Skip to toolbar

DCでコンフェレンスでの快挙

この8年ぐらいでいつの間にか専門がRCT(実験)になって、きっかけはアラバマの州立大学とコラボして研究計画を米国教育省のグラントに応募したら、当たって、一個当たったからなのか2個めも当たった。そのグラントで二人の同僚を雇われて3人チームでやっていたら、さらにRCTじゃないけどQEDで2個あたった。やっているうちに、やり方が分かってきた。

今日はプレゼンだったのだけど、しっかり笑わせた。そのネタだけど、えらく、わしの先にプレゼンをする人が、「自分は背が高いので、ちょっと立ってやります」とか、「自分は背が低いので立ってやります」とか、お互いに矛盾することを言っていた。

自分の二人前のコラボをしているメリーさん(仮名)が、「自分は背が高いので立ってやります」と、ちょっと意味不明のことを言ったので、自分の番になった時に、

「私は背がかなり高いので、立ってやります」

と言ったらどっと受けた。

解説をしておきますと、私は背が高くありません。

やっぱり、それを言い放ったときは、ポーカーフェースに得意の「死んだ目」だ。

皆さんは死んでいる魚の目を見たことががありますか?それをイメージしてください。

その後に、私の同僚のシンディーさんが(仮名)、「なにがなんだか分かりませんが、私は立ってやります」と、合わせてくれて、これでまたどっと笑いが起こっていました。

英語で笑わすコツですが、アメリカ人のオーディエンスは面白くて笑うということもあるかもしれませんが、喋り手が、ポーカーフェースだけど、ジョークを言ったということを自分はキャッチした鋭いセンスの持主だということを自己主張したくて、笑っている、、のです(というのが私の最新理論です)。

コンフェレンスの後に、ビールを飲みに行きましたが、5人ぐらいのアメリカ人を相手に5回ぐらいは笑わせました。

関係ないですけど、アメリカ人って歯が隅々までぐわ~~と見えるような感じでの顔で喋りますね~(おちょぼ口の反対)。そうすると確かに喉の音が大量に放出されますね。たぶん、それが人類のデフォなのです。

ま、簡単なようですが、ネイティブの言っていることの聞き取りの能力がいりますので、もし皆さんのなかにネイティブの英語が聞き取れないからがおられましたら、相談してくださいね。

Related Articles

ボンボンボンは一定?

さて、今朝は、うれしい、またユニークはメールをいただきました。このかたは、中国語を勉強されているそうです。機関銃英語に、中国語についてもコメントしていますが、漢字一つが1拍である、1シラブルであるということを、中国語に応用したところ、聞き取り能力が向上し、会話能力も向上された、、、とのご報告をいただきました(えらく、効果が早いですが、そんなもんじゃないでしょうか、、、今までつもりつもっていた知識が、シラブルを知ったことで、洪水のようにでてくると)。さっそく英語のほうにもとりくまれているとのこと。ぜひ進歩のほうお知らせください! 中国語の場合は、分かりやすいのでしょうね。一度気づいてしまえば(ニーハオは3拍じゃなくて2拍!だ、、と。漢字の数=シラブルの数)。英語も、気づいてしまえば、あまりに当たり前です。が、英語の場合シラブルとシラブルの間に流動性があるので、気づくのに苦労する人がいるかもしれません。 小学校のときの理科の時間にオリオン座の位置を時間ごとに観測せよという宿題みたいなのがあったんです。広島の田舎の空には、異常なほどの星がありますから、オリオン座探せと言われても、どれなのか分かりにくい。逆にDCなどではオリオン座ぐらいしか目立つ星座がない、、という感じですが。 でも、一度、あれだと分かると、もういつも分かる。 そんな感じですね。機関銃英語が聞き取れる!がきっかけで、英語が聞けるようになる瞬間が、皆さん全員に来ることを祈っております。 英語の種類?によっては、あまりに当たり前に聞こえるように思うこともあります。例えばBBCのアナウンサー英語なんて、シラブルごとを、これでもか、これでもか、と強調して読んでいるような印象がありませんか?そうしないと、イギリスのクイーンからケツバットをくらうんじゃ、みたいな勢いじゃないですか? http://www.youtube.com/watch?v=zYslpjwjp7o&feature=related でも気づいてみると、どんな英語でもそうです。 さて、MIXIのほうでは、ジャンさん主催の合同練習(先週のBLOGで紹介したと思います)がこの月曜日から始まっています。そんななかで非常に良い質問が出てきましたので、紹介させてください。ご質問は: http://mixi.jp/view_event.pl?id=42283354&comment_count=73&comm_id=856 の#73 >ボンボンボンのテンポは一定でしょうか?例えばThey have a lot of great restaurants in Umeda.で「great」のところがボーンとなったり、「restaurant」でテンポが急に速くなったりするのは良くないですか? テンポは一定である必要はありません。たまたま感情が入っていたら、ボンの長さが長くなるかもしれないし、短くなるかもしれない。子音が複数入っていたら、長くなるかもしれない。発音しているときに、後ろから蹴つられたら、おもわずボンの長さが変わるかもしれない、、というかんじで、適当です。 大切なのは聞くほうとしては、ボンを1単位として聞く、、、これが決まりごとです。 私がやっているコンピュータの言語みたいなのにSASというのがあるんですが、これはこんな風なプログラミングをします。 PROC MIXED;…

