この本を読もう 英語喉ブッククラブ 「白人の好きなもの」

まずはぽちっと、お願いします。
人気ブログランキングへ

さて、この日曜日、10月30日の英語喉ライブですが、日本時間の夜8時から9時まで、英語喉初心者クリニックを行います(米国東部時間、朝7時から8時まで)。参加希望のかたは、まず、このサイトに登録の上、サイト内のフォーラムよりお知らせください(登録していただくと、連絡しやすいため)。3人ぐらい募集したいと考えています。SKYPEと英語喉の本を使うので準備しておいてください。

英語喉ブッククラブ、、、どうせ英語を読むなら、、、と、私が厳選して推薦する英語本の第1冊目ですが、そのタイトルは

STUFF WHITE PEOPLE LIKE
By CHRISTIAN LANDER

サイトは

http://stuffwhitepeoplelike.com/

です。ユーモアライティングです。以下は、彼のサイトから、興味深いものを選びました。

http://stuffwhitepeoplelike.com/2008/01/20/11-asian-girls/

http://stuffwhitepeoplelike.com/2008/02/07/58-japan/

http://stuffwhitepeoplelike.com/2008/01/30/42-sushi/

よく、西洋文化を理解するには、聖書を読めという人がいますが、あれは、結局のところ、ある最初から決められた同じ西洋文化に対する偏見をつけてもらうためではないでしょうか。その偏見とは、西洋人は自己中心的で日本人はそうでないというものです。聖書を読んで、神様が一人なので、西洋は絶対的なる価値観を持ち、日本人は、石にも木にも神様がやどるという相対的な価値観である、、、という結論に持ち込む、、と。

この偏見を植え付けておくと、色々と都合が良いことが多い。英語に関して言うと、日本人が外国に行くと、英語話者の英語に圧倒されて、ぽか~ん状態になることがあります。そんなとき、ね、西洋人はしゃべりまくるから自己中心的でしょ?と、納得するわけです(実際は、英語ができると、そんなふうに感じない)。

日本が批判を受けている問題で、例えば、捕鯨の件、あるいは、ヘーグ条約加入の件などにしても、すべての批判をこの、西洋人、絶対神論で説明しぬいて、なんとなく納得することができるという、非常に、便利な考え方を生むことができます。その考え方は、結構、日本の普通の人々たちの得にならないことが多い。

しかし、実際に英語が聞けて、発音できて、喋れて、仲間ができてふと気づくと、日本人も西洋人も(あるいは他の外国人も)、結構、普遍的な価値を持っているということがわかります。ただし、その価値の表現の仕方がことなることがありますが、そのあたりの理解を、英語喉第1世代である我々は、仲間作り、観察などによって、発展させていくことが大切ではないでしょうか?

そのためには、この本のように、ユーモアを含めながらもするどい観察をしているお手本を参考のがよいのじゃないかな?

それでは、著者のランダーさんの動画です。

では、ぽちっと、お願いします。
人気ブログランキングへ

[amazon-product region=”jp” tracking_id=”eigonodo-22″]4384054629[/amazon-product]

英語喉50のメソッドでは、喉発音と3ビート(シラブルの読み方)をみっちり学びます。

[amazon-product region=”jp” tracking_id=”eigonodo-22″]4384055315[/amazon-product]

