Project based learning

PBLと呼びますが、プロジェクトを通じて学ぼうというものです。

私自身、現在の仕事でデータ分析や実験をしていますが、データ分析は大学院時代にRA(リサーチアシスタント)としてプロジェクトを先生としながら学びました。

実験の仕方は、会社でプロジェクトをしながら理解しました。

私はデータ分析にはSASというソフトを20年以上使ってきましたが、最近になってRというオープンのソフトを使いはじめました。以前にも、挑戦したものの、途中で分からなくて投げ出していました。

が、ここに来て、とにかくプロジェクトで使ってみようと決意したら、ぐんぐん分かりはじめました。最初は色々と分からないことがあるので、大変ですが、データ分析の論理は分かっているので、それをどうRでやるか、、です。

プロジェクトを通じてやると、学びやすいです。

さて、英語学習で言えば、例えば、英字新聞の意見欄に投稿する、、というプロジェクトを自分に課してみて、それをするために、色々とやってみる。まずは英字新聞を読む、ネイティブに質問する、書いてみる、ネイティブに直してもらう、、、という色々なことで英語を勉強できることでしょう。

PBLはアメリカの高校などで使われるときは、グループでやる、、という要素も大きいです。英語学習というと、個人での作業が多くなるかもしれませんが、上で書いたように、ネイティブの友達と作業したり、日本人の学習者同志で協力したりと言うのもいいと思います。

Related Articles

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

LANG-8で英語で書く練習 参加者募集!

参加者募集 英語(あるいはその他の外国語)を書く練習をする1ヶ月間 LANG-8プロジェクト 2014年3月1日から31日まで。 LANG-8は登録メンバー(無料)になり、勉強したい外国語(英語、あるいはその他の外国語)でエッセイを書くと、英語を母国語とする人たちがエッセイを添削してくれます。そのかわり、日本語を勉強している人のエッセイを直してあげるのです。 本サイトでは、団体で英語を書く勉強をする企画を慣行したいと思います。まず第1回は3月1日がスタートとなります。以下の要領でご参加ください。 1.英語喉サイトの登録メンバーになる(すでにメンバーのかたは何もする必要がありません。こちらです。http://www.nippondream.com )。 2.英語喉サイトのLANG-8プロジェクトにグループ参加申請をする(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/ をクリックして申請してください)。 3.LANG-8に登録する。http://www.lang-8.com/ より(登録は無料)。 4.日本の文化を紹介するエッセイ(1パラグラフ程度)を、少しづつ書き、7本になるまで続ける。できるだけ人のカバーしていないテーマを選ぶ。こたつ、盆、竹馬、、など日本独特の文化や、教育制度、文化一般、音楽などなど様々な日本のテーマ関して、外国人に紹介するつもりで書きましょう。 5.エッセイを書いたら、そのエッセイを外部から見られるように、書いた場所のURLを、LANG-8プロジェクト(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/)にリンク張りをする(どこからでも閲覧できるようにページ設定をしておくとLANG-8のメンバーじゃなくても見れて便利です)。これが、私の例です。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 6.完成したエッセイは暗記する。特に、ネイティブに訂正してもらった文法などは、二度と間違わないように。 7.オプションとして、エッセイを朗読しているところをYOUTUBEなどで発表する。新しく学んだ表現などを紹介するのもあり。発表したらグループメンバーに紹介。 8.オプションとして、LANG-8で信頼関係を気づいた外国人にSKYPEでインタビューをし、その人の国や地方の文化などの話を録音し、YOUTUBEなどで発表する。 開始は3月1日、3月31日が終了(2014年) 成果の評価のしかた 7本のエッセイを完成させたら 鉄メダル賞 完成させた7本のエッセイの半分以上を暗誦できたら 銅メダル賞 そのうちのエッセイの1本以上を朗読してネットにUP 銀メダル賞 信頼関係を築いた外国人をSKYPEなどでインタビューし、お国の話を聞いて1本でも発表したら 金メダル賞 ちなみに、上をタイプしているあいだに、Lang-8にスペイン語で投稿したら、10分程度で、添削していただきました。こちらです。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 音声で解説

エビデンスに基づく教育 米国教育省、聞き取り調査 ワシントンDC旅行の感想

2015年8月のある1週間、EVIDENCE BASED EDUCATIONというグループのメンバーがアメリカの首都、ワシントンDCを訪れ、米国教育省を訪問しました。 アメリカでの教育データ使用の現状についての聞き取り調査が目的でした。 さて、その週の(平日)最終日の金曜日に感想をお聞きしました。 EVIDENCE BASED EDUCATIONのグループサイトはこちら。 Evidence Based Education 研究会 エビデンスに基づく教育研究会 ~日本の教育にエビデンスを!!~ http://ebe-riron-jissen.jimdo.com/ http://www.youtube.com/edit?video_id=kqx5B3N-VGk&video_referrer=watch

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar