英語喉セミナーの報告(豊富な音声サンプル!)

さて、日曜日は剣道の日なのですが、足が痛くて痛くて、、、やってみて分かったのだけど、テクニックとか、疲労のコントロールだけでなく、足や手が痛くなります。1週間前に、何十回も切り返すをするタイプの学生リーダーの鬼のような練習の後、足が痛くなりまして、それ以来、その痛みがとれないままで練習というのは辛い。

しかし、それが現実かもしれませんね。

それにしても、この道場には日本人の有段者が3人もおられまして、練習するたびに、学びがあるので、やめられません。昨日も、面を打つと、その有段者のかたが、たったご自分の竹刀を3センチ動かしただけで(そのくらいミニマムに思えました)、面をよけてしまわれるのです。すると、思うわけです。じゃ、どうやって面をとるのか?と。

自分はこんなにエネルギーを使って面を打ち込んでいるのに(カロリーに換算すると10ぐらい?)、ちょこっと竹刀を動かしただけで(カロリー計算にすると0.00001ぐらいか~)、私の攻撃が無になってしまう~~。

さらに、有段者の気迫がすごい。喉発音による、ものすごい声で気合がはいります。練習の支持も喉発音的に、日本語で支持が出るのですが、実際、何を言っていおられるのかわからないので(日本語を喉発音するとわかりにくい)、まわりを見渡して、あ、今は切り返しだなと分かる。

剣道をやっていると、喉発音が普通になってきていて、今、実際、油断していていも、英語がネイティブみたいです。

ちょっと喋ってみましょうか?実際、正直なところ、こんなにかっこよくていいの?OK?って感じです。喉が開いたままだから、次に言う単語が思いつかなくても、そこで息、音が切れない、、、だから、ネイティブ独特の響きが継続できるってことだと思います。まだ、剣道をやっているときの、気迫、かっこよさを日常生活でもおもわず雰囲気を継続してしまうのか~。

[audio:http://nippondream.com/file/kaz_10_17_2011.mp3|titles=kaz_10_17_2011]

直りんはここをクリック

特に、アメリカ生まれの中国人、韓国人が学生メンバーで彼等の声のかっこよさを俺も再現したいと、思ってしまうのでした。

すでに披露しましたが、英語喉LIVEで日本人参加者の英語が甲高くなっていたら、口発音警報を流しますよ~~。
[audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning]

直りんはここをクリック

さて、週末に敢行した英語喉セミナーの成果を音声でお伝えします。参加者の皆さん、ありがとうございました。

まず、4人の皆さんとのボランティアクラスです。

指導前

[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before2.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before2]

直りんはここをクリック

[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_before.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_before]

直りんはここをクリック

指導後

ラジオの音声を聞いてもらったあとでの、聞こえ具合に関する感想
[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_tv.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_tv]

直りんはここをクリック

指導後の実際の英語発音(やっぱり違いますね~~~。特に奥さんの英語が全然違う!)
[audio:http://nippondream.com/file/dc_res_10_15_2011_after_eng.MP3|titles=dc_res_10_15_2011_after_eng]

直りんはここをクリック

次に、KATSUさんの友人のかたです。突然、英語喉の世界に入られたのです。実は、本を使わずに、口頭で指導したので、突然、音の世界だけで指導したのです。しかし、面白いほどに、発音が簡単にできまして、びっくり状態です(英語喉出版前、本なしで指導して、面白いほどネイティブ化していたときを思い出します)。

指導前
[audio:http://nippondream.com/file/rec_r_16_Oct_2011_22_07_49_before.mp3|titles=rec_r_16_Oct_2011_22_07_49_before]

直りんはここをクリック

指導後(突然、英語喉の世界に入られて、え???って感じなのですが、ものすごい柔軟性で、発音がとってもよくなったし、聞き取りも、シャドーイングできてるじゃん、、、て感じです)
[audio:http://nippondream.com/file/rec_r_16_Oct_2011_23_07_09_after.mp3|titles=rec_r_16_Oct_2011_23_07_09_after]

直りんはここをクリック

さて最後に、私が録音のときに、うなづいたりしています(YEAHとか)。あれって、ネイティブは結構していないです。だから今度からうなづきはやめます。あれはやはり日本人的すぎる。

