Skip to toolbar

和 REIWAという新しい元号

令和 REIWAという新しい元号が決定したわけですが、英語喉的には、個々の音の発音位置によって、音程が決定されるとしています。

EIの部分が首の上のほうで、ちょっと上ずる感じですが(EIGHTでも同じですね)、その他の音は全て首の根元あたりを鳴らす音です。RとWはそうですし、最後のアの音もそうです。

となるとREIWAとアメリカ人が言うときに、Rは低めにきて、EIでちょっとあがって、WAで落ちるということになります。首の根元で言うと、自然にそうなるということです。

英語喉の後半に書いてある3ビートという法則をも当てはめると、

REIW-WA#
という風にWを二回言うことになります。

従来の音声学では、辞書にのっていないと、読み方が分からないということになると思います。発表されたばかりですので、辞書には載っていません。

抑揚を自然にしたければ、英語喉的には個々の音の発音位置さえ知っていればいいということになります。また、これは暗記の問題ではなくて、そうしないと言えないということもあります。

Rは常に落ちるということです。Wでも同じ。

ちなみにDでも同じ。CHILDというときにDのところで落ちる感じがしますよね。

これだけでも衝撃の事実だと思いますけどね。

CARはつににRのところで落ちるでしょ?

普通の考えかたではシラブルの中に抑揚があるなんて、認められていませんけどね。そんなのを認めると、試験でアクセントの位置問題を問えなくなります。

広島弁でも英語でも中国語でも同じなので、広島人や、日本の方言で音節の中に中国語のような抑揚がある方言話者には当り前に分かることです。

Related Articles

言語は音だ

言語は音だという点、、これが大切だと思う。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html 聞き取りができなければ、音だけで英語を学ぶのは、怖い。聞いたとおり言えと言われても、もしかして聞き逃したままで単語を覚えたら間違って覚えてしまわないか?とか思うだろう。 しかし、実際、音が聞こえると、やっぱり聞こえる。さらに、音で覚えたほうが楽だ。特に英語は、つづりが音と乖離している。 つづりを先に覚えてしまったために、いつも正確な発音を忘れてしまう単語、、、 良い例が、「引き出し」に当たる単語で、今も、忘れている。単語としては長いのに、音では1シラブル。DRAWLとかいう感じの発音だが、思い出せない。 英語は音だという原点に戻り、できるだけ音で英語を勉強してみてはどうだろうか? WORDとWORLDの違い、、、音が聞けると、結構分かるものだ。Lがあるかないかの違いだ。そして、そのLは喉の中でなっている感じだ。従来の音声学では、まるで、舌を口のなかの屋根にうちつけるがごとくの描写をされているのに。喉をとじたままで舌を打ちつけようが、音には反映せず、ただ、単に音がこもるだけ。 音がこもると、聞こえない。 ミネアポリスの学会で、日本人の人とランチをして、英語喉をちょこっと指導してあげたのだが、そのかたが、「日本で帰国子女の友人がいて、彼女に、BORINGという発音を言ったら、全然伝わらなかった」とおっしゃった、、のだが、私自身も、その逸話を聞いたとき、その人が発したBORINGという単語が一瞬聞こえなかった。Rのあたりだろうか、ふっと消えたような感じで、聞こえない、、、 それはせっかくの音が、音声学の知識・実践のせいで、こもってしまい、聞こえないのだ。 その人は、英語の先生に、TOなどの機能語は弱く読むように言われたそうだ。ますます、言っていることが聞こえなくなるじゃないか! さらに、違う人だが、学会であった帰国子女の人と喋るときに、そのかたの英語が3秒に一回ぐらい音が消えるような錯覚が、、、たぶんRのときに舌を動かしているのかな? 大切なのは言語を音として扱うこと、、、そして、さらに、音、音色に含まれた相手の感情の変化なども聞く。 結構、できるものだ。 犬でもやっている。ほえている声の音色で、犬の気持ちが伝わってくる。 ギターの世界では「耳コピ」というのがある。楽譜などを見るより、耳で聞いて、それを再現すればいいじゃん、、ということだ。ドラムとかだと、もっと当たり前じゃないかと思う。 慣れると耳でコピーするほうが簡単。金もかからない。 英語って、お金がかからないほうの選択をとればとるほど、うまく勉強できるような気がする。運動とかダイエットに似てる? さて、BLOG人気投票よろしく! http://blog.with2.net/rank1932-0.html

英語喉と省エネ発音 クリスマス?クリスミス?

