Skip to toolbar

MASAさんついに、英語喉の応用を達成

まずは、ぽちっとお願いします。ブログランキング、すごい勢いで上昇中です。

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

MASAさんが、この1月よりの英語勉強の結果、ご自分のショップ(アパレル関係)のビジネスに英語を使い始められた。

http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-10-31

英語喉実践者の歴史でも記念すべき快挙である。なんと、地元の外国人顧客にリーチするべく、新聞広告にて、英語で宣伝をされているのだ。そして、その一文はこうだ。

I SPEAK ENGLISH AND AM WILLING AND ABLE TO HELP WITH SELECTION.

大阪北部にあるお店だ。私も高校教師時代のオーストラリアの先生に教えてみようと思う。

たった9ヶ月程度の英語喉、および英語喉原理主義の訓練で、実際の仕事に、このような形で生かされたとは!

ちなみに、私は仕事で教育関係の評価研究をしているのだが、例えば、リーディングの教育で、特殊な方法で教えたとする。例えばスペルを中心に教えたとして、その結果、その成果をテストしたときに、もし、教えたスペルそのもの、具体的に実際にコース内で使った単語でテストしても、それは、できるのが当たり前だとみなす(正確に言うと、実験においてTREATMENT GROUPの生徒が、COMPARISON GROUPよりも点がよかったとしても、それは、教えたことをテストしているのだから、あまり前であり、価値が薄い)。

しかし、直接教えたものでない、例えばリーディングの総合的な力とかで実際に力が伸びている、、、ということは価値がある。そういうOUTCOMEのことをTRANSFERと読んでいる。ちょっと急いで書いているので分かりにくいかもしれないが、、、

ポイントはこうだ。

英語喉で学んだことをMASA氏が、TRANSFERして、御自分の仕事に生かされているということだ。

私は、MASAさんやKAZYさんに師匠と呼んでくださっている(昨日の録音で、KAZYさんが師匠と呼んでくれているので思い出した)。そのことを非常に素直に誇りに思う。というのは、私は、アメリカの大学教授になろうと思って、シカゴ大学でPHDをとったのだが、仕事が全然なく、教授職に応募しても300人中一人合格とかで全く、目標に到達しなかったのである。だから、コンサルティングの応用の分野にいるわけだ。就職難など関係なく、優雅に大学への就職をゲットし、今では、TENUREまでとっている中国人の同級生たちに負い目を感じていたが、俺は、ここまでのレベルに達されたMASA氏にメンターと呼んでいただき、その負い目の感覚がなくなったということを報告したい。

どうもありがとうございます!

