Skip to toolbar

こんな風に外国語を学ぶと良い、、はず

さっき、中国語のレッスン2回目が終わりました。中国語は勉強したことがありませんが、すでに

私は明日日本に行くのでうれしいです、、という高度なレベルの文を言っています。

私がどのようにしてネイティブの人を活用して語学を勉強しているのかは、私が授業をとっている様子、動画を公開したらいいんじゃないかと思いました。

先生に頼んでみます。

Related Articles

教育とは何か?

今回の、なお君のトップレベルの英語発音には驚かされた。 http://blog.with2.net/link.php?709532:1932 本題に移る前に、、、ひさびさに音声コメントです。挑戦!英語喉さんです。 http://www.voiceblog.jp/eigokero/ これが音声コメントでした。皆さんにも参考になるポイントもひとつあったと思います。 www.nippondream.com/file/eigokero_03_06_2012.mp3 「英語喉をやってみた」さんも着々と練習されているようです。 http://blog.livedoor.jp/xhodie/ さ~~てと。 あの小林克也氏も広島出身であったことを思い出す。また、これだけネットが発達して、英語の先生が全然英語をUPしないなかで、前からUPされていたスーギー先生も広島出身である。しつこいが、またしても、なお君の英語発音を貼っておく。 YOUTUBEに広島弁ないかな~と思って探したらあったのだけど、ま、かしこまってしゃべっているものなので、参考になりにくい、、、のだが、発声が非常にスムーズであるように思える。まるで韓国語のように。広島弁的な表現の部分ではボンボンボン、、、というリズムが聞こえるような気がするのは、きのせいなのかな、、、。 http://www.youtube.com/watch?v=bh-sENPLd44 以下だが、たまに発せられる「は~」という表現、これは、「すでに」とか「もう」という意味だが、このアは、APPLEのAであるa_のようにも思えてくる。 小さい時に発していた歌のような表現がある。それは、小学校低学年のとき、友達たちと一緒に遊んでいて、もう一人の友達の家の前に行って、こう歌うのである。 XXX君、あそぼ~~~や~~~ そのときの発声など、今、思い出してみるに、歌だということもあり、喉発音っぽかったと思う。 教育というのは、元あるもの、子供のなかにあるものを活かす形でやるのが一番なのじゃないだろうか? 広島でいえば、すでに、子供のゆるい喉を利用したかたちで英語を教えるとか。現在のところが、全く悪気がないわけだけど、都会で英語教育の勉強をした人が、広島の田舎に帰ってきて、せっかくの喉発音を利用しないまま、口発音による英語を教える、、、。 そして、先生が英語ができないだけでなくて、生徒も英語ができないままで終わる。 しかし、これは英語だけだろうか? よく、教育の話で、論理的な思考ができる子を育てる、、、とかいう。しかし、論理的な思考というのは、子供にはもう備わっているのではないだろうか? 腹減ったーー> 飯食いたい という具合だ。 考えることのできる子供を育てるという。 しかし、子供はほっておいても、考えているのではないだろうか?

3ビート聞き取り用YOUTUBE素材集

英語喉セミナーご希望のかたは、ぜひメールください(question AT estat.us)。ご希望の日にち時間などを書いて(今日とか明日とかでも時間があえば可能です。) さっき、Tさんとセミナーをしました。Tさんは、日本で英語喉に出会われたのだけど、いったんは、離れていたそうです。でもフィリピンの英語学校に行ったときに、そこの日本人スタッフのかたから薦められて、また始められたとのことでした!なんと奇遇な! 聞き取りには、3ビートを意識した聞き方が大切です。標準米英語以外で聞くとわかりやすいことがあります(でも聞くだけでなくて、自分で3ビート読みを再現することがとても大切です。) 今日、直接指導をしたTさんとも色々工夫しましたが、これらの録音で喋られている声の音色をそっくりに、感情を真似たかんじで喋ると、どうしても喉の重心が来ますから、いい感じになります。すると、実際、喋られている音色を聞きやすくなるでしょう。試してみてください。 自分が俳優とか、声優になったつもりで発音してみるのも、日本人としてのメンタリティーを一旦停止できるのでよい工夫でしょう(じゃないと、日本語会話だとテンションがあがりがちで、発音位置が高くなってしまいます。日本語会話では、テンションをあげて(甲高い声で)しゃべらないと相手に失礼だという感覚があります)。 さて、上で書いたことを自分の言葉で示してみましたので、聞いてみてください。 [audio:http://nippondream.com/eigonodo/wp-content/uploads/2011/08/kaz_08_06_2011.mp3|titles=kaz_08_06_2011] 直リンの場合はここをクリック。 南部ナマリの場合 Forrest Gump http://www.youtube.com/watch?v=90zjcQG9PLg&feature=related 南部ナマリの場合 Patriotic drunk rednecks http://www.youtube.com/watch?v=4Wroj0FLvzs&feature=related   フランス語の場合 Foucault フランス語の場合 MelissaTheuriau French Gorgeous Hot Anchor スウェーデン語の場合 Yngwie…

英語喉原理主義の薦め (聞けて言えるが最初)

