いのりつつ (2)

アメリカでは、専門家が、日本の情報を受けて、原発に関して、とても心配しているが、チェルノブイリレベルのことは絶対に起こらないとしている。それは、リアクターが止まっていることと、それを囲んでいる容器があるからだとしている。ベストシナリオとしては、スリーマイルアイランドのような形で収拾することと今CNNが言っていた。結果としては、人体には大きな被害のない形で収まったそうだ。結局のところは、スリーマイルアイランドも現地の住民には、1回のレントゲン分以下の被爆であったそうだ(と1時間前にアメリカ人の専門家が言っていたが)、それと同じことを日本人のかたが今NHKでおっしゃった。

http://voon.jp/a/cast/?id=4wfmechxvivgwxi2#seal

現在、被災にあわれているかた、そして、リアクターで活動されているかたを祈りつつ応援するしかない。フェアファックス郡からの救援隊も、今日は、日本の沿岸の街のほうに向かっていると今朝テレビで行っていた。でも途中で、日本の警察が危ないからと2時間ぐらい待ってくれと言われて、待っているということがアメリカで報道された。緊急隊は危険があっても行くという覚悟で行っている。朝日新聞サイトで、米軍が、施設の火事を消しているという記事を読んだ。アメリカでは全く報道されていない。

現地に50人ぐらいの日本人が残ってやっているという。このかたたちのことを祈ろう。

石原東京知事が、津波は「天罰」だと発言して、謝罪撤回していた。今朝、自動車でラジオをつけたら、その発言が紹介されていた。

この復興への努力は時間がかかると言われている。そんなときに、昔ピースボートを主催していた女性の議員のかた(今、ちょっと名前を忘れたが)、首相の片腕となって復興のリーダーシップをとるというニュースを聞いた。

日本は男性社会と言われている。アメリカもそういうところがあるけど、女性がかなり進出している。男性的な感覚で、例えば、メキシコ湾の石油流出事故があったけど、世界一深い石油田を掘るということは得意だ。しかし、事故があったあとのことを対処はあまり考えていない。男性的なる本能は、戦争にしても、攻撃するプランは立てるし、そのための武器などを設計したりするが、負けたときのプランは不得意だ。

女性的感性は、最悪の事態を想定してシナリオを立てる傾向がある。また、複数のことを同時にあやつることに長けている。男性的感性はアルゴリズム人間で、理論でこうして、ああして、この道具を開発して、それをこんなに使ってという一直線的思考には長けている(例えば、真珠湾攻撃では、かなりテクニカルな工夫がゼロ戦に加えられて、浅瀬でも魚雷が撃てるように工夫された。)ゲイの人は、この二つの感覚を両方備えていたりする。

まだ、現在進行中のことなのだが、復興は長丁場になるだろう。国民全員が、さまざまな才能、それも持って生まれたものを生かすことで、今後、この10年、やっていく必要がある。

現在進行中に、理論的コメンタリーをすることは、不謹慎だと思うが、近所の人が、10年かかりますよと言っていて、そんなことを考えてしまった。

現場で作業にあたっているかたのことを祈りたい。

また、被災地は寒いという。これも大変だ。

さて、この大騒動のときに、確かに英語発音どころではない。しかし、英語喉コミュニティーというか、ファミリーみたいなのが現にあり、あまりに、何もしないと、逆に不安になる。大丈夫かなとか思ってしまう。

だから、あえて、MASAさんがUPされていた音声に指導を入れた。

MASAさんは、兵庫の地震のときの経験を生かして、MIXI日記で情報を発信されておられる。

http://voon.jp/a/cast/?id=4wfmechxvivgwxi2#seal

これは私が音声でコメントした。

www.estat.us/blog/masa_03_15_2011.mp3

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.