日本の出生率を上げる方法(2) 逆だよ逆、順番が

日本のドラマを見ていたら、告白のシーンがある。付き合ってください、、、みたいな。こないだMIXIのニュースか何かで、どうやって告白するかみたいなのがあった。

あれが日本の出生率を下げている元凶である。

アメリカでドラマを見ていたり、周りを観察していて分かるのだが、逆だよ逆。

*日本 付き合ってください。好きです。-->付き合う

*アメリカ 付き合うーー>好きです(アイラブユー)

日本のやり方は、英語会話学校に1年分の授業料のローンを組むようなもんだ。これでは、最初の難関の敷居が高すぎて、カップルが誕生しない。また男にとっても振られるという恐怖心が高まり、マッチング制度として、史上最悪の効率である。またカップルが誕生したらしたで、あまりに最初の心理的投資が大きく、株価が下がったときに、どうしても売れないという心理状態に似たものが生まれる。

アメリカの映画を見ていると、カップルができあがって、ある程度してから、アイラブユーと言ったとか、言わないとかが、焦点になる。

このほうが、経済的に敷居が低い。

そりゃ、1960年代ころまで、お見合いで結婚していた時代はよかったのだが、お見合いとかしなくなって、上の非常に効率の悪い求愛制度だけが残ってしまったのだ。

しかし、60年代以降の世代は、お見合いがなくなったけれども、新しいマーケットに対応するスキルをもつ機会もなく、まじめが一番だとか、そういう風潮のなかに育ったので、マッチングがしにくい。敷居が高い。

このままでは、出生率が0になり、日本人がいなくなる。

結論 好きです、付き合ってくださいとか言うな、こら。

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

2 thoughts on “日本の出生率を上げる方法(2) 逆だよ逆、順番が”

  1. This is somethiing I’ve been thinking of writing in my blog. It’s funny that you feel the same. For some reason Japanese tend to be more formal, or “ceremonial” I should say, when dating or asking someone out for a date. Even young people says “kokuru”, which means kokuhaku-suru.

    When dating a westerner, you usually ask someone out for dinner or drinks in a casual way, like ” Do you wanna go for drinks?” then you start seeing each other often. There’s no custom of “kokuru” in western culture.

    I guess this is not only Japanese, but sort of Asian culture in general. I was once asked by an Indian guy to be his girlfriend. He said to me, “will you be my girlfriend”? and I was very surprised because nobody ever asked me that way. Very intersting.

  2. Thanks for sharing!

    It would be great to come up with the world map for kokuru vs. kokuranai and examine whether the pattern matches with Asia vs. the rest of the world. Perhaps the kokuru system is too dramatic and embarrassing.

Leave a Reply

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.