発想の転換でリラックスを!アメリカでの剣道経験より語る

剣道を始めて2週間、これまで稽古に3回参加したのだが、日本と教え方が違う。アメリカの剣道は、リラックスせよと説明する。日曜日に参加したとき、いやになるほど「切り返し」の練習をさせられたのだが、リーダーいわく、その過程で体をリラックスさせるというのだ。

日本で6年間、剣道をやったが、リラックスさせるという発想は一度も聞いたことがないし、自分自身でも考えたことがない。しかし、そういえば、試合で1分、2分で、体がばててしまうことは経験していた。リラックスなんてしていたら、たるんでいる感じがして、逆に怒られてしまっただろう。

今思うと体に力がはいりすぎていたのだろう。

アメリカでジムに行って、ストレッチをするときに、体に力を入れるなと指導を受け、これもはじめてだった。そうか~。小学校のときなど、体が柔らかくて、体育の得意なクラスメートがいたが、あれは、体をリラックスさせていたのだな。

そのクラスメートは走るとき、ストレッチをするとき、跳び箱をするときなど、他の生徒とくらべてフォームが優雅だった。あれはリラックスしていたということなのだな。縄跳びだって、ずばぬけていた。あれも、リラックスして、エネルギーをセーブしながらやっていたのだろう。

しかし、なぜ体育の先生がそういうことを言ってくれたことはない。

いや、しかし、リラックスしてやっている運動が得意の人から見ると、他の人が力んでいることは分かるのじゃないか?それを黙っていたのかな~。リラックスするってのがコツだとばれると、自分の運動マンとしての地位があやうくなる?あるいは、自分では意識していないのかもしれない。

日本人は海外のロックシンガーが絶唱しているのをみて、シャウトスタイルと呼ぶが、応援団のように、りきんで発声しているとイメージしているのではないだろうか?あれは、リラックスしてあの声を出しているのだ。

ロックシンガーは、日本人の感覚で見ていると、苦しそうな顔をして歌っている。しかし、発想の転換をしよう。あれは、リラックスしようとしているのだ、、とイメージして、同じ様子を見ると、見えてくる。

リラックスしている、、というのが見えてくる。ジャニスジョプリンといえば、日本人の感覚では、絶叫スタイルの見本みたいだ。しかし、この動画をみて、実はリラックスしているんだ、苦しい顔をしているんじゃなくて、あれは、力みをなくしリラックスしている顔なのだと、洗脳するぐらいとなえて、この動画を見てみよう。

どうしてもそう見えないときのコツだが、この苦しそうな顔は、りきんでしまうのを一生懸命、防ごうとして、結果、こういう顔になっているのだと想像してみよう。そして、自分でカラオケをやるときなど、まねをしてみるのだ。

http://www.youtube.com/watch?v=JjD4eWEUgMM

思うのだが、日本のロックシンガーのアマチュアのあいだで、まず声をつぶすみたいな感覚があるのではないだろうか?結果、応援団のようながらがら声になってしまう。しかし、いまいち、外人のロッカーの声と違う、、、と悩む人がたくさんいるのではないだろうか?声をつぶしてはいけないのだ。大切なのは、リラックスすることである。

これは日本屈指のロックシンガー、スーパーフライだが、またしても、リラックスしているからこれだけの歌唱が可能となるのだ。

日本人の感覚で、横柄、ふてぶてしくみえる、いわゆる「外人さん」。あれは、リラックスしているのだ、、、と理解する。さらに、リラックスしていない日本人のほうが特殊であるのだと理解できれば(実際、動物は普段リラックスしている)、違って見えてくる。突然、普通の人に見えてくるのである。

この発想の転換が大切である。この発想の転換がないと、完全にリラックスできない。英語喉ライブのとき、私は、アメリカ人の声、そしてそのリラックス度を感じながら、その雰囲気を借りる形で、私自身もリラックスしようとする。

日本人同士だと、お互いの緊張感、テンションを借りてしまうので、硬くなってしまう。

この発想の転換があって、始めて、外国人を仲間とみなすことができるようになる。

さて、最後に、発想の転換のもうひとつの課題だ。

我々日本人は、アメリカ人、あるいは西洋人(あるいは韓国人以外の外国人)に親近感をいだきながらも、なにか、いまいち、近づきがたい印象を持っていないだろうか?

