Skip to toolbar

英語と歌

最近は認知症デイケアセンターで歌ったり踊ったりの担当になった感がありますが、今日は、歌本を用意していなかったのですが、いつもの他のスタッフがいなくて、ついたらすぐ、何かやってくれと言われました。 アフリカ出身のスタッフのかたが多くて、その一人の人がよく歌ったら踊ってくれるので、頼りにしているのですが、エリッククラプトン知ってる?と聞くと知らんというので、You are wonderful tonightを歌ってみますと、知っていて、一緒に歌ってくれました。 そして、このかたが、歌がうまい。日本で言ったら、紅白歌合戦に出るレベルか、その上。 自論・自論になりますが、喉発音なので、外国には石を投げて届く距離に、和田あきこ、石川さゆりレベルのちょっと上ぐらいの人がいると思います。 英語の歌は歌詞が大切だなと思いました。1番、2番、3番と歌詞が展開するにつれて、聞いている人がそれなりにその世界に入ってきてくれている感じがありました。 日本語の歌を歌うときは、メロディーを出すのに必死で正直なところ歌詞の意味を考えていません。が、英語だと考えざるをえない感じがするんですが、、、 自分の考えでは英語って中国語もたぶん同じだと思うけど、短い言葉で意味が決定するので、意味が込めやすいのではないだろうか。 Iと言っただけで「私」という意味です。 日本語だと、「わたし」の「わ」ではまだ意味が決定しません。わ~~~と気分よく歌ったとしても、意味がすぐに決定しないので、意味が二の次になってしまうのではないか??? という持論・自論でした。