英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

しかし、それが現実かもしれませんね。

それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。

自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。

さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。

剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。

ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011]

直りんはここをクリック

特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。

すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。
[audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning]

直りんはここをクリック

さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。

まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。

指導前

[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2]

直りんはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before]

直りんはここをクリック

指導後

ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想
[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv]

直りんはここをクリック

指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)
[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_eng.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_eng]

直りんはここをクリック

次に、KATSUさんの友人のかたです。突然、英語喉の世界に入られたのです。実は、本を使わずに、口頭で指導したので、突然、音の世界だけで指導したのです。しかし、面白いほどに、発音が簡単にできまして、びっくり状態です(英語喉出版前、本なしで指導して、面白いほどネイティブ化していたときを思い出します)。

指導前
[audio:http://nippondream.com/file/rec_r_16_Oct_2011_22_07_49_before.mp3|titles=rec_r_16_Oct_2011_22_07_49_before]

直りんはここをクリック

指導後(突然、英語喉の世界に入られて、え???って感じなのですが、ものすごい柔軟性で、発音がとってもよくなったし、聞き取りも、シャドーイングできてるじゃん、、、て感じです)
[audio:http://nippondream.com/file/rec_r_16_Oct_2011_23_07_09_after.mp3|titles=rec_r_16_Oct_2011_23_07_09_after]

直りんはここをクリック

さて最後に、私が録音のときに、うなづいたりしています(YEAHとか)。あれって、ネイティブは結構していないです。だから今度からうなづきはやめます。あれはやはり日本人的すぎる。

剣道の練習中、日本語を勉強したことのあるアメリカ人が、指導されているとき、うん、うん、うんとうなづくのです。

やっぱりあれは日本語的感覚ですね。

さて最後ですが、アメリカ人のご主人といらっしゃったNさんです。実は2年ほど前に指導をさせていただきましたが、今回、もっと改善したいということで、セミナーとなりました。

ネイティブのご主人をともなってのセミナーは、実は2回め(2カップルめ)ですが、ご主人の理解を得ること画でいるという点で、非常に有益です。授業後もご主人のサポートを得ることができますね。

指導前(ご主人の声も入っています)

[audio:http://nippondream.com/file/DC_n_10_15_2011a.MP3|titles=DC_n_10_15_2011a]

直りんはここをクリック

指導後(ご主人のコメントもいただいています、、、またご主人なりのアドバイスも聞けて、非常に興味深い!日本人的な会話方法は、他人を気にしすぎているように写るようで、その点を指摘されています。)。
[audio:http://nippondream.com/file/DC_n_10_15_2011_after.MP3|titles=DC_n_10_15_2011_after]

直りんはここをクリック

英語喉オンラインコースへ飛ぶ(ニュースレター登録をお願いします)

One thought on “英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)”

  1. まさしく豊富かつ圧倒的な説得力を伴ったサンプル群は、鳥肌もんです!

    アメリカ在住の方でさえ、いや、だからこそ、開けると一気にネイティブ化するんでしょうね。
    そして、劇的ネイティブ化を聴いていて感じましたのは…そこに至るまでのそれぞれの方がアメリカで過ごした時間が俄然意味を帯びる瞬間なのだということです。英語喉に出会いさえすれば、過去も決して無駄にはならないんだと。

    素晴らし過ぎるメソッドに乾杯w

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.