2011年 明けましておめでとう +菅原里奈先生のボイトレ本&DVD「ミラクルボイスメイキング」の紹介 

あけましておめでとうございます。今年も、よろしく御願いします。 さて、31日は、NHKで紅白歌合戦を一部見ました。4分の1ぐらい見たと思います。毎年同じことを書いていますが、やはり演歌勢、ベテラン勢はすばらしいですね。それに比べて、やはり若手は、口発音ぎみなので、音程もなかなかパーフェクトにのりにくい。口発音だと、コントロールが難しい。 個人の資質じゃなくて、やっぱり、口に重心がいっていると、うまくいかないのですよ。 やっぱり、口に重心がくると、音の震源地から離れた場所に意識がいくので、音程がゆれるのじゃないかなあ。 パフュームさんは、なにか、いいかんじで、踊れていいと思うのですが、声のほうは、エフェクトをかけることで、工夫していますね。てか、日本の歌手って、グループで歌うことが多いですが、あれは、一人一人の日本人声が響かないので、あきらめて、コーラスにすることで、音に重奏感を出すという工夫でしょうね。 歌唱力には限界があっても、才能がある人達の集まりだから、悩みも大きいのではないかな、、、。声が響かないというのは。かえって、まあまあうまいレベルの人達ほど、歌った後に喉が痛くなったりするのではないだろうか、、、。ちゅうとはんぱに、喉ブレーキがかかるので。 どなたかが、TWITTERで口発音は「半ブレーキ」がかかったかんじと表現されていたけど、その状態で歌うと、困難がともなうのです。 ただ演歌勢は心配ない。うま~い! たぶん、若手の彼ら、彼女らは、日ごろからがんばっていると思うのです。でも、ポイントは、口の奥のほうで音を切ると、音の響きが継続しない。だから、けっこううまいほうである歌手(若手)でも、こぶしは、語の最後だけしかかけない、、、というかかけれない。 日本語の個々のヒラガナのたびに、喉で音をきりがちになるので、全体的に響かすことができないわけです。 今回も、アンジェラさんは若手でも本格派だったんでしょうけど(見れなかったのですが)、それは喉発音ですよね。 お母さんが西洋人ってのが関係しているでしょう。 英語喉でやると、とても自然に、音が響くので、コブシをかけるぞ~って意識より、ひびきすぎないかな?という心配のほうが出てきてしまう。いっつも響くので。私がエレキのときに感じることに似ている。うるさくなりすぎないかというのが心配。 音が響かないのは、練習の問題じゃない。日本語の音の性質の根源的な問題。ガが一番説明がしやすいです。ガと発音すると、日本人は口の奥のところの喉がぴたっとしまるところから始まりますね。 あれをゆるめる、、、、いや、ゆるめるどころか開けたままにしないと、歌がうまく歌えない。 、、、と前置きが長くなりましたが、それでは、いってみましょう。皆さん、紹介いたします。 歌手、ボイストレーナーの菅原里奈先生の ボイトレ本&DVD「ミラクルボイスメイキング」の紹介です。なな、なんと、発声補助器具「ハローボイス」と いうのも一緒になって3点で1セットの企画なのです。そして、なんと、このボイトレ本&DVDは、英語喉にも関係しているのです。 http://www.animatojp.com/hellovoice/ 里奈先生が言及されている、「英語喉」の上川一秋先生によるペットボトルを使った英語の発音メソッドというのは、あの、外人声ギブスのことなのです。これは本当です。だって書いてあるでしょう?「上川一秋先生による」と書かれているところの、上川というのは、私(このブログを今、書いている人、つまり私)です。疑ってはいけませんよ。 さて、里奈先生のサイトを読んでいて、そうだ、そうだ!と思ったところは、「あなたの本当の声を見つける」という考え方です。 本当にそうです。喉発音は、まさに、生まれたときに、親からもらった本当の声です。それを見つけるということです。 自分の声を見つける、、、本当にそうです。 皆さんも、本当の自分の声を見つけてみませんか!!!! さて、音声で解説。本当の自分の声を見つけるとは何か? www.estat.us/voicetraining.mp3…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.