シラブルがよく聞こえるときと(ボンボン)、微妙なときがある理由 (読者参加型エントリー)

昨日、またおとといのエントリーをきっかけにMAIさんが、シラブルのリズムが聞こえるようになったということで、とてもめでたいです。皆さんも挑戦してみてください。

さて、MAIさんが、ボンボンという感じのリズムが聞けるときと、聞こえないときがあるとおっしゃっています。

中国語やフランス語などでは、いつも聞こえる感じがしますが、、、。

仮説に過ぎませんが、英語には、シラブルが分かりにくい要素が少々ある?ということでしょうか。

特に、スムーズに読んだとき、短めに聞こえるシラブルが、ボンって感じにはっきり聞こえない。例??うーん、おもいつかんけど<私が録音して、手拍子しながら、やっていて、しくじってやり直すときがありますが、そのときって、シラブルを一個忘れたときだと思います>。

ただしですよ。リズムが聞こえにくくても、結局のところ音が全部聞こえているということであれば、それはそれでよいのだと思います。

リズムがとれなくて、さらに、音が聞こえにくい場所ってのが問題ですよね。

二重母音の存在もボンってのがちょっと長くなるので変化球の原因?

日本語にある小さなッに聞こえる要素、例えばKICKのとこ、、、なども、ボンと聞けない原因になりそう。例えばKICKと聞くとき、これをBONって感じで聞ければ合格なのだけど、ダッダって感じに聞こえてしまう。

あるいは、伸ばす音。ワールドって単語もボンって感じで発音し、またそのまま聞くのが大切なのだけど、ダーダダみたいに、伸ばす記号が入った感じに聞こえる。

ッや伸ばす音を無視してしまうには、ノドのそこでつながっている継続している音にフォーカスすること。

さて、一つのYOUTUBE動画を見て、どこがシラブルのリズムが聞こえなかったかというのを指摘しあうってのどうでしょうか?皆さんぜひご参加ください。

ここがリズムがはっきりしなかったというのを、動画のどの部分(何分何秒のところ)で指摘し、できれば、その英語を書き取っておいてみてください。最初の3分ぶんぐらいでどうでしょうか?

でも思うに、そういう風に真剣に聞いているうちに、全て聞こえ出してしまうかもしれませんよ。

さて、課題の動画ですが、、、ラリーキングさんのから選びましょうか。

Michelle Obama on Larry King Live

http://www.youtube.com/watch?v=pyBc33UjvDU

皆さん、ぜひご参加ください。そうすることで、日本人に共通な弱点が見えてくると思います。

Related Articles

リスニンングを鍛えるための音声をつくりました

さて、リスニング強化用の音声を録音しました。喉の音を聞く、シラブル・3ビートのボンボンボンのリズムを聞く練習です。 www.nippondream.com/blog/renshu_05_02_2011.mp3 皮肉なことに、多くの日本人がモデルとして聞いているアメリカの標準英語が一番、シラブルのリズムを感じにくい英語です。もちろん、聞こえ始めるとあまりにも当たり前のようにリズムが聞こえ、音の細部の細部まで聞こえるようになります。 しかし、かけだしの英語喉実践者にとっては、結構、苦労してしまいます。特に、英語上級者であるほど、知っている単語で気が散ってしまい、本当の音が聞けないという状況が生まれます。 先日も、英語喉実践者とビールを飲んでいるときに、となりにいたアメリカ人のピートさん(仮名)が、普通に英語を喋っていたのですが、英語喉実践者のかたが、ピートさんがなまっていて英語が聞き取りにくいというのです。私にとっては、全然なまっていなくて、普通の英語をしゃべっていました。実践者のかたが、いや、他の人に聞いたけど、ピートさんの英語はたしかになまっている、、、と。 しかし、それは、アメリカ人でも、誰でもある程度のなまりはあるはずですから、そのささいな部分を指していっているだけです。 そのピートさんは全然なまっていなかった。その証拠に、その彼と話していた東アジアのある国の出身者は、まったく問題なしに、ピートさんと会話しているのです。 私の診断では、その英語喉実践者氏は、それなりに、英語がすでにうまいので、聞き取りのさい、逆に細部まで聞きにくくなっているのではないかと思います。 まずは、意味をとろうとして聞くことをやめることです。すると、あちらのほうから意味が歩いてきます。 その練習のためにいろんな音源を合わせて、練習テープをつくりました(このエッセイの最初にURLをコピーしました)。意味をとろうとすることを停止し、喉の音、それからシラブルのリズムに集中してください。 さて、以下が音源です。日本語でも、幼児の喋る?言葉、各種方言(以下では沖縄方言)は3ビート、あるいは3ビートに限りなく近いです。2ビートの例として、茂木さんが英語で喋っているのを同時通訳をされている音源を選びました。標準の日本語が、英語の2倍ぐらいは早く喋られているのが分かります。そして、コックニーを聞き、最後にオバマ氏の演説です。これらの音源をいったりきたりして、耳をリズムに慣らします。 娘1歳半 本を読む http://www.youtube.com/watch?v=x40wTwtjmS8&feature=related 沖縄の方言紙芝居 http://www.youtube.com/watch?v=nBcBFGs_Seo&playnext=1&list=PL66C414F2D6B1CEF8 TEDxTokyo – 茂木健一郎 – 05/15/10 – (日本語) http://www.youtube.com/watch?v=5CcA-ucHKQg Cockney…

