リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。

www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3

皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。

しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。

先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。

しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。

そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。

私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。

まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。

その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。

さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。

娘1歳半 本を読む

http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related

沖縄の方言紙芝居

http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8

TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語)

http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg

Cockney Accent

http://www.youtube.com/watch?v=WBQxU8K1uJw&feature=related

President Obama on Death of Osama bin Laden

http://www.youtube.com/watch?v=ZNYmK19-d0U&feature=featured

Related Articles

インターナショナルイングリッシュというのはよろしくない+i_ とu_の発音のコツの音声指導

さて、まず、高校3年生(今度、大学生)のDERWENTさんがBLOGをやっているので、紹介。 http://blogs.yahoo.co.jp/syadou005 なんでも、もともと喉発音っぽく日本語を喋っていたので、喉発音への移行が楽だったとか。そういう人は多い。アキさんもコメントしてくれているけど、中国地方、九州など、ピンとくるのが楽かも。そもそも、中国語みたいなシラブルで日本語をしゃ*べ*りょー*るん*じゃ*けん*のー。だから広島弁でタイプしても、漢字変換無理だ。 次にi_ とu_の発音方法のコツを説明した音声をとりましたので、参考にしてください。どちらともゲップエリアの音です。 コツはi_は、まず日本語のイを言っておいて、それをそのまま首の根元までおろしていきますが、根元あたりでちょっと言うのが苦しくなってきますので、楽になるような感じで響かせて、かつ音をマネながら、発音するとi_を言いやすいということです。u_も同じで、ウを下げていき、楽になるような形で響かせなます。音もまねる感じにしてください。楽になるような感じ、、、というのがなかなか説明しにくいです。 www.estat.us/blog/i_u_.mp3 さて、今日は、インターナショナルイングリッシュということについてコメントしたい。ポイントは、私は同意できませんということです。 まずは、まとめから。インターナショナルイングリッシュとはなんでしょうか? 先日紹介した、吉田研作先生の動画に説明がありました。英語にも色々ありますが、個々の独特な英語ではなくて、国際的なる英語というのがあるということです。 さて、http://www.youtube.com/watch?v=ElEeCyxAMCw&feature=related が動画です。そして、11分あたりから見てください。 ネイティブも含む多国籍の人達が喋るときに、生まれるべき、いや生まれる?英語がインターナショナル英語だということです。 アメリカ英語とか、イギリス英語にこだわるのではなくて、国際的に通じえる英語というのが理想という感じの論点です。日本人が、アメリカ人のネイティブの会話を分からなくてもしょうがないので、国際的に理解できる英語を確立?したらいいというみたいな感じです。 そして、吉田先生が言っているのは、日本で英語を教えているアメリカ人、イギリス人、オーストラリア人などが日本人の生徒に英語を喋るときに、だんだん、それぞれの祖国に特有ななまりなどがとれてきて、同じような英語になるということです。そして、吉田先生は、そのことを、「美しい」ことだとおっしゃっています(14分めあたり)。 私は同意できません。まず上のことですが、日本人に対して、アメリカ人やオーストラリア人の英語が似てくるのは、それは、ゆ~くり、単語単語に区切って、流動性をできるだけなくして、おおげさにしているからでてくる英語です。それは、知的レベルの低い相手、例えば、西洋においては犬に対して話すときの英語です。 そのような英語は、NHKの英語番組を見れば聞けます。チャロの番組とか、ハーフの人が出てきて、音程ががくんがくんと上がったり下がったりする英語です。 国際英語が要らない理由は、 1.英語が分からないのは日本人だけ 2.英語はすでに国際言語の要素を持っているので、すでに国際英語である という理由です。まず1から言ってみましょう。日本人が英語が聞けないのはただ一つの理由です。シラブルを単位で聞いていないからききとれません。 I am going to the station を…

日本人の英語を真似しているネイティブを返り討ち(笑)???