以下は、昭和の天皇陛下とマッカーサー氏の写真である。日本人にとっては、マッカーサー氏が、ものすごく威圧的に見える。この写真が戦後の日本とアメリカの関係を物語っているようだとするのが普通の日本人の解釈だ。

しかし、マッカーサーはただ単に普通にリラックスして立っているのだと洗脳するぐらい念じてから、それが見えるまでじっくりこの写真を観察してみよう。コツは、マッカーサーを単なるおっさんと思うことだ。

その感覚でもって、外国人と会話するのだ。そうすることで、完全なる平等な立場を得ることができる。それこそが、束縛からのLIBERATIONである。その感覚で英語を喋ろう。

今朝、ダッジ車で走行中、対面から来たダッジ車の白人のおっさんが、指でサインを送ってきた(クール!という感じで)。ダッジ車同士の間のコミュニケーションで、TOYOTAに乗っていたときは経験しなかった。こういうこと何回も経験するうちに、以前、アメリカ人が冷たいとか、日本人を差別していると思っていた自分を恥じる瞬間である。

さて、最後に、応用編だ。以下は日本人より日本人らしいと言われているダニエルカール氏の動画だ。これを見ることで一体、日本人のように見えるとは何なのかを考察しよう。

金曜日に、近所でベトナムラーメンのPHOを食べに行ったら、10人ぐらい日本人のサラリーマンがスーツ姿で登場したのだが、現場に緊張感が走ったかのようだった。ベトナム人や中国人も客にまじっているが、なんとなく、ローカルのアメリカ人と同じオーラを発している。しかし、我々日本人は、この上のダニエルカール氏がはっするオーラを持っているので、外国に出るとかなり目立つ。

アジア人のもつ緊張感をパロディーとして笑おうということなのか?GQマガジン(ファッション雑誌)の写真に、以下のようなアジア人が登場する。

このイメージを払拭するには、我々日本人がリラックスし、クールになるしかないと思うのでした。

がんばるぞ~~~。

Related Articles

小さなコツ 二つ

やはり教え続けていると、色々なケースに出くわす。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 ひとつは日本語というのは、やはり特殊なのだろう。英語は、赤ちゃんが泣いているときの発声法とそんなに変わらない。しかし、大人が喋る日本語は、喉発音を元々しているひとがいたり、完全なる口発音だったり、小さいときから発音が悪いと注意されてきていて、実はそれが英語発音むきだったり、あるいは、注意されてきたから、それを直そうとして、口に力が入りすぎていたり、、、、。あるいは、日本語にもあるSが舌足らず的だったり。 さらに、地方によって、発声の深さが違ったり、、、。 極端に声が小さい人がいたり、、、。 日本語の発声のパターンは、日本語が、ある意味で、高度なのだろう。だから、その習得のレベルに違いがでてくる。 いろんなケースに出くわすなかで、最近は、二つ小さなコツを使いだした(この記事最後を参考に)。 さてっと、、、 先日、皮肉だと思ったこと。関西外国語大学の英語の先生が、Rの法則?という名前だったかな、、、で発音を指導していたのだけど、そのやりかたは、どちらかというと口に重心を置いたものだったので、正しくはなかったし、また、そこで紹介されていた日本人の発音は違ったものだった。 しかし、そんな感じで、一生懸命、ゲストのかたたちが、発音に取り組むなか、、、、アナウンサーのかたは、日本語を喉発音で喋っていたのだ。 完全な盲点になっていた。 まるで、現代哲学のよい例になりそうなかんじだ。 ミシェル・フーコーが、ベラスケスという人の絵をもってきて、そのなかの登場人物の視線がどうのこうのと論じて、それが、その歴史的時代のエピステーメー、解釈の原理を説明しているとか、そんな話をしていたけど、、、 「言葉と物」という本の第1章での分析だ。なんでも、奥のほうにある鏡にキングとクイーンが写っているとかで、実は、登場人物がその二人を見ている、、、みたいな話だったかな??? 見えそうで、見えないけど、実は皆に見えているもの、、、ってことだろうか?そして、そのキングとクイーンが実は主役。絵描きの人が、キングとクイーンの肖像画を書いているシーンなのである(、、、と思う)。 この番組は、まさに、今の日本の言説状況を理解できる内容だった。 http://www.youtube.com/watch?v=PqW7MxE1CG0&feature=related で、結局、誰も英語できないのではない?この教えている先生も含めて。もちろん、私はこの先生の英語を知らない、、、でも、私が分かるのは、本当に英語が分かったら、もっと英語をおもわず喋ってしまうということ(=例 英語喉ライブ)、、、そして、どうやって喋っているのか(=英語喉)、を伝えたくて、伝えたくてたまらなくなるということだ。 そして、実際、伝えまくってしまうのである(www.youtube.com/eigonodoを参照)。 さらに、皮肉なのは、合っていない英語の発音に対して、3人のネイティブジャッジが、今の発音OKって感じで、合格にしている点。日本に住んでいるネイティブのタレントさんも、日本の言説空間に放り込まれると、見えるものが見えなくなってくるのでしょう。 さらに、最も皮肉なのは、日本語のナレーションをしているアナウンサーのかたが、喉発音で日本語を喋っておられる点である! つまり英語の専門家に英語の発音を学ぶより、日本語を喋っているアナウンサーのかたの発声法に学べばいいのだ。 しかし、そのことに誰も気がつかない。 まるで、上で紹介したベラスケスの絵の主役が、登場人物ではなくて、鏡にうつっているから分かるキングとクイーンであることが分かりにくいように。 はやい話が、指導する前に、その指導する人が、まず英語が100%に近く、できるかどうかを問うべきである。…