常識の壁をどう越える?不安

英語発音に関する言説形成をインターネットで見ていると、この壁を超えることは可能なのだろうか、、、と心配になることがある。 壁とは、、、。例えばだが、私たちは、風呂からあがってうろうろしていると体が冷えて、風邪を引く、、、ということを真ととらえてうたがわない。ところが風邪はウイルスで起こるのだから、実際は、風呂からあがって床に入るまでの時間は、風邪を引くことと無関係なはずである。***ところが、昔からそう聞いているのだから、決してその壁を越えることはできないだろう。 ある二つの説明をネットで読んで、その壁のごつさを思った。 イギリス英語は日本語英語に近い、、、という説 英語は強弱が大切だ、、、という説 どちらも正しくないがものすごい説得力だ。強弱が大切だ、、、のほうからはじめる。すでにこのことは色々言ってきたが、あるインターネットの説明でものすごい説得力を持つ説明(間違ってはいるが)を読んだ。その説明によると、英語ネイティブはそもそも強弱をつけないと何も読めない、、、、というところから始まっていた。 例だが、例えばMCDONALD’Sという単語があるとする。マクドナルドだが、ネイティブの発音はマッダノーってかんじ。クが弱く思えるし、LDSのところが弱く思える。したがって***結論として***ネイティブは強弱をつけないと読めない、、、、と。 ところが、この論理の展開には、無理がある。そもそもマクドナルドはカタカナだ。そのカタカナと英語発音のMCDONALD’sを比べて、カタカナで読むのに比べたら特定の音が弱くなる、、、と結論ずける、、、のは問題だ。だって、英語を日本語の論理で考えているからだ。 ネイティブにとってみたら、別に「ク」を弱く読んでいるわけではない。クではなくてKであり、このKをネイティブは弱く読んでいるというわけではないのだが、日本人がカタカナの感覚で聞いたら、(クと比べれば)弱く聞こえるということである。 英語は日本語でないという当然のことを思い出す必要がある。 さて、イギリス英語が日本語英語に近いという説もあるが、これはTがdにならないので(例 BETTER アメリカ英語だとペラーに聞こえるが、イギリス英語だとベターに聞こえる)、リエゾンしたときに、カタカナっぽく聞こえるというだけであり、本当にカタカナ的に読んだらいかんのです。 あとイギリス英語ではRを発音しないという俗説がある。例えば、CARだが、アメリカ英語だとRをしっかり発音するが、イギリス英語ではCARをカーという感じでいい、Rを発音しないと。 ちょっと待ったーーー。 思い出してほしい。カーの「-」は音を伸ばすという意味だが、これは日本語ですよ。英語には「-」はないんです。 イギリス英語のRも発音されているんです。ただ、それがカタカナ風に考えたときに、「-」に聞こえるんだけど、その音は、(母音をアーと伸ばしているんじゃないくて)、RはRなんです。 英語には「-」がないといいましたけど、英語には「小さなツ」もないんです。「-」も「ッ」も日本語なんです。例えばGETはゲットという風に聞こえるけれども、あれは「ッ」じゃないんです。GETを喉で発音すれば、各音のライフサイクルがフルに出てきますが、Tのライフサイクルの最初がたまたまそういう風に聞こえるだけです。 喉発音を徹底して3ビートをやれば、「-」も「ッ」も日本語であり、英語には存在しないことが分かります。 イギリス英語の話をしていましたが、もうちょっとGENERALな話になりましたね。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 上川先生おはようございます。ご回答ありがとうございます。

    喉でつながっている継続している音を意識して聞くようにしてボンボンを常に感じられるようにしていきたいです。
    ミシェル夫人の動画、早速聞いてみました。
    冒頭3分は問題なく3ビートシラブルを感じ音を拾うことができます。数日前まで全く聞こえなかったボンボンがなぜ今こんなに聞こえるのか不思議です。嬉しすぎます。
    ですがこのお二人の話すスピードは通常の早さですか?遅く感じますがこれは上川先生をはじめ、みなさんがおっしゃっているシラブルが聞こえるようになると生じるあの素晴らしい現象ですか??

  2. 念のため、もう一度聞いての書き込みです。英語は普通のスピードです。全然遅くありません。

    そのとおり、あの素晴らしい現象です。

    音が聞こえる、、、だから、意味が分かっている単語は分かる、、、分からない単語は、音としてはなんとなく分かるから、覚えやすい、意味を調べやすい、、、

    という素晴らしいステージにMAIさんが今立たれたということですよ!

    そして、聞いたとおりの音を出せるように少しづつ勉強する。

    そして、喉発音と3ビートでネイティブとじっさいに喋る、、、すると、相手がとてもフレンドリー、、、。

    そういう世界です。

    ようこそ!!!

  3. 普通のスピードですか!ホントですか?私に気を使って下さってる訳ではなくてですか?

    未だにボンボンが感じられる自分が信じられません。
    話は変わりますが最近になって上川先生のこのブログの存在を知りました。過去の記事を読むのが最近の私の楽しみの一つです(^^)