私の単語の覚え方

今朝はiTalki.comでスペイン語会話のレッスンで、ベネズエラの先生に、スペイン語を聞いてもらって、間違いを直してもらうということを目標にしてます。

今日は、自分の話を聞いてもらって、いちいち直してもらいました。そもそも、「直してもらえますか?」という発話でさえ、直してもって、corregirという単語が正しいと教えてもらいました。

こういうやり方でやると自分は覚えられます。

自分は電話番号を3つぐらいしか覚えていませんし、大学を卒業していらい暗記をしたことがありません。

でも、昨日、コンサートに行った、、とかいうことはもちろん覚えています。

この上で描写したやり方で勉強すると、CORREGIRという単語を、まるで昨日、コンサートに行ったんだということを覚えているのと同じ感じで覚えることができるんです。

自分は暗記ができないというのは本当で、自分は仕事でSASプログラミングというのをやりますけど、そのプロシージャの単純なのさえ覚えられないので、ほとんど、自分がウェブサイトにまとめているのをコピペしながら、プログラミングしています。それでも会社では、SASプログラミングのグル―とか呼ばれています。

Related Articles

剣道を始めた

昨晩は、剣道クラブに初参加しました。 ぐぐったら、ちかくジョージワシントン大学の剣道クラブが一般市民も参加できるということだったのです。 たまたま雨で参加者は5人。全員、アジア系。 指導者的な学生はコリアンアメリカンの大学4年生。韓国でも剣道があるそうで、違いは、審判の使う旗の色と、試合開始のときに、座らない(うんこ座りしない)ということだそうです。 一人は3週間前にアメリカに来たという中国人の大学1年生。高校からアメリカの大学に来るほど、中国人の一部は裕福になっているのかな。英語を普通に喋っていたのでアメリカ人かと思いました。ちょっとアクセントがあったので、練習の後に喉から喋るといいよというと5秒で国産?ネイティブ化していました(中国人はすぐに喉発音ができる)。 彼を含めた3人は初心者。20年以上ぶりですが、初心者に指導もしてあげました。「切り返し」のときに、ちょこっと教えてあげたら、その学生、コツをちょっとつかんだみたいでした。 自分自身、20年以上ぶりに切り返しをやったら足がもつれてしりもちをついたのがかっこ悪かった。 となりではテコンドーの10人ぐらいが見ていた可能性があるからだ。その半分ぐらいは女性だったので、ますます恥ずかしい、、、。 だって、その場面は、おっ、剣道の本格的な練習が始まったぞ、二人の剣士が激突しているぞという感じだったからだ。 しかし、初心者が多かったということもあると思うのだが、基本的な型練習ばかりだったのは、つらかった。そもそも、最初に、となりで練習しているテコンドーの10人ぐらいの選手たちと一緒に準備体操。それがハードで、その時点で、ばてた。 もう帰ろうかとおもった。 それから基本的な型練習ばかり。 やっと最後に、リーダーが「じげいこ」と呼んでいたけど、実際に戦う練習をしましたが、リーダーと3分戦っただけで、ばててしまいました。 3分なのに、1時間ぐらいに感じた。 ほとんど、頼んでやめてもらった状態だったんですが、技術的には、彼いわく、「俺と同じぐらいのレベルだと思う」とほめてもらったので、ま、スタミナつけたら大丈夫かな、、と。 いや、しかし、「じげいこ」で、2分でばてるのは、体がつねに硬い、余計な動きがある、当たるあてもないのに、せめすぎる、、、ということじゃないかと思う。 本当に強い台湾出身の人がニューヨークあたりにいるらしいのだが、彼は、ほとんど動かないのに、勝つそうだ。 けいこの90%が気合、掛け声を重要視する型のけいこだが、「じげいこ」もそのつもりでやっているから、2,3分でばてるのじゃないかと思った。 これは、微妙に日本の英語学習のスタイルに似ている。型を重んじる学習方法。しかし、実践の量はすくなくなりがち。 やはり型を重んじるやりかたは無理があると思った。竹刀の素振りでさえ、昨日、リーダーが俺に教えたやりかたは、俺が20年以上前に教わったのとちょっと違って、型の要素が強い。 俺が教わったのは、竹刀を雑巾みたいに絞る感じで、頭の上から振り下ろすときは、どちらかというと最短距離で円を描く。しかし、リーダーは、「それは剣道ではいいけど(どういう意味や?)、実際の刀だと、もっと大きい円をえがくかんじがよい(どういう意味や??)」と意味不可解なリーズニングで、非常に型に固定化した素振り法を指導されたのである。 実際のじげいこでは、そういうやりかたは全然通用しない。 しかし、リーダーと「じげいこ」をしたが、相手の動きを読むのが非常に難しい。そもそも、俺は、相手に打ち込んでいく前の段階で、ある程度のシナリオを想定して、打ち込んでいるが、これではたぶんだめだ。 打ち込みながら相手の動きに対応して、臨機応変に対応しないといけないのじゃないだろうかと思う。しかし、考えていては、これまた遅すぎる。 いったい、強いやつらは、なにを考えているのか???…