剣道の練習中、日本語を勉強したことのあるアメリカ人が、指導されているとき、うん、うん、うんとうなづくのです。

やっぱりあれは日本語的感覚ですね。

さて最後ですが、アメリカ人のご主人といらっしゃったNさんです。実は2年ほど前に指導をさせていただきましたが、今回、もっと改善したいということで、セミナーとなりました。

ネイティブのご主人をともなってのセミナーは、実は2回め(2カップルめ)ですが、ご主人の理解を得ること画でいるという点で、非常に有益です。授業後もご主人のサポートを得ることができますね。

指導前(ご主人の声も入っています)

[audio:http://nippondream.com/file/DC_n_10_15_2011a.MP3|titles=DC_n_10_15_2011a]

直りんはここをクリック

指導後(ご主人のコメントもいただいています、、、またご主人なりのアドバイスも聞けて、非常に興味深い!日本人的な会話方法は、他人を気にしすぎているように写るようで、その点を指摘されています。)。
[audio:http://nippondream.com/file/DC_n_10_15_2011_after.MP3|titles=DC_n_10_15_2011_after]

直りんはここをクリック

Related Articles

聞き取り100%になるには、3ビートの徹底を

さて、日本時間の10月15日 土曜日の夜8時半~9時半 英語喉ライブ3回です。出演者は MASA@OSAKA(KOBE?)  KENJI@NY   (ちなみにKENJI@NYさんは、MASA RADIOに登場しました!http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-10-14) NAOKIYASA@OKINAWA (TAICHI@OKINAWAさんは未定) テーマは、ネイティブ発音の特訓(テンションを押さえつつ、喉をしっかりあけて、ハートTOハートで発音する、喋る練習をしましょう!) です。皆さんで練習しましょう。出演者の皆さん、可能であれば、SKYPEを最新バージョンにUPDATEしておいてくださね(VIDEO CONFERENCEに挑戦できるため)。 場所はここで見てください。 http://nippondream.com/eigonodo/ustrea こんな音声を冗談でとってみました。 口発音になっているときの警報音声。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直リンはここをクリック。 喉発音はまあまあだけど、スムーズになっていない場合の警報音声。 [audio:http://nippondream.com/file/choppy_warning.mp3|titles=choppy_warning] 直リンはここをクリック。 さて、、、 英語喉をやっているのに、音の聞き取り100%にならない場合は、それは3ビートが徹底されていないのだと思う。というのは、私はどうしても100%にならないというかたをフォローしているが、そのかたに、日本語でも良いですから3ビートで言ってみてくださいというと、微妙に3ビートになっていないからだ。 厳密には、これは英語喉をしていても、3ビートをしていないということだろう。 C-V-Cとあるとすると、微妙にC-VのところがCVという具合に固まっている。これは、Cだけで発音することができていないからである。 CをCだけで練習するには、英語喉の21ページをよく練習するといい。M行でやるなら M~ A~ M~ I~ M~ U~ M~ E~ M~ O~ という感じで、音をひとつひとつ言えないといけない。私がたまにフォローさせてもらっているかたは、たしか(記憶が今さだかでない)が、M~のときに、余計な母音がどうしてもついてしまっていたと思う。 これができるかどうかは、もともとの英語力とか語彙力などは全く関係しない。…

