THERE IS THE~はない?ある?

多くの英語の専門家が英語の「構造」にとらわれすぎているように思う。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 以前、慶応大学の大津先生が、日本語の「え~と」にあたる、あ~ん、みたいな表現が入れるところと、入れないところがあると書いておられたが、それを聴いた瞬間、私が英語ができるので、それは絶対、おかしいと感じた。ジーナにも確認するほどでもないが、確認した。 I LIKE THE MOVIEとあったとしたら、Iの直後には、「あ~~ん」とか入らないというのが大津先生が書いていたことだけど、あ~んはどこでも入るのが真実なので、これはおかしい。 というより、普通人が喋りだすときに、Iを言っていきなり、考え込む人も珍しいだろう、、、という意味で、入りにくいということであって、朝寝ぼけていて、まだコーヒーを飲んでいないときなどは、可能だろう。 <後日談 正確に思い出しました。 My ∧ name is Jun.で、MYとNAMEのあいだにア~みたいなのは来ない と大津先生は書かれていました。でも、ま、これでも同じことです。ア~は、何をいいたいかよくわからないとき、いつでも言ってもいいのです。 > 英語の構造にとらわれすぎると、常識が働かなくなってしまうのかもしれない。 英語は語順が大切な言語だと思いこんでいる、、、。しかし、じゃ、なぜ、IがMEになるのか?語順に頼る言語であれば、IはIのままでいいではないか?SHEがなぜHERになるの?SHEのままでいいではないか?語順がそれほど大切であれば。 英語は構造で意味が生じる言語というより、その一つ一つの単語で意味が生じる言語である。これが分からないと、英語が普通に楽に喋れない。Iと言っただけで、その後に何がくるかにかかわらず、「私は」という意味になるのが英語だ。その後にCANが来たら、その後に何が来るか、まったく関係なく、可能を表すことになる。 この常識が分からないのは、他の人が書いた本の内容で英語を研究しているからだろう。 先日、日本で文法を教えるので有名な先生の本の一箇所に、THERE ISのあとにTHEが来ないと書いてあって、私は そんなことは絶対ない、、、ありえない、、、と思った。 その日に届いたシカゴ大学の卒業生用のニュースレターを開くと、いきなりこんな表現があった。言語の神様というのはいるのかもしれない。 And there…

Skip to toolbar