子音も喉だということがピンときにくい

YUKAさんのブログでのコメントで、長崎の雨さんが、母音が喉であることは分かりやすいが、子音も喉であることは分かりにくいという点を言及されていた(天満さんもコメントされていた)。 http://ameblo.jp/englishbootcamp/entry-10608168721.html  に対するコメントを見てください。 これは以前も書いたと思うが、子音は子供、母音は母というイメージがある。しかし、これは口発音言語である日本語だけのイメージだ。母の補助なしには、子音がでない、、、という状況を如実に表している。 喉でやれば、子音をひとつづついえるどころか、つなげることもできる。最近では、UMEKOさん(http://73417248.at.webry.info/)の音声UPで、WORLDという単語を発音されていたときに、ちょっと喉発音が浅かったのでLが聞こえずWORD?と聞こえたように思った。あれWORLDじゃなかった?と確認したら、やはりそうだった。 喉のほうがしまりぎみな場合、一つ一つの音をちゃんと出せないのである。 森鉄さん(http://toeicjuken.seesaa.net/)とネットラジオをやったときか、準備の放送だったかで、森鉄さんの英語が本格的だったので、こんな人がいたのかとびっくりした話はした。フランス語もそうですよという話になって、森鉄さんが、MERCIE(ありがとう)と発音してくれたときに、RがJかHのように聞こえたのだが、それは、Rが首の根元で発音するというイメージなしに、発音されたからだろうが、そのときに、Rの部分を遠慮して発音されているような気がした。 子音というのは、子供というぐらいだから、母音よりも遠慮がちに発音するというような感覚があったのだろうか?私も英語喉以前は、全く同じようにフランス語のRを発音していたのでなつかしくかんじたのだ。 その後、自分でMERCIEとちゃんと発音してみたのだが、Rのところで遠慮していない自分に気がついた。 喉発音をしていると母音だからこうだとか子音だからこうだとかいう感覚がなくなる。 ただの音でしょ、という感じである。 さて、今日は、香港出身の昔の友人と電話で話していたのだが、彼の苗字はNGだ。これは、日本人には発音不可能な苗字だ。NとGを連続して、喉で発音するのである。私はそれを簡単に発音してみせて合格したのだが、口発音では絶対的に無理な発音。うんぐ、、みたいに2シラブルぽくなってしまう。 もう10年ぐらい前に、彼が、私に、え?NGっていいにくいの?と非常な不思議な顔をしていた。 全世界の人は、誰でも言えるのである。 彼は、ほとんどネイティブと変わらない英語で私と話をしていたが、日本人は、英語の音が聞けないんだという点を説明したけど、意味が通じたのかどうか自信がない。 当たり前のように音が聞ける日本人以外の人類に、日本人が、英語の音が聞こえなくて、英語は周波数が高いと信じているということは説明しても、いまいち通じない。 ジーナの妹に、喉の奥を震わして、それを感じながら発音していると言っても、いまいち、それが当たり前すぎて意味が通じないのである。 今日は、髪を切りに日本人の美容師さんのところにいったのだが、そのかたには、英語喉と機関銃英語をプレゼントしてあるのだが(2,3ヶ月前に)、全然読んでいただいておらない。忙しいのだと思う。 そのかたは、もともと英語を喉で話されているので、あまりピンとこないのかもしれない。あまりにも当たり前のように、ネイティブの人たちと話をしてらっしゃる。 で、今日は、やっぱり英語は使って覚えるものですよねえという話をした。 先日も、アメリカで私と同じような仕事をしている日本人の女性(社会学)と話をしたのだが、やっぱり彼女も、英語は使ってなんぼやと思っていたと言っていた。 英語ができる組の私たちは、みんなたぶん1980年代に英語を特に勉強していたのだと思うけど、やっぱり使ってなんぼのもんやと思いながら英語を習得していたと思う。 最初は、わからんと思いながらも、ニューズウィークや英字新聞を読んでいた。 そのあたりは、松本道弘氏などの影響もあったと思う。やっぱり、とにかく英語を使え、英語で考えろ、英語を読めというようなことをよく聞いていただが、やっぱりそうだと思う。 あと、最近思ったのだが、英語の辞書を20年ぐらい見たことがない。一つには、英字新聞などを読んでいるうちに、なんとなく覚えてしまったということもがあるが、スペイン語を勉強していたということもあるかもしれない。…

国産ネイティブNKJMさん、UP+レビューです!ありがとう。

http://nodo.edn.jp/ NKJMさん、すばらしいですね。ほとんど完璧ですね。日本人が読んでいると思うネイティブは存在しないでしょう。ほとんどと書きましたが、その理由は、これをクリティークするためにはジーナに頼むしかないというレベルです。聞いておきますね。 仕事のほうおめでとうございました。奈良にカナダの学生を連れて行かれたとのこと。これこそが、真の貢献ですね。奈良というのは、本当にすばらしい。4月の偶然花祭りの日に大仏を見ました。そのあたりにいらっしゃったのですね。すばらしい日本を見せる、心の交流をするーー>外国人が日本にいたがる、きたがるーー>親や親戚も日本に観光に来るだろうーー>日本経済がうるおう、、と。経済が全てではありませんが、今の日本に必要なのは経済復興です。経済があって、機会があり、夢や希望がかなうのだから、、、。 英語喉以前、それっぽい発音よりカタカナ英語で大声でいったほうが通じたという件、、、これは、本当にすばらしい観察だし、これこそが、原因ではないでしょうか。日本人には日本人なりの英語があってよい!とすごむ気持ちが分かる、、、とはいえ、その原因はよく分からなかったんですが、このエピソードすばらしい報告です。 そういえば、昔、うちの父と妹(英文科)がアメリカに来たとき、父のほうの英語が、意外とよく通じていたけど(妹に負けないレベルで)、その状況に似ていますね。 本当に、本当に、当時、アンチ喉の嵐が吹き荒れるなか、NKJMさんのレビューには元気付けられましたよ!  

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.