Skip to toolbar

人的資本と社会資本

私が行っていたシカゴ大学では、社会資本の研究とか、人的資本の研究とか、二つをあわせたような研究とかが盛んだった。社会学のコールマン先生がまだ生きてらっしゃって、授業を受けたが、そういうのを講義されていた。クラスメートも、経済学のような社会学のような研究をしていた。ネットワーク分析というのもさかんだった。

英語喉は、英語力を上げるので、人的資本を増やすことになる。けど、社会資本っていうのも増強すると思う。コネみたいなものだ。人間のつながりがリソースになるだろう。

先日、会社で、一人やめて大学院に行くというので、その送迎会でハッピーアワーに行ってきた。その人は、昔、高知県でJETをやっていた人。会った当時は、私に日本人が喜びそうな話題を振ってきていた。例えば、日本のケーキはあまり甘くないですねとか。でも、私が喉で喋っているうちに、そういう話題もなくなっていって、普通の会話をしていた。そんなものだ。

以前だと、ハッピーアワーに行くと、そういう親日派と喋るぐらいだったけど、喉をはじめてから、そういうのがなくなり、ただ単に、そこに居合わせた同僚と喋っているという感じだ。

喉で喋ると、普通に人になったという感じだ。

で、喋っていると、同僚が後ろから、おいと声をかけてきた。こんなことは前は起こらなかった。相手から話しかけてくるなんて。

そこで、私は、こら~わしは今しゃべっとるんじゃ、、と冗談を言ったら、とてもよろこんでいた。

つぎに、まだ他の同僚が喋りかけてきて、喋ってしゃべってしゃべくりまくってきた。これも以前は起こらなかったことだ。

前は、ぽつんとして、透明人間だったので、こちらが努力しないと会話に入れなかった。

口発音というのはそういうものだ。ネイティブが聞いたとき、口発音の人の英語は聞きにくいし、また怒っているように、また相手に興味がありませんという感じに聞こえる。

そのあと、また他の同僚と話をしていたのだが、日本の100歳を超えた老人が行方不明になっているという話をしたら、ものすごい盛り上がりを見せていた。非常に、これは変だ。前は、日本の話をしても、盛り上がらないかった。相手が日本に興味がないからだと思い込んでいた。

ハッピーアワーに行ったのは行ったのだが、最近、あまり行かない。口発音時代は、こちらが、アメリカ人の友人をつくりたいというのがあったので、積極的に行ったのかもしれない。でも、ぽつんと取り残されてしまい、嫌な気分になったものだ。

以前、何回も書いたが、前の会社で6,7人ぐらいでランチに行ったとき、私のところから右側に会話のグループができ、私の左にも会話のグループができ、20、30分ぐらい、誰も私を見ないで、話を続けるものだから、もし私が今いなくなっても、誰も気づかないだろうと思ったほどである。

まさに透明人間である。

ところが、喉発音になって、全く状況が変わった。逆に、いつでも友達がつくれるという気になったので、ハッピーアワーにあまり行かなくなった。

私は、透明人間を脱して4、5年ぐらいになるのだろうか。英語喉をやりだして4、5年ぐらいだからだ。

これから留学をしたり、国際交流をしたりする人達には、絶対的に透明人間の経験を味わってほしくない。

しかし、そういう経験なしに、すっと国際交流できる今後の人達をうらやましく思うこともあるが、まあよい。

先日、去年、直接教えさせてもらったかたからメールがきて、英語喉のおかげで、アメリカ人が親しく接してくれるということを教えてくれたので、このことをもう一度書きたかったのです。

長崎の雨さん、ヨーロッパ出張でなにか喉効果ありましたか?ZENさん、パーティーなどでの効果などぜひ教えてください。

あ、そうだ、ハッピーアワーで、会社を辞める人が最後にハッグをしてきていたが、英語喉をやっているとハッグ攻撃にあうことがある。

Related Articles

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか?

