Skip to toolbar

語学の神様を呼ぶ方法

外国語学習にも神様がいることをご存知でしょうか?

新しい単語を覚えたとき、語学の神様は、その同じ単語に、1週間以内にもう一度、会わせてくれます。

2度目に会うと、あ、出てきた!と感動し、その単語が定着しやすくなるのです。

ただし、語学の神様のご利益を得るには、最初の出会いが、「実際に使っていて出合った」単語でないと、1週間以内には、再会できません。実際に使っていて、、というのは、以下のようなケースです。

例えば、外国人の友人と喋っていて出てきた単語
新聞、雑誌で出会った単語(ネットを含む)
テレビ、ラジオを聴いていて出合った単語

特に、上のうち、二つは、耳で聞いた単語になります。

なぜ、語学の学習の神様が、その単語にもう一度会わせてくれるかというと、そもそも、最初に出合えた理由が、まさに、その単語がよく使われる単語だからなのです。

皆さんも、語学の神様のご利益にかなうような環境に身をおいてみませんか?

そのためには、

英語を日常の生活の中で使う

使うなかで覚えるということが大切です。

英語で何かを悩んだり、問題を解決したり、商品を注文したり。

工夫がいりますが、外国人とコミュニケーションすることはネットが発達した時代、結構、簡単です。

このサイトに登録して、一緒に、色々と活動するのも手です(宣伝か~w)。SKYPEとGOOGLE HANGOUTクラブで実際に、世界とコミュニケーションをすることを目的としています。

http://www.nippondream.com//community/eigonodo-skype-club/

先日は、KENJIさん、オリバーさんと話ができました。オリバーさんはハンガリーからなのですが、教えていただいたハンガリーの表現、SEEYAがハローらしいのですけど、語学の神様は、私をこの単語を聞く、使う機会を与えてくれるでしょうか???こちらが、先日のEIGONODO HANGOUTの模様です。

Related Articles

Kooda, Mop, Sushi, ChadのSKYPEトーク番組

以下、転載します。KOODAさんたちのトーク番組です。元ネタはこちら(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project-april-2014/) 長らくお待たせしました(笑)。 ようやくですが、mopさん、sushiさん、chadさん、そしてKoooDaによるSKYPE CONFERENCEの音声ファイルをアップします。1時間以上ありますので、分割して貼り付けました。前回と同様に自分の声はうまく録音できていません(音量が小さい?)が、mopさん、sushiさん、chadさんの音声は良好です。お聞き苦しい点は、ご容赦下さい。 それと冒頭、sushiさんの自己紹介の途中から始まっていますが、これは最初、録音ソフトを立ち上げるのを忘れていたためです。(勝手に立ち上がるのが、うっとおしくてソフトをOFFにしていました) https://audioboo.fm/boos/2110974-skype-conference-with-lang-8-friends-1 https://audioboo.fm/boos/2110990-skype-conference-with-lang-8-friends-2 https://audioboo.fm/boos/2110995-skype-conference-with-lang-8-friends-3 https://audioboo.fm/boos/2111002-skype-conference-with-lang-8-friends-4 https://audioboo.fm/boos/2111011-skype-conference-with-lang-8-friends-5 https://audioboo.fm/boos/2111025-skype-conference-with-lang-8-friends-6

英語の特訓メニュー

ある日本人のかたが、英語を1年でどうしてもマスターしないといけない状況にあるということですので、以下のトレーニングを提示してみたいと思います。 1.とりあえず、英語喉動画を10本ほど見てみる。こちらから。 2.英語喉SKYPEセミナーをとりあえず2回、受けていただく。(有料)こちらから。 3.英語喉サイトでのグループ活動 ラング8で毎日、自分についての話を書き、そして、グループで紹介してください。こちらに参加。 課題が出るたびに記事を読んでみてください。こちらに参加。 教科書レベルの単語は全部暗記してください。こちらから。 ラング8で作ったネイティブ友人とスカイプで(できれば毎日)会話してください。本サイトスカイプグループにも参加。 4.(オプショナル)英語喉セミナーを月1回ごとにリピート(気が済むまで)  

LANG-8で英語で書く練習 参加者募集!

