Uncategorized
宇宙戦艦大和

知り合いで英語喉を試してくれた人がいたが、びっくりしたのは、「私は普段から、電話などで面倒なときに、息をすいながら喋るときがあった」と言ったことだ。で、息をすいながら喋るのは、なんの問題もなくこなせたそうだ。さらに、自分は最初っから喉発音だったと思うと、、、。そういえば、昔から低めの声だったか、、、。   もともと(浅めではあるが)喉発音をしていた人も存在する可能性がある。   ふと、アニメの宇宙戦艦大和をYOUTUBEで見たのだが、なんと声優さんたちの声がアクビエリア発音ではないか。   http://www.youtube.com/watch?v=RPm3I21n91Y   単なる声の違いだと思わないでいただきた。喉の空間をフルに使った立体的な音であり、その立体的な音を求めてネイティブは相手の英語を聞いているのである。 (よく電話で自分の名前をいうと、相手が間違ってスペルをした、、、というようなエピソードを聞くが、一つには電話のせいではなく、日本人の英語にはネイティブが求めている深みがないために、間違うということがある。)   私自身、喉発音で日本語を喋ると、ものすごい深みのある声優のような、別人のような声になる。   英語喉のCD録音でつかった日本語は口発音でやったのだが、ナレーションが大変だった。LESSON 1という英語は喉発音で読むのだが、その0.5秒後に口発音に移行し、レッスンのタイトルを日本語で、つまり口発音で読んだのだ。なんとなく、喉のときは、ゆったりとした感じの姿勢、そして体をきゅっとしめながら口発音をした。  

Read more
Uncategorized
これからは日本人がぽつーん、、、とはならない

喉革命以前は、私はアメリカで「ぽつーん」という思いをしていた。「ぽつーん」とは、なんというか、自分では英語ができていると思っているのに、人が私を相手にしてくれない、、、という感覚だ。集団による会議のとき、ネイティブとか他の西洋人やアフリカ系はものすごく活発に発言し、お互いの存在を認識している。が、そんななかで、なんとなくぽつーんと取り残されたような気がしていた。 喉を経験し、全てが変わった。喉でやると自然と口がリラックス口になる。すると、自然と口が開く。ほっておいても、喋る直前に、息を吸う音がでる。ネイティブは私が息を吸う音をだすと(わざとでなくて)、ぱーっと私のほうに注目するのだ。で、よく観察していると、これは西洋人なら誰もがやっていることではないか。 散歩中の犬がいたので、ためしにやってみた。犬というのは、あまり人の目をみるものではない。ところが、私が息をすーっとすいこむと、犬が、ぱーんと私のほうを見て、何をいうのかなあ、、、という顔をした。 犬でも知っていたのか、、、、。  喉をアメリカに最初にきたときに知っていたら、これだけ苦労はしなかっただろうと悔しく思う。

Read more
Uncategorized
3ビートを知るとニックネームがわかる

ELIZABETHという名前には、いくつのニックネームがあるでしょうか?LIZとBETHがポピュラーです。なぜLIZとBETHなんでしょう。3ビートで説明することができます。 ELIZABETHはEL-LIZ-ZAB-BETHと発音します。LIZとBETHは独立したシラブルを構成するわけです。シラブルを構成するからこそ、それだけを読むことが自然です(もうちょっといい説明があるかもしれませんが)。 これはどんなヨーロッパ言語でも同じです。 ELというのはないみたいですが、EL-LYとなるそうです。スペイン語ではEL-LIT-TAとなります。ELだけだと響きが変だから、名前をかわいくするために、色々くっつくわけです。 3ビートを知るとニックネームがよりよく理解できるように思います。 私の名前はKAZUAKIですが、大学時代に知り合ったアメリカ人がKAZと呼び始めました。なんでKAZUじゃなくてKAZなんだと思ったものですが、よく考えると3ビートで説明できます。20年前は考えもしませんでした。 KAZ-ZUW-WAK-KI(Y)です。 そういえば、KAZ-ZUWと呼んだ人もいました。なんでカーズーのあとにWのような音がつながるのか、当時、考えてもみませんでしたが、3ビートを知った今、納得です。 YASUHIROという友人がYASと呼ばれていて、変なニックネームだなあ、、、と思っていたのだけど、これも3ビートで名前をわけていって、最初のシラブルだけを読んだわけです。

Read more