次の目標はいかに流動的に話すかに設定しませんか? さて、今週末の1時間半スカイプセミナー、あと2人募集です。以下で申し込んでください! http://doodle.com/2drucx8q7ang7wm8 喉発音がまあまあ、できるようになったかたの目標は いかに流動的に喋るか、、、にしませんか? 長崎の雨さんと以下の動画を真剣に見ていました。 下記で出てくるヴィデオ の中の’A.J. Burnet after Yankees’ shut out loss to Indians’ http://www.yesnetwork.com/media/video.jsp?content_id=15867945 です。このBURNETという投手は、けっこう、分かりにくい部分もあり、ジーナに聞いてもらっても、あれ?今なんてった?って感じの部分が微妙にありましたが、それでも参考にしたいのは、流動性、全然口に重心をおいていない、ポーカーフェース、、、などなどです。 私がアメリカで仕事をしていて、会議などでは、みんなこんな感じの顔で喋っていますよ。 すでに英語喉がまあまあできている人の次の目標は、ゲップエリアの底あたりを意識して、流動的に話すことです。これができていると次の発想の転換が起こります。 分かりにくいと思われる英語は、なまりがあるからとか、教育レベルが低いからではなくて、発音位置が低く、声帯の下の部屋のゲップエリアで音がスムーズにつながっているからだ、、、、 私も口発音時代は、黒人なまりがあるからわかりにくいとか思っていたことがあります。ところが、私の会社で駅から会社まで会社専用のバンに乗るのだけど、その運転手さんは、お年寄りです。黒人なまりもあります。 でも、全然、聞き取りにくくない。 また、私は口発音時代は、話者の教育レベルで聞き取りやすい、にくいが決定されると勘違いしていました。 発想の転換をしてください。…