月に2回のベトナム出張 アメリカにいながらにして

英語喉SKYPEセミナーに興味のあるかた、ぜひご連絡ください。詳細は、上のメニューのところから見てください。以下は、土曜日の夜のボランティア(無料)15分SKYPE講座です。 http://www.doodle.com/cmyr2xc7vnyd5dci ついに、フラットトップにするのは、これで4回めになった。 この切れ味がやめられない。髪の伸びるのが速いために、2週間たつと、ただ単なるボウズ頭の髪が伸びた感じになってくる。すると、どうしても、床屋に行ってしまうのである。理髪料は13ドルと安めな点も魅力だ。 この髪にする前は、韓国人と間違えられることが多かった(ちょっとオバサン的な髪の雰囲気)。この頭、フラットトップにすると、フィリピン系の兵隊っぽくなる。ちょっと髪が伸びだすと、(私の勝手な印象だが)微妙に中国人っぽくなる。実際、アメリカに住んでいる中国人男性の若手の技術者系は、そういう感じの髪が多いような印象だ(長めのボウズ頭っぽい)。 自分がどちらかというと技術者系であるために、軍人系のほうが、かっこよく感じるので、フィリピン系軍人っぽい度合いが減ってくると床屋に行きたくなるのである。 さて、昨日も、いきつけとなったアンディーズバーバー(なんとかっこいい名前だろう)に、アポなしで突撃。ベトナム系の若い衆が2回しか行っていないのに、お、日本人の人がまた来たぞ~という感じで、その場が騒然とするのである。 日本はどうだったか?その髪型への反応はどうだったか~?と聞いてくるのは、第1回のときに、日本では、恐い髪型であると私が言ったことを覚えていた理髪師さんである。 さて、バリカンでがんがん髪を落としていくのが気持ちいい。会話はもちろん、ベトナムの料理と文化である。今回は、2回目にやってくれた人にまたしてもフラットトップにしてもらう。 注文は二言だけだ。 フラットトップで横は1で頼む。 1とは、バリカンのさきっぽにつけるプラスティックのガードの単位であり、もっとも薄くなるのである(写真を参考に)。 いや1以外のフラットトップは考えられない。1以外だと、すぐに髪が伸びて、長めの坊主頭っぽくなってくる。フィリピンの精鋭部隊のメンバーと間違えられるぐらいの、シャープさを保つためには、1しか考えられないことを皆さんも覚えておいてほしい。 実は私は、これまで3回フラットトップにしているが、そのたびにおどおどしていた。本当にしてくれるのかな、勘違いしてボウズ頭にならないかな、、、などと。しかし、4回目になると、要領は分かっている。 俺は、第1回のときに、ベトナムラーメンの食べ方として、でてきた調味料などを全て入れるとうまいんだというアドバイスをもらったのだが、それを実践したことを報告。 とても喜んでくれている。 日本では何を食べるんだ、、、ベトナムではどうだ~?なんて会話だ。 今回、ベトナム文化について新しい知識を得た。 まずベトナム人は肉を調理するときに、よ~く料理するらしい。だからレアなんてなさそうだ。日本では、生魚を食べるんだという会話から派生したものだ。 さて、ベトナムラーメンだが、あれを朝食べるらしいのだ。え~~~、そんなことありえるのか?でも、確かに、俺も、昔、大阪の京橋の高校で教師をしているときに、立ち食いうどんを朝食ったことがあるが、結構、いけたな、、、ってことを思い出す。 さらに、ベトナム風サンドイッチというのがあるらしい。これは、試してみないといけないと言うと、近所の店の名前を場所を書いたメモを渡してくれたのである。 これは、おそらく私が本当に、興味を持って、ベトナムの食べ物や風習について聞いているから、具体的にアドバイスや情報をくれるのだと思う。 ベトナムでは朝、モチをくうというのだ。ライスケーキと呼んでいた。ベトナムなまりで、ライケーみたいに聞こえるのだが(ベトナムなまりはシラブルの最後の子音を弱く発音しているように私には思える)、英語喉で3ビート・シラブルを確実に聞いている今の私には、ベトナムなまりでさえ理解できる。 それが、日本風のモチナのか、饅頭みたいなモチなのか、パン風のモチなのか、、、気になってしょうがないので、真剣に彼のモチの描写を聞いてしまう。 そんな好奇心が、彼の心に通じたのだろう。そんな話をしているときに、ちょうど横で暇にしている理容師さんも、ちょくちょく話に入ってくる。…

喉発音万歳!24年ぶりの会話にて

まずは、人気投票にぽちっとお願いします。 先日、数週間前に英語喉指導をして、そのときには、発音は、ネイティブ化したものの(定着は別問題として)、聞き取りは前からある程度聞けていたので、革命的に変わったかどうか分からないと言っておられたかたが、 「ある映画を見ていたら(ま、何回も見たものだけど)、全て聞き取れた」 とおっしゃった。すばらしい展開である。 聞き取りの効果が数週間遅れたということだけど、これが来るか来ないかで、大きな差が出てくる。 皆さんのなかで、この効果をまだ経験しておられないとしたら、基本に戻り、ゆっくりと喉発音と3ビートに忠実に英語を実際に使ってほしい。 あれ、聞ける!という原始的な体験がないとなかなかつらい。これがないということは、英語を日本語のように聞いているということだ。 さて、久しぶりに話をした知人だが、彼は日本の外に住んでいるのだけど、英語をそんなに喋ったわけじゃないのに、私の頭の中で、「彼は英語ができる」と決め付けてしまっている自分がいた。というのは、彼は、日本人なのに、リラックスしているのだ。日本語を喋っていても、リラックスして喋っているので、それだけで、「この人は分かってくれる」と私は思い込んでいる。 これは、前述の日本人(Aさんとしよう)が、最近、挨拶しただけで、「英語できますね」と言われるという経験と同じだ。本来は、英語上手ですねと言われた時点で、終わっているのだけど(本当にできたら言われないため)、Aさんの場合は、日本人を多く知っているアメリカ人に言われるという特殊なコンテクストにあるので、「日本人なのに、あなたは英語ができますね」という意味だろう。 つまり、英語をそんなに喋っていないのに、相手が、「この人は(英語が、、、いや英語文化が?、、いやグローバル文化が)分かる」と決め付けてしまうのである。 2週間前にカリフォルニアで会った日本人は、私があった中で一番英語がうまい女性であった。彼女の場合は、フランス語を勉強したときに、喉の深くで発音することを学び、その調子で英語を喋ったら上達した、、、とおっしゃった。 奇跡だ。 しかし、私が20年以上ぶりに、さっきSKYPEでしゃべった彼の場合は、なんと、「笑いながら喋るのがくせ」だそうだ。私は、 日本語は本来笑いながら喋れない、、、と指摘した。 つまり彼はもともと喉がゆるかったのだろう。だから、英語が上達しただろうし、外国人の友人がものすごく多かったそうだ。 もっと聞いてみると、海外に出たときに、当時はやっていたコメディアンの物まねをすると、ガイジンに大うけしたそうだ。そして、そのコメディアンは、まさに笑いながら喋るのが特徴だったのだ。 そして外国人の友達がたくさんできたそうです。 な~~~るほど、彼は、元々喉がゆるかったのもあるだろうが、その物まねを通じて喉発音を実践していたのじゃなかろうか? 私自身は、広島の方言はもともと喉がゆるめで喋るので、英語にすんなり入っていけたのだと思う。そういえば、小林克也氏だって広島出身である。 じゃ*けん*のお~ のリズムは、中国語とか英語に似ている。 さらに剣道をやっていたので、喉から声を出して気合を入れていた。 高校時代に、あまりに授業などが退屈だったので、休憩時間は、物まね合戦をしていたが、私は郷ひろみとか田原俊彦をやっていたが、そのときは、確実に喉の奥から声を出していた。 私は、これまでに2人の聾者のかたに接したわけだが(参考文献はここ)、二人とも、笑いの声は、非常に明瞭であった。次のレッスンがあれば、私は、笑いの明瞭さを発声に生かすような方向に持って生きたい。 私は20年ぶりに喋った知人と、また話したいなという気持ちになった。お互い喉発音だからだと思うのだが、なんか、親近感が沸く。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

