日本の出生率を上げる方法

ヨーロッパも日本も子供の出生率が低い。 しかし、大きな違いがある。日本では、彼女ができる率も低い(と思う)。これはなぜだろう?

それは、日本では、(1)金・仕事があるか、(2)かっこよくなければ彼女ができにくいからだ。

今日は(2)から攻めたい。 

まず、日本人女性が、「背が高くてかっこいい」という考え、言い方を破棄しなければいけない。

外国においては、「背が高い」と「かっこいい」は直接の関係はない。背が高くてもかっこ悪い人がたくさんいるからというのもある。

トムクルーズを考えてみよう。あるいは、BTFのマイケルジェイフォックスを考えてみよう。背が高いということはない。

しかし、背が高い=かっこいい、、、という勘違いを持っていると、日本人男性で175センチ以下の身長の場合、かっこいいと認識されないということになる。

とりあえず以上。

Related Articles

2週間ほど休暇します & 英語喉第2期の感想

2週間ほど、ブログおよび英語喉活動を休憩します。この月曜日から、バケーションに行くからです。そのあいだ、皆さん、よろしく。なにがよろしくかというと、ぜひ日本のまだ英語喉を知らない人に英語喉のことをぜひ教えてあげてください。その間、以下の場所で情報交換などいかがでしょう? 英語喉つながり http://jbbs.livedoor.jp/study/11006/ 名前の由来は、去年、三羽氏から年賀状をいただき、「喉つながり」が面白いと書いてあったことです。何かのイベントでNKJMさんに会われたということでした。英語喉の歴史を書いていますが、機関銃英語出版以降は、おそらく第2期だと思います。 1期のかたがたは、英語喉で衝撃な喉革命を経験されたかたがたです。第2期で、もっとも特徴的な人物は英語喉革命さんだと思います。機関銃英語の本をちょこっと読んでCDをまだ聞いていないのに、聞き取りが上達されたというかたです。 http://blog.livedoor.jp/nodorevolution/ その他にも、たくさんのかたがたが第2期において喉デビューされました。微妙に、どなかが第1期で、第2期なのかわかりにくいので、また整理したいです。KATSUさんが、最近とても興味ぶかい仮説をモデル化されていたので読んでおいてくださいね(ここをクリック)。 第2期の時代になると、第1期の最初のころにあった、非常に細かい質問が出なくなったのが興味ぶかいです。最初のころは、同じゲップエリアの音をどう区別するのか?という質問がありましたが、最近は、ネット上などで、喉の報告をされている人が増えているので、あ、やればできるんだなということが分かりやすくなってきました。そういう意味で、自転車に乗れるようになるのに似ている状態になってきた。できている人がいるんだから、今は難しくてもできるようになるだろうということです。 第2期のかたがたのBLOGを読んでいて分かるのだけど、お互い知らないし赤の他人なのだけど、なにか影響しあえていて楽しいです。しかし100年後に、この私達の言説の塊が発見されたときに、そのあたりの関係も一緒に理解してほしいところです。 私の今年の成長は2ヶ月ほど教えまくったことに起こりました。一つめは、シラブル・3ビートの説明がうまくなったので、2時間で聞き取りができるようにできる絶対的な自信がついたこと。 