それでは、ブログの人気投票にぽちっとお願いします。もうすぐトップテンです!
人気ブログ投票にぽちっとお願いします。

Related Articles

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

実際に喋りながら勉強しよう

昨日はダウンタウンでミーティングがあったのだが、久しぶりにあった中国人のかたが休憩時間に言うには、久しぶりに帰った中国が変わっていたということ。金持ちがごろごろいるということ、中国政府も金をかなり持っているということ。老人で、目が悪い(白内障とか、緑内障だと思う)人、全員を無料で治療する、、、などという破格な政策を実施している、、、とのこと。さらに、小学校から英語をやっていて、まあまあ成功を収めているということだった。小学生でも英語喋っているよ~ということだった。実際、この人も喉発音で英語を喋っている。 剣道の練習もあったのだが、これも、実りのあるものだった。剣道は、勝ち負けの問題じゃないとアメリカに住む8段の先生が言っているらしい。しかし、それは最初は「それって、自分がもう年寄りで勝てないから負け惜しみでいっているんじゃないか?」とかかんぐったのだが、練習でやっていて、確かにそうだと感じる。強い人と練習していると、自分がたまに、面とかを入れたとしても、それは、完全にあきらかな隙があったときだけで、結構、うれしくない。逆に、不可能に思える面をとられたら、とられたで、なんだ~、こんなのどうして可能なのか~と驚きだ。稽古をしていると、本当に勝ち負けの問題、黒白の問題ではないように思える。 中学、高校のとき、強者と練習するのが苦痛だったと思う。今は、強者と練習するのが面白い。また、それほど強者じゃなくても、気迫がすごい人、優雅な感じがするのがいる。隙があっても、あまりに優雅なため、え?打ち込んでいいの?とか躊躇してしまう。 となると、テクニックを超えた世界がある。気迫も、声だけじゃなくて、体全体から出ている。隙があっても、そこに打ち込んだら、みっともない?みたいなものすごいパワーを感じてしまうのでした。 この日は初めて、竹刀を軽く感じだ日だった。さらに、右足が痛いはずなのに、じげいこ中は、痛みのことを忘れてしまう。 しかし、日本語と英語は根本的に違うのだろうか。足が痛いと言ったとき、足の範囲が日本語では非常に広い。正確には、右のFOOTが痛いのです。日本語で足というと、足と腰の付け根ぐらいまでが足ですよね。英語ではFOOTとLEGがある。足・靴のサイズはと聞くときに、SIZE OF FOOTが正しい。 剣道は、実際に、実践している人から学べるのがすばらしい。こうしたらどうか?というアドバイスは実際にその人が実践していることだ。 日本で英語学習に関しては、学習の仕方に関してはかなりの知識の蓄積があるが、実践に関してはどうだろうか? 実際に喋りながら、習得するというのは、MASAさんがこの1月からやっていることだ。留学していないのに、完全にぺらぺら状態で、今では、どんな相手でも話ができるというところまできている。 私は、英語の習得方法を正しい軌道に乗せるには、実際に、英語ができる人が発言すべきだと思う。というのは、英語がほとんど完璧にできない場合は、それは、日本語からの翻訳、語彙、学校で本で覚えた文法に基づいて喋るわけで、その場合は、英語が不自然になってしまうだろうし、また聞き取りが100%にならないだろう。 よく表現を覚えたりするが、英会話の真髄は、基本語を駆使しながら、言葉を「生成」していくことにある。 たまに、熟語みたいなのがあるかもしれない、、、例えば、SO TO SPEAK(いわば)とかか。しかし、そういう言葉は結構出てこないし、覚えたものをぱ~んと出すと言う感じになるので、生きた英語にはならない。 そういう表現は、基本語を使い、言葉の生成能力をつかっているうちに、ネイティブが使っているのを2,3回聞いているうちに、たまたま覚えてしまったと言う状態にするのがよい。 実際、SO TO SPEAKとか、TO BE FRANK WITH YOUとか、そういうのは、聞いたときになんとなく分かればよいだけで、使わなくても困らない。 とりあえずはSKYPEにて、シンプルな基本語で英語を喋るというのがスタートではなかろうか? 現在、MASAさんが、一番、英語喉原理主義でやっておられるのだが、ぜひ、皆さんも続いてほしい。 MASAさんと英語で喋っていると、非常に私も自然に喋れる。まるでアメリカに住んでいる普通の人と喋っているようだ。それは、MASAさんが、アドリブ英語で喋っているからで、覚えてきた単語や表現を、投げつけているからではないからだと思う。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズさんの職場、非常に興味深いですね。また、職場の質問をさせてください。よろしくお願いいたします。

  2. 私にとっても、カズさんは師匠(メンター)であり、尊敬すべき先輩であり、そして仲間だと思っています。最後に仲間と書きましたが、英語喉に受け入れることができた人には、この”仲間”という感覚が分かってもらえると思います。お互いが刺激しあって成長し続けるからこそ、感じられるこの感覚。

    本屋で、カズさんの「英語喉」を手にしたときから、毎日英語喉に夢中ですが、それは単なる「英語喉」だけの発見に留まらず、今まで存在していたのに気づかなかった現実に気づく大切そして喜びを教えてくれたからだと思います。面白いんですよね。一度気づくと。やめられません、この喜びは!!!

    ものを考えるときにその原点(基本)を押さえるコツみたいなことを、英語喉で知りました。これはかなり応用の利く、考え方だと思います。

    「英語喉」はたとえどんな道筋をたどっても(たとえ何年かかっても)、確実にそして根本的に日本の英語教育を変えることでしょう。それは1+1=2のようにシンプルなこと。きちんと観察さえすれば必ず見えること。

    今まで「歴史」とは、まるで自分の世界とは別におこっているもののように感じていました。しかし、こうして日本の英語教育の歴史を変える”革命”をこうして間近でみていると、歴史とは生きているのだと、感じることができるます。

    教授はたくさんいますが、本当の”メンター”と呼ばれる教授は少ないと思います。さらに、歴史を創る教授など数える程しかいません。カズさんのような師匠(メンター)に会えて、そして”仲間”だと感じさせてくれる仲間に会えて、幸せです。

    これからも、どうぞよろしくお願いします!!

    かつ

  3. Kazさん、どうもおおきにです^^

    これからが本番だと思ってます、英語喉がどんだけ凄いメソッドかを証明することのw 当面は来年1月後半、つまりジャスト学習1年経過時の実力が「恥ずかしくないレベル」であることを目指して、英語ギーク道wまっしぐらっす。