  1. カズ先生、こんばんわ。
    ご無沙汰致しておりますが、お元気そうですね。
    日本は最近、好天気が続いております。先日、秋らしく松茸が居酒屋でも出るようになったかと思いきや、そのほとんどは中国産だそうであります。味は結構美味しい。日本では暑すぎてあまり採れなくなっているとか。

    私も剣道をやった経験がありますが、大抵の三流の体育教師は、(柔道や空手など他の武道も同様に)力む・気張ることが良いことだと勘違いしているのでしょう。気合いを入れることの本当の意味が分かっていません。
    しかし、本当の一流の武道家は、リラックスすることこそが本当に力を発揮できることであると知っていますね。これは、プロレスラーなども同じだそうです。プロレスの神様・カールゴッチも似たようなことを言っていました。
    気張ると力を失い、くつろげば力が湧いてきます。気張るときは体内のエネルギーを消耗するときであり、くつろぐときは内部から力を生じているときです。
    これは生理学的にも心理的にも事実だと思います。たとえば、気張って筋力トレーニングをするときは、筋肉の中の繊維を破壊している(力を失う)状態であり、むしろリラックスして休んでいるときこそ、筋肉が超回復(新たな力が湧く)して大きく成長します。

    喉発音を行うと、それを実感することがあります。
    少しリラックスした方が、綺麗な声が大きく出せるように感じます。考えれば、口と喉を力んだら舌と声帯が萎縮するから、声が濁って小さくなるのは当然ですよね。

    >このイメージを払拭するには、我々日本人がリラックスし、クールになるしかないと思うのでした。
    >がんばるぞ~~~。

    ハッハッ!
    この最後のお言葉が、やはりカズ先生は日本人であることを証明していますね。
    がんばるぞ~~ と思ったら、力んでリラックスできなくなりますよ。(笑)

    目標の実現に向けて努力することは大切ですが、頑張ったら力が出なくなります。
    気合いを入れるのと、頑張るのとは違うのでしょうね。
    頑張るときは、頭・脳に血液が大量に上って自我意識が高揚し、全身の神経と筋肉も緊張しますが、本当に気合いが入ったときは、無我の境地になるそうです。最高にくつろぎ・リラックスして全力を発揮できる状態です。武道の極意でもありましょう。

    長くなって、失礼しました。
    今後とも、お元気で(頑張り過ぎないで!)ご活躍ください。

Skip to toolbar