最後のほうで、ネイティブのご主人と一緒にセミナーをさせてもらったとき、特に、そのかたが声に感情が入りにくいと言う点に気づき、そのあたりから、喉にて感情を表現できるんだ、、、それが大切なんだということにも気づきました。そのことで、私自身、 1)前よりもアメリカ人にとって近づきやすい人になった。話をしていても、相手が話が長くなる。 2)アメリカ人の気持ちがよく分かる。前は命令文だと、腹が立つときがあったけど、今は喉声にこめられた人類の根本的な感情が読み取れる。 ただし、困るのは、日本語のドラマがまともに見れないこと。うるさく感じる。せっかく、坂本竜馬のやつを見ていても、うるさい。日本人の声は、硬すぎて、感情がいれにくく、感情を入れるとすると、音量をあげるが、どなるか、、、の二つしかないように思える。 これは、ぜひ皆さん、LETTERS FROM IWOJIMAを見ることで理解してください。アメリカ人と日本人の戦場での「どなりかた」が違う。 しかし、歴史性の高いDC付近に住んでいる私には悩みがある。それは太平洋戦争で死んでいった日本人の兵隊が、テレビや映画などで、いつも、突然、おーーーーという感じの怒鳴り声でアメリカ兵の前に登場し、機関銃で殺されるシーンばかりがでること。 私は、同じ固い体を持つ人間として、そのときの気持ちが分かるような気がする。もう、どうにもならない、、、、とせっぱつまったとき、人間として最も感情が高まるとき、、、そんなときでさえ、我々日本人男子は、大きな声でどなることしか残されていない、、、 我々は生まれて日本語をマスターする段階で、すでに哺乳類としての何か自然なものを失ってしまったのではないか、、と思う。特に、男性。そして、日本語というのは、非常に、人の間の支配関係を意識することなしには喋れない言語だ。だから、自由にものがいえない。 本当に言えるときは、それは、もうだめだ、せっぱつまって、お~~~と切れるときだけ。 皆さんはそんな経験ないですか?怒るときも、つまり感情を表すときも、何か形にもとづいてしか怒れないような感覚。 例えば韓国で誰かが死んだと言うニュースがあると、親たちが、ものすごい勢いで泣き崩れている。しかし、日本で同じことが起こると、何か、もうあきらめた感じで言葉にならない感じ。 一つ、理解できそうで、いまいちできないことがある。それは例えばだが、この2週間、休暇をとるのだけど、ジーナは、楽しそうにしている。しかし、私は、なぜか、それを感情に表し、たのしいな、うれしいな、という感じにならない。 これがなぜか分からないけど、いつも体が硬いことに関係しているような気がする。うれしさ、楽しさは体の芯から感じるもの。でも、喉を閉めた感じにしていると、それがなにか顔などに現れにくい。 ためしに、アメリカのコメディーを見るときに、ぼけーとして、喉をゆるめにしてみていると、笑ってしまう。おもわず。でも日本人にふと戻り、口を閉じたまま鼻だけで息をして、喉が閉じた感じで見ていると、顔が笑わない。 10年ほど前、アメリカの高校にリサーチに行った。たまたま文化祭のようなことをしていたのだが、本当に感心したのは、生徒達が舞台で何かすると、ものすごい盛り上がりが観衆(=生徒)に起こる。 なんなんだろう。あの感情をストレートに表してくる人達。…