土曜朝喉セミナー第2回目の感想

土曜日にセミナーを開くと、日本語学校に子供さんをやっている親のかたがたが、来にくいのかもしれない。そういう人はきっと日系企業に勤めていると思うのだけど、結構、いままでセミナーに来ていただいていないような気がする(ニューヨークからは来ていただいたことはあるが)。 国家公務員で省庁のかたが結構多いが、いまだかつて外務省のかたはいない。もしかして、もう英語ができるのかな?文部科学省のかたもまだあったことがない。あと、NIHのかたは多くて、記憶をたどっただけで4人ぐらいはいらっしゃる。日本の科学者、お医者さんが、DCの北にあるNATIONAL INSTITUTES FOR HEALTHだっただろうか、ものすごい数で研究してらっしゃる。 本日は3人だった。 結果は、2時間で国産ネイティブレベルの発音と、音は聴き取れるというところまでいってもらった。2時間後に、英語を聞かしてもらったり、テレビから流れる音をシャドーウィングしてもらったとき、あれ?前からできたのですか?と言ってしまう。今度は、最初に、テレビをみてもらってから、その時点での、聴き取れる度合いを確認したい。 とにかく、発音のほうは、2時間なのに、ネイティブレベルになってもらった(定着自体は今後の練習)。聞き取りも、音が聴き取れるとおっしゃったので、これはよい成果だ。実際に、シャドーイングをしてもらったら、見事に聞き取れていた。 まず一番最初にこんな質問からいつも始める。お名前は?ネイティブにどう呼ばれますか?そして、それを解説する。例えば「たけし」だったらTAK-KESH-SHIと発音してみせる(喉発音で)。 お一人、中国語が喋れるということで、私が、中国語を私なりに喉発音で喋ったら、納得されているように思えた。というのは、口発音でやってみる中国語はシラブルの数が異常に増えるが、喉発音でやると、正しい数になるというのを聞いてもらったからだ。そのかたの中国語を聞いたとき、そのシラブルの一つ一つが私にも聞き取れた。あとは、喉で音をまねて繰り返すだけ。 20年以上前に、同志社の中国人留学生に、中国語では標準語を普通話(ぷーとんふぁー、みたい)だと教えてもらった。それ以来、色んなところで使った単語だが、口発音時代は全然通じなかった。中国人に。今日は、そのかたに普通話?と言ってみたら(中国語の標準語分かりますか?というような意味で)、あまりにも当たり前のように通じたので、どきっとした。 <関係ないが、昨日、犬の散歩をしていたら、韓国人の親子づれがいて、別れ際に犬を指差して、アンニョン、モンモンといったのが確実に聞き取れた。これは、じゃあね、ワンワンという意味だが、聞き取れてなぜか自分で感動した。モンモン自体は、その前日に、教えてもらっていた。アンニョンはアニョハセヨの一部だと直感で分かった。聴き取れると、分かりだすものだ。聞き取れないと、語学教育が精神論になってしまう。> 2時間で成果が出るということに満足だ。先週も2時間で、成果が出た。 先週と同じで、最初は、皆さん、日本人っぽく登場されたけど、セミナーのなかごろから、無国籍っぽい感じになっておられたかたがいた。それは、リラックス状態になったということでしょうね。 途中から、皆さん、激しくネイティブ発音になっていくので、え?前からできたんですか?とか、ちょっと私も混乱してくる。 だから、今度からは、最初の5分で、その時点でのレベルをちゃんと確認しとこう。 しかし、傲慢になってはいけないとは思うものの、2時間で国産ネイティブ化できるというのは、かなり自信がついた。  SKYPEでもできるかどうかは、微妙なところだ。というのは、やっぱり実際に目の前でリラックスしてもらうというのが大切なような気がする。 あと、自分の目の前で、他の人の発音がネイティブ化していくのに気づく、そして、自分の口からネイティブ発音が出るというのも良いのだと思う。 今日の具体的発見 Rのときに舌を丸めていると、やはりその丸めているから出る音色というのが分かる。やっぱりそれは、本物のRと違うのと、あと、それをすると、シラブルの数が増えてしまう。例えばWORLDのRを巻き舌でやると、WORLD全体が1シラブルに入らない。すると通じにくくなるかもしれない。 最初は、やや硬い感じの発音でも、途中からリラックス度が高まるのか、うまいぐあいになっていくケースがある。 無国籍的な雰囲気に姿勢などがなっていくのは、とても大切なのかもしれない(だから、英語喉の姿勢の章はあなどれない)。度をすぎたほど英語がネイティブ化する。次回は、全員が、確実に「外人化(一時的)」するようにしたい。 最初から結構スムーズにできたかたが、それでも前半は子音が口の中で摩擦音を伴う感じで発音されていたのだが、母音を指導中は、とりあえずは、指摘せず、子音のセクションで待っていた。しかし、子音を教えさせてもらったあとで、口の中の摩擦音が消え、ネイティブと全く同じ流動性を持つ英語になったことに、個人的には、興奮を覚えた。 テレビを見てもらうとき、アナウンサーの口が、日本人が大げさ発音をするときに、するように、(例 ウを発音するとき)口が丸まらない、、というのを指摘したが、まったくその通りなのがよかった。前回は、いかに、加山雄三氏が、歌うときに、口がタコみたいにならず、ネイティブ発音100%で歌うかというのを指摘した。 だんだん、2時間の指導が内容的にOPTIMIZEされていくと良いと思う。…

