Skip to toolbar

日本社会の変革には英語喉が頼り

福島原発のニュースを聞くにつれ、日本語だけに頼ることは危険だと感じる。

最初のあたりからメルトダウンの件が分かっていたとは、、、。

英語で言われたこと+日本語で言われていることを足しながら、情報をあつめるしかない、、、。

今度いかに日本社会を再生していくかだが、英語喉に頼るしかない。

英語喉で英語が聞けて言えれば、英語でビジネスができるだろう。それも今はネットの時代だからコスト低めで家から海外を対象にできる。

よく考えたら、私自身も最近やっているではないか。スカイプで有料で指導を始めたからだけど、具体的なコストが限りなくゼロに近い。電気代とかだろうか?DOODLEで募集し(お試し期間中なので無料、)、お金はSRWEGというシステム(売れたらマージンをとられるが、コストは低い)、スカイプはプレミアムを買ったけど、月10ドル程度だ。

やっぱりうれしいのは、私が教えた1時間で受講者の英語力が上がる。すると今度は、その人のHUMAN CAPITALの量が増える。その人が今度は、違う形でビジネスをする。海外の人と取引をしたりする。

たしかに受講者さんは、現在のところ100ドルという授業料を私に払ったわけで、その100ドルから、数ドルづつ、DODDLE、SRWEG、そしてSKYPEさんへと流れる。受講者さんは、英語力を生かして、ビジネスをすると、10年ぐらいの単位でみるとかなりの外貨を稼ぐことになるだろう。

外貨を稼いでいけば、日本の税収UPにもつながるだろう。

さて、人口問題も深刻だ。

日本人が英語ができれば、外国人が日本人と結婚し、日本に住むことになるだろう。すると子供も増えるだろう。

英語喉で喋ると日本人だって普通にもてるからだ。(逆に、口発音で日本男児が喋ると、気持ち悪いとなってしまうのはしかたがない。NHK WORLDの日本人のレポーターでマサヨさん(苗字は忘れた)という男性が2オクターブ上ぐらいの声で英語を喋っている。いかつい感じでかっこいいのに、もったいないので、ボランティア指導したい、、、連絡ください)。

 大切なのは、日本人男性が外国人女性と結婚して、日本に住むことだ。だって日本人女性の場合、逆に、海外に住んでしまう確立が高い。なぜか男性の仕事で住む場所を決める確率が高いからだ。だから女性の皆さんは、ねばってできるだけ日本を本拠地にしてくださいね(ダーリンが10年ぐらい日本で働けば、あれ、日本って30年働かないと年金が出ないことにふと気づき、(最初は知らない)あれ、俺、(アメリカに)帰れないよ~、、、いまさら、、、となるかも)。

国際結婚が増えると、うちの子は日本語と英語で育っているんざますよ、、、という家庭が増えるので、受験勉強(受験英語)が不公平だとくるかもしれず、それで受験がなくなるかも。逆に、うちの子はネイティブなので、アクセント問題ができないざますよ~~とクレームがつくかも。逆に英語ができると試験ができなかったり、、、。TOの用法6つといわれて、ぽか~~~~ん状態。

自信にもつながるはずだ。

英語喉で、え!こんなに伸びたとなると、他の分野でもきっとメソッドがあるはずだ、、、となる。そのことで、色んな分野の知識をローコストで学べるようになる。

大学はその知識に対抗しようとして、ますます内容をよくしていくだろう。

例えば外国語大学だって、日本人が英語喉で普通に英語が喋るようになれば、これまでのカリキュラムをもっと魅力的なものに変えていくに違いない。

授業の支払い方とか受験料の払い方だって、もっと、普通の人に払いやすいやりかたに変わっていくだろう。

英語喉の実践者に多いと思われる40才台、50歳台の人たちが、次々にネイティブ化していくと、雇用の仕組みも変わってくる。だって、人生、いつだって変われる、向上できるということが証明されるからだ。

すると例えば、政府の雇用だって変わらざるをえない。今のところ高校時代の成績がよくて試験ができて東京大学に行った人が政府にはいりやすい。しかし、われら、おっさんたち、おばはんたちが、次々にネイティブ化し、次々にHUMAN CAPITAL的にもパワーUPすると、なんで高校生のときにたまたま成績がよかった人が得するの?と素朴な疑問がわく、、。

