近所の人に教えた+5つのポイントを箇条書きにして音声で説明

1週間ほど前、犬の散歩中に出会った日本人に英語喉をみっちり1時間、昨日教えさせてもらいました。

しかし、これってとても珍しい。こちらが、英語喉を紹介して、え!それは面白い、教えてください、はい教えます、、、というパターンは、英語喉が出版されて4年に成りそうになる今、

たったの2回目(だと思う)。出版以後ね。

1回目は、KENJI Yさん。KENJI Yさんから別件で連絡があり、ところで英語喉ってやってます、、、え?面白そうですね、、、と。

こちらから、こんなんありますと紹介しても、普通、レスが鈍い。ぽか~んって感じです。前は英語喉か機関銃英語を、あるいは両方をアマゾンで注文して届けていましたが、馬鹿らしくなってやめました。ピンとこないものは、読まないし、実践しないですよね。

ピンと来る人は特殊なのでしょう。こちらからどうですかと言っても無理。

これは(私が専門の方法論でいうところの)、セルフセレクションバイアスってやつで、そもそも、ピンとくる時点で、すでにその人は特殊であると。

私としては、英語喉出版以前は、ピンと来る人ばかりに出会っていたのです。

ピンと来る VS ピンと来ない、、、

あ、そうだ、皆さん、英語喉を全然知らない人に、真顔で、外人さんて声違うと思う?なんでやろ?と聞いてみてくれないか?どんな説明するだろう。体が違うと言ったら、日系人だって声がちがわへん?とつっこむと。

それでは、昨日のレッスンで強調した点で、皆さんにも参考になるかもしれない点を箇条書きにします。

1.「(首の根元から口のあたりに、右手の手のひらをべた~~とあてて)この肉をならしてください、、、(口の中のほうの、、、と口の出口あたりを指しながら)空気を摩擦させるんじゃなくて」というコツは有声音のTH(例 THE)と、Vをマスターするのにとても有効です。最近、全然、時間がかからなくなりました。なるためには、リラックスしていないと、、、と言うことも有効(でも言わなくても、鳴らすためには、自然にリラックスしますね)。

2.Vと有声音のTH(例 THE)の聞き取りは、特に喉の音を聞くという感じが大切。

3.(これは前も書きましたが)、アクビエリアの音は艶っぽい声優さんのような音、ゲップエリアの音は「がまがえる」みたい、、、という意識的な区別を、息をすいながらエを出す練習のときに強調。そして、その後の音でも、その根本的な音色が関係してくるということを強調(例 Rはがまがえる、Lはつやっぽいクリアな感じ)

4.KとGを教えるときに、喉が開いたままということを言いますが、結局、KとGのときだけじゃなくて、全ての音で喉が開いたままということに気づいてもらう。な~んだ、個別の音のたびに右往左往するのではなくて、ただ単に同じ原理が働いているということ。だから、日本人以外の外国人は、英語を簡単にマスターするということもいえます。

5.喉を一旦やって、会話で使うときは、シラブルをひとつひとつ丁寧にゆっくりと発音すること。特に、BE動詞みたいに、これまで何回も使っている表現は速く発音してしまいがちだけど、それを発想の転換でやめる。ゆっくり、シラブルをひとつづつ発音、、、でも切れ切れにならないように、スムーズに音をつなげて継続させる(トランペットの音みたいに)。

音声にて上のことを説明しました。

www.estat.us/blog/kinjo.mp3

Related Articles

聞き取り100%の件

1232 今週末の英語喉セミナーです。今回を逃すと7月の中半まで喉セミナーはありませんよ~~~。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm さて、英語喉で、すご~~~いと思った人は、きっと発音だけでなくて、音の聞き取りがよくできるようになった人じゃないかな。それも結構、短い時間で。 メカニズムははっきりしています。 1.今まで雑音として処理していた喉の深い響きの方に感心を向けたら、当たり前だけど聞けるようになった。 例えば、皆さんの部屋にクーラーがかかっているとします。クーラーは小さな雑音を出しているでしょう。でも、脳ってそれを雑音として処理するので、結構、聞こえてませんよね。でも聞こうとすると聞こえてくる。 今までIFとかいう発音を聞いても、その深い部分を聞いていなかったので、雑音にしか聞こえなかったわけです。あるいはSHE ISがSHEY-YIZみたいになるわけですが(喉発音なので勝手にYが生じる)、そういうのも雑音として処理していたら聞けませんよね。 2.シラブルはまさに、どこからどこまでが単位かを教えてくれるのです。シラブルを無視していると、音が大量にながれてきて、全然つかめないでしょう。例えば、 HOWAREYOUDOINGTHESEDAYS? と音が流れてきたとき、わけがわかりません。でもシラブルがあるということを理解すれば、 HOW-ARE-YOUD-DOW-WING-THEZ-DEIZ? とグループに分かれて頭に入ってきます。 だから、急に英語がゆっくりになったように聞こえるわけです。 このことは、結構、瞬間的に起こることで、誰にでも起こることです。 まだこれを経験されていないかたは、以下の工夫をしてください。 1.通勤のときなどに周りにある看板などの字を見て、ネイティブならどう読むかなとシラブル分けしてみる(3ビートに気をつけて)。 例 淀屋橋 --> YOD-DOY-YAB-BASH-SHIY 2.日本語をわざと3ビートで読んでみる。 3.実際にネイティブと会話する。ゆっくり、シラブルを大切にしながら喋る。 量をこなすから聞こえるようになるわけではありません。発想の転換で聞けるようになります。 よく女の人の横顔に見えたり、月面に見えたり(??でしたっけ)するような絵があって、最初は難しいけど、見ていると、見えるようになるのがありますよね。 ちょうどジーナの両親の家にも飾ってあるのだけど、一見、単なる木の彫刻で意味がないように見えるのが置いてあるのだけど、じっくり見ていると文字が見えてくる。一度、見え出すと、もう元には戻れない、、、というのがあるんですが、それに似ています。…

