LとR

Rは舌を口の屋根につける、Lは舌をつけない、、そしてできるだけ首の深いところで発声する、、でやるといいと思いますが、特にRは首の根元の底の部分を鳴らすとよいです。

ただし、声帯を力ませずに首の底がならせるかどうかは、出身地、方言によるところがあり、西日本の方言話者であれば、簡単にできるようです。簡単な練習としては、Rは犬のうなり声と基本的に同じですので、う~~~とやるといいでしょう(とはいえ、また方言の種類によって、う~とやると本当に母音のウ~になってしまう地域と、犬のうなり声と同じ声が出せる地域があります)。

そもそもなぜ日本人がLとRの違いが出しにくいかというと、舌の位置とか唇のかたち以前の問題として、首の根元を響かせるのができる人とできない人がいるということではないかと思います。

西日本と西日本じゃない、、というとどこで境界線を引くかと言う問題になりますので、リトマステストとしてはTEARあるいはDEARと言ってみて、どうがんばってもTI-ARとかDI-ARという風に母音のアがはいり、1シラブル語であるのに2シラブル語でしか言えない場合は、西日本タイプでないと言えます。

その場合は、体がやや硬いという問題がありますんで、普段からリラックスし、寝る時にできるだけ横向きで寝るといいと私は提唱しています。そうすると、一晩中、深呼吸して寝ることになるので、声帯の力みがとれて、声が深くなり外国人っぽい発声になってきます。

最初にウを言うとコツは昔から有名ですが、これはこのコツでできる人もいれば、本当にウになってしまう人がいるのが悩ましいところです。

真顔で日本に住んでいない英語ネイティブにRの音を出してくれと頼むと犬のうなり声を出して示してくれます。

なぜ西日本かといいますと、西日本の日本語は音節の中に抑揚があります。これは中国語とか英語と全く同じです。音節内で音色を変えたり抑揚を変えるためには、首がリラックスしていないと難しいので、西日本の方言話者は声帯のあたりが柔軟のようです。

Related Articles

英語劣等生さんのご質問への回答(その2)

英語劣等生さんのご質問への回答 ジーナさんからの回答です。  以下は誤字脱字等を訂正の後、NIPPONDREAMサイトのQ&Aに転載します。   ご質問 やはりTOEFLや映画等でどうしても最後の一歩でまだ速度についていけない箇所があります。ネイティブの日常の高速会話(仕事で使う英語ではなく、オフの時の会話)も含めて超高速スピード(音の連結や脱落含む)に対応するすべはありますでしょうか。   回答   試験形式の問題点  まず、そもそも超高速スピードの英語を試験の素材に使うことがある、、、という点が、英語リスニング試験の背後に存在するある「仮定」の問題点です。その仮定とは、遅いよりも速い英語を聞き取れるならば、受験者の英語能力が高い、、、というものです。たまに速度の速いものを聞かせて、受験者の「能力」を測ろうとするわけです。 これは正しいとはいえません。おそらく「認識論的な勘違い」とでも呼ぶことができるでしょう。速いものが聞ければ、英語がうまい、、、これは勘違いです。(算数の問題を早く解ければ、頭がよいというのも、正しい考えかたとはいえませんが、試験文化のなかで、あたかも速い=賢い、、、という認識が絶対の真とされています。実際には、問題を色々考えて解く、、、という行為自体が数学的な実践であり、大切なことです。)   高速な英語は、英語ネイティブでさえ、ときに戸惑わせるものであり、高速で喋ることはよいこととはいえません。映画などで、確かに、ものすごく速いスピード、そしてさらに口をもごもごさせながら喋るシーンがありますが、ネイティブでさえ、戸惑ってしまうことがあります。        とはいえ、試験が存在するという現実を無視して批判するだけでも困ります。聞き取りの仕方について考えてみましょう。英語が早いか、遅いかという問題はおいておきます。   なぜ聞き取れない?   英語喉・ネイティブメソッドをやったあとで、英語を聞いたときに理解できなかったとすると、それはおそらく単語が分からないからでしょう。それはその単語をまだ習ったことがない、、、ということだけではなくて、習ったのだけど、本当の発音に慣れていない、、、ということでしょう。例えば、SONGの発音を日本人はこれまでソングだと思ってきましたが、実際はサングです。ネイティブメソッドを実践すると、本当の音が、そのまま聞こえていますから、SONGという簡単な単語でさえ、「え、サングって何?」と、混乱してしまいます。   聞き取りのコツ どうしたらよいか 聞き取りのコツは、分からない部分があっても、そこであわてず、とりあえずは、聞き流すことです。あれ、分からない、、、とその部分にこだわってしまうと、その後に続く部分も分からなくなります。日本語の例で考えてみましょう。聞いたことのない動詞「ばけぶる」という単語が出てきたとします(勝手につくった造語です)。 「コーヒーに、ばけぶるのに、牛乳にしますか、クリームにしますか」  …

