喉なしに、英語が楽にしゃべれるようにはならない

喉のひとつのバクチは、本当に大切なことを、本当にできるようになる順番、指導法で書籍となったことだ。なにがバクチかというと、他のどのような本をみても、簡単で繰り返せる、、、というかんじの本なのだが(英語学習を体育系的な活動ととらえているからであろう)、その様式とかなり違う、、、のである。かなり違うのだから、最初は面食らうだろう。
 

ところが、この順番、やりかたでないと発音、聞き取りはマスターできないし、またこのステップを踏まないと英語ががんがんしゃべれないのだ。
 

私自身、もともと英語が、それなりにぺらぺらだったのだが、口でしゃべっているときには、緊張してしまいしゃべれないことがあった。会議などで、なぜか頭の中がブロックされてしったような感じになるのだ。
 

ところが喉でしゃべりだしてからは、しゃべりすぎか、、、と思うことがしばしばある。会議や発表などで。よく考えると、このしゃべりすぎ状態は、アメリカ人がやっていることと同じではないか。
 

喉は脳と連結したままで、あやつることができるようになるのではないか。
 

うーん、意味分かるかなあ、、、。
 

口をあやつりながらはしゃべれないのだ。口をあやつるには、かなりの脳エネルギーがいるのだと思う。考えながらしゃべれないのである。
 

口でやっているかぎりはアドリブが難しいのだ。
 

日本人以外の外国人が学会発表などで、それなりになまりはありながらも、洪水のようにしゃべっているのは、それは喉でやっているからだ、、、と思う。
 

英語発音や聞き取りができても、しゃべれないと意味がない。喉は、発音、聞き取り、そして長期的には英語の総合力をささえる鍵となる。喉なしに、英語が楽にしゃべれるようにはならない。喉なしに、英語をしゃべることは、水のなかで息をする、、、と同じぐらい無理度が高い。
 

ここまで書いて思ったことがある。日本には、表現を覚えて使おう、、、というようなアプローチが多い(「チャンクでしゃべる」という言い方もする)。文法を使うというよりは。これは結局のところ、口でやっていると考えられない=文法を使えない=アドリブでしゃべれない -->だから、表現を丸ごと覚えてしまおう、、、という発想が生まれたのではないだろうか。

たとえば、ビジネスの現場(たとえば工場)で使う英語表現集とかある。実際は、何億とおりものシチュエーションが現場では起こるわけで、100ページ程度の表現集では、対応が不可能である。

口だと、考えながらしゃべれないから文法をうまく使いこなせないのである。

ところが、日本人以外の世界のノンネイティブが使っているのは、文法であり、表現集ではない(ツーリストの場合は話が別だが)。

だから日本以外のほとんどの国には、ビジネスの英語とか生活の英語とか、ホームステイの英語とか、試験の英語、、、といったジャンルが存在しない。

喉でしゃべっていれば、脳を同時に使うことができる。だから同時に文法を使えるのだ。

Related Articles

速く走るために腕を速くふれ

発音ができれば聞き取りができる、、、、   という言葉を耳にする。実際、喉においても、同じようなことを言っている。ところが、従来の言い方と、喉における言い方は意味がかなり違っている。   喉においては、どういう意味だろうか。喉においては、「発音」=「聞き取り」なのである。同時進行である。正確には、聞いて、喉でまねる。自分の言っていることを聞く、、、そしてネイティブの音と同じ音がでるように近づけていく、、と。   従来は口発音だったので、ネイティブの音に近づいていかない。そこで、言われていたのが、「がんばりましょう」とか、「繰り返しが大切です」とか、「とにかく続けることが大切です」だった。   喉は柔軟で音をまねる能力にすぐれた声帯を持っている。リラックスして豊かに響かせるならば、多様な音をうまくまねることができる(言語にかぎらず)。   日本人の喉は、日本語の短い音を超高速で作り出すために常に緊張している。したがって、物まね能力に限界があるのだ。   ちょっと実験してほしい。犬のなき声をまねてみよう。最初はカタカナで、ワンワン。そこからもっとリアリスティックなやりかたにどんどん近づけていってほしい。   すると自然の喉の奥へ奥へと発音地点、発声地点が移動していくような感覚を体験できるだろう。奥(首の中の喉)で発音していればいるほど、現実的な、犬的な音がうまく出せるのだ。   実際は、口で声が出ているわけではなく(口には声帯がないことは論を待たない)、喉で出ているわけだから、どんな発音でも喉発音なのだが、日本語的な発声は喉が緊張ぎみだ。だから、正確には、この「発声地点が移動していくような感覚」は勘違い。もともと喉で音は出ているのだが、緊張をほどいてやると、喉の奥へ奥へと発音点が移動しているような錯覚を感じるのである。   従来の言い方で、「発音ができれば聞き取りができる」とはどういうことだろう。出口のないトンネルのような感じである。聞き取りができないのは、発音ができないからだ、、、じゃあ発音をやろう、、と。   ところがその発音ができない場合はどうなるのか????   速く走るために腕を速くふれ、、、と私は小学校時代の先生に言われたのだが、そのときはものすごく納得した。でも、早く走れないから腕も早く動かないのだ。出口のないトンネルのようなものである。  発音ができれば、聞き取りができる、、、というが、じゃあ発音はどうやったらできるのか、、、。  出口のないトンネルである。…

ふと思う、、、なぜ他の人は、、???

