Skip to toolbar

4度づつ

ギターのレッスンを1年半ぐらいとっていますが、いつまでたっても、先生のネタがつきないのでありがたいです。

今日はコード進行について教えてくれて、4度づつ上げていくというのがあるんです。

Cだったら、その次はF(4ステップ上)、その次はまた4ステップ上(Aだと思う)、、、とえんえんと上がっていきます。

で、先生に、2-4-1でやれと言われました。

は?

Cだったら、Cを1とするので、2はD、4はFで、1はCです。

だからD F  C とコード進行をします。

意味はよく分かりませんが、
Dminor -F-Cという風にやります。

でCで終わったところで、その音に対してドミナントの音でまたこのサイクルを始めます。

CだとGになります。

Gが1ですから、2-4-1は、、、最初がA(minor)で、、、と言う風ににサイクルをつくります。4はDかな(指の位置で覚えているので理屈で考えると分からなくなります)?

1はGですね。

だから、Am-D-Gとなるのかな。

ドミナントというのは、よく意味が分かりませんが、ギターである音を出したとしますと、そこから一本下(低い)の弦で同じフレットの音になるので、そのように覚えています。

プログラミングをやっているような感じがします。

このサイクルをえんえんとやっていると振り出しに戻ってくるみたいです。

先生はバークレー音楽大学で勉強したのですが、授業でこれを習って、えんえんと練習したら、学びが大きかったそうです。

Related Articles

英語喉&機関銃英語の感想をここに集める

このエントリーに、英語喉と機関銃英語の感想などを集めたいと思います。皆さんのなかで、もし英語喉か機関銃英語をブログやHPで紹介されたというかたがおられましたら、このエントリーのコメント欄でご連絡ください(メールはquestion AT estat.us)!追加させていただきます。 *** MASAさんのMIXI日記(MASAさんか私のマイミクになれば読めます。ご連絡ください)http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1696089778&owner_id=7661548&comment_count=15 私のブログ http://plaza.rakuten.co.jp/fufufuu/diary/201011230000/ 英語音読研究所 英語喉に感銘 http://nsh-41.blogspot.com/2010/12/blog-post_16.html  英語を味わいながら留学せずにTOEIC950・英検1級を目指すブログhttp://ameblo.jp/mari-english-study/entry-10825320140.html  Eirene’s memories http://d.hatena.ne.jp/eirene/20110129/1296307814 ワンコがいっぱい 英語リスニング学習にオススメ教材1 改 http://arc-en-ciel.blog.so-net.ne.jp/2011-03-04  ジャズ&洋楽訳詩(東エミ)英語は喉だ!http://ameblo.jp/higashiemi/entry-10759585413.html 医学部受験の方法論 この本のお陰で今や僕はLとRの区別ができるようになりました。http://kounotori0305.blog98.fc2.com/blog-entry-41.html    英語喉物語 KATSUさん  シラブル(3ビート)って、本当におもしろい。 これを知ってから、リスンニング能力が向上していくのを日々実感できます。 http://ens-katsu.blog.so-net.ne.jp/2010-07-05  日本語英語の謎を解く 副島隆彦氏サイト(学問道場)の掲示板  よしかわさん  引用 「どこかで読んだ話だが、フランス人は英語を全く知らなくても、英語の発音は最初から明瞭に聞こえているそうだ。少なくとも、わたしは、このような英語を全く勉強していないフランス人、あるいは英語ネイティブの幼稚園児たちと肩を並べる段階にまで来たと思う。書籍「英語喉」は、このようなメリットを体験できるすばらしい本である。 」  http://snsi-j.jp/boards/cb.cgi?room=tomaya  カズ&ジーナの「英語喉」について考える.  英語喉革命さん http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/archives/2010-04.html?p=2#20100427 …

本当の声・音が聞けているかどうか

私自身のBLOGなので言いたい放題をさせてもらうなら、英語の本当の音が聞けないままで、英語を勉強しつづけても、進展はない。語彙が増えるとかそういうことはあるが、常に練習、勉強をしないといけなくなる。それは、究極的には音として、日本語と同じレベルで聞けないままなので、いつまでたっても、勉強をしないとという感覚が残る。 http://blog.with2.net/rank1932-0.html 音として声の「裏」の部分をまず発想の転換した上で、聴き、そして英語の勉強をつづけてほしい。それをしていない人は、多くの人生の時間を無駄にすることになるだろう。 さて、その裏の音、いや核となる英語の音とは何か?例えば以下の動画ではマケイラさんが、「らむね」と日本語で言うのが16秒あたりである。あれが、日本語発音、いわゆる口発音、いや、表の声だ。それ以外の場所では、彼女は裏の声で話している。この違いが分かるかどうか。 分からなければ、いつまでたっても、英語を近似値的なアプローチで喋っていくことになる。 最初から見ていただき、16秒のところで出てくる「らむね」というときの、発音をしっかり聴いてみてほしい。急に、喉をしめて、声が平たい感じになる。そういう発音を英語に期待して聞いているから、いつまでたっても英語が聞き取りにくいのだ。 本日の内容を音声で表してみました。 http://www.nippondream.com/file/ramune_07_2013.mp3

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.