使うマイクによって声の音がどう変わるでしょうか?

最近、VOICYの番組を始めましたが、使うマイクによって音の質が違うことが明確に分かります。比べてみましょう。

まずは最初に使っていた古いアイフォンによる録音です。音質が一番悪いかなと思います。

https://voicy.jp/channel/834/40570

次に、この古いアイフォンは使い勝手が悪いと感じたので、近所のベストバイで新しいアイパッドを買ってきて録音しました。音質が少し向上しました。

https://voicy.jp/channel/834/40841

さて、アイパッド内蔵のマイクでもまだ音が薄い感じがしたので、自分がすでに持っていて気に入っているマイクを使えるように、PREAMP(?)というものを近所のギターセンターで買ってきました。これをつなげることで自分のマイクをアイパッドに接続できるようになりました。製品名は
IK Multimedia iRig PRE Mic Pre for iOS Devices です。

https://www.guitarcenter.com/IK-Multimedia/iRig-PRE-Mic-Pre-for-iOS-Devices.gc

それでは、今、一番気に入っている設定がRode のコンデンサーマイクです。好きな理由は音に太さがある感じがする点です。rode nt1aが製品名です。

https://voicy.jp/channel/834/40953

次に、ジーナが好きなマイクで、これはSennheiserのダイナミックマイクです。ジーナ曰く、響きがあらゆる音程でバランスよく入ってくるというのです。確かに、私も歌のときは、こっちのほうが、良く取れるような気がします。歌の下手さをカバーしてくれるような気がします。でも、喋りのときは、ちょっと音が薄くなるような気がするんです。それから、良い点は、出力が弱い感じがするので、大きな声で言わないとだめだという感覚が私にあり、結果として元気のある声になります。

https://voicy.jp/channel/834/40911

ま、まとめますと自分が一番好きな設定は

コンデンサーマイク rode nt1a

IK Multimedia iRig PRE Mic Pre for iOS Devices

IPad

です。

Related Articles

自分が動画制作のために使っている機材とソフト

色々試したものの、音は以下のやりかたで録音していて、満足しています。 マイク RODE NT1-A   http://www.amazon.com/Rode-NT1A-Anniversary-Condenser-Microphone/dp/B002QAUOKS/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1457582287&sr=8-1&keywords=Rode+NT1A 音楽録音用にずいぶん前に買いました。 マイクをPCにつなぐための器具 ICICLEといって、たまたま上のRODEマイクがそのままではPCにつなげないので、これを使ってUSBでつなげるようにします。 http://www.amazon.com/dp/B001EW5YQS/?tag=googhydr-20&hvadid=91454135947&hvpos=1t1&hvexid=&hvnetw=g&hvrand=6221279524680116730&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=b&hvdev=c&ref=pd_sl_6zxp681pc2_b PCの画面と音を録音、録画するためのソフト 動画編集が非常に簡単です。使い勝手が良い。以前SONYのVEGASというのを使っていますが、ちょっと難しかったので、乗り換えました(たぶんSONYのほうは、難しいだけに、色んなことができるのかもしれません)。このソフトはPC上で起こる全てのことを録画、録音することができ、さらに編集ができます。 CAMTASIA https://www.techsmith.com/camtasia.html 外部録音機 さて、SKYPEなどで番組をするとすると、上だけでやると、失敗してしまうことが以前にありました。そこで、音だけでも外部録音機を使うことで録音しています。英語喉のスカイプ授業もこれで録音して、復習用にお渡ししています。 Zoom H4N http://www.amazon.com/Zoom-H4N-Digital-Multitrack-Recorder/dp/B00UK7G3UO/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1457583101&sr=8-1&keywords=zoom+recorder

VOICYの経験

3月にVOICYの番組パーソナリティーを始めました。皆さん、ぜひ聞いてみてくださいね(この記事の最後にURLを載せました)。 きっかけは英語喉の実践者のかたが、今年、2月ごろに、VOICYさんが英語によるパーソナリティーを募集していると知らせてくれたことです。東京、渋谷で顔見せがあるということだったのですが、たまたま、その時に日本にいたのです。父の80歳の誕生日だったので1週間帰国していたのでした。 合格の知らせを受けた後で、東京で羽根田から成田への移動の間に渋谷に寄らせていただくことになりました。そこで、スタッフのかたとお話をさせていただきました。 VOICYは声を通じてコミュニ―ションをしようという企画なのですが、英語喉の主旨とばっちり合っていると思いました。というのは、皆さんもご経験されたかもしれませんが、声を深いところから出すと、日本語でも英語でも、感情移入がしやすいのです。 こういう言い方もできます。英語を話すときに、そんなに難しい言葉や、回りくどい言い方をしなくても、シンプルな表現を使いながら、声によって感情を色々と表現できる、、と。 例えばSTOPという簡単なことでも、怒って言う時の声、優しく言う時、、と色々違いますね。 学校の授業では命令文と習いますが、優しい声で言えば、命令にはならない、、、これが英語の特徴です。だから、難しい表現を知らなくても、声の音色で伝わり方を変えることができます。 よく学校英語ではMUSTとHAVE TOはどちらが意味が強いのか、、などと悩む人がいますが、そういう心配はいりません。意味の強さを声の音色で表現しましょう。 喉の深いところから発声していれば、心の中の感情が声に自然と出てきますよ。 犬でもやっていることですw。以下、最初のころのVOICYの番組です。ぜひ聞いてみて下さい。アプリをインストールすると聞きやすいようです。また、フォローもお願いします! https://voicy.jp/channel/834/40570

Responses

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar