Skip to toolbar

才能の科学を

ただの高校生のブログというのを発見しました。英語喉について書いてくださるとのこと。追いたいと思います。聞き取りはだいたいできるようになったそうです。GOOD JOB!

http://watashityping.blog108.fc2.com/

さて、本日は才能の科学について書きたい。朝日新聞のHPで読んだのだけど、大阪の知事さん、橋下さん、が韓国の英才教育について視察をされたそうです。

私は英才教育に関しては、あまりいいものとは思いません。まず、よく、昔の一高?はよかったとか、戦争前はエリート教育があっただとか色々書いている人がいますけど、自分の言いように解釈しすぎというのもあるけど、結局、自分が偉い、賢いと言いたいのではないかと思われる節あり。

それから、グローバル時代の才能って、人じゃないと思う。エリートの人がいて、馬鹿がいるって感じじゃない。じゃなくて、人はそれぞれ個性、才能を持っていて、それが、グローバルのニーズに合うかどうか?って感じに思う。そもそも、そのエリートも本とか、試験で選ぶとすると、ますますグローバルニーズから遠ざかる。

さらに、そもそも、今、グローバルで活躍している人達は、学校で学んだことがよかったとか思っていないのではないだろうか?まあ、極端な例が、ビルゲーツさん。

学校、試験制度、資格制度というのはかなり限界がある。

学校のどこを変えるかということに関して、エリート高をつくる、、、というのじゃなくて、もっと、現実にそったカリキュラムをつくるとか、何か学習者が自分でつくりだすとか、つまりプロジェクト的なことをしたらよいのではないだろうか?何かに取り組むなかで、自分の才能を自覚するというような。

英語喉をやる前はよく分からなかった。アメリカ人がすごいとか思ったことがない。しかし英語喉をやり、英語が本当にわかるようになり、そしてアメリカ人との距離が近づいて、しみじみ感じること。

それは、人によって、強みの点が違うということ。

私はどちらかというとデータをもってきて、そこから色々といじくって、分析可能にして、分析するというのが、楽なのです。特に量的な情報がよい。プログラミングでこうかな、ああかなといじくりまわすのが、楽。特にマクロ的なプログラミングで。こんなときは、こういう統計テストを使おうとか、あれ?この場合はどうだろう?と思って、調べて、あ、これでいこうとか。その場合のASSUMPTIONはこうだなとか確認したりとか。

で、先日、テキストを読みながら、そこから大まかな設問項目をつくるといういつもの仕事と違うのをやったのだけど、苦しみながらやった。で、そこで、アメリカ人の助っ人に助けてもらったら、その人は、「私はこういうのが得意」と言いながら、すんなりとスピーディーに仕事をこなしてしまった。テキストをちゃんと理解して、大まかなグループ分けをして、その範疇名を考えてくれた。仕事もむちゃ速い。

私が好きというか、楽なのは、アルゴリズム的な仕事。この人が好きなのは、乱雑に思えるデータから意味を考えたりして、理解すること。

あと、一緒に働いている人で、どっちかというと私に似ているけど、データ分析の結果、結局、政策的にはどうなのか?という結論を導く名人がいる。だから、結果が出て、う~ん、どうやって理解したらいいのだろう、政策提言的にはどういうことか?と疑問が出ると、彼のところに行く。するとすんなり答えがでる。

あ、私のシカゴの指導教授は、名人芸と言えるほど、統計分析の結果などを解釈するのが得意だった。Xの係数がPOSITIVEだっても、NEGATIVEだっても、どっちでも、解釈ができる。

しかし、こういうのは、性格とかだと思う。学校で鍛えるものというより。才能というのは、性格みたいなもの。

普遍に存在する性格みたいなもの。

私にとって、英語発音の指導と、私の好きなヘビメタと、あと仕事でやっているデータ分析って全部同じだ。

すべて、アルゴリズム的なものだと思う。何か、少ないルールに基づいて、複雑?なパターンを作り出すみたいな。

ヘビメタだが、これは中学のときに、当然、ラウドネスの洗礼を受けた。AC/DCとかVAN HALENとか、色々だ。

どれもこれも、ギター演奏などがアルゴリズム的なのです。が、が、が、が、が、がって感じで弾いていって、ソロのところで、炸裂するみたいな。それも、まあ、やってみようって感じのソロ。まちがったら録音しなおそうみたいな。しかし、偶発的なメロディーがよかったりする。意図しなかったとこに発生した雑音とか。

これが私が仕事で使うSASプログラミングとか統計モデルによく似ている。

あと、統計モデルも、まずアルゴリズム的に、何か現象が起こるメカニズムを式に置き換えて、変数を非常にFORMALISTICに考えて、で、が、が、が、が、がって感じで結果を出す。

英語喉も同じに思える。この2ヶ月間教えているけど、セミナーのたびに、非常にシンプルなルールを紹介し、が、が、が、が、がって感じで教えて、結果をだすと。

そういうのは、才能とかじゃなくて、性格というか、何が好きか?ということ。いや、好き嫌いの問題じゃないと思う。

好き嫌いが問題なら、仕事せずに、遊びたいに決まっている。

やらなければいけないのなら、何が比較的楽かというのが大切じゃないか。

日本の教育制度の、文系とか理系とかの分け方とか、普通科と工業科とかのわけかたには、無理があるのではなかろうか?

そもそも、なんでもかんでも暗記になってしまうけど、暗記の得意な人なんて存在しないのでは?ただ、テストすりゃ、誰かがいい点を取るので、その人達が暗記名人になるかもしれんが、それは必ずしも、暗記が得意ということじゃない。

うんこをしたら、誰かがもっとも長いうんこをしたということが、必然的に生まれるのと同じだ。

だから、暗記とかを元にじゃなくて、何が楽か、何が性格かに基づいて、教育制度を再編したらどうだろう。

自由に途中でコースを変えたりとか、そういうのがいると思う。

あと、何が好きか、何がむいているかを考えるとき、何がその人の弱点かがヒントになるのではないだろうか?

私のむいているのは、シミュレーション的(まあ、適当にやってみるか)とアルゴリズム的なことなのだけど、いつも、小さいときから、物がなくなったりしていた。整理が苦手だから。あと、人に、着く時間などを告げるとよく間違う。1時間ちがったり、1日違ったり。

そういう弱点と、向いていることというのは相関があるように思える。

あと、どんな風に、教育を変えるにしろ、まずは、それを主張する大人が、子供にさせることを6ヶ月ぐらい体験してみるというのがよかろう。ランドセルせおって、小学校に通うのだ。

例えば、え?英語ノート?じゃあ、大人がそれ使って6ヶ月小学校に通ってみよう。

子供にいいことは大人にいいに決まっているから。

 

