聞き取り100%になるには、3ビートの徹底を

さて、日本時間の10月15日 土曜日の夜8時半~9時半 英語喉ライブ3回です。出演者は MASA@OSAKA(KOBE?)  KENJI@NY   (ちなみにKENJI@NYさんは、MASA RADIOに登場しました!http://nodo-journey.blog.so-net.ne.jp/2011-10-14) NAOKIYASA@OKINAWA (TAICHI@OKINAWAさんは未定) テーマは、ネイティブ発音の特訓(テンションを押さえつつ、喉をしっかりあけて、ハートTOハートで発音する、喋る練習をしましょう!) です。皆さんで練習しましょう。出演者の皆さん、可能であれば、SKYPEを最新バージョンにUPDATEしておいてくださね(VIDEO CONFERENCEに挑戦できるため)。 場所はここで見てください。 http://nippondream.com/eigonodo/ustrea こんな音声を冗談でとってみました。 口発音になっているときの警報音声。 [audio:http://nippondream.com/file/kuchihatsuon_warning.mp3|titles=kuchihatsuon_warning] 直リンはここをクリック。 喉発音はまあまあだけど、スムーズになっていない場合の警報音声。 [audio:http://nippondream.com/file/choppy_warning.mp3|titles=choppy_warning] 直リンはここをクリック。 さて、、、 英語喉をやっているのに、音の聞き取り100%にならない場合は、それは3ビートが徹底されていないのだと思う。というのは、私はどうしても100%にならないというかたをフォローしているが、そのかたに、日本語でも良いですから3ビートで言ってみてくださいというと、微妙に3ビートになっていないからだ。 厳密には、これは英語喉をしていても、3ビートをしていないということだろう。 C-V-Cとあるとすると、微妙にC-VのところがCVという具合に固まっている。これは、Cだけで発音することができていないからである。 CをCだけで練習するには、英語喉の21ページをよく練習するといい。M行でやるなら M~ A~ M~ I~ M~ U~ M~ E~ M~ O~ という感じで、音をひとつひとつ言えないといけない。私がたまにフォローさせてもらっているかたは、たしか(記憶が今さだかでない)が、M~のときに、余計な母音がどうしてもついてしまっていたと思う。 これができるかどうかは、もともとの英語力とか語彙力などは全く関係しない。…

Skip to toolbar