「リラックス」して見えてくる、英語の発音の仕方、剣道の仕方

こんな視聴者参加型の動画をつくってみましたので、参考にしてください。 さて、リラックスする、、、ということの科学。 ま、とにかく英語喉をやった後は、あせらず、喉発音と3ビートをリラックスしながら実践、、、するのがよい、、、と先日、セミナーのときに、すでに英語喉の効果を感じられて登場されたCさん(女性)がおっしゃっていたのだけど、本当にそうだなあと思っていました。以下は、まだ、英語の革命性にピンと着ておられないBさんの感想の後に、私がすでに実践者であるCさんにどう思いますか?とふったところなのです。Bさんとしては、そんなにすごいものが存在するなんて、と思っておられると思います。授業のあとに、聞き取りが向上したという感覚が残念ながらなかったのです。 [audio:http://nippondream.com/file/Kaz_commenting_after_session2.mp3|titles=Kaz_commenting_after_session2.mp3] http://nippondream.com/file/Kaz_commenting_after_session2.mp3 私はこの音声は、従来のパラダイムと、英語喉のパラダイムがぶつかったときに、お互いの理解が全然できないことの1例として、記念として残しておきたいなと思ったのでした。 Bさんが、個々の発音方法が参考になりました、、、と感謝されているときに、私としては、「う~ん、革命性が今回は伝わらなかったか~~」と残念無念だったので、すでに実践者であるCさんに話題をふってしまったのでした。 そして、このCさんが、「とにかくリラックス」とおしゃったのです。 そしてそのことが頭に残っていたのですが、それ以来、剣道の分野でひらめきがありました。いや、剣道以外のことにも応用できそうです。 私は、剣道を25年ぶりに始めまして、先輩に、踏み込みが大切だということを教えてもらったので、色々と研究していたのですが、ついに、納得のいく踏み込みができるようになった気がしています。 それは、体を完全にリラックスしたうえで、まるで、走るかのように踏み込んだときの筋肉の使い方、、、それが一番、正しい踏み込みじゃないかと思うにいたりました。 どうやって踏み込むのか、、、と悩んだとき、右足でどすんと音を立てる、、、とか、左足のふくらはぎを強くつかう、、、とか色々と悩みました。 しかしそんなときに、なんか、走るかんじでやるとうまくいくなあと、うっすらと思ったのです。 走る感じで、め~~んとうちこむと、うまく行く気がする。 でも、なぜかよく分からない。 そんなときうちの犬を見ていると、全然、1日中、緊張していなくて、寝てばかりいますし、また歩いたり走ったりするのもリラックスしています。 ところが人間がなにか技芸を身に着けようとすると、このリラックスができない。 英語喉でも同じですね。 なるほど、あまり考えずに走るときのようにリラックスした感じで、踏み込めばいいのじゃないかと気づき、それ以来、踏み込みが自然に、すばやくなりました。 さて、それから、あるBLOGを発見したのです。 http://www.kawamuramisao.com/ このかたは、スキーとゴルフとサーフィンの全部を研究されておるのですが、なんとこのかたが、 http://3264ee16c8dd3acd.lolipop.jp/?p=8 で、これら三つのスポーツで共通しているのは、股関節の使い方だとかいてらっしゃったのです。 そこでひらめいたのですが、股関節といえば、人間の体の下半分で一番筋肉がついているところです。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. まさしく豊富かつ圧倒的な説得力を伴ったサンプル群は、鳥肌もんです!

    アメリカ在住の方でさえ、いや、だからこそ、開けると一気にネイティブ化するんでしょうね。
    そして、劇的ネイティブ化を聴いていて感じましたのは…そこに至るまでのそれぞれの方がアメリカで過ごした時間が俄然意味を帯びる瞬間なのだということです。英語喉に出会いさえすれば、過去も決して無駄にはならないんだと。

    素晴らし過ぎるメソッドに乾杯w

Skip to toolbar