Related Articles

21世紀の言説空間は真っ白です

英語喉がでて3年以上になるけど、英語が聞けて、言える状態で、物事をみる、外国を見る、日本語見ると、新しく言えることがたくさんありますよね。 これは笑えました。ただの高校生さんが、英語の試験で、二つの単語の発音が同じだったらマル、違ったらバツという問題で、英語喉の発音記号だったら、バツだけど、学校で教えていることだったらマルってシチュエーションに遭遇されたようです。 http://watashityping.blog108.fc2.com/blog-entry-13.html しかし、センター試験などでも、やはり強く読むとこがどうのこうのというのは、違うと思います。やはり、一つの要因は、誰も英語ができないのに、英語の試験を作っていると言うこと、そして英語を人生の教育選択の中心になる科目としていること。 あと、昨日、英語の文法書を見ていたのだけど90%ぐらいが、文法というより、語彙だと思いました。SOMEとANYの用法、、、なんて、なんとなく文法っぽいけど、あれってSOMEとANYの意味の違いなのだから、語彙の問題だと思うのだけどなあ、、、間違っていますか? 日本人が考えて日本語になりにくい項目を文法と呼んでいるような気がしてならん。 でも、この言説の危うさって、英語だけなのですかね。日本人が考えるところの英語についてだけ、完全に勘違いによる言説構築物がそびえたっている、、、。 その他のもの、その他のあらゆる私たちの人生に影響を与えるものは、まずまずあっていて、英語に関するものだけ勘違いなのですかね??? 例えばですが、寒かったら風邪を引くとか、そういうのも違うと思うのだけど。温度じゃないような気がする。昔は、運動中に水を飲むなとか言ってましたよね。あれは、やっぱり間違っていたのかな、、、。 人間のつくるルール、言説空間は構築物ですよね。それは、真実であるとは限らない。 正社員と、非正社員ってのも、やっかいな区別です。これは法律によって、支えられているのでしょう。正社員として雇うと、解雇されにくいということになっていて、法律に守られている。だから新聞によると、JALで解雇という形にするまえに、希望退職という形にしたいということですね。 しかし、私自身、中学、高校とそういうことは知らなかった。確かに、すぐに就職することは大切だとは思っていたけど、正社員とそうでないのがあるとは知らなかった。 小学校の野球クラブで、6年生のときに補欠になったけど、4月になった時点で、すでに、チャンスはないということを知らなかった。6年生が11人ぐらいしかいなかったので、てっきり、努力すれば、レギュラーになれる、いや、せめて試合にはたまに出れる、いや、せめて練習はできると思い込んでおりました。弾拾いばかりやっていましたよ。 なにか、そのときのルールが現代日本社会のルールによく似ている。小学校5年のときに頑張って秀でたものだけが6年生のときにレギュラーになれる、、、と。なんか準備期間がものすごく厳しい。そして、なれたものだけが経験やスキルレベルを積むことができる??? アメリカでは、フルタイムという言い方をしますが、正規社員というのはないと思う。全員が、非正規社員で、いつでも解雇できるのだろう。その日のうちにでも解雇できます(また、労働者側はその日のうちに、やめると言ってもOK)という書類にサインしたこともあります。前のある会社に決まったときに、契約書で。 しかしそんなもんだと思っている。 国民保険もない。だから病気になって、仕事ができなかったら、まあ残念でしたということだと思います。まあ10年ぐらい働いていたら、障害者と認定されれば、お金をもらうことはできます。私も10年ぐらいは働いているので、年金とか、障害者基金とかはおりると手紙が何年か前から来てます。 でも10年に満たなかったら、グッドラックってこと?こわ~。 アメリカには、国民保険がないので、会社を通じて、保険にはいったりするけど、小さな会社には保険すらない。個人で買うには高すぎたりする。 またついこのあいだは法律がとおって、病気がすでにあっても、保険に入れるように、、、ということになった。 え??? つまり、すでに障害などがある場合、保険会社が加入を拒否できるということです。ただ、会社を通じて入る保険はそういうのは普通無いと思うが。 でも小さい会社とかだったら、病気を持っていそうな人を入れると保険のプレミアムが上がるということで、差別をするかもしれないですね。 で、今回、リパブリカンが選挙で圧制だったんだけど、国民保険的な改革はこれで終わりだと思われる。 アメリカに長く暮らしているが、なぜ大学生が就職、就職と悩んでいないかが分かる。大学時代になやんだところでしょうがない。…

自分を取り戻す方法としての料理

喉セミナーご希望のかたは、メールでお知らせください。日にちと時間は2,3、ご希望を教えてください。こちらで調整します。 さ~て、始まりました~~。クッちゃんと喉やんの英語教室です。今日の表現は、WHAT TYPE OF MUSIC DO YOU LIKE?です。英語喉の225ページにある表現です。MUSICのところを色々変えて言ってみましょう。英語喉発音記号では、 W_-u_-T/T-AI-P/P-u_-v/M-IU-Z/Z-i_-K/D_-U-Y_/Y_-U-L/L-AI-K (Lは本では小文字ですが、大文字のほうが見やすいので大文字にしました) [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_04_2011.mp3|titles=kaz_08_04_2011] 直リンはここをクリック さて、英語喉パラダイムにおいては、自分をいかに取り戻すかというテーマが大きなテーマだ。これを「ガイジンになる」と私は表すことがある。 一つには、多くの英語教育者や、どちらかというと保守的な論者達が決まって、英語は内容が大切であり、発音を極めようとするのは、邪道だ、、、あなたはガイジンに、あるいはアメリカ人にそんなになりたいのか?と問うことに対する、私なりの「カラカイ」、「おちょくり」である。 はい、ガイジンに私はなります。ただし、日本人である私がガイジン化してもアメリカ人にはなりません。日本人ですから。 過去の自分を写真で見たときに、そこには、やせこけた若者がいる。栄養失調のようであり。私は、以下のことを実践することでガイジンになることにしたのである。 角刈り+たんぱく質補給+懸垂+ネイティブの標準姿勢(英語喉29ページ参照)を保つ なぜ角刈りなのか、なぜ懸垂なのか、などはすでに色々なところで述べている。 私にとって、ガイジンになるとは、本来の自分を取り戻すことである。 さて、私は、今日は料理に関してふれたい。うちは、健康ブームで運動がはやっているのだけど、この数ヶ月、私は料理を本格的に始めたのである。 それも、原始的なる料理を始めたのだ。どんなに原始的かというと、例えば、牛肉を買ってきて、それをフライパンに落とし、塩、コショウをするだけだ。 いや、本当にそれだけだ。それがきっと原始時代の食べ物だったと思う。 さて、英語喉が、いわば、従来の言語学、音声学に対するアンチテーゼだったと思うが、この原始的なる料理法は、料理にまつわる全ての言説への挑戦である。 我々は小さいころから、米をたくのでも、まずは、水につけて、何時間待てとか、炊き方にしても、最初はこうで、なかぱっぱだとか、色々聞いてきている。 実際、そんな方法で米をたくものなら、時間がかかってしょうがない。 そこで、私は、もっと原始的な料理法はないものかと考えたのである。日ごろから、ジーナが、強靭な体を作るには、肉を食うことが大切だと言っていた。 あるとき、ハンバーガーを作ってみたくなったので、ミンチを買ってきた。ジーナにアメリカ風のハンガーバーの作り方を聞いてみた。…

