綴りの影響で発音がしにくくなるとき

まだまだ不安が続く状態ですが、今朝は、CNNによると、マサチューセッツ州でも、ごく微量の放射線が感知されたそうです。マサチューセッツといえば、東海岸ですから、私がいるDCにも届いているということでしょう。かなり微量だということです。

MASAさんがかなり刺激的なMIXI日記をUPされています。MASAさんの日記は、まずMIXIに加入、それからMASAさん、あるいはMASAさんのマイミクさん(私を含む)のマイミクになると読めます。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548 

ヨーロッパ言語でさえ100%聞き取りできる!という内容です。

さて、先日、私がある単語を発音したら、ジーナに直されたという話ですが、どんなに繰り返してもできませんでした。それは単語の綴りに影響されてしまい、音にフォーカスできなかったという失敗談です。

失敗談ですが、興味深い失敗談です。

綴りの影響されているのが分かっているので、ジーナの発音に集中して、繰り返してもダメでした。

え?英語喉で音が聞こえる、100%聞こえると言っているのに、繰り返せない?

で、ジーナが工夫してこういいました。大きい音が鳴るという意味の単語を言ってみて?と。

ROARSですから、こう発音しました。

r_-O-r_-Z (あえてカタカナで書くとロ~ズっていう感じです。Rはビリビリと首の底を響かせます)

その発音はOKがでました。そして、次に、「それの前にDをつけてみて?」と指導が出ましたので、、私は以下のように発音しました。1シラブル語です。全てを喉の奥の奥で発音します。

D_-r_-O-r_z

そうそう、その通りと合格点が出ました。

こういう教え方(単純な単語を言わせておいて、そこから工夫する)も、100年ぐらいたてば、英語喉を理解するJETの先生とかも出てくるかも。今のところ、ジーナしか存在しない。

皆さん、この単語、なんだと思いますか?

drawer(引き出し)の複数系です。つづりだと2シラブルに見えるのに、実際の発音は1シラブルというのが驚きです。

部屋の整理をしていて、タンスを指しての会話です。

ちなみに、他にもこのような例を過去にブログに書いていますが、その例画なんだったか覚えていない、、、。

音声で説明してみました。

www.estat.us/blog/drawer_03_28_2011.mp3 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

3 thoughts on “綴りの影響で発音がしにくくなるとき”

  1. ZENさん、どうも。聞いてみました。英のほうは、私の説明のように(私の耳には)聞こえます。米のほうは、微妙にWと言っているような、Rかな?みたいな、はっきりしない感じがしました。読むぞ、読むぞと思って読むと、ちょっとちがったりする、、、ということの可能性もありますね。

    いずれにせよ、1シラブルではありますね。

  2. カズ先生、こんにちは。
    都内は今日は、朝から良い天気ですが、余震はありそうです。

    drawers は、あえてカナで書くと、ドラーズじゃないでしょうか。
    この単語の母音は、Au_ であり、アーと言うのが近いと思いますが。
    aw の部分が、この母音だと思います。
    w の部分は、喉下で言う小さな大人ので、u_ とほとんど同じに聞こえるように感じますが、どうでしょうか?

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.