日本語でのキャラと英語でのキャラが同じに感じられて充実感

昨日は、友人の誕生会で、デュポンサークルというDCのまんなかにある繁華街に行ってきました。しかし、東京などの繁華街を想像してはいけません。もっと人が少ない。DCでサークルと名がつくと、それは、いくつかの道路が交差していて、その真ん中が丸い感じのスペースになっていて、そこを自動車がぐるぐる回れるようになっているのです(イギリスではラウンドアバウトとかいって、これが非常に普通だったと思う)。 英語喉を始めてアメリカ人の誕生会に招かれるようになったのは脅威です。来月も一人あるので行って来ます。 しかし、英語喉をしているから、ものすごく親しくなった、、、という言い方よりも、普通の人になったという言い方のほうが正しいと思う。日本でも同じだが、コンパなどに誘うとき、誰でもかまわず誘うというときがあると思う。 日本人はアメリカに住んで、積極的でないと、内容のある話をしないと、アメリカ人と溶け込めないと思い込んでいる。先日も、そんなことを言っているひとがいた。引用させてもらうと、 引用はじめ (ワシントンDC掲示板より) 発音がネイティブでなくても。平等に接するアメリカ人たくさんいますよ。 私がこの20年以上で気がついたことで、会話に必要なのは度胸、協調性、ユーモア、あと話が尽きないことです。 ネイティブでもつまらない会話、協調性のない人は相手にされません。 もともと「平等に扱いだす」って差別ですよ。 差別するネイティブのアメリカ人とはお付き合いしたくないですね。 普通に接しているアメリカ人は、心では「このアジア人め」と思っているかもしれません。 発音・発声音が人間関係を深める鍵ではないです。 引用終わり 私が言っていることの全く逆である。 しかし、実際は、どうだろう。日本で考えてほしい。その個人に「内容」があるから友達があるだろうか?度胸がないと友達ができないだろうか???? いや、結構、たまたま学校で席が近かったとか、下宿が同じだったとか、クラブが同じだったという単純な理由で、仲間にならないだろうか?もちろん、性格などもあるが、人格が破壊しているなどということでなければ、普通は仲間に入れてもらえるのだ。 それと同じだ。英語喉で喉発音をしていると、回りのアメリカ人が色々と誘ってくる。それは、パーティーなどの内容によっては、とにかく人数が集まると誕生会などもリあがるし、一緒に働いているのに誘わないのは、みずくさいとアメリカ人だって思うからである。 飲みに行こうよ~、とか、もう帰るのかよ~、まだ早いんじゃね~か~、、、という発想だって、もちろんある。 そして、社交しているうちに、友達感覚になってくるのだ。 昨晩は7人だったのだが、当然、喉発音でのりきれた。特に良かったのは、ついに私自身の日本語のときのキャラと英語のキャラが同じになったと思えた点だ。以前は、日本語だとどちらかというと社交的だと思うのだが、英語だとシャイと思われてしまう、そしてシャイみたいに振舞ってしまう点に矛盾を覚えた。 隣に座った人は初めてあった人なのだが、ちょっと私がア~と息・音をもらすだけで、上りと新幹線と下りの新幹線が駅ですれ違うときのようなかんじで、パ~~~ンと私のほうを向いていた。そのレストランはうるさかったのに、それだけで相手がこちらを向くとは~。 さらに、こういう場では、失敗をおそれず、面白いかな、面白くないかな?という感じで、面白げな話をするわけだが、一人が、その話をするときに、私のほうを主に私のほうを見ながら喋っていたので、口発音時代は、こんなことはありえなかったなあと感無量だった。「カズなら笑ってくれる」という信頼感ができたのかもしれない。 また俺を会話の中心にしようというようなことも人が言ったのだが、これも感無量である。日本はどうだったか?とか、カズは英語を教えているだよね、、、どうよ?みたいな。 日本語の会話では当たり前の進行だが、英語でこれが起こっているのは、それは俺が喉発音で普通の人になったからだろう。 しかし、やはり英語が100%聞けているということは強いだろう。しかし、そこにはギリシャの人もいたのだけど、彼女だって100%聞こえていて、談笑に加わっている。喉発音と3ビートでやっていると、誰でもできるのである。 たまたま一人だけ、ちょっと遠い存在的な男性がいたのだが、それは、彼を知っている人が一人だけだったからだ。彼はどちらかというとその知っている人だけと喋っていて、ま、おおげさにいえば、ぽつーんとしていたのだが、私はそれを見て、な~るほど、俺は口発音時代は、いつもポツーンマンだったなあと思い出したのである。これは大げさに表現しただけだ。彼はたまたま知っている人が多くいなかったということ、彼だけが、違う産業に従事しているということという特殊な事情があったので(他のメンバーはなんらかの形で同じ会社に勤めていたことがあったりした)、私がここでポツ~ンマンと呼びつけるのはアンフェアなのだが、ま、話の勢いということで。 しかし、私がこのテーブルでポツ~ンマンにならず、会話の中心になることさえできたのは、それは、メンバーが女性が多かったというのもあるかもしれない(7人中、男は私を含め2人であった)。女性が多かったのは、バースデーの主人公が女性だったからだろう。 喉発音になって、観察力が強くなって気づくのは、女性というのは、結構、気をよく使う人たちなのである。男性以上に社会関係に気を使うように思える。だから、私が何か言おうとすると、すぐに丁寧に聞いてくれる感じがする。 これは文部科学省でさえそう思っていると思うが、英語ができる日本人像として、ディベートができるとか、議論できるとか、そういうことが前面に出る。それは、日本人の西洋人像は、論理的、白と黒をはっきりさせる、はっきりものを言うなどだ。…