日本語を英語に訳すのではなく、心を訳せ(ということを真顔で言いたい)

さて、英語喉を直接教えていて、発音は、2時間でネイティブレベルにする自信がある。聞き取りは、人によって異なるのだが、この土曜日は、小さいッや、伸ばす音に惑わされない!ように指導して、音の聞き取りの成功率も精度をあげたい。このあいだは、最初はご主人に指導させてもらい、それで、その2週間後に奥さんに指導させてもらい、そのときに、「あれ~、聞き取れてる~~」といううれしい言葉を聴いた。しかし、この成功度を高めたい。 やはり直接教えるというのは効果が速い。日本で今英語喉を参考にしてくださっているのは、天満さんとYUMIさんだが、なかなかの成果を上げられているようでうれしい。もちろん、喉が開ききらない人も出るだろう。開く、、、という表現が正しいのか、、、日本語でするようにピコッって感じで緊張させない、、、ということなのだろう。もう、ご存知だとは思うが、念のため: 天満さんはここ http://processeigo.com/ YUMIさんは http://ameblo.jp/englishbootcamp/ (天満さんもこないだ書いてはったけど、勝手に紹介しています。内容などは、ご自身で確認してください!) 教えるときのこつは、どれだけリラックスしてもらうかということではないでしょうか?こないだ、ジーナが質問を受けて、ネイティブは体に力が入っていたとしても、喉はリラックスしたままだと言っていて、ピンと来たのだが、ジムで体を鍛えているとき、顔をしかめながら、トレーニングしているは私だけだということが判明(前から気がついてたが)。で、ワザと、喉だけはリラックスさせて、腕立て伏せとかしてみたのだけど、これって結構、可能だし、きっとネイティブはそうしていると思う。 体の緊張が、喉(首の中のパイプ)に連動していないのではないだろうか??? これって、喉発音の練習になるかもしれない。腕立て伏せしながら、意識して、喉の力を抜き、ありゃ、喉に力を入れる理由ってないんだな、、、と。 さて、今日のテーマだけど、最近、聞いていて、あれ、それ違うんじゃないかと思う言説だけど、英語を喋るときに、日本語の細かいニュアンスも訳す、、、とか、「よろしく」は英語でなんと言いますか?とか、日本語にあるけど、英語になりにくいことをどういうかとか? TWITTERで、よく、これはこういうみたいなのがある。どれもこれも、日本語から英語になりにくいもの。例えば、「つーかさあ」をどう言うかとか(今、これ例として作ったのだ)。 そういうのは、日本で英語を勉強する立場だと、覚えにくいし使いにくい。 さらに、日本語があって、それを英語に訳そうとするやりかたは効率が悪い。 もっと、言語になっていない、体、心のなかにある原始的な意味のようなものを英語にするとよい。例えばですが、アメリカに来て、英語が得意でない人が、子供の学校に行き、アメリカ人と交わり、そのあとで、「よろしく御願いします」と言いたいとする。 でも、それは、日本で社交辞令用の言葉であるところの、「よろしく」を訳そうとしている。 そういうときのコツだが、一体、じゃあ、アメリカ人が何を言っているのかを観察。よろしくとか言っていないと思う。 そういう決まり文句を日本語から英語に訳そうとするのでなく、日本語で、、、というか言語はとりあえず、横においておいて、体、心、頭の中に、抽象的にある意味を大切にする。 すると、言葉じゃないけど、「また会いましょうね」とか、「息子の友達になってください」とか、そういう意味の塊が心のなかにあるはずだ。 その意味を英語にするのである。 日本語を介入させずに。 今、例えば、頭の中をからっぽにしてほしい。実験で。そして、意味が浮かんでくるのを待って欲しい。それは例えば、「え?どういうこと?分からんなあ」という不安の気持ちが浮かぶかもしれない。あくまでも言語になっていない気持ち。 それを英語で言うのだ。 トイレ行きたいと思うかもしれない。それは体で感じることだ。 その原始的な意味を英語にするのである。 会話のとき、う~ん、この理由を分かって欲しいという欲求が、言語を解さず、心のなかに生まれるなら、そこで、BECAUSEと言うのである。 日本語を英語にするのはやめよう。あえていえば、心を英語に訳す?のだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. このことばいい言葉ですね!