機関銃英語が聴き取れる!では、3ビートから訓練して、喉発音につなげます。

Related Articles

問題提起 日米間の懸案の背後にあるもの ヘーグ条約の件

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 この日曜日、10月30日の英語喉ライブですが、日本時間の夜8時から9時まで、英語喉初心者クリニックを行います(米国東部時間、朝7時から8時まで)。参加希望のかたは、まず、このサイトに登録の上、サイト内のフォーラムよりお知らせください(登録していただくと、連絡しやすいため)。3人ぐらい募集したいと考えています。SKYPEと英語喉の本を使うので準備しておいてください。 さて、 特に日米間で問題となっていることのひとつに、日本人元妻による子供連れ去りの問題がある。アメリカ人と結婚していた日本人女性が、子供を日本に連れ帰ってしまうということが問題となっている。日本はヘーグ条約に加盟していなくて、アメリカに残る元夫が非常に困っているという件だ。 アメリカでは共同親権といって、離婚後も元夫と元妻が子供に会う権利を保有できるのだけど(事情によっては奪われることがある)、日本では、片方がとることになっている、、、ということだ。 この問題が今後も解決しないだろうと思われる理由が二つある。 一つ目は、日本人の英語力の問題である。日本に住んでいて、「アメリカで外国人として言葉に苦労している日本人元妻は、やむにやまれず、子供を日本に連れ帰った」と聞くと、日本人は、当然、同情する。その気持ちが分かるようである。これは、ひとつには、日本人は外国に何十年住んでも、その土地の言語が音として聞こえないということがある。だから、日本人の感情として、「外国人としてアメリカに暮らす」人達に圧倒的なる同情がある。 だから、結果として、英語が普通にできるガイジンである元夫のほうには、同情がいきにくい。 昨日、アフリカの同僚、ヨーロッパの同僚、アメリカ人の同僚と、ランチをした。私も含め、アメリカ人を除いては、みな、ノンネイティブなのだ。しかし、だからと言って、ノンネイティブの英語が、アメリカ人の英語よりも劣っているとは全く感じられない。 英語は聞こえてしまえば、非常に簡単なので、ノンネイティブでも比較的簡単にマスターできてしまう。 中国人などは、中国生まれでも確実にアメリカのビジネスや、政府機関に就職できている。郵便局などに行くと、どう考えても中国ナマリの中国人が普通に仕事をしている。 日本人だけが、アメリカにおいて、日本の企業、日本の政府機関、あるいは、アメリカ会社の日本関係の支部にだけ働いている(のが普通)。 他のノンネイティブは普通にアメリカの会社でアメリカ人と同じレベルで英語をしゃべり、普通に暮らしている。 もちろん、貧困と隣り合わせで、英語を勉強する時間のない人たち、不法に入国してきたヒスパニックの人たちは、そうはいかないかもしれない(とはいえ、私のアパートを掃除している人達でさえ、普通に英語を喋っている)。 だから、ノンネイティブであって、離婚とか、子供の関係の調停となったとき、別に、ガイジンだから不利だという感覚はない。弁護士自体はアメリカ人であることが普通だからというのもあるので、ノンネイティブだから、不利になるということがない。そもそも、裁判所自体が、相手がアメリカ人だ、ガイジンだという区別をしていない。これは、警察が、スピード違反をした自動車を止めたときに、その運転手がアメリカ国籍を持っているか、外人かに関知していないのと同じであろう。 アメリカにも日本人専用の掲示板があり、ワシントンDCにもあるけど、人が、「日本語の分かる歯医者さん」とか、「日本語の分かるお医者さん」を猛烈に探している。また、日本人から日本車を買う、、、というのも普通に思える。 しかし、日本人以外のノンネイティブのワシントン地域住民が、「ギリシャ語の分かる歯医者さん」などを探しているとは思えない(もう一度、確認しておくが、不法入国のひすぱにっくの人達には経済的な事情などもあるので、ここでは例外とする)。 日本に英語が伝わって300年たつというけど、この300年間、英語が難しいとなっている。1980年ぐらいから留学なども盛んになったが、英語が不自由なまま、日本に帰国し、その人達の言論も、英語は難しい、、、ということで一致団結している。 英語が簡単だと思っているのは、私、MASAさん、KAZY、NITROさんとか、日本ではまだまだ数えるほどではないだろうか? 私自身には、アメリカの会社で働いていて、ノンネイティブが全然英語で苦労していないという観察がある。 剣道部員で1ヶ月前にアメリカにきた中国人の大学1年生でさえ、授業の英語は分かると言っている。 それほど、英語は簡単なのだ。 英語が難しいのは、それは、日本人が日本語を通じて英語を勉強しているからだ。また英文法というのも、非常に、重箱の隅をつつくようなことが占めているために、勉強すれば、するほど難しくなる。本当はシンプルに表現できるのに、英文法というのは、非常に総合的に英語で発話可能なものすべてを扱っているので、非常に難しくなる。 英語ができれば、現地のことは現地の法律で、解決するということが可能になるのではないだろうか? 二つ目の問題は、いくらアメリカ人の元夫が、子供に会いたいと訴えたとしても、そのジェスチャー、喉発音などのせいで、「ガイジン」として写ってしまい、わがまま、おうへい、などというイメージを避けられない。だから、日本人の心に訴えることができない。同じ人間として写りにくいからだ。…

TED EVENT (NEW YORK)に応募しました

TEDというのをご存知ですか?昨晩のMIDNIGHTがニューヨーク部門でのしめきりだったので、昨晩、企画書を提出してみました。これが、募集要項でした。 http://conferences.ted.com/TED2013/auditions/new-york.php これも押していただき、人気投票ランキングにご協力を! http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 The Discovery of the Throat Theory for the linguistics Science — by Non-Specialists TED Conference Application (New YorkCompetition) 04 19 2012…

日本を知るとは日本の中の多様性を知ることだったのか

これはメンバーオンリー記事です。 This is a member-only essay! さて、今日は、木曜日なので、ワシントンDCボランティア講座の日だ。今日からやってみたいこと、、、それは、日本の出身地をまず聞いて、その場所によって席順を決定することだ。西から座ってもらうことにする。そうすることで、本当に、発声の堅さ(日本語でも英語でも)が、英語喉のマスター度に関係しているかを知りたいからだ。 Today is Thursday, so I am going to teach a volunteer class for local Japanese people living in…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 著者の動画はおもわず笑ってしまいました~  最後にさりげなくモールスキンの手帳で落とすときの茶目っ気たっぷりの顔が大変イイですねw
    しかしこの、いわゆる「あるある」「いるいる」ネタは日本人バージョンがすぐ作れそうですね。国など軽く飛び越える普遍性というものを、私もこの5ヶ月の、実際の通話とチャットを足すと100人を超える外国人との対話を通して痛感します。根っこの部分の価値観は、かなり共通しているんじゃないですかね。
    まぁ、表面的なことは同じ国の人同士ですら違って当たり前ですから…もはや外国人との違いは習慣、言語ぐらいだと感じてます。

  2. こういうの好きです!読みます。

    かずさんには以前にも結婚に関する本をお勧めしたような気がしますが、
    これもなかなか面白かったですよ。

    For Better: How the Surprising Science of Happy Couples Can Help Your Marriage Succeed
    http://www.amazon.com/dp/B0064XIDPG/

    1. この「白人の好きなもの」の本、笑えます。特に、コンサートで、白人はぼ~っと立っている、、とかそういうのが、本当だなと思います。

      結婚の本ですが、ブログなどで内容に言及された場合、また教えてくださいね~。

Skip to toolbar