喉でやれば、通じるのだが、口発音の場合、かなり無理がある。ネイティブのコメントも、日本人が口発音だから苦労しているのだという視点がないので、めちゃくちゃだ。 この人は、日本人英語をしゃべっている外国人。かなりうまい。しかし、彼が喋る日本語は、外人なまりだ。これ不思議。日本人英語はかなりうまいのに、日本語はちょっと外人なまり。意味分かる? http://www.youtube.com/watch?v=Je_Z63BZcXM&feature=related このアメリカ人の人の喋る、1)日本人英語、2)英語、3)日本語を私がシャドーイングしてみました。思うのですが、彼の(1)のほうが(3)よりも、日本人っぽい! しかし、アメリカ人が日本語をちょっとなまってしゃべっても、完全に分かる。上のYOUTUBE動画を流しながら、私が英語喉でからんでみたのが以下の動画です。日本人英語を真似しているネイティブを私がまねしたりとか、色々、視点が交錯しています! www.estat.us/blog/JapaneseEnglish_04_14_2011.wmv    その他 ナレーターの外国人の日本語は、かなり口発音でうまい http://www.youtube.com/watch?v=58m-R_XWeYM&feature=related http://www.youtube.com/watch?v=GeJFu7JWihA&feature=related   http://www.youtube.com/watch?v=bOI80A_PD-Y&feature=related  http://www.youtube.com/watch?v=vL6q50fRm1g&feature=related  http://www.youtube.com/watch?v=VbIWOqN8k44&feature=related   

驚きの事実 お嬢ちゃん(1歳半)が一番声が低かった!

今日はむちゃくちゃ驚いたことを書く。 そして、これは私が発見したのではないのだ。 土曜日に、ご夫婦を教えさせてもらいましたが、1歳半のお嬢ちゃんの声が一番、低かったのは、度肝を抜かれた! もちろん、これは、日本語を喋っていた私、ご主人、奥さん、そしてお嬢ちゃん(1歳半)を比べた場合であり、英語になると私が一番、声が低かった。 しかし、ご主人がそれをおっしゃるまで、私は、そんなことを考えたことさえもない。 お嬢ちゃんが、私達の発声練習につられたのか、あ~~~とか言ったり、泣いたりするたびに、私が、 子供は喉発音で、僕らの中で一番うまいですね~~~とか言っていたのだ。さらに、響きがプロの歌手みたいに、大人よりも、あった!声も大きい。 しかし、ご主人が、一言、「声も低いですね」と言った瞬間、私は、天動説が地動説に変わってしまったような、頭を鈍器で殴られたようなショックを受けた。 なんと、日本語を喋っている限りでは、そこにいた大人(私を含む)のなかで一番声が低かったのだ! でも、そのお嬢ちゃんは、普通の声だった。別にお嬢ちゃんが特別だったわけではない。このエッセイの最後にYOUTUBE動画を二つ載せておいたので見ておいて欲しい。ちゃんとした言葉を喋りだす以前の幼児は声が低い! よく聞いてみると、幼児の声(言語以前的な声)は低いのだ!!!!! 大人が喋る、ややかしこまったときに使う日本語の高さ(音程)に比べて、幼児の声は低い!!! さかな君とかと比べるもの意味ないが、完全に幼児のほうが声が低い。 言葉になっていないような音を出すときの音程は低いのだ。 さすが、喉発音。 しかし、そのことを指摘されたご主人の観察力がすごすぎる。もちろん、私が、喉発音が一番うまいとか、響きがよいとか言っていたのではあるが、幼児の声が低いなんて、完全に、常識では考えられないことだ。 あ~と言うとき、その声には、広いレンジでの、周波数が含まれているのだが、幼児は、カットしていない。低いレンジにも豊かな音が出ていた! さて、、、と。 ご主人は、アメリカ大陸を8時間も運転して、DCまでかけつけてくださった英語喉実践者1年めのかただった。 うれしかったのは、1年やっていて、それで私が指導し、後からジーナも応援に加わってくれたのだけど、その場で、やはり向上が見られたということだ。 二重母音のIの発音が、微妙にア、イ、というぐあいになっていた。あ~いという風にスムーズにつながらずに。それはご自分では気づきにくい点だ。それを直すには、さらなる脱力だ。 そして、最後のほうでは脱力がうまくできていて、いい感じになった。いらっしゃったときから、もう喉発音だったけど、やや、だみ声的な要素が目立ったので、声優さん的なかっこいい声を目指したのだが、それはやはり脱力だ。 さて、奥さんのほうもいい感じになった。 これは練習中にも指摘したけど、F、V、Bに気をつけてほしい。 Vのところで緊張しがちになり、上唇と下唇が合ってしまい、最初はBになってしまっていた。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川先生、こんばんは。とても面白いです。
    自分の英語がネイティブのとどこが違うか考えたとき、ところどころで、日本語の2ビート、つまりカタカナになっていることに、昨日くらいから気づき始めました。2ビートと3ビートの違いは、自分の英語を録音して、聞いてみない限り、なかなか気づかないと思います。