英語も音楽もまずは細かいところ

英語も音楽もまずは細かいところが大切で、その積み重ね(といっても、柔軟な積み重ね)が大切だと思うんです。 音符の一個一個があり、またその内部にも、音のうねり、深さ、音程の変化などがありますが、そのあたりからコントロールしないといかんと思うんです。 個があって全体があるのではないかと。 そんな細かいことは難しいとおっしゃるかもしれませんが、その場合は、ゆっくりやればいいと思うのです(英語もゆっくり話せばいい)。 コンピュータプログラミングも同じ。 ところが、英語教育の世界では 間違ってもいいから、積極的にしゃべることが大切と、、、なりますよね。 気持ちは分かるんですが、間違いをしないように話すのが大切じゃないかと思うんです。というのは、間違いをかさねて、全体的にしゃべれているように思えても、そしてそれが伝わったとしても、おそらく応用がしにくいのと聞き取りとかができないんじゃないかな、、、。 間違いを気にし過ぎると話せないとおっしゃると思いますが、その場合は、内容をどうでもよくしたらいいと思う。天気の話とか。そういう話で練習する。実際のところ、天気の話ができないと、難しい話なんて無理です。 まずは頭をからっぽにして、でてくる英語を正しくする。 例えばHOTとHUTの違いをあまり気にせずにやっていたら、それなりに話せるようになるかもしれないけど、おそらく聞き取りができないのではないかな、、、。 それにしても、どんなことを間違わないようにするかというと、IのときはAMとかSHEのときはISとかそういう基本的なことです。

喉と3ビートだけに集中を

発音の学びのプロセスについては、すでに述べた。 英語喉的発展と、従来的な発展がある。このふたつを混ぜてはいけない。例えば、喉と3ビートをやっていて、まだ喉ができていないときに、激しくシャドーイングや音読をやることは避けたほうがよい。というのは、従来のやりかたでやると、以下のプロセスが生じるのだが、このプロセスは喉的発展と激しくぶつかりあい、学習の速度を遅らせてしまう、、、どころでなく妨害してしまうからだ。 日本語話者が喉、3ビートなしに、大量の英語を聞き、単に音読的に繰り返すと、以下のプロセスが始まってしまう。すでに以前に述べたが、、、: 特的の音を長く音を伸ばす。 アクセントを強く加えるようになる(おおげさなイントネーション)。 破裂音的な音が強くなる(ことで、子音のあとに母音がつかないようなコツを覚える。 Tをラ行に置き換える。 ちょっと鼻にかけるとそれっぽく聞こえる音があるので、そうする。 これらをしてしまうと、喉発音と3ビートができなくなるのである。 まずは喉ブレーキをしないこと、ゲップエリアを定位置にできること、、、この二つを獲得してほしい。このことなしに、3ビートに進むことは危険である。とはいえ、3ビートができるようになると、個々の発音自体は下手でも、通じるようになるだろう。ただし、英語の音が意味は分からないが、がんがん頭に入ってくるという感動を味わうたjめには、やはり喉+3ビートだ。 いつも本を手に勉強する必要はない。電車にのっているときに、ふと目にはいった雑誌のタイトル、ネイティブならどう読むだろう。外で見かけた動物の鳴き声などをまねするのもいい。 覚えておいてほしい。日本人以外のほとんどの外国人は、シャドーイングや音読をせずに英語をマスターしているのである。 ただし、シャドーイングにしても音読にしても、喉と3ビートを意識した形のものは可能だ。修正したいのは、英語をシャワーのようにあびれば、除所に英語がうまくなっていく、、、という考え方である。 英語のマスターには、頭を使う必要があるのである。禅ではないが、次のようなことを通勤通学のときに激しく考えてほしい。 なぜ、私は喉ブレーキをかけてしまうんだろう、、、、。どうやったら、喉の奥をならせるだろうか。あ、この単語、ネイティブならどうやって3ビートに分けるだろうか、、、。 本当の意味での「頭の躍動」が必要となる。 練習の量が問題なのではない。喉を使えるかどうか、、、だ。私はアメリカ滞在が長いから英語が100%理解できていたのではなくて、単に中学のころから寝ながらNHKのラジオ講座を聞いていた。だから、寝た姿勢で発音練習をしていたのだ。だから、浅めではあるが、アクビエリアをたまたま使っていたのだと思う。同じくアメリカに長い友人と話してみて驚く。20年住んでいても、映画は分からない。仕事関係のことなら、想像でわかる、、、というレベルだと多くの友人が言う。これは、単に、喉を使っていないからなのだと思う。 参考 喉を使わずに練習することの危険性について実践してみました。 http://www.estat.us/blog/repeat.wav

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.