MIKIさんがゲップエリアを征服された+ローティーさんもいい感じ

さきほどは、ボランティア講座と称して、MIKIさんと英語喉の発音練習表(250ページ)を一緒に読みましたが、ゲップエリアの音がうまくでるようになりました! その瞬間をとらえた、、、というか30分ぐらいのSKYPEの会話を録音しまして、掲載許可を快諾していただいたので、紹介します。 ポイントはこれです。これまでゲップエリアができなかった理由?がどうも、低く声を出そうとすると逆に失敗していたということのようです。かえって、地声、普段の声のままのほうが、ゲップエリアの音が良く出ました。 原因は分かりませんが、やはり、直接指導させてもらうと速いですね(とはいえ、MIKIさんは一度、喉セミナーを受けていただいていますが)。 実際の会話でも喉発音が安定するようにがんばってください。 さて音声ファイルは30分ぐらいで、14MEGです。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/rec_miki_cchi_20_Aug_2011_06_33_00.mp3|titles=aaa] 直リンはここをクリック。  ローティーさんも、この要領でできるようにならないだろうか?と思ったら、たまたまSKYPE上にローティーさんが。アポなしで直接指導を申し込んだのでした。 なかなかうまくいかないな~と思ったところに、ジーナが(朝で)起きてきたので、「ちょっと、彼を教えてくれないか?」とタッチ交代。ジーナがゲップエリアの音 i_ を指導していたら、ジーナが、ヘッドフォンをつけて「そう、そのとおり、、、今のちょっと違う、、そうそう、できた」とか言っています。え?できてるの? まだ硬い感じがするときがありますが、いい感じになってきているので紹介します。以下が、ジーナが指導した後の私とローティーさんの喉セミナーです。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/rec_st63094_20_Aug_2011_08_25_40.mp3|titles=aaa] 直リンはここをクリック。

Skip to toolbar