昔アメリカで出会った日本人の知り合いが、SEE YOUと挨拶するときに、「すい~ゆ~」と発音していて、え?なぜSEE YOUと言わないのかなと頭をかすめたことがあります。でも当時、ネットがなかったので、そもそも、日本人が英語が苦手だということを知らなかった、、、。でも今思うと、なぜ自分は英語ができたろうのだろうと考えることができる。なぜ、SEE YOUを「すい~ゆ~」と発音しているの?と深く考えることがなかったのだが、結局、自分以外の日本人は当時英語を音として聞いていなかったのだろう。 同志社のときに、2年アメリカにいて帰ってきたESSの先輩がいて、先輩、聞き取り完全にできますか?と聞くと、「日本語でも分からんことがあるのに、できるわけない」とおっしゃったが、先輩も結局、英語が聞けていなかったのだなと思う。今思えば。 ttp://blog.with2.net/link.php?709532:1932 英語の音の深い部分を聴き、シラブルを大切にしながら英語を聞いているので、100%聞き取れるし、アメリカに住んで長いのもあり意味も100%分かるのだが、一つ悩みがある。 それは、日本人は英語をそもそも音として聞けていないが、他の人類は、ノンネイティブでも音としては英語が聞けているのだ、、、という点を言っても、英語が聞けない他の日本人に理解してもらえないことだ。 野球のイチロー氏が10年以上アメリカに住んでいても通訳を使っているのは、英語が音として聞けていないからだと思うのだが、そのことと対照的に、アメリカの体操競技のコーチをしている中国人達が普通にアメリカ人とコミュニケートしている。 アメリカの会社で働いていて、日本と全く関わりのない仕事をしている。中国と韓国にもまったく関係のない業務の会社だ、、、が、中国人と韓国人はたくさんいる。当たり前のように英語を聞いて、会議中に、英語に苦労して辞書を引いているひとは一人もいない。 それは、中学校で英語を勉強しはじめたとき、いやそれ以前から、自然現象としての英語の音は聞こえている。  それはシラブル構造がだいたい英語も中国語も韓国語も似ているからだ。 私自身、大学時代から、英語が正直なところぺらぺらだった。なぜか大学の1年でESSに入ったときから、全然、苦労していない。いや、高校で初めて、アメリカ人と話したときでも、ぺらぺらだった。アメリカではマイケルジャクソンはMAIK-KEL-JACK-SONだけど、日本語ではMA-I-KE-RU-JA-KU-SONですと言い放ったことを今でも覚えている。なんでそんなことが17歳のときに分かったのか???それは、きっと小林克也のベストヒットUSAを見ていたからだろう。 もちろんジーナに、その子音ー母音ー子音が全ての英語の発話に現れることを聞くまで、シラブルなんて考えたことがなかった。 よく考えると、シカゴで大学院にいっていたころ、昔はネットがなかったので、他の日本人が英語で苦労していることをあまり知らなかった。 なぜ自分が当時から英語ができたのか、、、今考えると、それは自分が広島出身で、広島弁のシラブルが中国語や英語に似ていたからだと分かる。 じゃ*けん*のお~~ というまるで中国語のようなシラブルのリズム、、、そして、そのリズムは英語と同じ。 じゃ、広島だったら、誰でも英語ができるのかということになるが、広島弁のリズムと英語のリズムが同じで、あんまり「学問的」にごちゃごちゃいわなければ、自然にできるようになるだろう。 あと、中学のときに英語の教科書よりも、ドリル教材のほうがぴんときた。教科書はごみのようにごちゃごちゃ表現がでてきて、そこから文法項目を引き出すかたちだ。ドリルは、その項目の大切な文法点がまずあって、例文がのっていた。 私はその文法のポイントを理解し例文を覚えた。 よく考えると、私がとったやりかたは、日本人以外の世界の人々がやっているやりかただ。アメリカ人で日本語を勉強している人たちは、そういうやりかただ。 日本はまずテキストを読み、訳し、そこから先生が説明を加える。しかし、これは、先生が活躍するフォーマットで、生徒は先生の話を聞かないと、理解できない仕組みになっている。 ところが、私がやったやりかたは、先生を必要としない。文法はすっきりしているものだ。そして例文を理解し、覚える。 先生がいらない。 まるでギターを独学で覚えるときのようだ。 ただし、このやりかただとテストで良い点がとれない。中学のときの英語の成績は10段階で7だったと思う。これは自分でもやや意外だった。高校に入っても、英会話のNHKラジオを聴いていたし、洋楽も聴いていたので、英語は好きだという感覚があるのだが、成績はトップにならない。あるときに、成績トップの友人がこう言った。テスト前に教科書を何回も暗記するまで音読せよ、、と。それをしてみると、実際、テキストを暗記することになり、定期テストで満点近い点がとれるようになった。 な~るほど、成績トップの人たちは丸暗記しているのか~~と気づいた。実際丸暗記するとテストの点がとれる。それはそうだろう。先生は教科書をベースにテストを作っているのだから。しかし、学校の成績が良くても、実際に英語が喋れるかどうかに関係しにくいのは、丸暗記した知識は、実際に英会話をして使っていないと力に結びつかないではないか?と思う。それは高校のときだったのだけど、そのときに、「な~るほど中学で英語の成績のよかった友人たちは丸暗記してたのかも」と思ったのでした。 しかし高3のときになると英語の定期テストの勉強はやめた。あえて普通に英語の勉強をしておけば、定期テストの問題もとけるはずだと思ったからだ。一般的な受験勉強をしながらも、短波ラジオでVOICE OF…

