無声音は母音とくっつきやすいので要注意

さて、まずですが、以下にエリンが挑戦!という外国人用の日本語練習用サイトがあります。

https://www.erin.ne.jp/jp/

何が興味深いかというと、英語喉を知ってしまうと、日本人らしさと外人らしさがよく見えてくるのですが、登場するエリンさんが、イギリスからの留学生という設定になっているのに、ずばり日本人的なので、それが面白い。でも、微妙に、アホ?みたいにふるまうことで、外人風にしようとしている点もみてとれる。

クラスメートが友達を紹介するよとエリンを呼ぶと、エリンが小走りに教室を走るあたりなど、100%日本人じゃんって感じなのだが、ポイントは、日本人の「外人観」だ。

アホのような振る舞い=外人

というパラダイムなのじゃないかな?あと、エリンさんの目がどちらかというとパッチリしているのだけど、それが日本人の外人観なのじゃないだろうか?

目がぱっちりしている=外人

でも、英語喉をやり気づいてみると、目が細い外人はなんぼでもいる。

さて、本論にうつるが、英語喉254ページの「ネイティブメソッド子音抽出練習表」は大切かもしれない。

MIUさんに教えて実感したことがある。あ、そういえば、多くの人が以下の文を読むときに、共通している点がある。

英語喉41ページ
My dad has a fat cat.

特にFATのところのAがa_なのにAになる。

MIUさんの場合は、a_の発音がMAPならばっちりいえたのに、HAVEとなると言いにくかった。そこで昨日のコメントによると、MIUさんは、解決法を発見し、練習されている(その解決法が以下に書くことと同じではないけど、だいたい同じような効果を生みそうだ。結局のところ。)

FANにせよHAVEにせよ、FとHで両方とも、いわゆる無声音である。英語喉では無振動音と読んでいる。ほかにもSやKがある。

日本語では子音と母音の結びつきが蜜だが、特に、無声音となると、ほとんど密着型になるのではなかろうか?だって、日本語では無声音はほとんど息のようにとらえられている。口の中で息的な音を出しながら、喉で同時に母音を出すことは可能だ。

(やはり無声音を英語喉でそうしているように無振動音と呼びかえるのは大切なのではないか?無声音だと本当に声のない音と思われてしまう。)

英語喉の基本に戻ろう。全ての音が独立されて発音され、さらに(矛盾するようでしないのだが)、スムーズにつながっているのである。

従来のメソッドは、SやHなどの音を口の中での風の風圧?を増やすことで練習をする。これが大問題だ。Sをおもいっきり口のなかで、SSSSSとやる練習をされるのだが、これでは全くの逆効果である。THを教えている人が、おもいっきり口のなかの空気を歯と歯の間でならしす指導をされていたが、これも全くの逆効果だなあ、、、悲劇だと思う。これからも多くの人がこれらの方法で人生の時間を無駄にしていくことだろう。

さから、例えばHAVEはやはり

H+a_+v

なのだ。しかし、日本語のとくに硬い方言、標準語を喋るならば、どうしても
Hを口で空気を鳴らしながら同時にa_を言おうとしてしまうだろう。するとどうしてもアが浅めになってしまう。

基本に帰ろう。一つ一つの音を喉で言うこと。例えばHSもアクビエリアで感じよう。

そしてそれをスムーズにつなげてみよう!

それでは音声でやってみましょう。

英語喉254ページの「ネイティブメソッド子音抽出練習表」で無声音(無振動音を選んで練習)+250ページの発音練習表(1)のK行とS行を練習。
www.estat.us/blog/separate_05_07_2011.mp3  

Related Articles

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

久しぶりに音声コメントできました。

実は、先週は過激に忙しかったのです。なんと連日徹夜でした。3時間ぐらいしか毎日寝れなかったほどです。職場の仲間も一緒に連日2時や3時の仕事をしていました(家で仕事をするわけですが)、夜中にメールが行きかったりで、いい意味で連帯感が生まれました。 時間ができたので、録音しました。 KENJI Nさん http://eigonodo.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_03_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_07_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_10_2010.mp3 ENGLISH PATIENTさん http://ashrafieh.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/englishpatient.mp3 英語喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/ http://www.estat.us/blog/nodo1gou_32.mp3   GOOGLEして、見つけたら、音声コメントをつけているので、GOOGLEで引っかからない場合、私が、UPされていても知らない場合があるので、そのときは、ご連絡ください。

