FINGERとSINGERの発音の違い 音声学VS英語喉

週末英語喉セミナーのお誘いです。以下のURLから申し込んでください。 http://www.doodle.com/ziiicwc489s3mf8e MASAさんが英語喉・英語勉強5ヶ月めで以下の音声をUPされていたのだけど、これはいいですね。このぐらいの恐い感じ(?)の声がまさにネイティブの発声ですね。これでMASA RADIOをやってみてください。きっと女性ゲストなどうっとりするでしょうし、また男性ゲストは、MASAさんを全く対等の人間として尊敬するでしょう(今でもしていると思いますが)。   http://audioboo.fm/boos/366536-bento-box-may-25?utm_campaign=detailpage&utm_content=retweet&utm_medium=social&utm_source=twitter ぜひMASAさんのアパレル関係の専門知識もプラスして、グローバルで通用するかっこよさとは何かを教えて欲しい! さて、前からいつか書こうと思っていたのですけど、SINGERという発音とFINGERという発音でGあたりの発音が、受験などで使う発音記号では違っていて、それを試験問題で問われたりします。 音声学的には、単なる暗記問題です。SINGERのときはこう、FINGERのときは、こう、という感じです。 英語喉ではどうでしょうか? SINGERは、誤解を恐れず、簡単に書くなら、SING-ER(ERは~~する人という意味です)。 FINGERは、誤解を恐れず、簡単に書くなら、FING-GER。 厳密に英語喉の発音記号で書くならば S-i_-NG/G-E_-r_ F-i_-NG/G-E_-r_ ですが、この記号で表されていない事実があります。それは、SINGERの二番目のGは、最初のGがコピーされたGです。つまり、喉をだら~んとさせて、SING-ERを発音したら、Gがたまたまつながったということです。 F-i_-NG/G-E_-r_の場合は、両方のGが意図されたGです。 つまり、たまたまコピーされてつながった子音と、もともと意図された子音という違いがあります。 こう言葉で書くと、難しげになりますね。だから、誤解をおそれずに、 SING-ER FING-GER と考えて、喉をだら~~んとさせて読めば、正しくなる、、、と相手が小学生とかだったら教えたらよいでしょう。 音声でも示しておきます。暇な人は聞いてみてください。 www.nippondream.com/file/singer_finger_07_20_2011.mp3 文部科学省さんが、はやく英語喉に気づいてくれたら、発音記号の暗記もしなくてよくなるのにな~~。 だって、SINGERをSING-ERと読むのは、暗記しているからそう読むのではないのです。ERが、~~する人という意味があるからそう読むのです。PLAYERとかと同じのりです。だから意味が分かって発音していたら、自然と正しくなる(数学が暗記の問題でないことに似ていますね)。…

Skip to toolbar