現在、クリスマスホリデーなので、フロリダの義理の父母の家に自動車で(犬も一緒で)やってきました。遠いし、渋滞もあって2泊かかりました。 さて、クリスマスという単語の正しい発音はKr_-i_-S / M-i_-Sで、つまり、あえてカタカナでかくならクリスミスです。ミスのところは、I MISS YOUというときのMISSと同じなわけで、カタカナ発音、口発音の日本人にとっては意外な発音です。 ちなみに、LONDONというとき、同じ要領でロンディンですし、ワシントンもワシンティンです。喉で発音してみると実際、ネイティブと同じに聞こえることでしょう。 ところがです。フロリダまでの道のりで、クリスマスの音楽を猛烈に聴きながらやってきましたが、歌のなかで、ゆったりと発音されているときには、Kr_-i_-S / M-A-Sなんです。マスみたいです。 例えば、歌のホワイトクリスマスを思い出してください。I AM DREAMING OF A WHITE CHRISMASの最後は、マ~スです。 なんでそうなのか?なんて思われるかもしれませんが、実際、歌ってみると、マ~スと歌うと楽です。 ところが、忙しい感じでクリスマスを早くさくっと歌うような感じの感じはミスと歌ったほうが楽で、実際そういう歌も、少ないですがありました。 英語発音は省エネ発音。 喉でやっていれば、なぜか、楽なほうを選んでいると自然とネイティブと同じ発音に落ち着く、、、ということですね。 魔術のようだけど、人間のすることは楽なことの集大成であることが普通ですし、魔術の逆で、それが自然の法則なのでしょう。 A APPLEよりもAN APPLEのほうが言いやすい、などなど、他にも例がたくさんあるし、例を出す必要性もありません。 ただし、これは喉発音をマスターしていればの話です。口発音で英語を発音している人は、文字通り全ての発音の可能なセットを全部暗記しないといけない。 従来の音声学では、アクセントのない母音が曖昧音化する、、、などと教えますが、その教え方だと、まずアクセントがある位置を暗記しておかないとだめですから、またしても、事実上、使いにくいです。 これでは英語がうまくなりにくい。 英語喉をやっているから、英語の音声が100%聞けます。だから音楽を聴きながら気づいたのです。実際、聞こえるから分かるんです。気づいてみると当たり前のことです。日本人以外の世界のノンネイティブは、最初から英語の音が聞こえています。…

英語喉で中国の旅 アメリカにいながらにして

クッちゃんと喉やんが、RONさんが中国語を喋っているのを見て、カズさんが中国語を勉強しはじめたという噂話をしています。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/07/kaz_07_29_2011.mp3|titles=kaz_07_29_2011] 週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。日本の日と月の朝になりますが、アメリカ在住のかたなど、受講しやすい時間かもしれません。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e 皆さんの中には、日本にいながらにして、留学せずに、英語をマスターしたいというかたが多いだろうが、それは可能だ。 もちろん、旅はよいし、留学もよいだろう。場所を変えてみて初めて分かることもある。私もこのあいだ広島に帰省して初めて、広島弁って英語みたい、中国語みたいに喉をしぼるように発声していることに気づいた。 しかし、日本にいながらにして、今、ここ、を外国にしてしまうことは可能だ。MASAさんがそれを証明してくれている。 さて、私もちょっとした工夫で身の回りが中国になりつつある。会社で同じグループ、同じフロアに5人ぐらいは中国語を喋る人がいる。その人達に、私は中国語を始めましたと、とりあえず宣言して以来、毎日、ネイティブの中国語に触れている。そして、そのたびに、頼んでいないのに、新しい表現を教えてくれる。 昨日は、私が、中国人の父さんを持つ同僚に、ニーハオと挨拶すると、なにやら、聞いたことのない返事が返ってきたのだが、それは、今日という言葉に値する表現だった。ジン、ティエン、みたいな表現だ。 ジンは、なにか中国人の名前みたいだな~、ティエンは、「天」らしい、、、ということで、とりあえず覚えてしまった。ただし、ジンのイントネーションは確認していない。 その彼女が、明日は、ミン、ティエンよと言ったので、あ、ミンは明だろうと予測。 イントネーションはまだちゃんと覚えていないけど、一度、本とか辞書で確認したら覚えれるかも、、、というレベルまで来た。 彼女が、中国語では、まず時間の概念を言うのよ、、、と教えてくれる。 へ~~~。 もしかしたら、中国語の動詞は、現在も過去も同じ形を使うから、最初に時間(今日とか、明日とか)を言ってしまうのかな~、なんて話をした。 すると、彼女が、過去のときに、ラ~ってのを加えることがあるんだけどね、と言った。これはまだ自分には無理だなと思ったが、うっすらと覚えておいたら、次にぶつかったとき覚えられるだろう。 中国語は、四声とかいうのがあり、同じ1シラブル・1漢字の言葉でも、音程の上げ下げ具合で4種類ぐらいある。 私は、それがはっきりしないとその単語を覚える気にならない。しかし、日本語でも音程を変化させると意味が変わるので、納得はする。 日本人は、高校受験や大学受験でとりあえず、カタカナ発音プラスありもしないアクセントの位置を丸覚えし、そのあとで、覚えなおすという気の遠くなるような作業をしている。 私は絶対それはいやだ。 さて、会社が終わって、駅にあるいていたら、私よりちょっと年上かぐらいの中国人らしい女性が同じ方向に歩いている。同じ会社かな?と思ったのだが、もしかしたらネイティブ中国語会話のチャンスかと思い、 暑いですね~ と英語で言ってみる。 すると、あなたは中国人ですか?と英語で質問してきたのだ。 な~るほど、私は、「角刈り」+「懸垂」+「たんぱく質補給」+「かかとに重心をおいて歩く(ネイティブの標準姿勢、英語喉29ページ参照)」、、、…

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.