1年半、ギターレッスンをとって思ったこと。

音楽教育は普通、導入はドレミ(ハ長調)で、次にドレ<ミのフラット>でA短調だと思うんですが、最初にMINOR DIMINISHEDから始めると、物理的(?)に納得できるのではないか。

このスケールは全ての音の間隔が3半音(3度?)なのです。ドの次はレ#(ギターでいうと3フレット分上)、その次も3フレット分上へ、その上も(その下も)とえんえんと続きます。ドから始めると、ちゃんとオクターブ上の(下も)ドを通過します。

何が簡単か、何か基本か、導入かは人間が決めるものですから制度といえます。

音楽でハ長調から始めるのはピアノ至上主義(ピアノ帝国主義)ですよね。ピアノの鍵盤上では一見簡単に見える。ところが、その体系の意味、意図、意義が分かりにくい。

黒鍵2個があって、そのとなりに3個があってと意味がさっぱりわからない。

ところが、弦楽器で考えれば単純な、とにかくある音から3度づつずらしてください、、というシステムはなんと単純でしょうか?

そして、クラッシック音楽ではよく使われていて、美しいですよ。

英語教育でも同じようなことが起こっていると思います。入口が難しくなっている。

Related Articles

学ぶことのコツを剣道で学ぶ+いっこく堂VSカズ対決

昨晩は、待ちに待った剣道の稽古だった。GW大学の剣道クラブに入門したのだけど、それにしても、入門した?という大げさな感覚がない。ぐぐったら、たまたま近所でやっていた。GW大学の体育用施設(ジョージタウン)に愛車をのりつけて、校門のとこにとめる。用務員さんが、そこ止めていいよとか言ってくれる。夜なので無料だ。 半分以上が初心者なので、基礎的なことを教えている段階だ。なんと、私も、おもわず簡単なことだが教えてしまっているのでした。25年ぶりでまだ2回しかやっていないので、遠慮しながらだが。 筋のよいの若者がいる。打つタイミングと体重の移動が絶妙で、面の瞬間に、最大のインパクトを加えているのをみて感心したので、ほめた。うまくできているときに、それを理由とともに伝えると非常に喜んでいた。 最大のインパクトというと、打撃の強さととられてしまうので言い直す。大切なのは、いかに、次のステップにスムーズにつながるかということじゃないかと思う。面の瞬間、そして次の瞬間に、スムーズにつながっている。まるで体重の移動と竹刀の移動が完全に一致しているかのように。 そうでないと、面をとれなかったときの次の瞬間の対応に支障がでてくるのじゃないかと思う。 これは英語喉のライフサイクルとか、ギターにおけるアドリブにも通じるものがある。 ただ、メ~ンと言って、かけぬけていった最後で振り向くときに、彼は気合が抜けていたので、それを指摘したら、すぐに直った。気合が抜けていると、剣道っぽくないのだ。礼儀のようでもあるし、また、実際、うしろから切られてしまう可能性もあるのだから、気合を保つのは理にかなっている。 体が非常にかたい若者もいる。しかし、よく見てみると原因がある。それを探してやろうと、私はやつを懸命に見ていたのだが、問題点は、右足(前足ともいえる)のかかとがういたままになっていたことだ。左足のほうは、かかとを浮かしておくものだが、右足のほうは、平らにしておかないと、非常に動きにくいし、体全体が力む。面をするときの一連の動きのライフサイクルがスムーズでなくなる、、、という言い方もできる。 それを指摘したら、まあまあ、よくなった。 さて、私には一番楽しいと思われる「じげいこ」で、日本人の強者と練習することができた。本当にありがたい。私の頭のなかでは、スパンと面をとるのは、物理的、距離的に不可能であるという結論がでているはずだ。しかし、彼は、スパンと私から面をとってしまう。 え~、ありえない。 そこで一体、なぜそんなのが可能なのか? 思い切って練習のあとに聞いてみた。この、聞くというのが大切なのではないかと思う。聞かずに相手から見て学ぶというのは、不可能だ。というのは、体の表面の視覚的情報からは、精神のもちかた、考え方、体のリラックス度などが、分からないからだ。 ちょうど音声学者が、外から見た口の形に頼って音を分類したのはよいが、日本人が英語を勉強するうえで、機能的な知識を提供できていないのに似ている。 相手の考えていることを読んでいるそうだ。 う~ん、これは私はやっていなかった。今度はこれをやってみるぞ、、、と考えると、試したくて試したくてたまらなくなる。 今度の練習は日曜日だ。 相手の考えていることを読む、、、、一体どうやって読むのか分かりにくいが、とにかくやってみよう。 今回の練習でためしたのは、とりあえず、相手をぶったおすぞ~という精神で向かうこと(3箇所を狙うというより)、プラス、疲労のコントロールだ。思ったのだが、自分でエネルギーをセーブするというのもあるが、相手に疲れさせるというのもあるのだけど、これは気迫のように思える。 相手の気迫が強いと、思わず、とにかく、出ないといけないとあせり、出てしまうが、とんで火にいる夏の虫状態だ。 相手をぶったおすぞ~と思って戦うと、自然と視線が相手の目線と一致した。大学生のリーダーはものすごい目で俺をにらみつけていることに気づいた。なるほど、これは、意識しなくても、相手の目を見る、心を読む、相手の体全体の総合的な動きに対応できる、、、ということにつながるかもしれない、、、、と今、書いていて思う(中学高校のとき、私は一体相手の何を見て、剣道をしていたのだろうか、、、???相手を見ているようで見ていなかったのかもしれない。) 強い相手、自分よりもできる相手に、聞いてみるというのは、やはり学びの王道じゃないかと思う。 小学校のときに、とにかく手をあげて質問をせよ、、、というスタイルの先生だった。しかし、中学、高校となると、何を聞いていいか分からないという状態で、大学となると、なにがなんだか分からない状態だった(何を聞いていいか分からないし、また聞いたらいけないような雰囲気)。 日本の英語教育においては、英語喉をやっていない人が多いので、実際には英語が聞けない、発音できない、喋れない人たちが、英語の学習法を発信している。これは、非常に、理にかなっていない。 日本人独自の学習法、、、というのではなく、箱の外に出て(THINK…

