沖縄 三線広め隊 上江田さんは外人声である

さて、最近、沖縄が気になっている。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 三線広め隊 上江田さんは外人声だ。特にこの動画で、低めの声で喋っている部分(最初の部分を除く)。 私の現在の仮説。 沖縄の元々の方言・言語は喉発音+3ビートだ。だが、現在の若い人が喋る沖縄の言葉は、標準語の影響をかなり受けているので、西日本なのに、微妙に喉が硬いかんじ???? それはオリジナルな言葉があまりに標準語と違うために、標準語っぽい言語を喋るさいに、本当に標準語が元になっているではないか? 広島の場合は、子供、若者、大人、老人がすべて喉発音っぽい。 今のところ仮説にすぎない。 沖縄の言葉を聞いてみてください! 広島弁も聞いてみてほしい。特に、テンションがあがっていても、いわゆる「魚君」みたいな声にならず、ずっしりと響きが保ったままで喉発声が続く、、、これが広島人の基本の会話方法だ。

Skip to toolbar