そんななかで、就職時の年齢制限の撤廃とかが進んでいくだろう。学閥主義もあほらしくてなくなっていく。

会社の雇用体系も変わってくる。

そもそも会社に入らなくても、僕はうちで自営業します、、、とくる大学生も出てくるだろう。

英語喉をしたらたしかに日本人がガイジンになるだろう。しかし、それは日本人がアメリカ人になってしまうということではない。そんなわけない。

日本人がガイジンになるとは、生まれたときの本来の自分に戻るということだろう。

Related Articles

クッちゃんと喉やんの英語講座

喉セミナーご希望のかたは、メール(question AT estat.us)でお知らせください。ご希望の日と時間帯を2つ,3つを教えてください。こちらで調整して返事します。 クッちゃんと喉やんの英語講座 今日の表現は、英語喉246ページにあるWhat’s your major?です。MAJORの部分を色々変えて練習しましょう!英語喉発音記号だと。 W_-u_-TS/Y_-O_-r_/M-eI-J/J-E_-r_ です。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_05_2011.mp3|titles=kaz_08_05_2011] 直リンはここをクリック。 クッちゃんと喉やんの発想がどこから来たのか今では定かではないのだけど、自然と発生してしまった。だって、私はそもそも日本語は口発音だ。英語は喉発音だ。その区別を示そうとしているうちに、クッちゃんと喉やんが、自然発生してしまった。 ユニークな存在なのか?なんて思っていたのだけど、すでにNHK INTERNATIONALでやっているではないか。いわゆる帰国子女アナは、喉やんだ。国内派のアナはクッちゃんだ。 悲しいことに、クッちゃん派は、絶対にアンカーになれない。常に、特派員でしか登場しない。 実際、英語の発音が異常なほど下手クソである。NHK WORLDという言葉でさえ、言えないほどで、えぬえちけ~わあで特派員がレポートを常にしめくくる。 まるで、全国で最も発音が下手なレポーターを募集したかのようである。いや、運用能力がある人達ばかりなのに、なぜ例外なく、発音が異常なのか?これは、きっと「研修」でそうなっているのだと私は思う。じゃないと、ここまでシステマチックに悪くならない。 わあ? WORLDと言いたいのだけど、Rのところで喉の奥が閉まっているので、そのあとにくるLとDは単に、口の中の舌を口の屋根につけるだけ。喉が絞まっているので音がでない。 だからWORLDなのに、わあで終わる。 これは個人の資質ウンヌンの話ではないし、「馬鹿にしているのか?」という話でもない。ただ、単に、物理的な現象として、喉のあたりがしまり気味になっているということだ。水道も栓が閉まっていたら水が出ないが、喉だって、奥のところが閉まっていたら息・音がでない。 俺は、クッちゃん派にも、NHK INTERNATIONALでアンカーを務めてほしいと願っているのだ。喉やん派は、このように写真で紹介されているほどヒーロー扱いであるのに。 なぜあそこまで下手なのかには理由がある。それは、カタカナ英語は喋りたくないということで、舌の位置を厳密にしようとするのだろう。すると、完全に喉がしまっているので、カタカナ英語以下になってしまうのじゃないか。 カタカナ英語は少なくとも日本人としての威厳がある(?)。…

犬が喋っていたのである

先日、あるかたがこんな(ような)ことをおっしゃった。   日本にいるときは、英語ってもっとおおげさに発音するのかとおもっていたけど、アメリカに来てみると、結構平らに喋っているんだと知ってびっくりした、、、。   そういえば、日本で聞く英語はものすごく上下が激しい。   ところが多くの人が、この不自然な激しさが、どんなに、とてつもなく激しいかには気づいていないのではないだろうか。   結構、人気のある英語教材は、ほとんどがこの手で、私は初めて音声を聞いたときに、ものすごい不自然だと思った。例えば、XXXとかYYYとか、ものすごいハイパーな英語に圧倒される。学習者は、ハイパーな音程に圧倒されて、それだけを真似てしまうことになる。そういう英語では大切な喉音が、気が散って聞こえにくくなる。また3ビートも不自然なのだ。   そういえば、新幹線の英語アナウンスも、上下が激しく、自然な英語の倍ぐらいの音程レンジで喋っているように思える。もっとすごいのは日本のシティバンクのレコーディングメッセージだ。前に、電話しなければいけなかったのだが、Thank you for calling Citibank とかなんとか言うのだけど、その上下が富士山のてっぺんから、ふもとまでぐらいの音程の落差があるのだ。   最近、NHKの英語放送を見ていると言ったが、テレビのチャンネルをいじっているときに、画面を見なくても、あ、NHKだと分かる。それは、英語をカタカナで読んでいる、、、ということもあるが、ネイティブの人が読んでいても分かるのである。それは、赤ちゃんに喋りかけるように、ものすごい大げさな英語だからだ(ニュースキャスターのネイティブはそうでもないが、その他のバラエティ番組はそうだ)。   NHKのネイティブの人は、結局のところ、日本で日本人に話すように喋っているから、そういうことになる。   おおげさな英語というのは、漫画とかで使われている英語に似ている。   ところが、先日、チャンネルをいじっていると、英語で、あ、これNHKだと思ってとめたのだけど、違った。何かの映画をやっていた。え、NHKじゃないのと思ってよく見ると、その映画のなかで犬が喋っていたのである。  …

