友人に書いたメール、、、どうせ通じないので出すのをやめた(笑)

以下は、友人二人にあてたメールですが、出すのをやめました。どうせ分かってもらえないとおもって、、、。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ちなみに、二人には、以下の動画をモニターしてもらったんです。この動画は、普通は見れないセッティングにしてあります。 *** 先日は、動画を見ていただきありがとう。以下、ちょっと補足です。 結局、日本語なまりと、他のノンネイティブのなまりの違いは、シラブルの違いで、 例えば、KIMCHIを日本人だけがKI-MU-CHIと言い、他の外国人はKIM-CHIYというということです。 でも、なぜ日本人だけが違うかというと、口先発音の場合、Mを単音で言うことがややむずかしい、、と。 でもMだとそうでもないかな。 GROUPがよい例です。口先発音ではGROUPを1シラブルでいえない。どうがんばっても、GU-RU-PUになってしまいます。 で、首の根元あたりで発声するつもりでいうと1シラブルでいえます。 でも、この説明を5年やってきても、「ふ~~ん、面白いですね」程度で、理解してもらえませんでした、、、が、ついにこの1月に分かったことがあります。 それは兵庫県より東の日本語(兵庫県は含まない)は、音を発声するときに、いったん声帯を緊張させていると思うんです。そうすると、喉が硬いので、喉発音ができず、GROUPが一発でいえない。 で、なぜそうなのか、、、ですが、兵庫県より西の方言は、シラブルが中国語に似ていて、シラブルの中に四声があるんです。 たとえば、広島では「しない」と「せん」と言いますが、その発音は、千と違うんです。まさに中国語と同じ四声です。 1シラブルの内部で音程を変えるのが四声ですが、これは喉がリラックスしていないとできません。 大阪、京都を含むかたちでの東日本の方言は、シラブルのなかが平らです。平らにするためには、声帯がりきまないといけません。だから、喉発音が困難です。 日本の人口の半分以上が兵庫県より東に住んでいますし、またメジャーな都市も東、そして言語学者を育てる大学もたくさんあります。 つまり、私は広島方言にある四声を当然のように聞いているので、英語に現れる、、、、 **** と、ここまで書いて、こんなメールしても分かってもらえんなと思ったので、出すのをやめました(大爆笑)

Skip to toolbar