会話は、言いたいことを「伝えるためだけ」のものではない

英語喉を4年ほど前にDCで直接指導させてもらったかたが(国際機関勤務)、当時、会議などで、準備をしなくてもいいようになったということをおっしゃったことがある。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 日本には、たくさんのいわゆる英語上級者がおられるが、英語がネイティブのように喋れるということではなくて、たくさんの語彙を知っておられ、聞こえた英語の断片に基づいて、相手の言っていることを推測しながら、英語を喋られている人もいるだろう。 実際、私の友人は、まさに、その分からない、聞けないことを武器に会話を豊かにしていると言っていた。 もちろん、最初から英語が全て聞けるなら、そういう工夫はいらないだろうとは言っていたが、人生でもう何十年も英語が聞けないことが当たり前でありながら、英語を教える立場である場合、そういう超オカルト的なる方向に進まざるを得ないのかもしれない。 しかし、英語喉で楽になってもらいたいものだ、、、。 いわゆる英語初級者も中級者も上級者も、究極的には英語が聞けない、できない、、、が、語彙力、文法力で対応している。 いや、それに加え、論理力とか、プレゼンテーション力、ディーベート力という分野も、大人を対象とした日本の英語教育では盛んだ。 しかし、英語が音として100%聞こえる世界にいると、そのようなものはいらないことに気づく。 それ以上に、コミュニケーションとは、自分の思っていること(もう、できあがっていること)を、主張するのは、会話の目的の全部ではないことに気づく。 例えば、会議で、どうやったら、仕事を期限内に終えられるのか、、、という質問があったときに、 かならずしも、答えがないときがある。 答えがないので、相手と、ブレーンストーミングをする、、、。そのときに、的確に、思っていることがないことがある。 会議の目的は、必ずしも、主義主張をすることでなく、とりあえず、喋りながら考える、、、みたいな状況がある。 相手と一緒の次元にたって、COLLECTIVEにブレーンストーミングをする状態。 英語喉以前はそれができなかった。だって、言う前に、言うことが完成しないといけない感じがした。そして、「言いたいこと」を英語の訳すので、頭がいっぱいになる。そして、最大のオチは、頭がいっぱいになりながらも、発言しようとするが、会議で、こちらを向いてもらえず、発言が結局できない、、、という状態。もう一つオチを加えるならば、、、結局、英語喉に出会っていなかったら、今でもそういう状態が続いているわけで、きっと、「文法、語彙、ディベート力、文化を理解する力などが大切です」と皆さんに言っていたかもしれない(これが最大級のオチであろう)。 英語が音としてそもそも聞こえていない場合、「ディベート力」とか、「論理力」とかは魅力的な概念だ。 しかし、実際は、会議やプレゼンテーションにそういう意味で準備をする必要はない。スライドはハンドアウトを準備することはありえるが、仕事で、いつもやっていることを、いまさら、論理力で磨くなどという必要はないのだ。 英語が聞けていえれば、ディベートやプレゼンテーションの練習をする必要がなくなる。 実際、日本語によるコミュニケーションにおいては、そういう面倒なことは考えない。 英語が聞けないから、語彙を覚えようとか、ディベートが大切だとか、色々な方向に言説が拡散しているのだと思う。 英語喉で、英語が聞けると、会話というのは、かならずしも、主張のためにあるのではないなと感じる。 英語が論理の言語だとか、主義主張の言語だというのは、完全に勘違いだ。 最近仕事で、よく状況が分からないけど、まず、ま、話してみよう、、、という余裕がでてきて、楽だ。繰り返しになるが、前は、がちがちに準備して、会議で、主義主張をしようとして、でも、結局、周りが私をそもそも見てくれずに議論がすすむので(透明人間化)、結局、発言できない、、、という悪循環にはまっていたのだろう。 そういう意味で、英語喉なしで、日本でディベートやらプレゼンテーションやらの練習をしても、意味がない。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 僕たち日本人は口で文法を操りながら日本語を話しているのではないですか?
    日本語で雄弁な人もたくさんいますよね?

    語順の違いですか?でもトルコ語もハンガリー語も日本語と同じ語順ですよね。。。?
    喉じゃないと文法を操れないというのはどういうことですか?