音声学のはまってしまった罠 (ぬけでることができない)

音声学のはまってしまった「どつぼ」が、「アクセントのない母音が曖昧音化する」という勝手につくられたルールである。 私は、完全に音声学者の先を行っていたのだろうか?大学時代に、辞書で使われているVがさかさまになったような音(CUTのア)と、aみたいな発音記号で、いわゆる曖昧音と呼ばれている音が、同じだよ、、、と誰かに聞いた。アメリカ英語では同じだよと当時は理解していた。というのは、イギリス人が二つの音を発音してくれたことがあるが(1988年にイギリスで)、そのとき、その二つの音が私には違って聞こえたからだ(今となっては、この真偽は良くわからない)。 だから、Vの逆だろうと、曖昧音だろうと同じに発音してきたし、実際、それで正しいのである。 それをなんと、音声学者は、アクセントがないところでは曖昧音だ、、、と勝手に決めてしまった。 何かが曖昧音になる、、、そうで、これは「変換ルール」と言ってよいだろう。変換ルールが大好きなのだろうか? 実際、英語が100%聞ける立場から英語を聞くと、全然、音が変換されていない。 さらに、おそるべきことがある。「アクセントの位置」の意味も曖昧なままにされている。 どう考えても、アクセントの位置というときは、それは音程にしかすぎないだろう。それは、WEBSTER DICTIONARYなどの音源のある辞書で確認してもよいが、音程が、アクセントのあるシラブルにおいては高い感じに聞こえるかもしれない(これは、英語喉的に言えば、あくびエリア発音の音は音程が高く聞こえるということに一致している)。 そこで、アクセントの位置がどうのこうのと私が言うと、すぐに音声学側がこういうだろう。 アクセントの位置と音程を一緒にしていませんか?音声学を勉強してから出直してください。 じゃ、アクセントの位置とは何だろう?文部科学省に電話で聞くと、人によって解釈が異なるが、音程だったり、強さだったり、、、、あるいは長さだったり、、、だそうだ。 どう考えても、音程だと思うが、「音程」と「強勢」、「アクセント」、「ストレス」では、意味があまりにも違うので、「音声学を勉強してから発言してください」指令が出る。 じゃ、強勢とは、強く読むことなのか?となると音量? 「音量か?」という質問には、音声学者は決して答えない。なぜなら、音量だとすると、反証明が素人でも簡単にできてしまうからだ。音の大きさを比べると、例えばNETWORKという単語があり、NETにアクセントがある=音量が高い、、、とされているわけだけど、実際計ると層ではないことがわかる。 また音量だとしてしまうと、じゃ、NETとWORKの音量の度合いは1対2ですか?とか、面倒なことを考えなくてはならなくなるのだ。 だから音量か?という質問に対しては、「あなたは音声学を勉強してから出直してください」となる。 ではアクセントとかストレスとかは何なのだろうか? 日本国の英語教育をつかさどる文部科学省でさえ、意味をしらないアクセントの位置、ストレスの位置とは何なのだろう??? 実は強勢とは「気合い」ではないだろうか? おりゃ~~~~~~、、、、おらおらおらおおお、こんにゃろおおおおお というときの気合である。 そうとしか考えられない。 だって、電車で通学中の受験生が、アクセントの位置を覚えている姿を想像してほしい。NETWORKという単語を覚えるならば、NETに気合いをいれて覚えようとしているだろう。 音声学者の人がRECORDの単語の意味がアクセントの位置が違うだけで、動詞になったり名詞になったりするとしているが、そこで、え?発音の違いではないですか? あえて、日本語で書くと、名詞だと、「れかーど」、動詞だと、「りこーど」だ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.