久しぶりに音声コメントできました。

実は、先週は過激に忙しかったのです。なんと連日徹夜でした。3時間ぐらいしか毎日寝れなかったほどです。職場の仲間も一緒に連日2時や3時の仕事をしていました(家で仕事をするわけですが)、夜中にメールが行きかったりで、いい意味で連帯感が生まれました。 時間ができたので、録音しました。 KENJI Nさん http://eigonodo.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_03_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_07_2010.mp3 http://www.estat.us/blog/kenjiN_10_10_2010.mp3 ENGLISH PATIENTさん http://ashrafieh.seesaa.net/ http://www.estat.us/blog/englishpatient.mp3 英語喉1号さん http://nodo1gou.at.webry.info/ http://www.estat.us/blog/nodo1gou_32.mp3   GOOGLEして、見つけたら、音声コメントをつけているので、GOOGLEで引っかからない場合、私が、UPされていても知らない場合があるので、そのときは、ご連絡ください。

盗み聞きをしてしまった件

1231 今週末のセミナーの募集です。とりあえず英語の音が聞こえるところまで行きましょう。 http://www.doodle.com/bpxmkqvv8ufgtktm   MASA RADIOが益々盛り上がっている。 MASAさんが、相手のパーソナリティーを引き出しているようで面白い。 http://audioboo.fm/boos/394083-masa-radio-talking-to-cheerful-yuyu http://audioboo.fm/boos/394141-masa-radio-talking-to-emily-again また、タイの日本語教師さんが、英語ができなかった中国人の人が短期間で英語ができるようになっていくのを目撃されているのが面白い。あと、http://thainihongo.seesaa.net/article/211369507.html に書いてあるのだけど、聞くことができるようになったら単語が自分のものになるスピードが速いとあるが、これは本当だと思った。 聞き取りが出来ないと単語の暗記は単語集とかに頼ることになる。あるいは読んでいて字として勉強する、、、まあこれは普通日本人が中学高校とやることだ。 しかし聞けるとテレビなどをぼ~と見ていても、単語を覚えることになる。 そういえば、私は英語喉前からアメリカ英語がそれなりに聞けていたが、辞書はもう20年ぐらい調べたことがない。耳で聞いていて、何回か出てきたら、なんとなく覚えてしまう。人の顔をおぼえるのと一緒だと思う。 やったもんさんもSKYPEで英会話をはじめられたようだが、とてもよいことだ。 さて、最近、電車通勤を週3回ぐらいはするようにしている。電車だと行きと帰りで10ドルぐらいだ(800円ぐらいか)。会社から一ヶ月に50ドルの手当てが出るのと、あと、税金の控除になるので電車は経済的だ。 自動車だと今1ギャロン(4リットル?)4ドル強だ。往復でおそらく2ギャロンぐらいかかるので8ドルぐらいかかる。だから自動車のほうが微妙に安いけど、電車のほうが補助が出るのでやっぱり安い。 駅から会社まで5分ぐらい歩いていたら、若い社員の男女が話をしながら歩いていた。自己紹介をしている。最初はどんな英語文法を使っているかと思って聞いていたのだけど、男性のほうの内容を盗み聞きをしてしまった、、、。 なんでもハーバードのプログラムである外国の学生たちと会議をしながら交流をするプログラムだという。 どこの国か、言わなかったのだが、それはきっと、最初から日本だというと、相手の女の子に、「この人は、きっと日本に行って、日本の女の子達にもてまくった類ね、、、」と思われるのがいやで、どこの国かは最初から言いたくないのかな、、、と私は思った。 そのプログラムは素晴らしく、その国の学生達と、エネルギー問題、国際情勢などについて話したという。 そして、アメリカ人とその国の若者たちとのネットワークができて、あとでその国を旅行したりとか、あるいはビジネスの話をしたりとかで、素晴らしい経験になった、、、。 このあたりで、私は、ありゃ、あの「日米学生会議」だと思っていたが、違うのかと思い出した。 <日米学生会議出身の友人がいるが、英語喉を紹介したら、「ネイティブのように喋る必要はない」で話が終わっている。> だって、日本人の大学生がこんな素晴らしいネットワークを気づくような関係になれるはずがないと思ったからだ。口発音では、そもそも相手の言っていることが分からないし、通じないし、また冷たいイメージになるから、友情を結ぶのは難しい。 先日もJETで2年間も日本に住んでいた元同僚が、「日本人の友達がいない」と言っていた(中国人や韓国人の友達はいる)。 英語喉をまだ知らないだろうからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、こんばんわ。
    日本は現在、木曜日の深夜であります。