英語喉パラダイムでは英語は「たかが英語」です

数えていないのだけど、これまで二百人ぐらいは英語喉指導をしただろうか? http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 同じ単語、文章で教えているので弱点のパターンが見えてくる。 まずは、大阪より東の地域(東日本)と、西の地域(西日本)で違うのは、a_ i_ u_が、すぐできるかどうかだが、西日本の場合、音を聞いて喉をリラックスさせるだけで、できるようだ。東日本の場合は、喉の奥の広げ具合を説明している。 口の動きに連動しているとおもうので、例えば、map のa_だと、喉がリラックスできない人は、口を横に広げたくなる衝動にかられるだろうが、それは、首の底の筋肉が似たような方向に動いていて、首が口が硬いので、それに連動して口も横に開くのだとおもう。 ある友人に、教えたのだが、大阪出身の彼女もかなり硬く、口を広げないでと数回言っても、広げて発音されていた。 これは、コミュニケーション不可能状態だと感じた。なぜかというと、口を広げないでと言っても、口が広がっていたからだ。 あと、コミュニケーション不可能状態だと感じたのは、アメリカ英語以外の発音を覚えているかたに、とりあえず、英語喉で頼んでも、その例えばイギリス英語的な発音を維持して、変えてくれないことが、これまで2回あった。 やっぱりそれもコミュニケーション不可能状態かもしれない。 英語喉は、おもうに、従来のパラダイムを超えてしまっていて、コミュニケーションが不可能になるのかもしれない。 英語喉パラダイム的には、 口を広げずにMAPと言ってくださいと、いっても、広がる場合は、コミュニケーション不可能状態。 でもきっと、従来の考えから見ると、口を広げても、同じような音が出ているので、それを変える必要がない??ということなのかな? 英語喉的には、とりあえず、いままでやっていることを、やめてください、、、というお願いがある。じゃないと、色々、矛盾が起こるのだ。 さらに、英語喉はアメリカ英語のこだわっているのではなくて、ま、とりあえず、物理的なモデル音として、真似してくださいといっているわけで、極端な話、例えば、あ、い、う、え、おを英語風に練習するときに、あえてスペイン語をつかってもいいのです。犬や狼のほえ声でもよい。 今は、COPY KEEP COOL KEPT COAL と英語を使っていますが、スペイン語をもってきてもいい。 英語喉=アメリカ英語とおもわれてしまうが、実際のところ、英語喉のパラダイムでは、「たかが英語」なのです。 i_ が最初できない人にi_ができるようになるテクニックを用意してあるが、これは、効果が個人によって異なる。 このあいだは、i_を言おうとすると、…

心温まる話 番外編(メンバーオンリー記事)

ワシントンDCでボランティア活動で英語喉を指導していることは、周知のとおりですが、直君との会話を紹介したあと(http://www.youtube.com/watch?v=d2JWkAOOhfI&feature=plcp&context=C42f30bcVDvjVQa1PpcFNEUKaATngbG9mo84VFwl5Ku6La7SiASjw%3D)、以下のような展開になりました。全然、心がアタタたまりません、、、。ま、今風邪中なので、しばらくは教えていませんが、、、。 最近感じているのは、この批判する人たちは、本当に英語が喉なことがワカラないのだかということです。前は、意地悪でやっていると思っていましたが、今はわかります。英語が立体的な音であることを聞いていないのです。   広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音? Name:うえかわ ( 12/03/04 11:50 ) 66.44.5.75 返事を書く ( 12/03/04 08:43 ) 69.143.104.34 管理者移動 英語発音と聞き取りをボランティアで教えている上川です。私が書くと、掲示板があれるので、さくっと紹介だけさせてください。私が教えるときに、広島とか九州の出身のかたは、英語の発音(喉発音)がけっこう簡単に出きてしまうのです。東京付近の出身のかたは、結構、発声が硬い感じなので、それを意識してもらいながら、ほぐしていっています。  そのことをどうやって伝えようかと悩んだ結果、昨晩、以下のYOUTUBE番組を作りました。タイトルは、  広島県人は、英語を勉強していなくてもネイティブ発音?  http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=d2JWkAOOhfI  私が書いて、荒れるのは、例えば日本人以外は、英語を聞いて、勉強していなくても、音としては聞けている、、、ということで、このことは、来週あたり、証明?してみたいと思います。上のビデオは、広島弁風に英語をしゃべると、ネイティブ発音が比較的簡単ということです。 [Re:1]ごめんなさい Name:じゃけえの ( 12/03/04 13:30 )…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Skip to toolbar