喉セミナーご希望のかたは、メールくださいね。 さて、さっき、自動車でスペイン語のCNNを聞いてびっくり。言っている単語のほとんどが理解できる。音が聞けるのは当たり前だけど、意味までだいたい分かった。それも麻薬取締りに関する会議のニュースで硬派な内容だが、理解できた。 文法は勉強していないし、語彙も別に勉強していない。そもそも辞書も所有していない。引越ししている間になくなってしまった。 しかし、毎日、アパートの掃除をしている人、カフェテリアのレジ係りの人とスペイン語をちょっとづつ喋っている。それだけだ。なのに、CNNを聞いて音が聞けるどころか、理解さえできてしまうのだ。 気づいてみると、耳に入ってくるスペイン語のニュースの半分ぐらいは英語の語彙にとても似ている。そしてその半分?が日本語でも使われている外来語だ。例えば、麻薬は英語ではドラッグだが、スペイン語ではドロガである。さらに、ニュースで使われている単語で、英語の語彙に似ていない単語は、日常、私が使っている簡単な単語と同じだ。 毎日、単純な会話をしていると、単純な動詞などの使いまわしがネイティブの使いまわしに近づいていくのだろう。同時に、英語の単語に似ているスペイン語の単語も、なぜかすんなり聞こえてくる。英語でドラッグという単語を知っていれば、スペイン語に慣れてくると、ドロガと聞いたとき、なんとなく分かってくるのだ。 だから、なぜ私がスペイン語がわかるのかには、ちゃんとしたメカニズムがあるのである。 特に近年、スペイン語がみるみる上達したのは、3,4年前に大家さんが、エルサルバドルに人だったからだが、スペイン語しか喋れないおばあさんとかと一緒にしゃべったり、テレビを見ていたからだ。その間、辞書も文法書も所有していなかった。 やっていたのは、聞いたことを元に、文法を頭のなかで、使える形で構築していたのである。 このやりかたこそが、英語喉原理主義である。MASAさんが、実践しているのと同じだ。 今、ちょこっとスペイン語でアドリブしてみました。スペイン語学習語りながら、自分で音声UPしないのは変なので(間違いがあるけどプロじゃないから許してね、、、車の中でというときENTROと言ってしまった、、、~の中ではDENTROが正しい、、、他にもあると思うが)。 [audio:http://nippondream.com/file/kaz_09_14_2011d.MP3|titles=kaz_09_14_2011d] 直リンの場合はここをクリック 皆さんのなかで、このやりかたに踏み切れていない人は、今日からでも始めてほしい。英語を実際にネイティブと喋るのである。とりあえずはSKYPEをインストールしよう。私はそもそも大学のときから、やっていたことだ。当時はネットはなかったが、留学生がたくさんいた。当たり前のように英語を喋っていたのである。 先日、有料で教えさせてもらったが、その後、ボランティア的にフォローアップしているかたに、英語喋ってみましょうかと言って、最初に出てきた英語が、3ビートをあまり意識していない英語だった。 そこで理由を聞いてみると、とにかく英語を速く喋らないという焦燥感があるということだった。私も経験がある。口発音時代は、ネイティブが速く喋っているという勘違いをしていたので、私も速く喋らないといけないと思っていた。 しかし、それ以上の理由があるのではないか?発音、聞き取りがまだ定着していない場合、頼るものは、本の知識だ。語彙とか、文法だ。頭の中でまず考えて、それを言い出す、、、という感じで、アドリブ英語になっていない。その場合、速く言ってしまうのではなかろうか? ゆっくり、その場、その場で単語をつなげるのが本当の英語だ。アドリブ英語である。ただし、ひとつひとつつなげていくからといって、音がぶつぎりになってはいけない。 しかし、ゆっくり単語を出していくのである。この練習は、ネイティブと実際に話すという経験に基づいてのみ、身につけられるものである。 文法、語彙、熟語のいわゆる「勉強」をしている人には、逆に、このアドリブ英語は喋りにくくなると思われる節がある。それは、そういう勉強をしていると、どうしても頭のなかでいったん、言うことを決定してから、それを読み出す、、、頭のイメージで読み出すということになるから、ものすごい緊張するし、発音どころではなくなる。内容も硬くなりがちだ。 これで外国人と心と心のコミュニケーションは難しいのである。 もちろん、文法、語彙、熟語などの勉強は大切だが、やりかたが肝心だ。すでに基本は中学、高校でやっているのであるから、やり直すような文法はない。やり直さなければいけないような難しい文法はないと思う。 難しげに聞こえるニュースの英語だって、あれは、単にWHENとかIFとかBECAUSEとかの節によって、文が長くなっているだけで、文法的には単純だ。単純じゃないと、聞いていて分からなくなる。 勉強の仕方は、あたって砕けろ式が望ましい。とにかく、ネイティブと話してみる。相手が日本語を勉強しているのなら、日本語になったっていいのだから、英語が完全でなくてもよいのだ。 そして、喉発音で心で通じてみる。言語以前の段階として、この人は同じ人間だというレベルに立つのである。…

Responses

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.