  2. カズ先生、こんにちは。
    日本はゴールデンウィークの真っ最中であります。

    それにしても、我々のような英語喉実践者にとっては、特別なヒヤリングの練習なんて本当に必要でしょうか?
    自分の言える音・言える単語や文章は、他人の発音でも大抵は聞き取れるはずだと思いますが、違うかな?
    従来の日本ではヒヤリングの教材やラジオ放送などが売れていたのは、自分で正しい英語の発音ができないから、聞き取れなかったのではないですか?
    ちなみに、カズ先生はご自身では、ヒヤリングの練習なんて行ったことはありますか?

    それにしても、いつか機会を見て、鹿児島弁の発音(できれば、なるべく柄の悪い、ワイガフテ、ギヲイウナ、ワーゼー、イケンストッヨ、ジャッドガ、バカスッタレなどの多い物)を、英語喉発音と比較して考察してくれませんか?
    期待しております。
    昔ある鹿児島人が、ニューヨーク下町(ブルックリン辺り?)の不良のヤンキーの溜まり場に入ったとき、彼らの喋り方を聞いて、「ここはひょっとすっと、アメリカの鹿児島や!」と思ったとか。

  3. こんにちは。
    英語喉を読み返していて、ふと思ったことが二つほど、、くだらないことですが(笑)
    (1)
    「ネイティブは喉に力が入っていないため、引力によって垂れ下がっている。よってゲップエリアが自然に感じる」ということが書いてあるのですが、無重力空間(例:宇宙空間)だとどうなるんでしょうか?
    アクビエリアが自然になったり、とか……?(笑)

    (2)
    アクセント問題の話です。
    “recognize”は(受験等において)第一強勢とされますが、nizeの部分にアクセントが来てもおかしくないのでは?むしろrecの部分はr_やE_があるので、選択肢から真っ先に外してしまいそうな気がします。

  4. アキさん、

    私はリスニングのための練習というのは、大学時代に、なにかイングリッシュジャーナルみたいな雑誌についていたテープを、聴いていた覚えがありますが、それは、結構、インタビューのナチュラル英語だったと思います。

    でも、それ以外は、ま、実践でした。

    たしかにおっしゃるとおりで、英語喉で発音ができたら、実際、リスニングができるのは確かですが、英語喉だと50レッスンで大変なので、ま、近道みたいなきっかけにならないかなあと思っています。

    AKIさんも、私も、もともとの方言が大陸的だったということでしょうね。

    私は韓国語とかちょっと遠くで話されているのを聞くと、日本語かどうかわからないときがあるのだけど、それはやはり広島弁が似ているのでしょうね。

    鹿児島弁の音源があったら教えてください。私も探してみます。

  5. STUDYBOXさん、

    な~るほど、無重力状態、、、。逆立ちしたらどうでしょう。やっぱり、ゲップエリアでも、奥の奥の発音(喉ダイアグラムで、丸の下半分が黒で塗りつぶされている音)とか言いにくくなるんじゃないでしょうか。

    アクセントの問題、ご指摘のとおりです。

    Rがあるからそこが低くなるとはいえないようですね。たぶん、RECですが、Cがアクビエリアなので、一挙に上昇していく、、、それをアクセントと勘違いしてしまうのかな、、。

  6. NASさん、自分で聞いてみるとよく分かりますね。

    でも、特にゲロプッシュで工夫すると、どんなに読んでもネイティブ発音になるのじゃないかと思います。

    YとかRとかが浅いと、シラブルが感じられなくなることもあります。

Skip to toolbar