日本語でのキャラと英語でのキャラが同じに感じられて充実感

昨日は、友人の誕生会で、デュポンサークルというDCのまんなかにある繁華街に行ってきました。しかし、東京などの繁華街を想像してはいけません。もっと人が少ない。DCでサークルと名がつくと、それは、いくつかの道路が交差していて、その真ん中が丸い感じのスペースになっていて、そこを自動車がぐるぐる回れるようになっているのです(イギリスではラウンドアバウトとかいって、これが非常に普通だったと思う)。 英語喉を始めてアメリカ人の誕生会に招かれるようになったのは脅威です。来月も一人あるので行って来ます。 しかし、英語喉をしているから、ものすごく親しくなった、、、という言い方よりも、普通の人になったという言い方のほうが正しいと思う。日本でも同じだが、コンパなどに誘うとき、誰でもかまわず誘うというときがあると思う。 日本人はアメリカに住んで、積極的でないと、内容のある話をしないと、アメリカ人と溶け込めないと思い込んでいる。先日も、そんなことを言っているひとがいた。引用させてもらうと、 引用はじめ (ワシントンDC掲示板より) 発音がネイティブでなくても。平等に接するアメリカ人たくさんいますよ。 私がこの20年以上で気がついたことで、会話に必要なのは度胸、協調性、ユーモア、あと話が尽きないことです。 ネイティブでもつまらない会話、協調性のない人は相手にされません。 もともと「平等に扱いだす」って差別ですよ。 差別するネイティブのアメリカ人とはお付き合いしたくないですね。 普通に接しているアメリカ人は、心では「このアジア人め」と思っているかもしれません。 発音・発声音が人間関係を深める鍵ではないです。 引用終わり 私が言っていることの全く逆である。 しかし、実際は、どうだろう。日本で考えてほしい。その個人に「内容」があるから友達があるだろうか?度胸がないと友達ができないだろうか???? いや、結構、たまたま学校で席が近かったとか、下宿が同じだったとか、クラブが同じだったという単純な理由で、仲間にならないだろうか?もちろん、性格などもあるが、人格が破壊しているなどということでなければ、普通は仲間に入れてもらえるのだ。 それと同じだ。英語喉で喉発音をしていると、回りのアメリカ人が色々と誘ってくる。それは、パーティーなどの内容によっては、とにかく人数が集まると誕生会などもリあがるし、一緒に働いているのに誘わないのは、みずくさいとアメリカ人だって思うからである。 飲みに行こうよ~、とか、もう帰るのかよ~、まだ早いんじゃね~か~、、、という発想だって、もちろんある。 そして、社交しているうちに、友達感覚になってくるのだ。 昨晩は7人だったのだが、当然、喉発音でのりきれた。特に良かったのは、ついに私自身の日本語のときのキャラと英語のキャラが同じになったと思えた点だ。以前は、日本語だとどちらかというと社交的だと思うのだが、英語だとシャイと思われてしまう、そしてシャイみたいに振舞ってしまう点に矛盾を覚えた。 隣に座った人は初めてあった人なのだが、ちょっと私がア~と息・音をもらすだけで、上りと新幹線と下りの新幹線が駅ですれ違うときのようなかんじで、パ~~~ンと私のほうを向いていた。そのレストランはうるさかったのに、それだけで相手がこちらを向くとは~。 さらに、こういう場では、失敗をおそれず、面白いかな、面白くないかな?という感じで、面白げな話をするわけだが、一人が、その話をするときに、私のほうを主に私のほうを見ながら喋っていたので、口発音時代は、こんなことはありえなかったなあと感無量だった。「カズなら笑ってくれる」という信頼感ができたのかもしれない。 また俺を会話の中心にしようというようなことも人が言ったのだが、これも感無量である。日本はどうだったか?とか、カズは英語を教えているだよね、、、どうよ?みたいな。 日本語の会話では当たり前の進行だが、英語でこれが起こっているのは、それは俺が喉発音で普通の人になったからだろう。 しかし、やはり英語が100%聞けているということは強いだろう。しかし、そこにはギリシャの人もいたのだけど、彼女だって100%聞こえていて、談笑に加わっている。喉発音と3ビートでやっていると、誰でもできるのである。 たまたま一人だけ、ちょっと遠い存在的な男性がいたのだが、それは、彼を知っている人が一人だけだったからだ。彼はどちらかというとその知っている人だけと喋っていて、ま、おおげさにいえば、ぽつーんとしていたのだが、私はそれを見て、な~るほど、俺は口発音時代は、いつもポツーンマンだったなあと思い出したのである。これは大げさに表現しただけだ。彼はたまたま知っている人が多くいなかったということ、彼だけが、違う産業に従事しているということという特殊な事情があったので(他のメンバーはなんらかの形で同じ会社に勤めていたことがあったりした)、私がここでポツ~ンマンと呼びつけるのはアンフェアなのだが、ま、話の勢いということで。 しかし、私がこのテーブルでポツ~ンマンにならず、会話の中心になることさえできたのは、それは、メンバーが女性が多かったというのもあるかもしれない(7人中、男は私を含め2人であった)。女性が多かったのは、バースデーの主人公が女性だったからだろう。 喉発音になって、観察力が強くなって気づくのは、女性というのは、結構、気をよく使う人たちなのである。男性以上に社会関係に気を使うように思える。だから、私が何か言おうとすると、すぐに丁寧に聞いてくれる感じがする。 これは文部科学省でさえそう思っていると思うが、英語ができる日本人像として、ディベートができるとか、議論できるとか、そういうことが前面に出る。それは、日本人の西洋人像は、論理的、白と黒をはっきりさせる、はっきりものを言うなどだ。…