日本語は意味が薄い言語か? 日本語=掛け声論

1236 この週末から1週間ほど帰国しますが、7月の10日(日曜日)の12時半から2時間ぐらい、三羽さんとの対談をネットラジオで放送する予定です。カレンダーに書いておいてくださいね。 さて、 昨日、日本語は掛け声に近く、意味が薄いと言ったが、考えれば考えるほど、たくさん例が出てくる。 例えば、日本のミュージシャンの多くは、日本語の歌詞などどうでもよいのだと思う。これは本当だ。実際、何を言っているか分からない場合が多い。先日、日本語のラップをやっている人がNHK INTERNATIONALのJ-MELOに登場したけど、歌っていることが、分からない。 でも多くの日本人にとって歌が分からなくても、慣れている、そんなもんだと思っているから、気にならない。 昔、浅田彰さんの構造と力という本がはやったが、これも難解な本だが、結構売れたというが、多くの日本人にとって、意味が分からなくてもそんなもんだと思っていると思うから、気にならない。 よく英語教育論で、「発音より内容が大切だ」と言っている人の書き物をみたら、わけが分からない場合があるが、これも、日本人の読者の多くは、「えらい人が言っているのだから、意味が分からなくてもOK」と思ってしまうだろう。 日本語は掛け声的な表現が多いことに気がついたのは、それは、私が会社のカフェテリアを経営している韓国人へしている挨拶がきっかけだった。 あにょはせよ~ かむさはむにだ~ みたいな挨拶をする。 かむさの部分はたぶん「感謝」だと思う。「はむにだ~」は、「します」という意味じゃないかなと想像する。 つまり、朝鮮語では、「ありがとう」は「感謝します」と言うのだと想像する。 これは英語と同じだ。THANK YOUは「あなたに感謝します」という意味がある。 日本語では、「ありがとう」だけど、これは単なる音の集まりであり、意味自体はない。ありがとうというのは、「ありがたい」、「あまりない」という元々の意味があるのだろうか??? しかし、ありがとう自体には、英語や韓国語のような直接的なる意味がない。 日本語の表現の多くは「かけ声」なのだろう。 「あけましておめでとう」かけ声である。「あけまして」は「年があけましたが」という意味だとは思う。「おめでとう」の直接的なる意味は薄いがこれはスローガン的だ。 英語はHAPPY NEW YEARだが、これは文字どおり、幸せな新年を!という意味だ。そういう意味だから、年があける大晦日の日にだってHAPPY NEW YEARと言うことができるし、年が開けて、厳密には正月(アメリカでは1月1日だけ)が終わっていても、最初に人にあったときに言うこともできる。 「あけましておめでとう」は掛け声で、年が明けたときにしか言わない。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、今日の日本は全国的に晴天の所が多いようで、ゴールデンウィーク最後の日曜日であります。

    ところで、最後のURLのリンクが壊れていますよ。
    しかし、KとSの子音の後に母音を続けて言ってみましたが、なるほど他の子音よりも日本語とは違う感じがわかります。日本語のカ行サ行とは違って、子音と母音が離れた感じになりますね。しかし、この無声子音は母音とくっつきやすいので要注意という問題も、喉から力を抜くということだけで解決する問題ではないですか。日本人の喉発音の要諦は、結局全て、それだけではないですか?
    従来の発音教本の高級な物(高名な学者先生が書いている物)に必ず書いてあることの1つに、「有声子音の前の母音は、無声子音の前の母音よりも長く言う」があるそうですが、これも喉から力を抜いて喋ると自然にそうなる感じですよね。まあ、ドーデモ良いことか。

    >しかし、日本語のとくに硬い方言、標準語を喋るならば、どうしても
    Hを口で空気を鳴らしながら同時にa_を言おうとしてしまうだろう。するとどうしてもアが浅めになってしまう。

    これは面白いご指摘ですよね。標準語というのは東京語・日本の共通語のことだと思いますが(実際は標準語という抽象化された架空の言語を喋る人は存在しない)、確かに他の方言と比べても、東京語は喉を硬くしないときちんと言えない。鹿児島弁と比べると、非常に固い。私も東京語を喋っているとき(日常のほとんどはそうですが)は、体の筋肉まで硬くなってしまう感じがしています。そう言えば、都内には世界一、マッサージ屋が多いと聞いたことがある。外国人の留学生などで日本語の勉強を始めた連中が共通して感じることの1つに、日本語は肩が凝るという話しがありますが、あれは本当でしょうね。
    英語には日本語の「肩こり」に相当するような単語は存在しないと聞いたことがありますが、それは本当ですか?
    和英辞典を引くと、stiff neck とありますが、これ本当にアメリカ人は使う言葉でしょうか?
    腰痛は、lower back pain となっていますが、これも本当かな。

    ところで私も、喉をリラックスさせて英語を喋るのに慣れてきたせいか、最近、カップル・二重母音(IU と a_U)の発音について感じることがありますので以下に質問させてください。

    few, view などの母音 IU は、Iu または Iw_ の方(イォ みたいに)が言いやすく感じます。ネイティブが喋るのを聞いても、そんな風に聞こえることが多いです。後ろの母音をUで(イウ みたいに)言うと、喉に少し余計な力が入ってしまうように感じます。

    now, how, house, mouse などの母音a_U も同様にして、a_u または a_w_ の方(アォ みたいに)が言いやすく感じます。英語放送を聞いても、ナォ、ハォ、ハォス、マォスみたいに聞こえることがあります。後ろの母音をUで(アウ みたいに)言うと、これも同じく喉が少し力んでしまう感じがします。

    以上のような私の、二重母音の発音でも良いでしょうか?
    ぜひ、ご教示くださいませ。

    ああ、今日は天気が良いので、またしても長文になってしまって失礼しました。
    カズ先生もお元気で、今後のより一層のご活躍を、お祈り致します。

  2. >日本人の喉発音の要諦は、結局全て、それだけではないですか?

    全くその通りです。それに加えて、音が上がり気味になっても、喉発音を保たないと声が硬くなりますから、気をつける必要があります。

    ご指摘のとおり、「肩こり」という概念がアメリカにはないように思います。肩たたきなども存在しません。マッサージはありますが、肩たたきはないです。

    二重母音のほう、おそらく喉がびりびりなっているのが、そのように聞こえる感じではないでしょうか?それならいいように思います。

    こちらも天気が良かったです!