喉は動くのか?日本語と英語のときの喉の筋肉の動き方の違いを動画にとった

先日、スカイプでちょこっと指導させてもらったMさんから質問がきて、喉の動き方とかはどうなのか?動画をとってもらえますか?ということを言われたので早速撮ってみた。本来ならネイティブのものをとって、比べるのが正確かもしれないのだが、私の日本語のときの喉・首の筋肉の動き(外から見たときのね)と、英語のときの動きを比べてみました。結果は(あくまでも私のケースであり、厳密には、ネイティブのも見てみたいですが、、、そして皆さんのも見てみたいものですけど)、私の場合、、、

日本語のときは首のところの筋肉が上に向けて小刻みに動く(喉ブレーキか?)

英語のときは、首の筋肉が下にむけて、がくんがくんと動く(シラブル、、、特に、その真ん中の母音にあわせる感じだろうか?)

その動画はここ

www.estat.us/blog/ugoki.wmv

あと、MITCHYさんが、音声UPされました。 

Bento Box 20110224: http://voon.jp/a/cast/?id=mwfhpbjcmk8odh0p#player

私の音声アドバイス。 www.estat.us/blog/mitch224.mp3

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

4 thoughts on “喉は動くのか?日本語と英語のときの喉の筋肉の動き方の違いを動画にとった”

  1. 鏡で自分の喉を見ますと、日本語の時は静かなもんですが英語の時はがんがん筋肉が動き喉ボトケは踊り狂ってる感じです~。

    ネイティブメソッドに出会って一週間めです。
    職場がショップなのでいろんなBGMをかけますが、今日はインターネットラジオのR&B Adult Urban Hitsです。今までと違うのが、英語の歌詞がばんばん耳に・・・そして心に入ってくるということです~。今まで何度も聞いた歌でも、あぁこういうことを歌ってたのかぁと。さっきかかったホイットニー・ヒューストンのバラードなんかもう涙モノでした。
    って感じで日々上がって行くリスニングの能力?体質?に驚きです。「聴」かずとも「聞」こえるので。
    英語喉に出会う前からTOEICを7/24(基本土日は忙しいのでその辺の日曜しか受けられないので)に腕試しに受けるつもりでしたが、「喉開き」で革命が起こったのでいよいよ試験が楽しみです!

  2. 心に入ってくるという点、私も経験ありです。カントリーなども悪くない。

    へ~、ハードロック、ヘビメタって99%がセックスがテーマだったんだ、、、とか、やっと気づいたり。聞こえるから、意味が入ってくる、、ので。

    歌詞が本当に大切なんだ~~~と感動です。

  3. かずさん有難うございました。
    まだ試行錯誤の毎日ですが、今回は下げることを意識していた為、声帯や喉が緊張していたかもしれません。
    確かに音が切れる感じがしていました。
    リラックスと思っていても緊張しているんですね。
    でも喉全体で響かせるというのが少し分かった気がします。
    あとはそれが正しいかを自分なりに確認しながら実践してみたいと思います。
    次回はその感じです、と言われると嬉しいですね。
    喉全体が響く感じは分かるのですが、それでゲップエリアに落としこんでいることになっているのかが個人的にはまだ確信がありません。
    また練習してみます。
    一度コツが分かれば、上達できそうな気がします。

  4. MITCHYさん、サイトのほう、リンクに入れさせていただきました!

    さて、MITCHYさんのやりかたを私が音声でまねていましたが、あのやりかただとちょっと私自身の体感では喉が痛くなりそうな感じがしたのですが、それはどうですか?

    肉を響かせるのだ、、、というのがコツだと最近は思っています。

    >一度コツが分かれば、上達できそうな気がします。

    その通りです。ブレークスルーが起これば、どの音が簡単でどの音が難しいという問題ではないことが分かります。

    だからもともと喉発音の他の外国人のノンネイティブは英語を簡単にあやつっているのです。

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.