フリーウェイでパンクして、経験したアメリカ人の親切

昨日、フリーウェイを走っていたら、急に目の前に人の頭ぐらいの穴が出現し、タイヤを飲まれたと思ったら、数秒で、パンクしたと感覚的に分かったので、路肩に停車したのだが、私の前には、すでに同じ穴でパンクした3台の車があった。 パトカーも止まってくれた。 パンクした経験がないので、どうしようかと戸惑っていたら、警察官が、やさしく、スペアタイアの使いかたを教えてくれたので、実行。ちょっと恥ずかしかったが、でも、実際、今までパンクしたことがなかったので、よくわからんかったのだ。 ちょっととまどっていたら、ポリスが、わしがやったると言って、世話を焼いてくれた。どうも、車体をあげる道具(名前忘れた)が、うまく作動しない。すると、前の自動車の世話をしていた、道路整備士みたいな人が、本格的なのを持ってきてくれて、今度は彼が黙々とスペアタイアをつけてくれた。 ちょうど、大雪でフリーウェイには、作業員がたくさんいたので、助かった。 さら、スペアタイアが空気が足りないということだったのだが、今度は、CVSというコンビニの善意活動員(サマタリアン)のバンのおっさんが(すでに、他の自動車を助けていたのだが)、助けてくれた。これまた、本格的な空気ポンプで。 善意でわざとこの大雪の時期、人助けにバンでうろうろしているのが、サマタリアンである。本当に、感謝したい。 その間、いや、ものすごい親切な人たちだなあ、、、アメリカって、こんなに前から親切だったのか、、、口発音時代には、全然、分からなかった、、、とちょっと感動した。 あ、今考えたら、警官は白人で、その他は黒人だったけど、自分のなかに、ただの人達という感覚があるのに気がついた。口発音時代は、黒人は黒人、白人は白人みたいな感覚があったのだが、今は、同じ共同体に住む人達という感覚で私はアメリカ人に接している。 道路の穴はポットホールと呼ぶみたいだ。POT HOLEと書く(1語かもしれない)。ジーナがTの発音が聞こえないといったのだが、それにしても、Tはスウィングだけだから、舌が付くまでだと思うのだが、そうするとTが聞こえにくくなるんだが、どうしたものか。 スペアタイアのことは、ドーナッツと呼ぶ(DONUT)とジーナが教えてくれたが、本当に、ドーナッツみたいに見える。 帰宅して、自動車保険会社に電話したら(GEICOだ)、怪我はしなかったか?とか、非常に親切な言葉をかけてくれて、さらに、敏速に、対応してくれて、翌日の9時に、修理工まで予約してくれた(今朝すでに行ってきた)。 これも喉発音だから、この人の誠意などを大きく感じることができたような気がする。口発音時代は、だまされてはいけない?みたいな感覚があるので、聞いたことをよく確認のため繰り返していたのだが、それが逆に相手に、「馬鹿にしている」みたいな、感覚を与えていた可能性がある。 GEICOのコマーシャルだと、とっても簡単な自動車保険ということで売っているのだが、うん、確かに、非常に簡単だった。でも英語が分かるからかもしれない。 喉で喋っていると、本当に、日本で日本人と話しているのと同じで、相手と波長がよく合う。 今朝は、朝早く、その修理工場に行ってきたのだけど、3人ぐらいの人に接したが、どの人もものすごく親切に思えた。私自身も、その人たちと波長を合わせて話すことができたような気がする。そこを去るときに、レンタカーの受付の人が、すでに名前を覚えていてくれて、BYE KAZと言った。うーん、アメリカよ、どうして、いつのまにかそんなに親切になったのか(というか、喉発音で私自身の世界が変わったのである、、)。 自動車保険がカバーしてくれるのだが、それでも、DUDUCTABLEとして(スペルがわからん)5万円は払わないといけないようだ。うーん、穴があって、そこにタイヤが落ちて5万円は痛い。 それにしても、昨日から、非常に人々が親切だし、今日のサービスもよい。 日本の食堂に入った瞬間、いらっしゃーい、って感じのサービスが日本のサービスだと思うが、それと同じようなノリのサービスを私は感じた。 でも、これは私が喉で対応しているからかもしれないなと思った。 本当に信じられない。 私は口発音時代、アメリカ人はみずくさい、日本人には興味がない、、、サービス、対応が悪いと思い込んでいたからだ。 大昔、アメリカ人のスチュワーデスは絶対あやまらない、、、みたいなことを日本人の誰かが言っていた(それは、日本人の口発音に対して、緊張してしまうからではないだろうか?)。日本人と同じで周りの人に、気を使っていると思う。ものすごく。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.