました。 究極的の目的は、文部科学省さんに、革命が進行中であることを知っていただくことです。私のボランティア講座の成果を音声で伝えることがこのYOUTUBE動画サイトの目的です(その他のものは、三羽さん、今後もよろしくお願いします)。いいのばかり選んでいると思われたら困るので、DCボランティア講座は、すべてリポートする予定です。 以下がYOUTUBEのチャンネルです。第1作目は、昨日紹介したとおり、西日本出身のご夫妻でした。 http://www.youtube.com/user/eigonodo なぜ文部科学省さんかというと、やはり英語教育は、聞けて、言える段階から始めると、すんなりと英語が学べるということです。 タイの日本人教師さんも、タイの生徒さんたちが、普通に英語が喋れていることを報告されていますが、それは、そもそも、タイの人が英語が聞けているからです。 http://thainihongo.seesaa.net/article/237214736.html 日本人は、上級者も含め、英語の音がそもそも聞こえていません。聞こえていないからこそ、英語は強弱が大切だとか、そういう発想になるのではないでしょうか?聞こえていないからこそ、語彙や文法が大切だと思い込まれるのではないでしょうか(実際はシンプルな単語だけで喋っていたりするのに)。 英語喉の発見を私は、文部科学省さんに知らせようとして4年ほどまえに、英語喉3冊、広島の父が手紙つきで送ってくれています。さらに、電話を数回、そして手紙も書いてきました。 7月ごろだったか、文部科学省にかかわっている先生がたにも30通ほど手紙を書きました。ところが、一人もご返事がありませんでした。 私の判断では、英語ができない人が英語ができない人に英語を教えて、英語ができない人が英語のできない人に英語のテストをしていて、、、英語ができない人が、英語のできない人に英語の勉強の仕方を教えていて、、、 さらに、英語ができない人が英語教育のポリシーにかかわっておられて、、、 という連鎖が存在すると思います。 そこで英語が100%聞けて、英語が日本語と同じくらいできる私が先頭にたって、英語喉の効果を伝える責任があると感じます。字では無理だと悟りました。そこで、YOUTUBEの威力を借りたいと思うにいたったのでした。 私が英語ができるといっているのは傲慢ではありません。日本人以外のノンネイティブは、ネイティブとそう変わらないぐらいと英語ができています。 日本人が英語ができないのは、喉発音と3ビート(シラブル)を無視して、聞けない状態で英語を勉強しているからです。 TIWTTER,FACEBOOKなどで情報拡散よろしくお願いします。また、、、 人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar