メンタルトレーニングで英語喉を(必ずしも、声に出さなくても)

以下ではタイの日本人教師さんと、喉1号さんに、メンタルトレーニングの解説をしていますが、一般的な解説としても、以下の音声で解説してみましたので、参考にしてください。音声ファイルはここ: 

www.estat.us/blog/mentaltraining.mp3 

 

タイの日本語教師さんが音声UPをされました。ゲップエリアにまだアクセスできていないですが、アクビエリアを使われています。

http://thainihongo.seesaa.net/article/162450071.html

音声にてアドバイス。メンタルトレーニングの薦め

www.estat.us/blog/thai_09122010.mp3

喉1号さんが、久々のUP。発声自体は、むちゃくちゃネイティブ。口がまだ活躍しているという課題は残るが、それが消えたとき、どんなネイティブ発音にあるか、恐ろしいほどだ。

http://nodo1gou.at.webry.info/201009/article_1.html

音声にてアドバイス。同じく、メンタルトレーニングの薦め

www.estat.us/blog/nodo1gou_0912010.mp3

 

さて、UMEKOさんはTOEICを受けられて、リスニングがよくできたという感想を持たれたようです。ジーナが前から言っているんですが、語学学習においては、リスニングのほうが、発音より簡単だそうです。西洋人にとっては。だって、最初っから聞けるんだそうです。音自体は。日本人にとっては、これまで逆でしたね。言うのは、なんとか、身振り手振りで通じる可能性はあるが、リスニングは全くダメだ、、、と。英語喉で解決するわけですが、、、。

http://73417248.at.webry.info/201009/article_1.html

 

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

うめこさん+喉1号さん+喉すけさんへのアドバイス

うめこさんのサイト http://73417248.at.webry.info/201006/article_4.html 音声によるアドバイス(2つのファイル、内容が違います) www.estat.us/blog/umeko_1.wav www.estat.us/blog/umeko_2.wav 今のところ、シラブルシラブルを元気よく(?)発音しすぎている感じなので、練習としては、ダラーとした感じがよいです。「異星人を呼ぶための呪文」ぐらいのつもりがよいでしょう。そうすることで、イントネーションとか、強く読むとかいう考え方をとりあえずせずに、発音に専念します。

アシュラさん、次のステップ

http://ashrafieh.seesaa.net/article/160695924.html でアシュラさんが、英語喉は理解できて、一段落ついたとおっしゃっていて、ほっとした。アメリカのドラマの英語が、前よりも耳に入ってくるようになったとの報告もうれしい。 さて、今日は、以下のアシュラさんの言葉に対してコメントしたい。アシュラさんいわく:

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.