日本の出生率を上げる方法(2) 逆だよ逆、順番が

日本のドラマを見ていたら、告白のシーンがある。付き合ってください、、、みたいな。こないだMIXIのニュースか何かで、どうやって告白するかみたいなのがあった。

あれが日本の出生率を下げている元凶である。

アメリカでドラマを見ていたり、周りを観察していて分かるのだが、逆だよ逆。

*日本 付き合ってください。好きです。-->付き合う

*アメリカ 付き合うーー>好きです(アイラブユー)

日本のやり方は、英語会話学校に1年分の授業料のローンを組むようなもんだ。これでは、最初の難関の敷居が高すぎて、カップルが誕生しない。また男にとっても振られるという恐怖心が高まり、マッチング制度として、史上最悪の効率である。またカップルが誕生したらしたで、あまりに最初の心理的投資が大きく、株価が下がったときに、どうしても売れないという心理状態に似たものが生まれる。

アメリカの映画を見ていると、カップルができあがって、ある程度してから、アイラブユーと言ったとか、言わないとかが、焦点になる。

このほうが、経済的に敷居が低い。

そりゃ、1960年代ころまで、お見合いで結婚していた時代はよかったのだが、お見合いとかしなくなって、上の非常に効率の悪い求愛制度だけが残ってしまったのだ。

しかし、60年代以降の世代は、お見合いがなくなったけれども、新しいマーケットに対応するスキルをもつ機会もなく、まじめが一番だとか、そういう風潮のなかに育ったので、マッチングがしにくい。敷居が高い。

このままでは、出生率が0になり、日本人がいなくなる。

結論 好きです、付き合ってくださいとか言うな、こら。

Related Articles

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

英語教育の批判理論へ  英語教科書言説の脱構築の試み

 100%の聞き取りができ、英語も日本語と同じように喋れて使える(読める、書ける)立場から、ひさしぶりに、日本の英語の教科書、中学1年用を、トイレで読んだ。   まずスキットがあって、そのあと、ルールの説明がある部分が、、、これは前から気がついていたが、何かおかしいとおもった。スキットには色々雑多な語や、文法みたいなのが混ざっている。本来ならば、まずルールを説明し、そのルールの特性、使い方を示すようなものを読むべきである。これは、日本の教育文化の特徴だと思う。まずは、やってみよう、、、的な感じで、なにか雑多なものにとりくませておいて、あとから、ルールを説明するスタイルだ。実際は、スキットといってもリーディングでもなんでもないものなのだけど、この構造をとることにより、何か、内容が濃いものに見えてしまう。実際は、教師に、生徒だけの読みでは理解しにくい何かすることを与えるという機能がある。   なぜルールから始めないのか?それをすると、文法の授業になってしまう、、、ということだ。しかし、リーダーのクラスというのは何なんだろう?海外においては、外国語の教え方に関して、そこまでの細分化はない。   実は、今日のテーマは上のことではない。  トイレで読みながら、ある表現がとても気になった。  Do you like music? Yes, I do.  Do you like soccer? No, I don’t.   日本の中学生なら誰でも勉強する、YES+I DO. NO+I…

日本の出生率を上げる方法

ヨーロッパも日本も子供の出生率が低い。 しかし、大きな違いがある。日本では、彼女ができる率も低い(と思う)。これはなぜだろう? それは、日本では、(1)金・仕事があるか、(2)かっこよくなければ彼女ができにくいからだ。 今日は(2)から攻めたい。  まず、日本人女性が、「背が高くてかっこいい」という考え、言い方を破棄しなければいけない。 外国においては、「背が高い」と「かっこいい」は直接の関係はない。背が高くてもかっこ悪い人がたくさんいるからというのもある。 トムクルーズを考えてみよう。あるいは、BTFのマイケルジェイフォックスを考えてみよう。背が高いということはない。 しかし、背が高い=かっこいい、、、という勘違いを持っていると、日本人男性で175センチ以下の身長の場合、かっこいいと認識されないということになる。 とりあえず以上。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. This is somethiing I’ve been thinking of writing in my blog. It’s funny that you feel the same. For some reason Japanese tend to be more formal, or “ceremonial” I should say, when dating or asking someone out for a date. Even young people says “kokuru”, which means kokuhaku-suru.

    When dating a westerner, you usually ask someone out for dinner or drinks in a casual way, like ” Do you wanna go for drinks?” then you start seeing each other often. There’s no custom of “kokuru” in western culture.

    I guess this is not only Japanese, but sort of Asian culture in general. I was once asked by an Indian guy to be his girlfriend. He said to me, “will you be my girlfriend”? and I was very surprised because nobody ever asked me that way. Very intersting.

  2. Thanks for sharing!

    It would be great to come up with the world map for kokuru vs. kokuranai and examine whether the pattern matches with Asia vs. the rest of the world. Perhaps the kokuru system is too dramatic and embarrassing.