    「子供にいいことは大人にいいに決まっている、、、から」

    このことばにしびれました。重みがあります。

    KAZさんのが、が、が、が、が、が に色々な技術や知識があることが分かるのですが、初めてみる人にとっては意味が分からないでしょうね。KAZさんは直接指導できる場所がむいているのでしょうか???と ちょっと思いました。(ビデオ指導とか、KAZさんの熱意・技術が伝わりやすいような気がします。)もちろん、このブログも素敵ですが!

    あのーひとつ質問があります。この方の声をどう判断されますか?遠藤憲一さんなんですが、是非KAZさんからはどうみえるのかを判断して頂きたいのですが、お時間ございましたら宜しくお願いいたします。

    ttp://www.youtube.com/watch?v=9zEBiRyYsS4

  2. ZAKUさん、コメントと暖かい言葉ありがとう!

    遠藤さんのYOUTUBE聞きました(皆さん、上のURLで最初のTTPの前にHをつけるとよいですよ。こういう風に。

    http://www.youtube.com/watch?v=9zEBiRyYsS4

    聞いてみると、遠藤さんは、アクビエリアをちょっと枯れ気味で響かせてらっしゃいますね。ゲップエリアまで含めるなら、迫力が加わると思います。

    渡辺健一さんや、このあいだLOSTの出演されていた真田さんも、ゲップエリアまで到達していないので、ゲップエリアまでおりていくなら、英語がもっと聞きやすくなるし、迫力も出ると思います。

    というのは、私はジムで運動をしていて、ぼーっとテレビの音を聞いていたら、ちょうどLOSTのコマーシャルだったんです。真田さんの英語が聞こえてきて(画面は見ていなかった)、ありゃ、口発音の要素が微妙にはいっている英語だなと思って顔をあげたら、真田さんだった(日本人としては、ものすごいうまい、、、しかし、ゲップエリアを意識すれば、もっとすごいでしょう。

    ゲップエリアまで制するのがポイントだと思います。

  3. 参考になるかと、遠藤さんのセリフをシャドーイング。遠藤さんを真似て、声帯の上の部屋(ゲップエリア)を枯れ気味にならしながら、マネ。その後、声帯の下の部屋を使い、セリフを読み、声にふとさ?芯ができることを示してみました。

    http://www.estat.us/blog/endo.mp3

  4. このYOUTUBE動画のコメントにこうありました。

    >声ってのは、それだけで才能なんだな~。こもった声の俺からみたら本当に羨ましい。

    今の現時点では、人々は、声のよさは才能だと思い込んでいるわけです。おそらく遠藤氏の才能は、きっと、感情を込めるとかそういう部分がプロとしてあると思うので、私達一般人より秀でているはず。

    しかし、声自体は誰でも持っているし、生物として誰でもいい声が出せると思う。

    歌でも同じ。声はある程度まで誰でも良い音がだせる。もちろんプロは当然のこととして、スムーズな、管楽器のような声が出せるし(これがアマチュアには難しい)、感情移入などもできるだろうし、また芸術家なわけです。

     

  5. お返事ありがとうございます。さっそく、KAZさんの音声確認させて頂きます☆

  6. 音声聞かせて頂きました。ありがとうございます。たぶん、KAZさんならこの遠藤さんの発声にどう分析されるかとちょっとおもしろがって頂けるのではないかと思い投稿しました。

    私もやっとこ、声帯の下が響く意味が分かって練習しててたまにできる時があるんですね。楽して声が響いて迫力があるんですね。それができた時の喉の状態なんかを意識して調べる感じで脳にインプットしようとするのですが、あれこれしちゃうせいか また、元に戻ったりします。

    自然と喉がさがっているんですよね、わざと喉仏を下げたら低い声はできるんですがぜんぜん響きが違うんですよね。うーん、ごくたまにしかできない。。