参加者募集 英語(あるいはその他の外国語)を書く練習をする1ヶ月間 LANG-8プロジェクト 2014年3月1日から31日まで。 LANG-8は登録メンバー(無料)になり、勉強したい外国語(英語、あるいはその他の外国語)でエッセイを書くと、英語を母国語とする人たちがエッセイを添削してくれます。そのかわり、日本語を勉強している人のエッセイを直してあげるのです。 本サイトでは、団体で英語を書く勉強をする企画を慣行したいと思います。まず第1回は3月1日がスタートとなります。以下の要領でご参加ください。 1.英語喉サイトの登録メンバーになる(すでにメンバーのかたは何もする必要がありません。こちらです。http://www.nippondream.com )。 2.英語喉サイトのLANG-8プロジェクトにグループ参加申請をする(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/ をクリックして申請してください)。 3.LANG-8に登録する。http://www.lang-8.com/ より(登録は無料)。 4.日本の文化を紹介するエッセイ(1パラグラフ程度)を、少しづつ書き、7本になるまで続ける。できるだけ人のカバーしていないテーマを選ぶ。こたつ、盆、竹馬、、など日本独特の文化や、教育制度、文化一般、音楽などなど様々な日本のテーマ関して、外国人に紹介するつもりで書きましょう。 5.エッセイを書いたら、そのエッセイを外部から見られるように、書いた場所のURLを、LANG-8プロジェクト(http://nippondream.com/eigonodo/community/lang-8-project/)にリンク張りをする(どこからでも閲覧できるようにページ設定をしておくとLANG-8のメンバーじゃなくても見れて便利です)。これが、私の例です。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 6.完成したエッセイは暗記する。特に、ネイティブに訂正してもらった文法などは、二度と間違わないように。 7.オプションとして、エッセイを朗読しているところをYOUTUBEなどで発表する。新しく学んだ表現などを紹介するのもあり。発表したらグループメンバーに紹介。 8.オプションとして、LANG-8で信頼関係を気づいた外国人にSKYPEでインタビューをし、その人の国や地方の文化などの話を録音し、YOUTUBEなどで発表する。 開始は3月1日、3月31日が終了(2014年) 成果の評価のしかた 7本のエッセイを完成させたら 鉄メダル賞 完成させた7本のエッセイの半分以上を暗誦できたら 銅メダル賞 そのうちのエッセイの1本以上を朗読してネットにUP 銀メダル賞 信頼関係を築いた外国人をSKYPEなどでインタビューし、お国の話を聞いて1本でも発表したら 金メダル賞 ちなみに、上をタイプしているあいだに、Lang-8にスペイン語で投稿したら、10分程度で、添削していただきました。こちらです。 http://lang-8.com/399107/journals/74701564968830576379908578126815203708 音声で解説

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. 語学学習には、色々な方法がありますが、効果的なものの一つとされるのが、『多読多聴』です。単語や表現が実際に使われているものを、読んだり聴いたりして、沢山触れる事で、頭の中にライブラリが形成されていき、自然に言語が使える様になるというものです。ここで重要なのは、『いちいち辞書で調べない』事だそうです。わからない事は、そのままにしておく。でも、その単語や表現に何度も出会えば、自然に、感覚的に意味がわかる様になるのだそうです。もちろん、その為には、大量のインプットが必要になりますが。誰でも、母国語は、最初はそうやって身につけるのです(ある程度の歳になって学校で言葉を習うまでは)。
    そして、もう一つ効果的なのが、『会話で、聴いたり言ったりする』事です。相手はその言語が自然に使える人であるのが望ましいです。相手が使う『自然な言葉使い』を聴く事でインプットされ、こちらが何かを言って、通じたり、通じなかったりする事を繰り返していく内に、『場面に応じた自然な言葉』が身についていくのだそうです。

    と、いうのが理論ですが、実際には、なかなか難しいんですよね。『多読多聴』は、どうしても知らない言葉があると、そこで気になって止まって、「出来れば調べたい」と思ってしまいますし、会話の方は、相手の言ってる事が聞き取れない、またはわからなかったりして、自分も、言いたい事がその言語で言えなくて止まってしまう。とにかく、出来なくて相手を不愉快にしたり、気まずくなるのが怖くて、会話自体を避けたくなってしまうのです。それが、多くの人(特に日本人)が語学を習得できない原因です。私もその一人です。