英語ではエピソードが大切

日本でも同じでしょうか?

家族旅行で、ニューヨークに来ていますが、今は妻の友人の家に行くのにロングアイランドにいます。

昨晩、その友人宅に行って、消防士のご主人とその友人のかた(消防士)のお話を聞きましたが、それぞれ50ぐらいは話(エピソード)を聞きました。60歳代のかたなので話はたくさんあると思います。

帰る直前になってもエピソードがたくさんでています。

これは、日本でも普通でしょうか?

私も祖父母がえんえんと話していたエピソード・話は覚えていますが、親からとなるとぐっと減ります。

週末にまとめどりをしたのんで、旅行中でもVOICYのエピソードは続きますが、エピソード、話、昔話の大切さを語ります。録音して、旅行に出た後に、妻の友人宅に行き、4時間ぐらいいるあいだに、100-150ぐらいの話を聞いたかと思います。つまりVOICYの録音のほうが先だったのです。

一方で自分が何か言おうとすると、話の絶対量が少なくて苦労します。

Recommend0 recommendationsPublished in Uncategorized