    近所の人に教えたということは、その近所のワシントン在住の日本人も、英語喉発音が分かっていないで生活できていたのですか?
    そういえば、米国に何年も住んでいながら、帰国してからは口発音でしか英語を喋らない日本人が多いのも無理ないですか。

    最近、日本人が喋る英語を聞くと、発音が下手くそなくせに、妙に早口な人が多いですが、彼らは1拍2ビートの日本語式で喋っているのでしょうね。
    英語ネイティブにとっては、おそらく日本人の喋る英語 Japlish が世界一聞きづらいのではないでしょうか?
    普通の英語を喋るときは、日本人の場合は、落ち着いてしっかりと3ビートで喋るように意識することが必要ですね。
    それにしても、昔から英語は早口で喋る言語だという迷信が日本人の英語教師でも浸透しているのは、彼らが生徒の前で喋る英語が口発音で、唇の形などを気にして大袈裟で長ったらしく喋っていたせいかもしれませんね。

    私は最近、ネット上でVOAなどを聞くことが多いのですが、特に Special English News を聞くと、1分間に100語程度のスピードなので遅すぎて少し不快に感じることがあります。それで内容は理解しやすいと思いますが。
    普通の速度の Standard English のニュースだと、音声は聞き取りやすいけれど、意味を理解するのは難しく感じます。

    自分でも、非常に不思議に感じています。
    英語の音声を聞くのは普通のネイティブが喋る(早い?)速度の方が聞き取りやすいが、内容を理解するのがそれに伴わない、それが私の現状です。
    英語喉発音の練習をしている日本人は、みんな私と似たような病的(健康的?)な症状が現れているのでしょうか?

    それでは、今後とも何とぞよろしくお願い申し上げます。
    カズ先生は、英語喉による世界的な革命戦士だと思います。

  2. アキさん、

    不思議ですよね。英語はリズムはのろいけど、情報伝達は速い。日本語は、リズムははやいけど、情報伝達はのろい。

    英語をゆっくりしゃべられると眠くなりますよね。

    >カズ先生は、英語喉による世界的な革命戦士だと思います。

    はははは、革命戦士ですか。アキさんも戦士になってくださいね。

  3. カズ先生

    お久しぶりです。毎回カズ先生の投稿は読んでいます。仕事も順調で、やっといろいろな人と意思疎通ができるようになり、社会生活もうまくいくようになりました。喉英語のおかげです。ありがとうございました。

    さて、私、最近英語でのカラオケに、こっています。カズさんが以前、英語の歌をうたうとき、喉ずさむとおっしゃられていましたが、喉英語、カラオケに応用はできませんでしょうか?今、私自身それを試しています。カラオケはされますか?それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

    山崎健司

  4. 喉英語、完全にカラオケ向きです。里奈さんのハローボイス、ご存知でしょうか?芸能に応用されていくのが面白いです。

    私のお勧めは、プレスリーみたいなクラシックな歌い方でまず練習することで、低音に艶をだすことです。

    会社で求人があるたびに、山崎さんに紹介できるようなものかなあなどと思ってみています。

    社会生活の充実、本当に最高ですね!

  5. どうも、お仕事の件まで、有難うございます。プレスリーですか、”Can’t Help Falling in Love” からやってみます!

  6. KENJIさん、以下の感じで練習しています。特に低音を響かせると自分の男としての声を発見した気がします。しかし、録音して聞いてみると、歌の才能自体がないことに愕然としますので、他の日本人に歌はまかせるしかないと確信します。ただし、口発音自体に比べると、エコーが勝手に喉内でかかってしまうことが驚きです。

    http://www.estat.us/blog/canthelp.mp3

  7. Kazさん、有難うございました!ご謙遜を!非常にうまいではないですか。プレスリーの歌で、発声の土台を作ってみようと思います。ただ、私の好みは、どうも、ペットショップボーイズや、The Winner Takes It All (ABBA)などのキーの高い歌にいってしまいます。外人養成ギブスなどを使って今日はいろいろな歌を練習していました。さて、これから、友人とカラオケにいきます。アメリカのカラオケは皆の前で歌うので、緊張しますが、歌ってきます。

Skip to toolbar