問題提起 日米間の懸案の背後にあるもの ヘーグ条約の件

人気ブログ投票にぽちっとお願いします。 この日曜日、10月30日の英語喉ライブですが、日本時間の夜8時から9時まで、英語喉初心者クリニックを行います(米国東部時間、朝7時から8時まで)。参加希望のかたは、まず、このサイトに登録の上、サイト内のフォーラムよりお知らせください(登録していただくと、連絡しやすいため)。3人ぐらい募集したいと考えています。SKYPEと英語喉の本を使うので準備しておいてください。 さて、 特に日米間で問題となっていることのひとつに、日本人元妻による子供連れ去りの問題がある。アメリカ人と結婚していた日本人女性が、子供を日本に連れ帰ってしまうということが問題となっている。日本はヘーグ条約に加盟していなくて、アメリカに残る元夫が非常に困っているという件だ。 アメリカでは共同親権といって、離婚後も元夫と元妻が子供に会う権利を保有できるのだけど(事情によっては奪われることがある)、日本では、片方がとることになっている、、、ということだ。 この問題が今後も解決しないだろうと思われる理由が二つある。 一つ目は、日本人の英語力の問題である。日本に住んでいて、「アメリカで外国人として言葉に苦労している日本人元妻は、やむにやまれず、子供を日本に連れ帰った」と聞くと、日本人は、当然、同情する。その気持ちが分かるようである。これは、ひとつには、日本人は外国に何十年住んでも、その土地の言語が音として聞こえないということがある。だから、日本人の感情として、「外国人としてアメリカに暮らす」人達に圧倒的なる同情がある。 だから、結果として、英語が普通にできるガイジンである元夫のほうには、同情がいきにくい。 昨日、アフリカの同僚、ヨーロッパの同僚、アメリカ人の同僚と、ランチをした。私も含め、アメリカ人を除いては、みな、ノンネイティブなのだ。しかし、だからと言って、ノンネイティブの英語が、アメリカ人の英語よりも劣っているとは全く感じられない。 英語は聞こえてしまえば、非常に簡単なので、ノンネイティブでも比較的簡単にマスターできてしまう。 中国人などは、中国生まれでも確実にアメリカのビジネスや、政府機関に就職できている。郵便局などに行くと、どう考えても中国ナマリの中国人が普通に仕事をしている。 日本人だけが、アメリカにおいて、日本の企業、日本の政府機関、あるいは、アメリカ会社の日本関係の支部にだけ働いている(のが普通)。 他のノンネイティブは普通にアメリカの会社でアメリカ人と同じレベルで英語をしゃべり、普通に暮らしている。 もちろん、貧困と隣り合わせで、英語を勉強する時間のない人たち、不法に入国してきたヒスパニックの人たちは、そうはいかないかもしれない(とはいえ、私のアパートを掃除している人達でさえ、普通に英語を喋っている)。 だから、ノンネイティブであって、離婚とか、子供の関係の調停となったとき、別に、ガイジンだから不利だという感覚はない。弁護士自体はアメリカ人であることが普通だからというのもあるので、ノンネイティブだから、不利になるということがない。そもそも、裁判所自体が、相手がアメリカ人だ、ガイジンだという区別をしていない。これは、警察が、スピード違反をした自動車を止めたときに、その運転手がアメリカ国籍を持っているか、外人かに関知していないのと同じであろう。 アメリカにも日本人専用の掲示板があり、ワシントンDCにもあるけど、人が、「日本語の分かる歯医者さん」とか、「日本語の分かるお医者さん」を猛烈に探している。また、日本人から日本車を買う、、、というのも普通に思える。 しかし、日本人以外のノンネイティブのワシントン地域住民が、「ギリシャ語の分かる歯医者さん」などを探しているとは思えない(もう一度、確認しておくが、不法入国のひすぱにっくの人達には経済的な事情などもあるので、ここでは例外とする)。 日本に英語が伝わって300年たつというけど、この300年間、英語が難しいとなっている。1980年ぐらいから留学なども盛んになったが、英語が不自由なまま、日本に帰国し、その人達の言論も、英語は難しい、、、ということで一致団結している。 英語が簡単だと思っているのは、私、MASAさん、KAZY、NITROさんとか、日本ではまだまだ数えるほどではないだろうか? 私自身には、アメリカの会社で働いていて、ノンネイティブが全然英語で苦労していないという観察がある。 剣道部員で1ヶ月前にアメリカにきた中国人の大学1年生でさえ、授業の英語は分かると言っている。 それほど、英語は簡単なのだ。 英語が難しいのは、それは、日本人が日本語を通じて英語を勉強しているからだ。また英文法というのも、非常に、重箱の隅をつつくようなことが占めているために、勉強すれば、するほど難しくなる。本当はシンプルに表現できるのに、英文法というのは、非常に総合的に英語で発話可能なものすべてを扱っているので、非常に難しくなる。 英語ができれば、現地のことは現地の法律で、解決するということが可能になるのではないだろうか? 二つ目の問題は、いくらアメリカ人の元夫が、子供に会いたいと訴えたとしても、そのジェスチャー、喉発音などのせいで、「ガイジン」として写ってしまい、わがまま、おうへい、などというイメージを避けられない。だから、日本人の心に訴えることができない。同じ人間として写りにくいからだ。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.