GLIMMIX

さて、ここのところ、仕事が過激に忙しいです。特に、データを扱っていて、プログラミングをして、アナリシスをしていますが、救われるのは、SAS(統計ソフト)を使っているのだけど、昨年末ぐらいから、GLIMMIXというプロシージャが、本格的にパッケージの一部となり、それは、線形モデルでも、非線形モデルでも両方いけるのです。

以前は、線形のときと非線形のときで、プロシージャが違ったりして、それも同じSASでも、違う人がデザインしていると思うので、プロシージャに応じて、ちょっと違ったりしたのです。特に、非線形モデルは、手間がかかっていました。

ところが、GLIMMIXというのがなかなかよい。そのお陰で、作業の時間が50%ぐらいは削減できているんじゃないかなあ?と思う。

本当に助かる。

さて、今年も、労働感謝の日の週末、この週末だけど、ちょっと出てくるが、ちょうど、ハリケーンが来ていて、非常に困る。

BY THE WAY, …

インドと日本の違いは英語力 世界を相手になぜ、話さないのか

–> http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100819-00000131-san-soci

英語喉オンラインサロン・コースへ飛ぶ

Related Articles

試験とは何か

ずいぶん前に読者の人から「試験についてどう思いますか」という質問を受けたのだが、最近、このトピックについて考えさせられることがあったので書いてみたい。   ***   仕事で資格試験を受けなければならなくなった。SASという統計ソフトをこの10年(以上)使っている。自分で言うのはなんだが、この道の達人、、という感じのレベルで、寝ながらでもプログラミングができるかもしれないと思う。

ジャパネットの高田さん(長崎県のご出身)

英語喉的には高田さんの声はどう解釈されるのでしょうか。長崎のご出身です。 (実は私は高田さんのことは知りませんでした、、が、FBでフォワードの石渡先生が以下の記事を紹介されていて、知りました)。 大きな声を出していても、うるさくないなという感想です。

フォークの使いかたがうまいですねえ

箸と重力   http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080328-00000013-yom-sci     引用*************************** 初めての宇宙ステーションで、一番楽しかった思い出は「みんなで夕ご飯を食べた時」。「私が日本食を用意して、乗組員のみんなに『はし』をプレゼントした。無重力だからつまんだものが落ちないので、みんなはしを上手に使っていた」と船内での一時のエピソードを紹介した。

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.